2010年10月26日

毎日が新しい奇跡

14

  マイアミは、ちょっと雲がかかっていましたが、それでもとても良い天気でした。









 最初はとももに教わったんだけど、アインシュタインの有名な言葉で「私たちの生き方には二通りしかない。奇跡など全く起こらないかのように生きるか、すべてが奇跡であるかのように生きるかである。」っていうのがあります。けっこー好き。
 子育てを始めると、人生10倍くらいままならなくなるけど、3倍くらい楽しくなりますよね。本当に、毎日が奇跡みたい。子供にも毎日が奇跡であるような人生を送って欲しい・・・っていうか、もう、自分は好きなように生きてきたので、子供にも細かいことはいいから思う存分生きて欲しいっす。これだけネットワークが発達して色々なところが近くなった現代でも行ってみたり暮らしてみたりしないとわからないことが沢山ある程度に世界は広いし、これだけ科学が発達して色々なことがわかってきたといっても、ようやく知るべき事がリストアップできた程度で真理からはほど遠い。人生って短すぎる。




04 マイアミ時間で25日の午後1時頃に第二子が生まれました。男の子です。3270gくらい。おかげさまで、母子共に健康です。






  続きを読む

Posted by bijoux_iris at 16:22Comments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 子育て | from Miami

2010年10月21日

アメリカで産科医療を受けています(奥さんが) その2

 お久しぶりです。予定日も近づいてまいりました。そんな中での再度の産科医療ネタです。

 うちの担当の先生はとにかくサバけているというか、温かい医療の対極というか(人当たりは柔らかいのですが)、物凄い合理的な感じです。医療従事者としては「これができれば楽なのになぁ・・・」って思いながらも皆がなかなか実現できずにいる事を体現しているという意味で尊敬に値すると思ってるんですが、その一方で「私はこの先生はどうしてもダメだから変えて欲しい」っていう人が実際にいるのも頷ける感じです。もう、生命の神秘とか自然の賛美とか、ゼロ(笑)。

 一般的な診察のパターンは診察して「問題ないですよー(ニコニコ)。何か質問は?」「ないですか?、じゃ(ニコニコ)。」みたいな感じ。質問しなければ何も教えてもらえません。日本だと、質問も教えてくれるっていうか、先回りして「こういうところが疑問でしょうが、こうですから」とか「こういう心配もしないといけないですけど、こうすれば・・・」みたいな説明も指導も丁寧な印象がありますけど(まぁ、第一子のときにそういう先生と看護師さんに当たった、という事ですけど)、もう事前に質問考えていかないと笑顔でバッサリです。

 っつーわけで、アメリカでも特に合理的な方だと思われる彼が面白すぎるので、それについて。

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 10:25Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 健康相談 | from Miami