2009年09月12日

オバマ大統領 医療保険制度改革についてのスピーチ全文の翻訳

 うわー、テディからの手紙のくだりでちょっと泣いた(笑)。

 というわけで、久々にグッとくるオバマさんのスピーチ。特に医療従事者にはグッとくるんじゃないかなぁ。9月9日に国会で行われた医療保険制度の改革についてのスピーチです。

 世界に悪名高いアメリカの医療、変われるか?


 ソースはこちら。ビデオもついてます。マケインのサム・アップがかっちょいい。

 テキストはこちらを利用しました。


 疲れたので感想などはまた後ほど。ただ、色々な意味で凄いです。改革って、こんなに痛いモンなんだよなぁ、みたいな。

 例によって、直訳&今回はかけた時間も短いので落ちも多いんじゃないかと思いますが。


(追記)
 Youtube動画を張っておきます。やっぱこれは動画で見るべき。
(marcoさんの指摘を受けて動画ファイルを差し替えました)














"Madame Speaker, Vice President Biden, Members of Congress, and the American people:

「議長、バイデン副大統領ほか、国会議員の皆さん、そしてアメリカ人の皆さん:

When I spoke here last winter, this nation was facing the worst economic crisis since the Great Depression. We were losing an average of 700,000 jobs per month. Credit was frozen. And our financial system was on the verge of collapse.

 私が昨年の冬ここで話したとき、この国は大恐慌以来最悪の経済危機に直面していた。一月につき平均700,000の職が失われていた。クレジットは凍結された。そして、我々の金融システムは、崩壊寸前だった。

As any American who is still looking for work or a way to pay their bills will tell you, we are by no means out of the woods. A full and vibrant recovery is many months away. And I will not let up until those Americans who seek jobs can find them; until those businesses that seek capital and credit can thrive; until all responsible homeowners can stay in their homes. That is our ultimate goal. But thanks to the bold and decisive action we have taken since January, I can stand here with confidence and say that we have pulled this economy back from the brink.

 未だに職を探し、あるいは請求に支払いを行う方法を模索しているアメリカ人であれば誰もが言うように、我々は決して危険を脱していない。完全で力強い回復は、何ヶ月も先のことになるだろう。そして、私は立ち止まらない。
職捜しをしている人々が職を見つけるまでは;
資本と信用を求めている企業が、資金調達に成功するまでは;
全ての住宅所有者が自分の家に留まれるようになるまでは。

 それが、我々の究極の目的だ。しかし、我々がこの1月から実行した大胆にして断固たる行動によって、私は自信を持ってこの場所に立つことができるし、我々がこの経済を破滅の淵から引き上げたと言って良いだろう。

I want to thank the members of this body for your efforts and your support in these last several months, and especially those who have taken the difficult votes that have put us on a path to recovery. I also want to thank the American people for their patience and resolve during this trying time for our nation.

 私は、ここにいる人々がここ数カ月の間に捧げてくれた努力とサポートに感謝したい。特に、我々を回復への道に導いた難しい投票をした人々に感謝したい。また、わが国の苦難の時期を乗り越えた、アメリカの人々の忍耐と不屈の意志にも感謝したい。

But we did not come here just to clean up crises. We came to build a future. So tonight, I return to speak to all of you about an issue that is central to that future ? and that is the issue of health care.

 しかし、我々は危機を片付けるためにここに来たわけではなかった。我々は、将来を造りに来たのだ。だから今晩、私はその将来にとっての主要な問題についてあなた方全員と話すために戻ってきた。それは、健康保険の問題だ。

I am not the first President to take up this cause, but I am determined to be the last. It has now been nearly a century since Theodore Roosevelt first called for health care reform. And ever since, nearly every President and Congress, whether Democrat or Republican, has attempted to meet this challenge in some way. A bill for comprehensive health reform was first introduced by John Dingell Sr. in 1943. Sixty-five years later, his son continues to introduce that same bill at the beginning of each session.

 私はこの問題を取り上げる最初の大統領ではないが、最後の大統領となる決意である。セオドア・ルーズベルトが最初に保険制度の改良を要求してから今日まで、ほぼ一世紀が経過した。そして、それ以来ずっと民主党・共和党を問わずほとんどすべての大統領と国会が何らかの方法でこの課題にチャレンジしてきた。

 最初に提出された大規模な保険制度改革の議案は、1943年、ジョン・ディンゲル卿によるものだった。その65年後、彼の息子が、国会の各会期の初めに同じ議案を提出し続けている。

Our collective failure to meet this challenge ? year after year, decade after decade ? has led us to a breaking point. Everyone understands the extraordinary hardships that are placed on the uninsured, who live every day just one accident or illness away from bankruptcy. These are not primarily people on welfare. These are middle-class Americans. Some can’t get insurance on the job. Others are self-employed, and can’t afford it, since buying insurance on your own costs you three times as much as the coverage you get from your employer. Many other Americans who are willing and able to pay are still denied insurance due to previous illnesses or conditions that insurance companies decide are too risky or expensive to cover.

 我々がこのチャレンジに失敗し続けてきた―来る年も来る年も、10年もまた次の10年も―ことで、いよいよ臨界点に達してしまった。無保険者がどれほど尋常でない困難に晒されているかは誰にでも容易に理解できる。ほんの一回の事故や病気によって破産する可能性の中で暮らしているのだから。

 これは、主に生活保護で暮らしている人々の話ではない。中流階級のアメリカ人の話である。ある者は職場で保険に入れない。またある者は自営業であり保険料の支払いができない、というのは個人で保険に入る場合には、雇用者を通じて同じ条件の保険に入るのに比べて3倍の保険料を支払わなくてはならないからだ。

 そして、支払うつもりもあるし支払い能力もある多くの他のアメリカ人は、あまりにリスキーであるか補償額が高額になると保険会社に判断されてしまう既往歴があるために保険に入ることができない。



We are the only advanced democracy on Earth ? the only wealthy nation ? that allows such hardships for millions of its people. There are now more than thirty million American citizens who cannot get coverage. In just a two year period, one in every three Americans goes without health care coverage at some point. And every day, 14,000 Americans lose their coverage. In other words, it can happen to anyone.

 我々は、何百万人もの国民にそのような困難を強いている地球上で唯一の民主主義の先進国であり唯一の裕福な国である。
 現時点で保険に加入できずにいるアメリカの市民は3千万人を越えている。全てのアメリカ人の3人に1人はたった2年の間に一度は無保険の状態となる。そして、日々、14,000人のアメリカ人が保険を失っている。

 換言すれば、それは誰にでも起こり得ることなのだ。


But the problem that plagues the health care system is not just a problem of the uninsured. Those who do have insurance have never had less security and stability than they do today. More and more Americans worry that if you move, lose your job, or change your job, you’ll lose your health insurance too. More and more Americans pay their premiums, only to discover that their insurance company has dropped their coverage when they get sick, or won’t pay the full cost of care. It happens every day.

しかも、保険制度に蔓延る問題は何も無保険者の問題だけではないのだ。保険に入っている人々にとってさえ今日ほど安全と安定が脅かされている時代はないのだ。

 引越しをしたら、職を失うか転職したら、健康保険をも失うことになるのではないかと心配するアメリカ人は日に日に増えている。
 保険料を支払ってはいるものの、病気になったとたんに保険会社が補償を取り下げたり、治療の全費用は支払われないと発覚するアメリカ人は日に日に増えている。
 そういうことが毎日のように起こっている。


One man from Illinois lost his coverage in the middle of chemotherapy because his insurer found that he hadn’t reported gallstones that he didn’t even know about. They delayed his treatment, and he died because of it. Another woman from Texas was about to get a double mastectomy when her insurance company canceled her policy because she forgot to declare a case of acne. By the time she had her insurance reinstated, her breast cancer more than doubled in size. That is heart-breaking, it is wrong, and no one should be treated that way in the United States of America.

 イリノイのある男性は、癌の化学療法中に保険を失った。なぜなら、保険会社はその男性が胆石を申告していなかったことを発見したからだ。彼は自分に胆石があることを知りもしなかったというのに。その結果、彼の治療は延期され、彼は死亡した。
 あるいはテキサスのある女性は、両側乳房切除術を受けようとしていたまさにそのときに、ニキビの既往を申告するのを忘れていたという理由で保険会社から契約をキャンセルされた。彼女が保険の再契約を結ぶまでに、彼女の乳癌は2倍以上の大きさになっていた。
 それは痛ましい問題であるし、それは間違っているし、アメリカ合衆国においては何人たりともそのように扱われてはならないのだ。


Then there’s the problem of rising costs. We spend one-and-a-half times more per person on health care than any other country, but we aren’t any healthier for it. This is one of the reasons that insurance premiums have gone up three times faster than wages. It’s why so many employers ? especially small businesses ? are forcing their employees to pay more for insurance, or are dropping their coverage entirely. It’s why so many aspiring entrepreneurs cannot afford to open a business in the first place, and why American businesses that compete internationally ? like our automakers ? are at a huge disadvantage. And it’s why those of us with health insurance are also paying a hidden and growing tax for those without it ? about $1000 per year that pays for somebody else’s emergency room and charitable care.

 更に、増え続けるコストの問題がある。我々は他のいかなる国よりも一人当り1.5倍多い費用を保健医療に関して支払っているが、我々が1.5倍健康になっているということは全くない。
 保険料が賃金の3倍の速度で上昇していることは、このコスト増の理由の一つである。

 それは、かくも多くの雇用者が、特に小規模事業者が、従業員に多くの保険料を払うことを強いているか、全く保険を提供していない理由である。

 それは、かくも多くの野心的な起業家が企業の初期資金をまかなえない理由であり、国際的な競争に晒されたアメリカ企業が―自動車メーカーのような―非常に不利な理由である。

 それはきちんと保険に入っている人々が、こっそりと増え続ける税金を支払っている理由である。保険無しの誰かがERを受診したり無料の治療を受けるために、おおよそ年に1000ドルが支払われている。


Finally, our health care system is placing an unsustainable burden on taxpayers. When health care costs grow at the rate they have, it puts greater pressure on programs like Medicare and Medicaid. If we do nothing to slow these skyrocketing costs, we will eventually be spending more on Medicare and Medicaid than every other government program combined. Put simply, our health care problem is our deficit problem. Nothing else even comes close.


 最後に、我々の保険制度は、支えられない負担を納税者に課している。現在の速度で健康保険コストが増加すると、メディケアやメディケードのような制度に対する負担が増加する。これらのコストの急上昇を抑制するために何も手を打たなかった場合には、最終的にはメディケアとメディケードへの出費は、その他の全ての政府プログラムを合わせたよりも大きくなるだろう。

 簡単に言えば、健康保険問題とは、我々の赤字の問題なのだ。それ以外の何物でもない。


These are the facts. Nobody disputes them. We know we must reform this system. The question is how.

 これらは、事実である。議論の余地はない。我々は、このシステムを改革しなければならないということを知っている。問題は方法である。

There are those on the left who believe that the only way to fix the system is through a single-payer system like Canada’s, where we would severely restrict the private insurance market and have the government provide coverage for everyone. On the right, there are those who argue that we should end the employer-based system and leave individuals to buy health insurance on their own.

 一方には、このシステムを修復するにはカナダのように一元的な支払いシステムが必要であると主張する人々がいる。この場合、我々は私企業による保険市場を厳密に制限して、全ての人に対して政府が保険を与えることになる。また、もう一方には、雇用者ベースのシステムは終了し、保険は加入者個人に任せなければならないと主張する人々がいる。



I have to say that there are arguments to be made for both approaches. But either one would represent a radical shift that would disrupt the health care most people currently have. Since health care represents one-sixth of our economy, I believe it makes more sense to build on what works and fix what doesn’t, rather than try to build an entirely new system from scratch. And that is precisely what those of you in Congress have tried to do over the past several months.

 どちらのアプローチにも議論する価値があると言わざるを得ない。しかし、どちらにしても、大部分の人々が現在持っている医療保健を中断する急進的な移行が必要だ。
 保健医療は我々の経済の1/6を担っている以上、ゼロから完全に新しいシステムの構築を試みるよりも、現在上手く機能している部分を基にしながら上手く行っていない部分を改修するほうが理にかなっていると思う。

 そして、それこそが、この数ヶ月間あなた方が国会で成し遂げようとしてきたことである。



During that time, we have seen Washington at its best and its worst.

 この間に、我々はワシントンの最良の部分と最悪の部分を見てきた。

We have seen many in this chamber work tirelessly for the better part of this year to offer thoughtful ideas about how to achieve reform. Of the five committees asked to develop bills, four have completed their work, and the Senate Finance Committee announced today that it will move forward next week. That has never happened before. Our overall efforts have been supported by an unprecedented coalition of doctors and nurses; hospitals, seniors’ groups and even drug companies ? many of whom opposed reform in the past. And there is agreement in this chamber on about eighty percent of what needs to be done, putting us closer to the goal of reform than we have ever been.

 我々は、この議会の多くの人々が、改良を成し遂げる方法についての思慮深い考えを提供するために、この良い季節の中、疲れを知らずに働いているのを見た。

 議案をまとめるよう依頼された5つの委員会の、4つまでもがその仕事を完遂し、上院財政委員会は今日、それが来週にも次の段階へ進むと発表した。それは、これまでには考えられなかったことだ。
 我々の努力は総じて、先例のない連立に支えられた;医師、看護師、病院、高齢者の会、製薬会社さえも― 過去に改革に抵抗した多くの人々によって。そして、この議会には現在、なされる必要がある事柄の約80パーセントには合意が取れており、かつてないほどに改革というゴールに近づいている。


But what we have also seen in these last months is the same partisan spectacle that only hardens the disdain many Americans have toward their own government. Instead of honest debate, we have seen scare tactics. Some have dug into unyielding ideological camps that offer no hope of compromise. Too many have used this as an opportunity to score short-term political points, even if it robs the country of our opportunity to solve a long-term challenge. And out of this blizzard of charges and counter-charges, confusion has reigned.

 しかし、ここ数ヶ月の間には、多くのアメリカ人が自身の政府に対する軽蔑を強めるだけの、変わらぬ偏狭な党派心のスペクタクルも目にした。正直な議論の代わりに、恐怖戦術を見た。妥協の望みすらない、頑固な空論の論陣を張った者もいる。
 また、あまりに多くの人々がこれを短期的な政治上のポイント稼ぎに利用した。たとえそれが国から長期の難問を解決する機会を奪うとしても。そして、告訴と反訴の嵐の中、混乱が支配した。



Well the time for bickering is over. The time for games has passed. Now is the season for action. Now is when we must bring the best ideas of both parties together, and show the American people that we can still do what we were sent here to do. Now is the time to deliver on health care.

 よろしい。口論の時間は、終わった。政治ゲームの時間は終了だ。
 今は行動のシーズンに入ったのだ。

 今や、我々は両党で最高の考えをまとめなければならない時であり、我々がそれを成し遂げるためにここに選出されてきた事柄を、我々はまだ成し遂げることができるのだとアメリカの人々に示す時にある。今や保険制度を打ち出す時である。


The plan I’m announcing tonight would meet three basic goals:

 私が今夜発表する計画は、3つの基本的な目的を達成する:

It will provide more security and stability to those who have health insurance. It will provide insurance to those who don’t. And it will slow the growth of health care costs for our families, our businesses, and our government. It’s a plan that asks everyone to take responsibility for meeting this challenge ? not just government and insurance companies, but employers and individuals. And it’s a plan that incorporates ideas from Senators and Congressmen; from Democrats and Republicans ? and yes, from some of my opponents in both the primary and general election.

 健康保険を持つ人々に、より多くの安全と安定性を提供する。
 保険を持っていない人々に、保険を提供する。
 そして、我々の家族、我々の企業と政府のために、医療費の増加速度を抑制する。

 それは、全ての人にこの課題に応ずる責任を担うよう依頼する計画である。政府や保険会社だけではなく、全ての雇用者と個人に。そしてそれは上院議員と連邦議会議員らの考えを組み込んだ計画でもある;民主党と共和党から、そして、その通り、予備選挙及び大統領選挙において私の敵であった人々からの考えだ。


Here are the details that every American needs to know about this plan:

 あらゆるアメリカ人がこの計画について知っておくべき詳細は、この通りだ:


First, if you are among the hundreds of millions of Americans who already have health insurance through your job, Medicare, Medicaid, or the VA, nothing in this plan will require you or your employer to change the coverage or the doctor you have. Let me repeat this: nothing in our plan requires you to change what you have.

 最初に、もしもあなたが、会社、メディケア、メディケードまたはVAを介してすでに健保がある何億人ものアメリカ人の一人である場合、この計画は現在あなたが受けている保険や医療への変更をあなたやあなたの雇用者に強いるものではないということ。

 繰り返させてほしい:
我々の計画は、現在あなたが享受しているものを変更するよう要求することは決してない。

What this plan will do is to make the insurance you have work better for you. Under this plan, it will be against the law for insurance companies to deny you coverage because of a pre-existing condition. As soon as I sign this bill, it will be against the law for insurance companies to drop your coverage when you get sick or water it down when you need it most. They will no longer be able to place some arbitrary cap on the amount of coverage you can receive in a given year or a lifetime. We will place a limit on how much you can be charged for out-of-pocket expenses, because in the United States of America, no one should go broke because they get sick. And insurance companies will be required to cover, with no extra charge, routine checkups and preventive care, like mammograms and colonoscopies ? because there’s no reason we shouldn’t be catching diseases like breast cancer and colon cancer before they get worse. That makes sense, it saves money, and it saves lives.

 この計画は、あなたの持っている健康保険をよりよくするものである。この計画では、保険会社が既往歴を理由に補償を与えないことは、違法となる。私がこの議案に署名するとすぐに、保険会社があなたが病気になった時に保険を取り下げたり、あなたが最も必要とするときに補償額を減額させたりすることは違法となる。

 あなたがある1年間または生涯に受けることができる保険金に、任意に上限を設定することはもはやできなくなる。
 我々は、あなたが請求される自己負担額に限度を設ける。アメリカ合衆国においては、何人たりとも、病気になったからという理由で破産してはならないからだ。
 そして、保険会社には、追加料金なしで定期健診と予防医療のカバーを義務付ける―マンモグラフィーや大腸ファイバーといった―乳癌や大腸癌が悪化する前に発見してはいけない理由はないからだ。それは理にかなっている。医療費を節約し、命まで救うことができるのだ。


That’s what Americans who have health insurance can expect from this plan ? more security and stability.

 健康保険を持っているアメリカ人が期待できるものはそれだ。よりいっそうの安全と安定。


Now, if you’re one of the tens of millions of Americans who don’t currently have health insurance, the second part of this plan will finally offer you quality, affordable choices. If you lose your job or change your job, you will be able to get coverage. If you strike out on your own and start a small business, you will be able to get coverage. We will do this by creating a new insurance exchange ? a marketplace where individuals and small businesses will be able to shop for health insurance at competitive prices. Insurance companies will have an incentive to participate in this exchange because it lets them compete for millions of new customers. As one big group, these customers will have greater leverage to bargain with the insurance companies for better prices and quality coverage. This is how large companies and government employees get affordable insurance. It’s how everyone in this Congress gets affordable insurance. And it’s time to give every American the same opportunity that we’ve given ourselves.

 では、あなたが現在健保を持っていない何千万人ものアメリカ人の一人ならば、この計画の第2の部分は最終的にあなたが支払える範囲の選択肢を、被保険者となることを提供する。あなたが仕事を失ったり、転職する場合でも、保険を得ることが可能となる。あなたが独立し、起業する場合にも、保険を得ることが可能である。
 我々は、新しい保険市場を作成することによってこれを成し遂げる―個人と中小企業が購入する健康保険を競争価格で選ぶことが可能である市場だ。保険会社にもこの取引に参加するインセンティブがある。なぜなら、そこには何百万人もの新しい顧客がいるからだ。1つの大きいグループとして、こうした顧客はより望ましい価格や保証範囲について保険会社と交渉するより大きな力を持つことになる。

 これは、大企業や公務員が手頃な保険を得ている方法である。この国会の皆が支払い可能な保険を得ている方法だ。そして、我々が手にしているのと同じものを、全てのアメリカ人に与える時がきた。


For those individuals and small businesses who still cannot afford the lower-priced insurance available in the exchange, we will provide tax credits, the size of which will be based on your need. And all insurance companies that want access to this new marketplace will have to abide by the consumer protections I already mentioned. This exchange will take effect in four years, which will give us time to do it right. In the meantime, for those Americans who can’t get insurance today because they have pre-existing medical conditions, we will immediately offer low-cost coverage that will protect you against financial ruin if you become seriously ill. This was a good idea when Senator John McCain proposed it in the campaign, it’s a good idea now, and we should embrace it.

 こうした市場における低額の保険でさえも支払う余裕がない個人や中小企業のためには、必要に応じた程度の税控除を提供する。そして、この新しい市場への参加を望む全ての保険会社は、すでに言及した消費者保護を守らなければならない。この市場は4年後に開設される。我々がそれを正しく運営できるようにするための時間だ。
 それまでの間に、既往症があるために現在保険を得ることができない人々に対して、重病になっても財政的に破滅しないですむような低コストの保険を直ちに提供する。これは、ジョン・マケイン上院議員が大統領選挙で提唱した時にも良いアイデアだったが、今でも良いアイデアだ。我々はそれを受け入れなければならない。


Now, even if we provide these affordable options, there may be those ? particularly the young and healthy ? who still want to take the risk and go without coverage. There may still be companies that refuse to do right by their workers. The problem is, such irresponsible behavior costs all the rest of us money. If there are affordable options and people still don’t sign up for health insurance, it means we pay for those people’s expensive emergency room visits. If some businesses don’t provide workers health care, it forces the rest of us to pick up the tab when their workers get sick, and gives those businesses an unfair advantage over their competitors. And unless everybody does their part, many of the insurance reforms we seek ? especially requiring insurance companies to cover pre-existing conditions ? just can’t be achieved.

 さて、たとえ我々がこれらの手頃なオプションを提供しても、保険無しで暮らす危険を犯す人々―特に若くて健康な人―はいるだろう。それでも、労働者に対して正当な保険を提供しない会社はあるだろう。

 だが、問題は、そのような無責任な振る舞いは、我々の残り全員にお金の出費を要求するということだ。手頃なオプションがあり、それでも健保の契約をしない、そういう人々が高価な救急医療を受けた場合の料金を我々が支払うことになるのだ。一部の企業が労働者に健康保険を提供しない場合、そういう企業の従業員が病気になった場合には残った我々がその勘定を支払うことを強いる上に、その企業に対して競争相手に勝る不公平な利点を与えることになるのだ。

 全員が各々の役割を果たさない限り、我々が目指す保険制度の改革は―特に既往歴があっても保険を血供するように保険会社に要求することは―達成不可能である。


That’s why under my plan, individuals will be required to carry basic health insurance ? just as most states require you to carry auto insurance. Likewise, businesses will be required to either offer their workers health care, or chip in to help cover the cost of their workers. There will be a hardship waiver for those individuals who still cannot afford coverage, and 95% of all small businesses, because of their size and narrow profit margin, would be exempt from these requirements. But we cannot have large businesses and individuals who can afford coverage game the system by avoiding responsibility to themselves or their employees. Improving our health care system only works if everybody does their part.

 ゆえに、この計画では誰もが基本的な健康保険を所持することを義務付ける―多くの州で自動車保険が義務付けられているように。同様に、企業には従業員に健康保険を提供するか、従業員の医療費をカバーするためのお金を拠出することを義務付ける。それでも支払うことができない個人には救済措置を設け、全ての中小企業の95%は、その規模とぎりぎりの利益率のため、これらの義務から免除される。

 しかし、我々には、支払いが可能であるにもかかわらず自身または従業員に対する責任を回避することによってシステムを玩ぶ大企業や個人は許容できない。我々の保険制度の改善は、全員が役割を果たすことによってのみ機能する。


While there remain some significant details to be ironed out, I believe a broad consensus exists for the aspects of the plan I just outlined: consumer protections for those with insurance, an exchange that allows individuals and small businesses to purchase affordable coverage, and a requirement that people who can afford insurance get insurance.

 煮詰めるべき重要な詳細は若干残っているものの、私が概説した計画の各側面には幅広いコンセンサスが得られるものと思っている:

保険をもつ人々のための消費者保護、
個人や中小企業が入手可能な保険を購入する市場、
保険料を支払う能力がある人々が保険を持つ義務。

And I have no doubt that these reforms would greatly benefit Americans from all walks of life, as well as the economy as a whole. Still, given all the misinformation that’s been spread over the past few months, I realize that many Americans have grown nervous about reform. So tonight I’d like to address some of the key controversies that are still out there.

 そして、この改革は疑いようもなく全てのアメリカ人の生活全般において、経済そのものと同様に大きな利益をもたらす。しかし、ここ数ヶ月の間に広まった誤報を考えると、多くのアメリカ人が改革を不安視するのも理解できる。そこで今晩は、まだそこにある鍵となる論争の一部について述べたい。


Some of people’s concerns have grown out of bogus claims spread by those whose only agenda is to kill reform at any cost. The best example is the claim, made not just by radio and cable talk show hosts, but prominent politicians, that we plan to set up panels of bureaucrats with the power to kill off senior citizens. Such a charge would be laughable if it weren’t so cynical and irresponsible. It is a lie, plain and simple.

 人々の懸念のうちいくらかは、いかなる犠牲を払ってでも改革を葬り去ることだけを目的に掲げる人々が広めた偽の主張から起こった。
 最も良い例は、ラジオやケーブルテレビのショウの司会者だけではなく、著明な政治家によってさえもなされたこの主張である。すなわち、我々が高齢者をつぶす力を持った官僚委員会を設立する予定である、という主張だ。これほど冷笑的で無責任でなければ、笑える主張だったかもしれない。

 それは、真っ赤な嘘である。


There are also those who claim that our reform effort will insure illegal immigrants. This, too, is false ? the reforms I’m proposing would not apply to those who are here illegally. And one more misunderstanding I want to clear up ? under our plan, no federal dollars will be used to fund abortions, and federal conscience laws will remain in place.

 我々の改革が不法入国者をも保護すると主張する人々もいる。これも、また、間違っている。私が提案している改革は不法にここにいる人々には適用されない。そして、私が解きたいと思っているもう一つの誤解は、我々の計画では、連邦ドルは妊娠中絶に資金を供給するのに用いられないし、連邦良心法は実施されているままである。


My health care proposal has also been attacked by some who oppose reform as a “government takeover” of the entire health care system. As proof, critics point to a provision in our plan that allows the uninsured and small businesses to choose a publicly-sponsored insurance option, administered by the government just like Medicaid or Medicare.

 私の保険制度案は、「政府による保険業界乗っ取り」であるとして改革に反対する勢力によっても攻撃されている。その証拠に、我々の計画では無保険の個人や中小企業が、メディケードやメディケアのように政府によって管理された、公的資金が供給される保険オプションを選択できるようになっているではないか、というわけだ。


So let me set the record straight. My guiding principle is, and always has been, that consumers do better when there is choice and competition. Unfortunately, in 34 states, 75% of the insurance market is controlled by five or fewer companies. In Alabama, almost 90% is controlled by just one company. Without competition, the price of insurance goes up and the quality goes down. And it makes it easier for insurance companies to treat their customers badly ? by cherry-picking the healthiest individuals and trying to drop the sickest; by overcharging small businesses who have no leverage; and by jacking up rates.

 では、その誤解を正させて欲しい。

 私の基本的な信条は、これまでも現在も変わらずこうだ。選択の余地と競争があるとき、消費者はよりうまくやる。残念なことに、34の州では保険市場の75%が、5社に満たない会社によって制御されている。アラバマでは、ほぼ90%はただ1つの会社によってコントロールされている。競争がなければ、保険の価格は上が利、質は低下する。そして、保険会社にとっては顧客にひどい扱いをしたほうが楽なのだ。
 最も健康な人々だけをつまみ食いして、最も具合が悪い人とは契約しなければよい;
 力がない中小企業には不当な要求をすればよい;
 保険料を引き上げればよい。


Insurance executives don’t do this because they are bad people. They do it because it’s profitable. As one former insurance executive testified before Congress, insurance companies are not only encouraged to find reasons to drop the seriously ill; they are rewarded for it. All of this is in service of meeting what this former executive called “Wall Street’s relentless profit expectations.”

 保険会社の経営陣がこうしたことをするのは彼らが悪い人々だからではない。それが有益だから、そうするのだ。1人の前保険会社役員が国会の前に証言したように、保険会社では重病の人との契約を解除する理由を見つけるのが奨励されるだけではない;それに対して報奨金すら出るのだ。

 全ては、この前役員が“ウォール・ストリートからの厳しい収益期待”と表現したものを満たすための業務なのである。


Now, I have no interest in putting insurance companies out of business. They provide a legitimate service, and employ a lot of our friends and neighbors. I just want to hold them accountable. The insurance reforms that I’ve already mentioned would do just that. But an additional step we can take to keep insurance companies honest is by making a not-for-profit public option available in the insurance exchange. Let me be clear ? it would only be an option for those who don’t have insurance. No one would be forced to choose it, and it would not impact those of you who already have insurance. In fact, based on Congressional Budget Office estimates, we believe that less than 5% of Americans would sign up.

 現在の私は、保険会社に業務を放棄させることには関心がない。彼らは、真っ当なサービスを提供し、多くの友人や隣人を雇用している。ただ、彼らを信用したいだけなのだ。
 私が今述べた保険制度の改革は、ちょうどその役割を果たす。しかし、保険市場において非営利目的の公的なオプションが選択可能になることによって、我々は保険会社を正直に保つために更に一歩踏み込むことができる。確認すると、それは、保険を持っていない人のためのオプションに過ぎない。誰もそれを選択することを強制されないし、それはすでに保険を持っている人には何らインパクトを与えないものだ。実際のところ、議会予算局の推定値によれば、登録するアメリカ人は5%未満であろうと我々は考えている。


Despite all this, the insurance companies and their allies don’t like this idea. They argue that these private companies can’t fairly compete with the government. And they’d be right if taxpayers were subsidizing this public insurance option. But they won’t be. I have insisted that like any private insurance company, the public insurance option would have to be self-sufficient and rely on the premiums it collects. But by avoiding some of the overhead that gets eaten up at private companies by profits, excessive administrative costs and executive salaries, it could provide a good deal for consumers. It would also keep pressure on private insurers to keep their policies affordable and treat their customers better, the same way public colleges and universities provide additional choice and competition to students without in any way inhibiting a vibrant system of private colleges and universities.

 これら全てにも関わらず、保険会社とその仲間達はこのアイデアを好まない。彼らは、私企業は政府と競争などできないと主張する。

 もしも、納税者がこの公的保険オプションに助成金を支給している場合には、それは正しいかもしれない。しかし、そうではない。

 私がずっとこだわり続けているのは、全ての民間の保険会社の様に、公的な保険も自給自足できなければならず、それが集める保険料によってのみまかなわれるということだ。しかし、利潤追求、法外な管理コストや経営陣のサラリーといった重石がない分だけ、消費者にとっては良いものを提供できるであろう。

 それはまた、私立大学の活気に満ちたシステムをいかなる形であれ阻害することなく、公立大学が学生に選択肢と競争を与えるのと同じように、民間の保険会社が保険プランを支払い可能な額に留め、顧客を大切に扱う圧力を保つだろう。


It’s worth noting that a strong majority of Americans still favor a public insurance option of the sort I’ve proposed tonight. But its impact shouldn’t be exaggerated ? by the left, the right, or the media. It is only one part of my plan, and should not be used as a handy excuse for the usual Washington ideological battles. To my progressive friends, I would remind you that for decades, the driving idea behind reform has been to end insurance company abuses and make coverage affordable for those without it. The public option is only a means to that end ? and we should remain open to other ideas that accomplish our ultimate goal. And to my Republican friends, I say that rather than making wild claims about a government takeover of health care, we should work together to address any legitimate concerns you may have.

 アメリカ人の大多数が今なお私が今夜提案したような公的保険オプションを支持している点は注目に値する。しかし、その影響は誇張されてはならない。右翼によっても左翼によっても、メディアによっても。それは、私の計画の一部に過ぎないし、いつものワシントンにおけるイデオロギー戦闘における手軽な理由に使われてはならない。

 進歩的な友人達よ、思い出して欲しい。何十年もの間、この改革を推し進める原動力であった理念は保険会社の職権濫用を終え、無保険の者に支払い可能な程度の保険を提供することであった。公的保険オプションはその目的のための手段の一つに過ぎないし、我々の究極の目的を達成するためには他のアイデアに対してもオープンでい続けなければならない。

 そして、共和党の友人達よ。保険業界の政府による乗っ取りについて突飛な告発をするよりはむしろ、あなた方が抱いているに違いない正当な懸念の全てに対処するために、共に働くことはできないだろうか。


For example, some have suggested that that the public option go into effect only in those markets where insurance companies are not providing affordable policies. Others propose a co-op or another non-profit entity to administer the plan. These are all constructive ideas worth exploring. But I will not back down on the basic principle that if Americans can’t find affordable coverage, we will provide you with a choice. And I will make sure that no government bureaucrat or insurance company bureaucrat gets between you and the care that you need.

 例えば、公的オプションは保険会社が支払い可能な保険プランを提供していないところだけを市場としてはどうかと示唆してくれた人がいる。あるいは、生協やそのほかの非営利団体に計画を委託してはどうかと提案してくれた人もいた。これらは全て、考査に値する建設的なアイデアだ。

 しかし、私が絶対に譲れない基本原理はこれだ。アメリカ人が支払い可能な保険を見つけることができないならば、我々が選択肢を供給する。そして、あなたとあなたが必要とする医療の間には政府の官僚組織も保険会社の官僚組織も立ちはだからないことを明確にしたい。

Finally, let me discuss an issue that is a great concern to me, to members of this chamber, and to the public ? and that is how we pay for this plan.

 最後に、私にとっても、議会のメンバーにとっても、市民にとっても大きな懸念である問題について議論したい。それは、この計画の財源である。


Here’s what you need to know. First, I will not sign a plan that adds one dime to our deficits ? either now or in the future. Period. And to prove that I’m serious, there will be a provision in this plan that requires us to come forward with more spending cuts if the savings we promised don’t materialize. Part of the reason I faced a trillion dollar deficit when I walked in the door of the White House is because too many initiatives over the last decade were not paid for ? from the Iraq War to tax breaks for the wealthy. I will not make that same mistake with health care.

 あなたが知りたいと思っているのは、以下の通りだ。まず最初に、私は例え10セントであっても赤字を増やす計画には署名しない。現在も、将来もだ。以上。

 そして、私が本気であるということを証明するために、我々が約束したコスト抑制が実現しない場合には、それ以上の支出抑制を行うという条項をこの計画に盛り込む。
 私がホワイトハウスのドアをくぐった時に1兆ドルもの赤字と向き合わざるを得なかった理由の一部は、この10年にわたってあまりに多くの政策に支払いがなされていなかったためである。イラク戦争から、富裕層のための優遇税制まで。私は、保険制度で同じ過ちを犯すまい。



Second, we’ve estimated that most of this plan can be paid for by finding savings within the existing health care system ? a system that is currently full of waste and abuse. Right now, too much of the hard-earned savings and tax dollars we spend on health care doesn’t make us healthier. That’s not my judgment ? it’s the judgment of medical professionals across this country. And this is also true when it comes to Medicare and Medicaid.

 第2に、我々はこの計画の大部分が既存の保険システム―現在、無駄と濫用に満ちているシステムだ―内で抑制できるコストを見つけることによって賄うことができると推定した。現在、我々が保健医療に費やす苦労して手に入れた貯金や税金のあまりに多くが、我々を健康にしていない。

 これは私の判断ではない。これはこの国中の医療関係者の判断である。そして、これはまた、メディケアとメディケードに関しても真実である。


In fact, I want to speak directly to America’s seniors for a moment, because Medicare is another issue that’s been subjected to demagoguery and distortion during the course of this debate.

 実際のところ、メディケアはこの議論の間中、扇動と歪曲を受けたもう一つの問題であるので、少しの間、高齢者の皆さんに直接話しておきたい。


More than four decades ago, this nation stood up for the principle that after a lifetime of hard work, our seniors should not be left to struggle with a pile of medical bills in their later years. That is how Medicare was born. And it remains a sacred trust that must be passed down from one generation to the next. That is why not a dollar of the Medicare trust fund will be used to pay for this plan.

 40年以上前、せっせと働いた人生の後で、高齢者が晩年を医療費の請求書の山と戦わなくても済むべきだという原則のためにこの国は立ち上がった。そして、メディケアが生まれた。そして、それは世代から世代に受け継がなくてはならない聖なる信託であり続けている。
 だから、メディケア信託ファンドからは1ドルたりともこの計画の支払いには用いられない。


The only thing this plan would eliminate is the hundreds of billions of dollars in waste and fraud, as well as unwarranted subsidies in Medicare that go to insurance companies ? subsidies that do everything to pad their profits and nothing to improve your care. And we will also create an independent commission of doctors and medical experts charged with identifying more waste in the years ahead.

 この計画が除去する唯一のものは、何百億ドルもの無駄と詐欺、そして保険会社へ行くメディケアの無保証助成金―保険会社の利益を膨らませるだけであなたの医療の向上には何もしない助成金だ。我々はまた、数年以内に医療費の無駄の識別を専任する医師と医療専門家からなる独立委員会をつくる。


These steps will ensure that you ? America’s seniors ? get the benefits you’ve been promised. They will ensure that Medicare is there for future generations. And we can use some of the savings to fill the gap in coverage that forces too many seniors to pay thousands of dollars a year out of their own pocket for prescription drugs. That’s what this plan will do for you. So don’t pay attention to those scary stories about how your benefits will be cut ? especially since some of the same folks who are spreading these tall tales have fought against Medicare in the past, and just this year supported a budget that would have essentially turned Medicare into a privatized voucher program. That will never happen on my watch. I will protect Medicare.

 これらによってあなた方、アメリカの高齢者が約束された給付を確実に得られるようにする。メディケアが将来の世代のために存続することを確実にする。そして、節約したお金の一部は、あまりに多くの高齢者が処方薬のために自己負担金として年に数千ドルも支払うことを余儀なくされている保険のギャップを埋めるために使用することができる。

 それが、この計画によってあなたにもたらされるものだ。だから、どんな風に給付がカットされるかについての恐ろしい話に耳を貸してはいけない。特にこうしたほら話を広めている人の中には、過去にメディケアと戦い、今年はメディケアを実質的に民営化された商品券プログラムに変えてしまいかねない予算を支持した人もいるのだ。そんなことは、私が目を光らせている間には起こらない。私は、メディケアを保護する。



Now, because Medicare is such a big part of the health care system, making the program more efficient can help usher in changes in the way we deliver health care that can reduce costs for everybody. We have long known that some places, like the Intermountain Healthcare in Utah or the Geisinger Health System in rural Pennsylvania, offer high-quality care at costs below average. The commission can help encourage the adoption of these common-sense best practices by doctors and medical professionals throughout the system ? everything from reducing hospital infection rates to encouraging better coordination between teams of doctors.

 現在、メディケアは保険制度の中でこれだけ大きな位置を占めているのだから、プログラムをより効率的にすることは、皆のコストを下げることが可能な保健医療を創出する、変化の到来を告げる一助になるだろう。

 我々は、ユタのインターマウンテン・ヘルスケアやペンシルバニア地方のガイシンガー・ヘルス・システムのような、平均以下のコストで高品質の保険を提供する土地のことを長く知っていた。独立委員会は、こうした常識的な保険システムの実践の最善例を医師や医療関係者が採用するのを医療システム全体で助けることができる―院内感染率の減少から医師チームの間のより良い調整までの全てに関して。


Reducing the waste and inefficiency in Medicare and Medicaid will pay for most of this plan. Much of the rest would be paid for with revenues from the very same drug and insurance companies that stand to benefit from tens of millions of new customers. This reform will charge insurance companies a fee for their most expensive policies, which will encourage them to provide greater value for the money ? an idea which has the support of Democratic and Republican experts. And according to these same experts, this modest change could help hold down the cost of health care for all of us in the long-run.

 メディケアとメディケードで無駄と非効率を減らすことで、この計画の財源は大部分が拠出可能だ。残りの多くは、新しい何千万もの顧客から利益を得る製薬および保険会社からの税収で賄えるだろう。この改革では、保険会社の最も高価な保険プランに対して課金する。これによって、同じ額に対してより大きな価値を提供するのを奨励することになるだろう−これは、民主党および共和党の専門家によって支持されたアイデアだ。
 そして、これらの専門家によると、この適度な変化は、長期的に保健医療費を抑制する助けになるだろう。


Finally, many in this chamber ? particularly on the Republican side of the aisle ? have long insisted that reforming our medical malpractice laws can help bring down the cost of health care. I don't believe malpractice reform is a silver bullet, but I have talked to enough doctors to know that defensive medicine may be contributing to unnecessary costs. So I am proposing that we move forward on a range of ideas about how to put patient safety first and let doctors focus on practicing medicine. I know that the Bush Administration considered authorizing demonstration projects in individual states to test these issues. It’s a good idea, and I am directing my Secretary of Health and Human Services to move forward on this initiative today.

 最後に、この議会の多くの人々―特に共和党の側の―が、医療過誤の法改革が保険医療費を下げる助けになると長年主張してきた。私は医療過誤法改革が銀の弾丸であるとは考えていないが、防衛医療が不要なコストに貢献しているということを理解できる程度には医師と話をしてきた。それで、患者の安全を第一にしつつ、医師が医療に集中できる方法についてのアイデアの範囲を一歩進める提案をしているところだ。
 ブッシュ政権が、こうした問題について検討するデモンストレーション・プロジェクトを個々の州が行う制度を認可しようとしていた。それは良いアイデアであるし、私は厚生長官に今日この政策の下で前進するように指示した。



Add it all up, and the plan I’m proposing will cost around $900 billion over ten years ? less than we have spent on the Iraq and Afghanistan wars, and less than the tax cuts for the wealthiest few Americans that Congress passed at the beginning of the previous administration. Most of these costs will be paid for with money already being spent ? but spent badly ? in the existing health care system. The plan will not add to our deficit. The middle-class will realize greater security, not higher taxes. And if we are able to slow the growth of health care costs by just one-tenth of one percent each year, it will actually reduce the deficit by $4 trillion over the long term.

 全てひっくるめて、私が提案している計画は、10年以上にわたって、およそ9千億ドルを要する―我々がイラクとアフガニスタン戦争にかけたよりも少なく、国会が前政権初めに通した最も裕福な少数のアメリカ人のための減税額より少ない。

 これらの経費の大部分は、既存の保険制度の中ですでに費やされている―しかし、ひどい費やされ方をしている―ところから拠出可能だ。計画は、我々の赤字を増さない。中流階級は、より大きな安全を手に入れるだろう・・・より高い税ではなく。

 そして、我々が毎年ほんの1パーセントの10分の1だけ保険医療費の成長を遅くすることが可能であれば、それは長期的には実に4兆ドルの赤字を減らすのだ。


This is the plan I’m proposing. It’s a plan that incorporates ideas from many of the people in this room tonight ? Democrats and Republicans. And I will continue to seek common ground in the weeks ahead. If you come to me with a serious set of proposals, I will be there to listen. My door is always open.

 これが、私が提案している計画である。これは、今夜この部屋にいる多くの人々―民主党と共和党の―からのアイデアをまとめた計画である。そして、私は今後数週間、共通基盤を模索し続ける。あなたが幾つかの重大な提案を持って私の元に来た場合、私はそこにいて聞くだろう。私のドアは、常に開いている。

But know this: I will not waste time with those who have made the calculation that it’s better politics to kill this plan than improve it. I will not stand by while the special interests use the same old tactics to keep things exactly the way they are. If you misrepresent what’s in the plan, we will call you out. And I will not accept the status quo as a solution. Not this time. Not now.

 しかし、これだけは知っていて欲しい:この計画を改善するよりは葬り去るほうが政治的に好ましいという計算をしている人々のために無駄にする時間は、私にはない。
 既得権益が物事をこれまで通りに保つ古い戦術を使用するのを指をくわえて眺めてはいない。計画にあることを誤って喧伝する者には、呼び出しをかける。

 そして、私は現状維持を解決とはみなさない。
 今回は。
 今は。


Everyone in this room knows what will happen if we do nothing. Our deficit will grow. More families will go bankrupt. More businesses will close. More Americans will lose their coverage when they are sick and need it most. And more will die as a result. We know these things to be true.

 ここにいる誰もが、我々が何もしない場合には何が起こるのか理解している。 

 我々の赤字が膨れ上がる。
 より多くの家族が破産する。
 より多くの企業が閉鎖する。
 より多くのアメリカ人が、具合が悪くなって、最もそれを必要とするときに保険を失う。そして、より多くの人々が、その結果死亡する。

 我々は、これらが真実であると知っている。


That is why we cannot fail. Because there are too many Americans counting on us to succeed ? the ones who suffer silently, and the ones who shared their stories with us at town hall meetings, in emails, and in letters.

 だから、失敗は許されない。なぜなら、あまりに多くのアメリカ人が我々の成功に期待しているのだ―人知れず静かに苦しむ人々が、そして、町のミーティングや、電子メールや、手紙によって我々と物語を共有した人々が。


I received one of those letters a few days ago. It was from our beloved friend and colleague, Ted Kennedy. He had written it back in May, shortly after he was told that his illness was terminal. He asked that it be delivered upon his death.

 2、3日前にも、そうした手紙を一通、受け取った。それは、我々の最愛の友人であり同僚であるテッド・ケネディからの手紙だった。彼は5月に、彼の病気が末期であると聞いた直後にそれを書いた。彼は、それが彼の死後に届けられることを望んでいた。

(訳注・JFKの末弟の息子。今年の8月25日に悪性脳腫瘍で亡くなった。近年のケネディ家の中では最も輝いていた人物。生涯にわたり、障害者支援、精神医療、小児医療、医療保険、移民法案、など弱者のために戦った。死亡時、アメリカではかなり大きなニュースになった。)


In it, he spoke about what a happy time his last months were, thanks to the love and support of family and friends, his wife, Vicki, and his children, who are here tonight . And he expressed confidence that this would be the year that health care reform ? “that great unfinished business of our society,” he called it ? would finally pass. He repeated the truth that health care is decisive for our future prosperity, but he also reminded me that “it concerns more than material things.” “What we face,” he wrote, “is above all a moral issue; at stake are not just the details of policy, but fundamental principles of social justice and the character of our country.”

 その中で彼は、家族と友人、彼の妻ヴィッキーと、今宵ここにいる彼の子供達の愛とサポートのおかげで彼の最後の数ヶ月間が何と幸せな時間であったかを綴っていた。そして、彼は今年こそ、遂に保険制度の改革がなされる―彼はそれを「我々の社会における大きな未完成事業」と呼んだ―年であるという確信を示した。

 彼は保険制度が我々の将来の繁栄のために決定的であるという事実を繰り返した、しかし、彼はまた「それは、目に見える以上のものである」ということを私に思い出させてくれた。「我々が立ち向かっているのは」と彼は書いた「何よりも倫理の問題なのだ。俎上に上っているのは単なるプランの詳細などではなく、社会正義の基本原理と我々の国の性格なのだ」と。


I’ve thought about that phrase quite a bit in recent days ? the character of our country. One of the unique and wonderful things about America has always been our self-reliance, our rugged individualism, our fierce defense of freedom and our healthy skepticism of government. And figuring out the appropriate size and role of government has always been a source of rigorous and sometimes angry debate.

 私は、ここ数日、大いにそのフレーズについて考えた。我々の国の性格。アメリカについて、ユニークで素晴らしいもののうちの1つは、常に我々の自立心、つまり無骨な個人主義であり、激しい自由の堅持であり、政府に対する健全な懐疑である。そして、政府の適切なサイズと役割は常に、厳密で時には怒りも混じる議論のもとであった。


For some of Ted Kennedy’s critics, his brand of liberalism represented an affront to American liberty. In their mind, his passion for universal health care was nothing more than a passion for big government.

 テッド・ケネディを批判する人々にとっては、自由主義という彼のブランドは、アメリカの自由に対する侮辱を表した。彼らにとって、国民皆保険に対するテッドの情熱は、大きな政府に対する情熱以外の何物でもなかったのだ。



But those of us who knew Teddy and worked with him here ? people of both parties ? know that what drove him was something more. His friend, Orrin Hatch, knows that. They worked together to provide children with health insurance. His friend John McCain knows that. They worked together on a Patient’s Bill of Rights. His friend Chuck Grassley knows that. They worked together to provide health care to children with disabilities.

しかし、我々の中でテディを知っていて、彼とここで共に働いた人々―どちらの党であっても―は、彼を駆り立てていたのは、何かもっと大きなものであったと知っている。

 彼の友人であるオーリン・ハッチは、それを知っている。
 彼らは共に、小児に対する健康保険の給付に取り組んだ。

 彼の友人であるジョン・マケインは、それを知っている。
 彼らは共に患者の権利章典に取り組んだ。

 彼の友人であるチャック・グラスリーは、それを知っている。
 彼らは共に、身体障害児に対する健康保険の給付に取り組んだ。


On issues like these, Ted Kennedy’s passion was born not of some rigid ideology, but of his own experience. It was the experience of having two children stricken with cancer. He never forgot the sheer terror and helplessness that any parent feels when a child is badly sick; and he was able to imagine what it must be like for those without insurance; what it would be like to have to say to a wife or a child or an aging parent ? there is something that could make you better, but I just can’t afford it.

 これらの問題に関するテッド・ケネディの情熱は、何らかの堅固なイデオロギーからではなく、彼自身の経験から生まれたのだ。それは、二人の子供が癌にかかるという経験であった。

 彼は、子供の具合がひどく悪い時に親が感じる本当の恐怖と無力感を決して忘れなかった;そして、彼には、保険を持っていない人にとって、それがどんなものであるかを想像することができた; 妻や子供や年老いた親にこう言わなければならないとしたらどうだろう?「具合を良くする方法はある。ただ、そのお金が払えないんだ。」


That large-heartedness ? that concern and regard for the plight of others ? is not a partisan feeling. It is not a Republican or a Democratic feeling. It, too, is part of the American character. Our ability to stand in other people’s shoes. A recognition that we are all in this together; that when fortune turns against one of us, others are there to lend a helping hand. A belief that in this country, hard work and responsibility should be rewarded by some measure of security and fair play; and an acknowledgement that sometimes government has to step in to help deliver on that promise.

 その情け深さ―他人の状態を気遣い、思いやる気持ち―それは党派心などではない。それは、共和党または民主党の感覚ではない。それもまた、アメリカ人の性格の一部なのだ。他人の身になって考える能力。我々は全て一心同体であるという認識;幸運が我々のうちの1人に背を向けた時、他の人は手を貸すためにそこにいる。この国においては、一生懸命に働くことと責任をもって行動することが、安全とフェアプレーの精神によって報いられなければならないという信念;そして、その約束が果たされるためには時に政府が介入しなければならないことへの承認。



This has always been the history of our progress. In 1933, when over half of our seniors could not support themselves and millions had seen their savings wiped away, there were those who argued that Social Security would lead to socialism. But the men and women of Congress stood fast, and we are all the better for it. In 1965, when some argued that Medicare represented a government takeover of health care, members of Congress, Democrats and Republicans, did not back down. They joined together so that all of us could enter our golden years with some basic peace of mind.

 これは、常に我々の発展の歴史であった。1933年には、高齢者の半分以上が自立することができず、数百万人が自分の貯金が消滅するのを目にしたとき、社会保障は社会主義に至ると主張した人々がいた。しかし、国会議員の男女は素早く立ち上がり、そして、かえって良い結果につながった。

 1965年に、一部の人がメディケアは医療保険業界の政府による乗っ取りだと主張したとき、国会の議員は民主党員も共和党員も引き下がらなかった。彼らは結束し、我々全員が幾ばくかの基本的な心の平安を感じられる黄金時代に入ることができた。


You see, our predecessors understood that government could not, and should not, solve every problem. They understood that there are instances when the gains in security from government action are not worth the added constraints on our freedom. But they also understood that the danger of too much government is matched by the perils of too little; that without the leavening hand of wise policy, markets can crash, monopolies can stifle competition, and the vulnerable can be exploited. And they knew that when any government measure, no matter how carefully crafted or beneficial, is subject to scorn; when any efforts to help people in need are attacked as un-American; when facts and reason are thrown overboard and only timidity passes for wisdom, and we can no longer even engage in a civil conversation with each other over the things that truly matter ? that at that point we don’t merely lose our capacity to solve big challenges. We lose something essential about ourselves.

 おわかりだろう ― 我々の前任者は政府がすべての問題を解決することはできないし、またそうすべきでもないと理解していた。彼らは、個人の自由を制限してまで、政府の行動によって安全を増加させるべきではない例があると理解していた。しかし、彼らはまた、大きすぎる政府の危険は小さすぎる政府の危機ほどではないということも理解していた;賢い政策という影響力がなければ、市場は崩壊してしまうだろうし、独占は競争を抑圧するであろうし、弱いものは搾取されるであろう。

 そして、彼らは知っていた。
 どれほど慎重に巧みに作られていても、どれほど有益であっても、いかなる政府の法案も軽蔑の対象になってしまう時には;
 困っている人々を助けるどんな努力でもアメリカらしくないと非難される時には;
 事実と論理が投げ捨てられ、臆病だけが知識として通用する時には、
 本当に重要な問題に関して市民としての対話さえもすることができなくなってしまった時には、

 その時には、我々は単に大きな難問を解決する能力を失うだけではない。我々自身についての根本的な何かを失うのだ。

What was true then remains true today. I understand how difficult this health care debate has been. I know that many in this country are deeply skeptical that government is looking out for them. I understand that the politically safe move would be to kick the can further down the road ? to defer reform one more year, or one more election, or one more term.

 かつて真実であったことは、今日も真実のままである。私は、この保険制度に関する議論がどれほど困難であったかを理解している。私は、この国の多くの人が政府が彼らを気にかけているかどうかについて非常に懐疑的であるということを知っている。私は、政治的に無難な行動は缶を道の遠くに蹴っ飛ばすことだと知っている―改革をもう一年先に、あるいは、次の選挙、次の任期に延期することだ。

But that’s not what the moment calls for. That’s not what we came here to do. We did not come to fear the future. We came here to shape it. I still believe we can act even when it’s hard. I still believe we can replace acrimony with civility, and gridlock with progress. I still believe we can do great things, and that here and now we will meet history’s test.

 しかし、それは今この瞬間に必要とされているものではない。我々はそんなことをするためにここに来たのではない。
 我々は、将来を恐れるためにやって来たのではなかった。我々は、将来を創るためにここに来たのだ。
 私は、まだ、困難なときでさえも我々は行動することができると信じている。
 私は、まだ、我々がとげとげしさを礼儀に、硬直を発展に取り替えることができると信じている。
 私は、まだ、我々が大きなことを成し遂げることができると、そして、今この場で、歴史の試練を乗り越えることができると信じている。


Because that is who we are. That is our calling. That is our character. Thank you, God Bless You, and may God Bless the United States of America."

 なぜなら、それが我々なのだから。
 それが、我々の天分なのだ。
 それが、我々の性格なのだ。

 ありがとう。あなたに神の祝福を、アメリカ合衆国に神の祝福を。

Posted by bijoux_iris at 19:51│Comments(23)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 日々のネタ | 健康相談

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/bijoux_iris/51289847
この記事へのコメント
ペシミスティック石頭です。

オバマ氏の評価も現在微妙なところに来ているようです。議会主導で内部スタッフに任せない。オバマ氏自身の政治主導力、事案解決能力の限界。 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1462?page=2

オバマ氏は前任者と比べれば遥かにうまくやっているとの下馬評ですが、医療改革はおそらく失敗する可能性が高い。

「皆保険化に伴う財政コストは10年間で1兆6000億ドルとも言われる。大統領は無駄を省いて富裕層や大企業への増税で賄うとしているが、民主党内にも反対論があり、政治的には極めてハードルが高い。

 1990年代初め、クリントン政権が共和党の反対で皆保険化の断念に追い込まれたが、その背景には「大きな政府」に対する国民の警戒感が存在した。先のABCテレビとワシントン・ポスト紙の合同世論調査によると、オバマ大統領の医療保険制度改革案への不支持率は前月の29%から44%にまで高まっている。」

自分としては、オバマ氏に対して、アメリカ国民が理想よりも「現実」を見始めているのが今なのではないかと思われます。
Posted by 石頭 at 2009年09月12日 21:17
アメリカ経済=世界経済である現在、アメリカ国民の消費(アメリカの輸入)が世界経済の牽引力であり、そしてそれがリーマンショックによる停滞を見せている以上、借金をして消費をするステータスから長期的な借金返済ステータスへの移行、穏やかな成長へと移行する可能性が想定されます。

その中で、果たしてオバマ氏が財源も明確ではないまま果たして医療保険制度改革が可能なのか、かなり疑問視されているのではないか。おそらく仮に万が一成功したとしてもその先まっているのはアメリカ国民が嫌う「大きな政府」、つまりはビックブラザーによる管理社会への移行であり、果たしてそこまでアメリカ国民が決断できるのか、という疑問が個人的にはあります。

とまあ悲観主義者、ペシミスティック石頭の繰言でした。

ともあれ、こんだけいろいろほざいといてなんですが、オバマ氏翻訳スピーチどうもありがとうございます。一読者として感謝とお礼を!
Posted by 石頭 at 2009年09月12日 21:28
 >石頭

 最初に断っておくと、別に石頭さんを能天気派に改宗させようとは思っていないし、石頭さんみたいな考えの人がある程度いることは理解しています。

>自分としては、オバマ氏に対して、アメリカ国民が理想よりも「現実」を見始めているのが今なのではないかと思われます。

 でもそれって、石頭さんが懸念していた「支持率が高すぎる大統領が人民の熱狂と共にどんどん変な方向に進む」みたいなファシズムの台頭を許した的な状況になる、というのが外れて、びじうが言ってた「個々の政策について是々非々で」みたいな感じになってきているということなので、それはそれでいい事なんですよね?
 このスピーチに対してももちろん物凄い反論があるわけだけど、その前の教育に関する意見に対しても随分と異論が出てるみたいだし。

 あと、順番が逆というか、普通の人は「ビッグ・ブラザーの管理下に入るのが嫌だから大企業の側についてオバマ不支持に回ろう」とか考えないと思うんですよ。日本の保険制度で普通に(医療の受け手として)暮らしていて「俺達は管理されている!」とか思うことってないじゃないですか。普通の人は「手頃な保険があればいいなぁ」程度のモンで(日本の保険制度に慣れていると実感に乏しいとは思いますが)、むしろ、大企業が既得権益を守るために「オバマの言うとおりにしたら管理社会まっしぐらだ」って言ってるんじゃないかと。それって「このままじゃ50年後に日本は中国の属国だ」とか言うのと同じで、恐怖を煽って自分の意見を通そうとする以外にあんまり意味がない文言だなぁ、と思うのです。マスコミ報道は大企業寄りに決まっているので鵜呑みにすると怖いですよね。
Posted by びじう at 2009年09月13日 05:43
>それはそれでいい事なんですよね?

自分の意見が間違っていたのは申し訳ありません。アメリカ国民に対しては自分と同様に微妙かな、とも思いますが(最初熱狂次は不信)、良いことかと思います。

>恐怖を煽って自分の意見を通そうとする以外にあんまり意味がない文言だなぁ、と思うのです

なるほど。そうかもしれません。

うーん、ここらはもっと明確に調べてみないと何ともいえないですね。ただ、恐らくアメリカ国民は「国民の保険情報をとられた場合、それがどのように運用されるのか?」について疑問があるのだと思います。そこに対してどのような説明責任を果たすのか。既に911以後、アメリカは相当に国民生活を監視レベル的に締め付けているように外側からはみれるので(空港の出入国管理他)。もしかして同じような不安を感じているのではないか、とは思います。

Posted by 石頭 at 2009年09月13日 15:21
また、大企業寄りであるとれば、つまり大企業は反対なわけで、それを何らかの形で取り込むようにしなければ、やはり推進は難しいのではないか、とも思います。

実際どうなるんですかね?>医療保険制度改革

私は失敗するような気がする、に一票なわけですが、実際これは成功するのでしょうか、それとも玉虫色の解決にでもなるんですかね。

まぁ50年後云々に関してはどうなるかなど誰にもわかりませんし、あまり気にすることはないんじゃないですかね。これに関しては人それぞれで。私は中国が分裂しない限りにおいて恐らく属国に近い立場に置かれる可能性があるかもしれない、と思っていますが、こんなものは誰にも証明できないわけで、うーん、となると、こんなところでそうそう言う必要もないですね。失礼しました。

ともあれお疲れ様です。いろいろと心身ご家族と共に疲労の極みかと思われますが、その合間を縫ってこのような翻訳、誠に痛み入ります。どうもご苦労様でした。お疲れ様です。

また、ご気分を害すような書き込み、大変失礼いたしました。以後自重いたします。
Posted by 石頭 at 2009年09月13日 15:22
ほんと、いいスピーチだな〜
テッドを使うあたりも、本当に上手。あのあたりの年代の石頭たちも、泣いてくれただろうか。

大統領選のときも、終わった今でも、オバマは、イスラム教、アメリカ市民じゃないとか、そういった話がでたりするように、保険も、勝手な噂ばかり先立って理解もせずに、反対している人が多いように思える。

反対デモも、ほんと上手にやってたね〜あれって、良いバイトなんだよ〜

月曜日のスピーチもよろしく〜〜


Posted by る at 2009年09月13日 20:39

> Youtube動画を張っておきます。やっぱこれは動画で見るべき。

スピーチ術として、左翼の巻き込み方がほんと上手だなあと思いました。
パートパートでみる反応の違いは勉強にもなりましたし。
大きなブーイングは、不法滞在者への非適用のところだけだったと思うのですが、
その具体的な説明が聞きたかったな、というとこだけ少し残念でした。
(調べてみてもよく分からなかった。)

でも、議会の大きな流れとしては、進むんじゃかなーというエネルギーでしたね。
昨日は抗議デモの一方で、「『議会の8割が一致した』というオバマ氏のコメントがあった」とasahi.comで読みました。

スピーチの動画、私も、上(↑)のやつを最初みていたのですが、
編集点で少しカットが削れているみたいで、全部聞くのがちょっとしんどいんです。
ホワイトハウスかCBSが一本にまとまっててよいかも。
http://www.youtube.com/watch?v=SSJugLUsM58
http://www.youtube.com/watch?v=U1YNF9I25yU

ともあれ、ありがとうございました。

あ、昨日、「脳」の科学テレビ番組で、マイアミ大をみました。
うつ病の母親が子供の成長に与える影響を研究する研究室が出てました。
でっかいビルでした。
Posted by marco at 2009年09月14日 01:56
 >石頭

 いや、すんません、俺も感情的になりすぎた。疲れてるのかな、やっぱ・・・。別に石頭さんは努力してる奴をあざ笑ってやろうとか、何かを提案しようとか、そういうことではなくて「あーあ、いいことねぇなぁ」的な愚痴っぽいことが書きたいだけなんですよね、ということをつい最近理解しました。すんません。


Posted by びじう at 2009年09月14日 10:51
 >る

 いやもう、ほんと、これは泣く(笑)。

 オバマさんにとっては物凄い逆風ですよね、今。反対デモに200万人ですか。

 この演説中にもあるように、保険医療費は経済全体の1/6を占めているらしいので、金持ちのうちの15%は直接利害の絡んだ抵抗勢力なわけです。
 言い換えるとアメリカ人10人のうち2人は完全に敵。この2人は金持ちなので発言力があるし、味方も作りやすい。んでもって、オバマさんの政策で助けられる無保険の人は貧乏な方の1人ですが、そんな人の声は声にならないというか。スピーチの中の「静かに苦しんでいる人」という一節が象徴的ですよね。なわけで、この人々が棄権すると9人中金持ち2人(保険会社・製薬会社・医者あたり)が敵。
 相手が1人につき1人ずつ金持ちの友達を味方につけると、9人中4人は敵ということになりますので、残り全部を押さえない限り勝てない戦いということになります(多分、そうやって100年以上も改革がされずに来た)。

 政治学的には無謀な挑戦ですよね。オバマさんも、政治的には改革を延期した方が無難、って言ってますが。ただ、保険制度を何とかしないといけない、というのは原則的に圧倒的に正しいので、辛うじて握りつぶされずに済んでいるような状況だと思います。
Posted by びじう at 2009年09月14日 11:07
 >marco

 あのブーイングは単に「違法にここにいる人」という単一フレーズというか、不法入国者に対してのものだったんじゃないかと想像しますが、どうでしょうか。

 スピーチ術は、本当にびっくりですよね。アンチョコ見ている気配がないだけでも凄い。それで、この長いスピーチで言い間違いがemployerとemployeeの一回だけ?みたいな。

 また、動画で見ると、ディンゲル卿の息子が写ったりケネディ家の人々が写ったり、いい調子で盛り上がりますよね。良い動画の紹介、ありがとうございました。差し替えます。

Posted by びじう at 2009年09月14日 11:15
「健全な懐疑」ってむずかしいもんですねえ。うーむ。(上のやりとりをみて)

 でもなんていうんですかね、「非難と誤解と陰謀の嵐を潜り抜けても、なお心はくすませてはいけない」という強い主張を、このオバマ・スピーチからは感じますね。
 こういうのをLawful-Goodというのかなあ、と思いました。なかなか並大抵の心持ちではできるものではないというか、政策提言の個々の議論を超えて、学ぶところがありました。
 何度も読み返すつもりです。ありがとうございます。
Posted by 志臣 at 2009年09月14日 11:31
翻訳ありがとう。読みやすかったです。

まじめな話は苦手なので、ふまじめ方面を。

この改革が通ると、ドラマや映画なんかでよく見る「会社クビになったんで保険切れて病院いけない@ER」とか、「会社辞める直前に上司を脅して半年分のコンサルタント契約と保険をもぎ取った@ファイトクラブ」みたいな話は、過去のものになるんでしょうかね。
Posted by thalion at 2009年09月14日 11:57
 >志臣

 そーなんすよね。結局、オバマさんが言ってるのって「金持ち、自重しろ」的な内容に尽きると思うんですよ。保険業界に対しても、ウォール・ストリートに対しても。んなこと言ったら、どれだけ叩かれるか、火を見るよりも明らかなのに。しかも、こーゆー事言ってると往々にして、金持ちだけじゃなくて救おうとしている金持ちに搾取されている人からも叩かれるんですよね。何故か。

 正しいことって痛い事が多いし、だから多くの人は無難なことしか言わないわけだけど、正しいことを言う人が一人もいなかったら正しいことが潰えてしまうし、痛くても必要なんだろうと思うのです。しかも無難なことではなくて正しいことを言う人がリーダーって凄いことで、やっぱ困難がハンパない。るさんも書いてますが、未だに「オバマはアメリカ市民じゃない」とか普通にスーパーで売ってる一般雑誌の表紙に載ってます。

 そこにめげないで、罵声を浴びせる人々に対してすらも協力を呼びかけながら、正しいことで前に進もうとする姿勢だけでも心を動かされるんですよね・・・まぁ、結果が出せなければしょーがないって側面もあるんですが。

Posted by びじう at 2009年09月14日 12:13
 >さり

 こういう普通の文章だと、けっこー翻訳ソフトそのまんまな部分が多かったりするんだけど、だから読みやすかったのかなぁ(笑)。

 いやほんと、そーゆーのが過去のものになるといいねぇ・・・思ったんだけど、ある意味でマイケル・ムーアのSickoの内容をオバマが追認している形ではあるよね。その辺、けっこー笑ったんだけど。
Posted by びじう at 2009年09月14日 12:21
http://www.miamiherald.com/news/top-stories/story/1217100.html

かつてAppleが学校にコンピューターをたくさん寄付していたように、マクドナルドが子供をターゲットに営業するように、10年後、20年後、そのまた将来を見通しての作戦か!?

このこともあって、スピーチは、小学校3年生でも、わかる内容でつくったとか。

マイアミは、強制ではなかったのは、不法移民が多いから!?
Posted by る at 2009年09月14日 13:40
書き忘れた。リンクページのコメントがおもしろい。
Posted by る at 2009年09月14日 13:45
 >る

 リンク先見ました。いやー、戦ってますね、みんな(笑)。確かに面白いや。

 >石頭

 重ねて申し訳ないです。ここだけではなく、これまでにも感情的になって色々と失礼なことを書きました。本当にすみませんでした。今後はもうちょっとマシになるんじゃないかと思います・・・。
 ほんと、ごめん。
Posted by びじう at 2009年09月15日 23:16
えーと、私のブログの今日のエントリーからリンクさせていただきました。
なんだかちょっとタイミングがずれてはいるのですけれども。
Posted by marco at 2009年09月23日 12:44
 >marco

 わざわざお知らせありがとうございます。いやぁ、やっぱりこの姿勢は応援したくなりますよね。ほんと。頑張れ。
Posted by びじう at 2009年09月24日 08:39
大きい記事、私はあなたのポストを読み、あなたの記事の情報は非常に有用であるためにようになる。
<a href="http://www.mspharma.in/product/293/orlistat.html">orlistat</a>
<a href="http://www.mspharma.in/product/292/propecia.html">propecia</a>
Posted by オルリスタット卸 at 2012年06月26日 16:13
5
Goodness, there is really much worthwhile data in this post! もうこんな時間なんですけど、晩御飯まだなんで食べてます。
Posted by link at 2012年12月09日 00:03
Mise en outre une masse corporelle beaucoup plus faible humain peut conduire ? des versions d'avoir un raccord mal dans le pantalon ou un jean. Versions besoin d'avoir ? ?tre en mesure de compara卯tre hanche, pas massif et lourd. Je l'ai souvent dit, nous pouvons aller 禄dans l'adversit茅, mais nous ne savons pas comment obtenir芦 dans l'adversit茅. Chaque fois que je ressens quelque chose de d茅sagr茅able, je me demande ce que je peux apprendre de cette situation et comment s'est pass茅 mon comportement a contribu茅 ? mon 茅tat actuel? Au lieu d'enfouir ma t?te dans le sable juste attendre que le temps passe, ou l'univers d'oublier la situation, j'ai activement travailler ? travers l'adversit茅, ce qui permet de soulager la douleur et la frustration..
Posted by Tiendas Abercrombie & Fitch Madrid at 2013年04月09日 19:39
2
Thanks for finally talking about >___:___
_)_3______t_   <Loved it!
Posted by blog.peteonrails.com at 2014年10月29日 12:52

コメントする

名前
 
  絵文字