2009年09月29日

Tonight is the night.......

 なんか、随分と時間かかっちゃったんだけど、デクスター3rdシーズンのDVDをようやく見終わりました。もう、シーズン4が始まってるっつーの・・・。

 いやぁ、もはやサスペンスというよりは文学作品(笑)。このシナリオは凄いなぁ・・・以下、具体的なネタバレは無いですが、ややスポイラー気味になっちゃうかも。とは思いますが、この記事に食いつく人は約2名(さり&あちょ)と見積もられていて、うち1名(さり)は既に見終わっている筈なのでいいよね。

 という、狭いストライクゾーンに全力投球!


デクスター シーズン3 コンプリートBOX [DVD]
デクスター シーズン3 コンプリートBOX [DVD]
クチコミを見る
 









 今回の主題は、デクスターに普通の生活ができるの??ってことです。っていうか、デクスターが普通の生活を送る恐ろしさ、みたいな感じ。普通の人にとっては非常に喜ばしい出来事、家族ができたり、友達ができたり、ということが連続殺人鬼にとっては非常に恐ろしい出来事だ、っていう描写がとても上手に仕上がっていて秀逸。

 それはまた、他人と関わることに関する責任の物語でもあります。誰だって、他人と関わってしまえば、そこで生じる責任から逃れることはできません。できることなら、そういう面倒は遠慮したい。そのためには他人と関わらず生きるというのが楽そうというか、無難です。しかし、人の性として他人と関わらずにはいられないのです。

 デクスターはこの問題に果敢に挑みます。自分の正体を伏せて、他人と関わり生きていこうとする、その果敢さは、ちょっとヒーローっぽい(笑)。ただ、デクスターの場合はその他人には伏せたい一面がこれ以上ないほど極端な変態なので(笑)実にブラックな娯楽作品になりますが、真面目に考えてみても良い話のような気がします。

 他人と関わらずにはいられないのが人の性なら、この、「他人には伏せたい一面がある」というのもまた人の性なのです。これはまた何という矛盾。
 他人と付き合うときには正直が一番と思いながら、普段から正直に生きたいと思いながら、ままならないことも多々あるわけです(末期癌の人を励まさざるを得なかったりとか)。それでも他人と関わらざるを得ない・・・みたいな。

 あ、きちんとサスペンスもありますからご安心を。前回までに比べるとグイグイ行く感じではないですけど。びじうはシーズン2よりも好きだなぁ、こっちの方が。


 ちなみに、この記事のタイトルはシーズン1と2のオープニングだったセリフですが、今回はひねってますよ。007のカジノ・ロワイヤルみたいな感じに。

==============
 それはそうとして、こいつら商売うまいよなぁ、っつー話を幾つか。

 まず、主演のマイケル・C・ホールが、今シーズンからエグゼクティヴ・プロデューサーにクレジットされています。まぁ、彼の演技力がなければ成立しないドラマですから、どんな条件でも飲まざるを得なかったんでしょうが(あるいは、その分ギャラは安くなってるのかも知れませんが)、賢いですよね。とっ払いのギャラよりも息が長い売り上げ。ハリウッド映画でも、ブラピとか「もう製作側?」みたいな立ち位置だし。

 んでもって、AppStoreではiPhoneでできるデクスターのゲームが大人気です。人気の秘密は、TVシリーズのシナリオを書いている人がシナリオ書いていたり、マイケル・C・ホールが声で出演しているなど、本格的なところ・・・・っていうか、お前、製作者側(ということは多分、こういう二次創作物に関しても権利保持者)だもんなぁ>マイケル

 俳優さんも含めて皆で色々と売り込んで、皆で収益を分け合いましょう、って事でしょうか。テレビもCM以外の収入を模索している感じですね(元々、有料チャンネルですけど)。

 そして驚くのが、デクスターを作っているテレビ局のHPです。もう、テレビ局のHPというよりは、完全にオンラインショップ(笑)です。しかも、いい線突いてくるんだよなぁ、これが。


00108894-526946_145

 I'm a very neat monster.(私はとてもきれい好きな怪物です)と刻まれた「ラッパーズ・ディライト(拘束者の喜び)」というデザインのマウスパッド。まぁ、軽くいい感じですよ。と、しょっぱなから軽くジャブをくらいつつ。





00107022-891740_145

 もうね、次でいきなりノックアウト(笑)。獲物を殺す時の長袖Tシャツ。これやべぇ、マジ欲しい(笑)。




00108377-476011_145


 死体を切り刻む時のスタイルの大人向けコスチューム。わからない人には”どこの魚屋さん?”って感じですが、わかる人にはわかるスプラッタ具合(笑)。びじう、真剣に今年のハロウィーンをどうしようか考えちゃいます。





00105754-680271_145

 個人的には一番感心したのがこれ。ここまで売る!?という・・・デクスターの懐中電灯。もう、ファンなら持ち方も一通りに決まっちゃう(逆手に持つアレな)アイテムです。


 他にもエンジェルのフィギュアとか、ちょっと和む(笑)。



 リンクはこちらです。Showtime Dexter Store

 シーズン4はまだ見てないんだけど、ツイッターで「デクスター・シーズン4の第一話、こりゃすげぇぇえぇ!!!」って言ってる人はいましたよ。これ以上はネタバレになるのでポスターを見て想像力を掻き立てよう。


00051921-711952







 何がすげぇぇえぇ!!!って、とりあえず、このベビーを選ぶのが凄いよね(笑)。


Posted by bijoux_iris at 16:07│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 映画や音楽 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/bijoux_iris/51298748

コメントする

名前
 
  絵文字