2009年11月02日

バベルの塔といってよい

 奥さんの英語の家庭教師のダイアンが、もう2回見たといっていて、「もしあのコンサートが実際に開かれたら、これまでで最も素晴らしいショウになったはず」と言っていました。さすがにそれは大げさなんじゃね?とか思っていたんですが、いや、実際にそうだわ。アレはコンサートの歴史を変えてしまう。

 ・・・というわけで、This is itを見てきました。100時間以上に及ぶリハーサルの映像から2時間だけを切り取ってきて映画に仕上げたわけですが、もう、映画というよりはほとんどコンサートです。ドキュメンタリー的な部分は最低限で、これでもか、これでもかとマイケルを堪能できます。いやぁ、凄いっすねぇ。もう始まってから5分もしないうち。マイケルが横方向ムーンウォークをしてる時点で圧倒的に掴まれます。この年でまだこんな動きできるんだ・・・。










 神は細部に宿るといいますが、本当に細かい所まで気を配っています。ステージについている高速エレベーターから弾き飛ばされて登場してくるダンサー達に、監督から姿勢の指導が入り、何度も何度も飛び出してくるダンサーの姿が映っていたりして「ああ、ここまで細かいところを合わせないといけないんだ」っつー感じ。音の入り方、止まり方、響き方、全ての要素に細かく神経が張り巡らされています。

 その、細かいところをあわせていって何を作ろうかというと、これが凄い。もう、「生で見るPV」です。だって、コンサートのスクリーンで上映するための3D映画とか撮ってるんですよ。スリラー用の墓場の映画とか。ありとあらゆる視覚効果や音響効果を組み合わせた上で、歌と踊りは生、というのがこのコンサートが目指していたものみたいです。だから、歌と踊りもPVレベルを目指していたはず。

 そして、昔からのファンにとって嬉しいのは、そのPVが一部は昔のPVだったりするところです。だから、ビートイットでは「あのダンス」、スリラーでは「あのダンス」、スムース・クリミナルでは「あのダンス」が「あの映像」と共に再現されたりするわけです。この年になってあれが生で見れるとはっ!!!(いやまぁ、映画だから生じゃないけど)っていう驚きと喜びの連続です。

 もちろん、マイケルは往年のマイケルじゃないわけですが・・・正直、顔は特にかっちょ良いわけではなくなってしまったし、ダンスの回転の速度とかパワーでは若いダンサーにかなわないわけですが、それでも「ええっ、まだそれができるの!?」っていうのばっかりですし、ダンスの精度の高さは異常。素人の目から見ると、マイケルのダンスって動いているところの正確さはもちろんですが、止まっているところの止まり方がハンパないように見えるんですよね。で、まぁ、10年ぶりのステージだっつーのにその精度は若いダンサー達に全然、負けてないです。

 んでもって、ダンスに目を奪われがちなんですが、歌がまた上手いっすね。びっくりします。リハーサルでしょ?本リハだとしても8−9割でしょ?と思うんですけど・・・。
 改めて、その才能の凄さに圧倒されました。ポップ・カルチャーっていうか、「歌って踊るっていう表現」に関してこの人を上回る人はいないなぁ。まさに、ポップにおける人類の最高到達点。

==========
 もう、ほんと、月並みだけど神の領域です。This is it.はコンサートではあるけれども神の領域に届くバベルの塔のような存在だったんだろう、と思わずにはいられません。開催されなかったのは本当に、惜しかった。マイケルも、身体は疲れるししんどいのだろうけれど、コンサートの準備は本当に楽しそうにやっていて、きっと素晴らしいショウになるって手ごたえを感じて凄い楽しみにしてたんじゃないかなぁ。

 もうちょっと神様が時間を与えてくれさえしていればねぇ・・・。


 いやもう、この映画に関しては何回見るかってのが問題なのであって、見ないって選択肢はちょっと考えられないです。はい。

Posted by bijoux_iris at 13:51│Comments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 映画や音楽 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/bijoux_iris/51315827
この記事へのコメント
>「歌って踊るっていう表現」に関してこの人を上回る人はいないなぁ。まさに、ポップにおける人類の最高到達点。

 みてよかったです,はい。
 大学院生なので寝る時間も惜しんでやってますが(ほんとか?笑。いや,ここ一年半はそんな感じでした),2時間割いて行く価値ありました。
 今後世界レベルのダンスポップが,あれを基準にするのだと思うと,薄ら寒い思いがします。誰があれを超えられるのかと。
Posted by 志臣 at 2009年11月03日 01:13
> 志臣

 楽しめたなら良かったっす。

 個人的にはジャクソン5のシーンに感動しちゃったりするオヤジなわけですが、MJはあんな子供の頃からそれこそ寝る間も惜しんで歌って踊ってきたので、余人にはなかなか難しかろうなぁ、と。
Posted by びじう at 2009年11月04日 03:58
…ぐぬぬ。

(くどいか、俺w)
Posted by thalion at 2009年11月04日 12:24
 >さり

 なんだか、上映期間が延長されるみたいじゃない。
 それで時間が取れるといいねぇ。
Posted by びじう at 2009年11月06日 03:07
あわわわわ。
調べたら、サンノゼでは、今のところ来週木曜で終わりのようです。

あしたみてきます。し・か・も、iMAXで!
Posted by marco at 2009年11月06日 13:35
>marco

…ぐぬぬ。
Posted by びじう at 2009年11月08日 06:24

コメントする

名前
 
  絵文字