2017年06月08日

Clean BanditのSymphonyを訳してみました


 こんにちは。びじうです。最近取り上げたばかりですが、また、クリーン・バンディット行きますか。正直なところ、最初に歌を聞いたときは何というか、普通だな、というか、前の「ロッカバイ」の方が(テーマ性もあるし)いいかなと思っていたんですが、PVの出来が異様に良いので繰り返しYoutubeみているうちに訳したくなってしまいました。なので、ビデオに即した訳になっています。具体的には男性から男性への愛の歌と想定して日本語を作りました(歌自体は普通のラブソングで特に性別に縛りはないです)。

 ゲイの黒人の指揮者(すんごいマイノリティーですよね、きっと)がパートナーを交通事故で亡くすところから物語は始まります。それまでの幸せな日々から一転した暗黒の日々。突如、BGMがなくなってしまった静寂の世界。
 その中で、絶望感や理不尽な世の中に対する怒りに苦しみながら、それでも恋人との思い出を胸に世界と向かい合い、ステージに復帰すると懸命にタクトを振るいます。彼の姿こそまさに人生というシンフォニー(交響曲)そのものです。
 そして、満員の聴衆席を振り返った時。彼の奏でるシンフォニーは誰かに届いたのでしょうか?

 というビデオです。
 



 例によって歌詞は以下に



I’ve been hearing symphonies
シンフォニー(交響曲)が聞こえる
Before, all I heard was silence
沈黙が支配していた世界に

A rhapsody for you and me
君と僕のラプソディー(狂詩曲)だ
And every melody is timeless
時を止めてしまうようなメロディ

Life was stringing me along
がんじがらめになっていた僕
Then you came and you cut me loose
君が現れ、解き放ってくれた

Was solo, singing on my own
自分はソロ・シンガーだと思ってた
Now I can’t find the key without you
今じゃ君がいなければ音程も取れない


〈プレコーラス〉

And now your song is on repeat
リピートするのは君の歌
And I’m dancin' on to your heartbeat
僕は君の鼓動に合わせて踊り続ける

And when you’re gone, I feel incomplete
君がいないと僕は本当に不完全だ
So, if you want the truth...
本当のことを言うと…

〈コーラス〉

I just wanna be part of your symphony
僕は君のシンフォニーの1パートでいい
Will you hold me tight and not let go?
そのかわり、しっかりつかまえて、離さないで

Symphony
シンフォニー
Like a love song on the radio
ラジオから聞こえるラブソングのように
Will you hold me tight and not let go?
しっかり抱きしめて、離さないで

〈ヴァース2〉

I’m sorry if it’s all too much
重すぎたら、ごめん
Every day you’re here, I’m healing
でも、君といると癒されるんだ

And I was runnin' outta luck
運も尽きたと思ってたのに
I never thought I’d find this feeling
愛する人に巡り合えるなんて

'Cause I’ve been hearing symphonies
シンフォニーが鳴り響く
Before all I heard was silence
沈黙が支配していた世界に

A rhapsody for you and me (a rhapsody for you and me)
君と僕のラプソディーだ(君と僕のラプソディーだ)
And every melody is timeless
全てのメロディーは永遠に

〈プレコーラス〉

And now your song is on repeat
また君の歌が聞こえる
And I’m dancin' on to your heartbeat
僕は君の鼓動に合わせて踊り続ける

And when you’re gone, I feel incomplete
君がいないと僕は本当に不完全だ
So, if you want the truth...
本当のことを言うと…

〈コーラス〉

I just wanna be part of your symphony
僕は君のシンフォニーの1パートでいい
Will you hold me tight and not let go?
そのかわり、しっかりつかまえて、離さないで

Symphony
シンフォニー
Like a love song on the radio
ラジオから聞こえるラブソングのように
Will you hold me tight and not let go?
しっかり抱きしめて、離さないで

〈インタールード〉

Ah, ah, ah, ah-ah-ah, ah, ah, ah Ah, ah, ah, ah-ah-ah, ah, ah, ah
Ah, ah, ah, ah-ah-ah, ah, ah, ah Ah, ah, ah, ah-ah-ah, ah, ah, ah

〈プレコーラス〉

And now your song is on repeat
リピートするのは君の歌
And I’m dancin' on, to your heartbeat
僕は君の鼓動に合わせて踊り続ける

And when you’re gone, I feel incomplete
君がいないと僕は本当に不完全だ
So if you want the truth (oh)
本当のことを言うと…

〈コーラス〉

I just wanna be part of your symphony
僕は君のシンフォニーの1パートになりたい
Will you hold me tight and not let go?
しっかり抱きしめて、離さないで

Symphony
シンフォニー
Like a love song on the radio
ラジオから聞こえるラブソングのように

Symphony
シンフォニー
Will you hold me tight and not let go?
しっかり抱きしめて、離さないで

Symphony
シンフォニー
Like a love song on the radio
ラジオから聞こえるラブソングのように
Will you hold me tight and not let go?
しっかり抱きしめて、離さないで

==============

 人が創作活動をするのは、名誉やお金のためももちろんあるけど、伝えたい思いがあって、それを伝えたい人がいるんだよな、と改めて思いました。

Posted by bijoux_iris at 15:14│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 映画や音楽 | 歌詞和訳

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/bijoux_iris/52028484

コメントする

名前
URL
 
  絵文字