2009年02月16日

2月12日のNature その1

 日本で、土曜日の午後に仕事が入ることになって、皆で当番制でそれを持ち回りにすることになりました。んでもって、当番に当たった人は平日に半日休んで良いことになってい筈なんですが、自分の仕事の都合やその場の空気の関係から実際に休む人はいなかったような気がします。

 最近、顕微鏡があまりにも混んでいるので「日曜日に顕微鏡見に来るよ」とかボスに言ったら「じゃぁ、代わりに平日休んで良いよ」と言われました。きちんと休みます。すげー嬉しい。

 誰かを働かせようと思う時の基本じゃないかと思います。

 そういうわけで、珍しく本日は更新します。


cover_nature

 ダーウィンの誕生日が1809年2月12日であり、今はちょうど200周年ということで、有名な科学雑誌"Nature"でもダーウィン特集が続いております。

 今回は、ダーウィンの理論が遺伝学の発達に及ぼした影響、というテーマで特集なんですが、ダーウィンの思想に影響を与えた事実を歴史的に研究する、という記事が前書きにあって面白かったので紹介します。

 一般には進化論の論争は「進化論VS教会の教え」という図式で語られますが、そこには実は、もう一つの対立があったのではないか、という説です。





  続きを読む

Posted by bijoux_iris at 02:16Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年01月07日

進化論よりも創造論を採用するたった一つの理由

 今までの進化論のエントリーは、「地球大進化」のDVDがレンタルでは見れないし、買うには高いし、と思って詳しく書きすぎたきらいがあります。
 NHKオンデマンドで見れるようになるなら、ここまで書くことはなかったか、と。時代の変化が読めていなかったなぁ。




 ところで、びじうは進化論ヲタといえるほど詳しくはないにしても、熱烈な進化論の信奉者です。創造論よりも進化論を採用する理由は、もちろん科学的な調査結果と良く一致するからなわけですが、別にそんな理由なんかなくてもびじうなら進化論を採用すると思うわけです。

 その理由は

 1.スペクタクルでドラマチックで面白い

 大洪水やノアの方舟の話もスペクタクルといえばスペクタクルですが、地殻津波全球凍結や隕石による大量絶滅(地球上の生命の95%が絶滅)にはかないません。事実は小説よりも奇なり、ということで。

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:21Comments(6)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2008年12月18日

NHKオンデマンド

 いつの間にか、こんなものが。

 PCあるいは専用フォーマットに対応したテレビ製品で見ることができるようです。これまでに紹介してきた「地球大進化」も1話315円。視聴期間が二週間とはいえ、びじうが6巻セットで買ったDVDは2万円超ですから、ためしに見てみてもよいかも。総集編とかDVDセットに入ってないのまであるし。

 ここで見れます。

 っていうか、ちょー面白いので、皆さん、是非、見て下さい(笑)。


 んでもって、語ろうぜ。



PS. Mac未対応はどうかと思うけど・・・。iPhoneでも見たい。
PS-2. さらに残念ながらアメリカからは見れないらしいです・・・会員登録できなかったよ。ショック。

   ほんと、日本の人は騙されたと思って見て。お願い(笑)
   ・・・って、どこの回し者だ<俺

   お子様が小学校高学年以上なら、更に更に強くお勧め。
  
Posted by bijoux_iris at 05:29Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2008年04月30日

目に秘められた物語

NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 第5集 大陸大分裂 目に秘められた物語




 一目でわかる、人間の目とその他の霊長類の目の違いって何だかわかりますか?

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 13:12Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2008年04月09日

僕らがエリートだった事なんか一度もなかった

NHKスペシャル地球大進化 46億年・人類への旅 第3集 大海からの離脱 そして手が生まれた


 何だか、このシリーズに反応があったようなので・・・しかも、DVD買っちゃう(全部で2万円くらいですよ)くらい凄い反応で・・・ちょっと浮かれて久々に続きを書いてみようかと思いました。近くに住んでたら貸したのに。

 前回は、ぽっちを授かっていたので、哺乳類というか母性について書いてみたかったというのがあって、順番を飛ばして第4集を取り上げたのですが、びじうが一番感動したのはこの第3集です。

 一つの基準で落ちこぼれたから何だっていうんだ、みたいな。

 いや、本当に、泣ける作りなんだって・・・。

(以下、長文ですんません)

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 05:01Comments(11)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2007年09月01日

鬱ノルマ論

 進化論的にモノを考えるのは、誰にも正解がわからないという点でとても気楽で良いです。病気について考えると、現存する病気というのは概ね以下のような理由で生存競争を生き延びてきているわけです。

・致死性が低い
 風邪などは、どんどん伝染して増殖するわけですが、宿主が死なないから病気もなくならない。人と共存できる。

・人類が直面する新しい環境に起因する
 効率良くエネルギーを蓄積できた人は、昔は狩りの獲物が少なくても生き延びる率が高かったわけですが、今ではメタボ予備軍です。これは、別に病気が悪いわけじゃないっつーか。花粉症とか。

・生殖可能な年齢での生存を強化する
 癌などは、細胞分裂がもう少しゆっくり起これば生じない病気なのかもしれませんが、若い時期の繁殖力とか回復力と引き換えとも考えられます。いずれにしても、生殖可能な年齢を超えて生じる病気というのは、進化の上では不利ではありませんし、そもそも昔は癌になるほど長生きできなかったわけで(現代の前立腺癌みたいなもんですか)。

・その他
 統合失調症とか、ひょっとしたら芸術的才能(ゴッホとか)によって生存を有利にする因子と関連があるのかも??


  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 16:19Comments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2007年05月22日

地球大進化 on youtube

 こちらで紹介したDVDの中身が一部youtubeで見ることができるようなので。

 少々長いのですが、こちらが巨大な隕石が地球に衝突するシミュレーション。けっこーハイライト的なシーンです。おすすめ。

 ちなみに、こちらはそのパロディ。

 な?DVD借りて見たくなるだろ?・・・ってゆーか、語り合いたいんです。誰か付き合ってください(笑)。


  
Posted by bijoux_iris at 14:04Comments(4)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2007年05月08日

イグアナ現在進化中

 ゴールデンウイークって何?毎日、職場でしたよ。奥さんの予定日?職場でしたよ。もう、そんなに働かなくてもいいじゃん。。。


と、軽く鬱な時に宇宙船地球号かなんかで見て癒された話。

ガラパゴス諸島には何種類かのイグアナが棲んでいて、その姿はとても素晴らしく感動的なのだけど、どうも進化論的には負け組ちっくです・・・。

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 12:02Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2006年08月15日

母から子へ

NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 第4集 大量絶滅 巨大噴火がほ乳類を生んだ


 第3集がまた感動的なんだけど、それはまたいずれ。

 恐竜の時代の前には、哺乳類の時代があったって知ってました?正確には、哺乳類型爬虫類といって、卵を産む動物だったのですが、歯や骨格は哺乳類との類似点が多かったそうです。2億5千万年前には哺乳類型爬虫類を頂点とする多彩な生態系が繁栄していました。
 原始的な歯しか持っていない恐竜が哺乳類型爬虫類を抑えて次の時代を支配できたのはなぜなのかが大きな謎なんだそうですよ。2003年に有力な説が一つ初めて発表されたところだそうです。それは、恐竜は気嚢システムという鳥と同じ呼吸システムを持っており、酸素不足に強かった、というものです。


  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 11:13Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2006年03月23日

大人の氷河期

NHKスペシャル地球大進化 46億年・人類への旅 第2集 全球凍結 大型生物誕生の謎


 NYのセントラル・パークにある迷子石(周囲の地層と関係ない巨岩)は2万年前のマンモスが闊歩していた氷河期に氷河が運んだものだそうです。当時は北米大陸の半分が氷でした。とはいえ、氷河期としては子供な部類です。
 6億年前の地層からは、赤道直下の地域からも迷子石が見つかるそうです。当時は地球全土が氷に包まれていました。
 全球凍結。当時、宇宙から見た地球は白かっただろう、と。

 繁栄しすぎることによって絶滅しかけることによって繁栄する物語。
  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 13:14Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote