2014年04月11日

翻訳:ワクチン反対派の嘘

 ブログに掲載されるや何千というコメントを集めて話題になっている(いやまぁ、平たく言えば大炎上している)アメリカの記事を翻訳しました。内容は一般的で真っ当です。この記事が素晴らしいのは随所に散りばめられたリンクで、エビデンスをもって正しいことを主張する助けになると思います。ウェブ時代の文章とでも言いましょうか。

 残念ながらリンク先は全て英文である上に、いくつかのリンクは上手くたどることができませんでした。学術雑誌が読める環境の差だと思われます。

  自分はワクチン推進派です。ちなみに。

 こちらが原文です


  続きを読む

Posted by bijoux_iris at 00:34Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年10月26日

毎日が新しい奇跡

14

  マイアミは、ちょっと雲がかかっていましたが、それでもとても良い天気でした。









 最初はとももに教わったんだけど、アインシュタインの有名な言葉で「私たちの生き方には二通りしかない。奇跡など全く起こらないかのように生きるか、すべてが奇跡であるかのように生きるかである。」っていうのがあります。けっこー好き。
 子育てを始めると、人生10倍くらいままならなくなるけど、3倍くらい楽しくなりますよね。本当に、毎日が奇跡みたい。子供にも毎日が奇跡であるような人生を送って欲しい・・・っていうか、もう、自分は好きなように生きてきたので、子供にも細かいことはいいから思う存分生きて欲しいっす。これだけネットワークが発達して色々なところが近くなった現代でも行ってみたり暮らしてみたりしないとわからないことが沢山ある程度に世界は広いし、これだけ科学が発達して色々なことがわかってきたといっても、ようやく知るべき事がリストアップできた程度で真理からはほど遠い。人生って短すぎる。




04 マイアミ時間で25日の午後1時頃に第二子が生まれました。男の子です。3270gくらい。おかげさまで、母子共に健康です。






  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 16:22Comments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年09月14日

アメリカらしい(?)子育てソング

 お久しぶりです。80年代の歌ばっかりかけるお気に入りのラジオ局で、ちょっと新しめだけれど良い歌があったので。

 リクエストの電話をかけてきたリスナーは双子のお母さん。最近になって新学期が始まり双子ちゃんが幼稚園に通い始め、生まれて初めてお母さんから離れてしまい、とても寂しいので何か曲をかけてくれ、というリクエストでした。DJも「私も自分の子供が幼稚園に行き始めた時には、とにかくそばに行きたくて幼稚園の先生に『ボランティアは募集してないですか?』とか、さんざんやったわ」とか言っていて、ああ、どこも同じなんだなぁ、と。

 で、そこでかかったのがこの歌。Lee Ann WomackというひとのI Hope You Danceという歌です(下のyutubeリンクが見れないときにはググってみて下さい)。2000年の歌らしい。
 これがまた、ちょっとビックリというか、英語で言うと子供にHigh Roadを歩いて欲しい的な厳しい歌で、日本にはちょっとなさそうと言うか、スイーツな感じがあんまりしない(ので賛否両論分かれそうな)子育てソングなんですが、びじうはけっこう感動しました。一番好きなのは、Lovin' might be a mistake But it's worth making ってところ。

 まぁ、歌詞はともかくとしても音楽もベタな感じで盛り上がるし悪くないので紹介しておきます。



 以下、例によって歌詞対訳です。  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 11:41Comments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年09月01日

不況に強いカエル

 最近、子供のネタが凄い勢いで増えてます。成長の段階がいよいよ踊り場を越えて階段を一段登るところに来たかという感じで、今までに比べると変化が物凄く速いです。親的には今迄で一番面白いっす。間違いなく。2歳3ヶ月、超面白い。

 ・・・というわけで、思い出メモ的に、超親バカエントリ、行きまっす。

IMG_090827_223820 なんか、前回の時に「3歳児用の24ピースのパズルを与えたら、悪戦苦闘しています」、とか書いたんですが、その後2週間もしないうちにできるようになってました。しかも、その一ヶ月後にはこの通り、4歳児向けの48ピースパズルをクリア。

 この成長の速度は凄いなぁ・・・>子供




 それを見ていたダイアン(奥さんの英語の家庭教師)が「この子は天才だからテレビに出すべきよ!」ですってよ・・・いやぁ、親バカの代弁、ありがとうございます(笑)。

 他人をほめるの上手いなぁ・・・>アメリカ人


 とか、色々と感動。







  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 09:32Comments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年07月22日

蛙の子は(不況に強い)カエル

 というわけで、恒例の親バカエントリーです。

 2歳になるぽっちに、ご飯を食べる時には「美味しい!」という言葉を言うように教えていたら、どうも「美味しい!」=「I like it!」の意味だと勘違いしたらしく、テレビを見ていてお気に入りの歌が始まった時とかにも「あ〜っ!! おいちっ!!」とか言ってます・・・・もう、カワイイから、ずっとそのままでいてくれ(笑)。

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:29Comments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年05月08日

留学とか海外暮らしとか英語とかに関するつれづれ(長文)

 あるいはディスコミニュケーションのすすめ、というのをタイトルに加えるかどうかで迷っていたりしたんですが、長くなりすぎるのでこちらに(笑)。

 全然関係ない前振りから入りますが、最近の自分は、息子依存症じゃないかと思うことがあります。

 例えば実験に立て続けに失敗したときとかに、ちょっと弱気になって、家に帰ると息子の笑顔に癒されたりして、「ああ、俺はこのために働いてるんだなぁ」とか思って元気になったりするわけですが・・・。まぁ、それはそれでとても心地よくて、何も否定することはないのですが、それって息子に頼りすぎ?とか思ってしまう今日この頃です。

 息子をきちんと育てることで、自分の人生には意味があったとか、そういうことを思うのはいいんだけど・・・びじうは自分が好きな仕事しているわけですよ。奥さんと違って。奥さんは、ここ数年は自分の時間のほとんどを息子に注がざるを得ない状況で、本当に自分よりも息子を優先して暮らしている。一方でびじうは、やりたいことをやりたいようにやって、家族を振り回して生きているというか。そんな自分が、「子供さえしっかり育てば、それで上等」って言うのはどうかなぁ・・・と。

 必要条件であって十分条件じゃないだろうと思うんですよね。自分だって親の人生の価値とか意味とか幸せとかが自分にかかってる、とか思ったら、それはフェアじゃないと感じるだろうし。

 もちろん、親のためにできることはやりたいと思うし、フェアじゃなくても人生の一部を背負わされてやっていくのが家族だと思うし、そういうのを全否定しているわけではないです。
 ただ、自分は恵まれた環境にいるような気がするので、プラス・アルファを目指すのが筋じゃないか、と思うのです。

 じゃぁ、自分は他に何をなせばいいんだろう?とか考えちゃうんですが、それが、なかなか見えてこない。日々の仕事をこなして生き延びるだけの日々・・・まぁ、結果が出ない研究者のデフォルトな感覚である、「出口が見えない感」の日々といえばそれまでなんですが、留学を実現させて、アメリカで家族の暮らしを成立させる目処も立ったところで、次はどこを目指そうかとちょっと立ちすくむ感じ。





  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:55Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年04月10日

ほねほねワルツ

 これまた例によって息子にNHKの番組とか見せたりしています。とはいえ、マイアミでNHKを見る手段は非常に限られているので、主に奥さんがお友達から譲っていただいたDVDって事になるんですが。
 まぁ、アレです。日本にいる家族が海の向こうにいる家族を思ってせっせと録画し、高い郵送料をかけて送ってくれたDVDを無料で貰って見る、みたいなフリーライダー(笑)。いや、ほんと、感謝しています。関係者の皆さんに熱烈にお礼を言って回りたい気分ですが、それは気分だけにして、ここでお礼を述べさせていただくってことで。

 そんなわけで、古くなったDVDを譲ってもらって見ているだけなのでいつ頃の番組なのかわからないんですが、からだであそぼ、面白いっすね。ちょっとハマってます。

 中でも感心したのがこちら。ほね組(from AKB48)とリトルボニーによる「ほねほねワルツ」です。







  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:00Comments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年03月14日

男児の父に質問

 最近、子供がトイレの中についてくるようになり、しかも水を流すのをたいそう気に入っているらしく、びじうがトイレに向かうと先回りして便座を上げて、水洗ハンドルに手をかけて待っています。



 ・・・という親バカエントリー。


  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:27Comments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年02月04日

超人ハルク

 我が家の一角に、Shin'S Barと呼ばれているところがあります。

 いや、名前は平井堅のパクリなんですけど。

 ここでは、お気に入りのBGM(NHKの「いないいないばぁ」とか)に浸りながら、お気に入りのドリンクを飲むことが出来るわけです。

photo

 左から順に、マッカランの水割り(マッカラン抜き)、カルーア・ミルク(カルーア抜き)、アップル・モヒート(モヒート抜き)みたいな具合です。



 最近、ここに、あのヒーローがやってくるようになりました・・・・アイツです。






  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:00Comments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年01月10日

親子の絆みたいなもの

 ペット・ショップ・ボーイズの歌で「Red Letter Days(赤字の日=休日)」っていうのがあったけど、実はアメリカってカレンダー上の休日は12月25日と1月1日だけなんですよね。まぁ、休みを取る人が多い(というか、有給を消化するのに使われているっぽい)ので街の雰囲気は休日っぽいんですが、お客さん相手の小売店なんかは可哀想というか・・・チェーン店ならまだしかたないって感じもしますが、個人経営のお店も12月31日までと1月2日から普通に営業していて、客商売は辛いなぁって感じです。

 アメリカ人は休暇をガッツリ取るというイメージがあるし、実際のところ日本人の方が労働時間は長いと思うけど、公式な休日が少ない分だけ有給を消化するって側面も大きいと思う。おまけに、大学病院でハードに臨床をやっているお医者さんなんかは土日だろうと夜中だろうと呼び出されているので日本と変わらず大変そうです。



 びじう家も年末年始の一週間は休みを取って、びじうの両親をマイアミに迎えていました。

 両親的には

「孫に会うのが目的なんだからお前は仕事を休む必要はない」

 という勢いだったんですが・・・まぁ、ボチボチ案内&運転手して回りました。

28日 マイアミ時間の15時(日本時間では朝5時)に到着。ホテルへ。
29日 午前中ゴルフ。午後買い物。
30日 キー・ウェストへ。(渋滞のため車で6時間くらい?)
31日 キー・ウェスト観光。マイアミに戻る。(車で4時間くらい)
01日 孫と公園へ。ビーチ散策&買い物
02日 6時台の飛行機で日本へ(朝4時半にホテル発)。
03日 日本時間の16時頃(マイアミ時間では2時)、日本着。

 っていうか、めちゃめちゃハードじゃん、この日程!!1日以外はイベントフル。しかも、何を勘違いしたか4日には日本でゴルフしてたんですってよ。5日からは仕事なのに。

 どんだけ遊べば気が済むんですか・・・っつーか、何でそんなにタフなんですか。

 びじうはゴルフはやらないのですが、ゴルフと時差ボケ抜きでも十分に忙しい一週間でしたよ。

 で、両親が帰るときに思ったんですが・・・。

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:23Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote