2014年09月22日

仮面ライダー、銭湯に行く

 何だか勢いに乗って、書きましたよ、小説を。

 以前に書いた妄想のスピンオフ企画といいましょうか。仮面ライダー世界の日常に関する考察です。テーマとしては、ヒーローは(悪役も)カッコいいけど、影では色々な苦労をしているはずで、僕らは、もっとヒーローに感謝していいと思うんだ、みたいな、そんな思いが込められています(嘘です)。

 書き終わった感想としては、自分史上最大の人生の無駄遣いだったな、と・・・。

 では。

==========

 仮面ライダー・本郷猛は改造人間である。

 彼を改造したショッカーは、世界征服をたくらむ悪の秘密結社である。

 仮面ライダーは、人間の自由のためにショッカーと戦うのだ!



  続きを読む

Posted by bijoux_iris at 10:32Comments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年02月10日

確かに奴らは良く喋る

 最近、大学関係の日本人の方々とお会いする機会が増えていて、医学・生物学以外の研究者とも話をするチャンスが色々とあって面白いです。そういう、まったく違う分野の研究の話って、なんだか、とてもワクワクする(いや、やってる方は大変なんだろうけど)。

 今日はそんな話をご紹介。

1.ハリケーンの研究

 マイアミ大学には実は”海と空の学部”みたいなのがあって、けっこー有名みたいです。宇宙大帝ゴッドシグマじゃないんだから、とか思うわけですが・・・。

 ** 思わねーよ。何だそのマニアック過ぎるボケは・・・ **

 で、そこでは普通に魚の研究とか空の研究とかしている人がいるわけですが、わざわざマイアミで空の研究やるって言ったらあれですよ、あれ。ハリケーン。嵐が発生すると飛行機で飛んで行って観測機器を積んだパラシュートだか気球だかを落とすんだそうです。すげぇ。海の研究もそうだけど、空の研究する人もまずは乗り物酔いとの戦い、ってどんな科学者だよ、と。リンク先のトップページも、科学者というよりはモロ漁師です。でっかいジェット旅客機で、ちょっと乱気流があるだけで嫌なのに、小さい飛行機で嵐に向かって飛ぶのって凄いですよね。科学はこうして発展するんだなぁ、と感慨深いです。

 昔読んだ科学ムックによれば、もちろん気象はカオス理論に従う複雑系で、バタフライ効果で予測不能で、フラクタルな感じにストレインジ・アトラクターを構成していると思われるので(←実はよく理解していない)、何となく人体に似てるよね、と思ったり。



  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 05:25Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年01月05日

明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 新年早々、悲喜こもごもというか、悲しいニュースもあり、色々ととありそうな一年ですが、例年通り、今年の抱負など。

 あ、とりあえず1月17日から10日ほど一時帰国します。ゲーム仲間による迎撃の準備が進行中だったりして、ありがたい限りです。その他各方面に家族ともども世話になることもあるかと思いますが、その際にはよろしく。



  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 16:04Comments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年12月08日

スーパーサイヤ人なみの強さ


《私の戦闘力は530000です…ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく…》

  この世を見下している『ドラゴンボール』フリーザの名ゼリフランキング 第一位


===============
 どうも、DDEKP(どーでもいーことが気になるポイント)ランキング世界23位のびじうです。フリーザの名セリフランキングに比べたら、随分とどーでもいーランキングですけど。

 今日のネタはひょっとしたら、皆も気になっているんだけど、黙っている約束になっている話なのかもしれないんですが、ひょっとしたら本当にどーでもいー話なのかもしれないです。

 例によって業界に知り合いがいるわけでもなんでもないので100%想像(っていうか妄想)で書きますけど、今日のテーマは洗剤について。

category-detail-liquid




  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 02:51Comments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年09月10日

セカイカワル (世界が変わる方向)

 素人なりに分散とか集中とかについて考えてみる・・・というほど考えてもいないけど、ネットワークとか社会についてどーでもいいことを書き連ねてみました。

以前紹介したiPhoneをウェブ・サーバーにするソフトServersManですが、Ver3.0になって随分と使いやすくなりました。相変わらず、回線の品質が悪いのでアレですが。

 この、カメラとかビデオとか、撮影した瞬間にウェブで公開っていうのが新しい、とあちょも言っていたけれど、一つの未来だと思うんですよね。カメラとかビデオの画像を一度PCに移して、フォーマットとか整えて、アップロード、ってバカバカしい手間ですもんね。

 今までは家とか会社の机の上のPCがノードでした(そこまでしかリンクが届かなかった)が、今では携帯電話までリンクできるようになってきました。最終的に、今のところ有意義な情報を生み出すのは圧倒的に人間なので(AIに取って代られる日も遠くないのでしょうが)、人間をネットのノードにするのが理屈ですよね。

 ウェアラブル・コンピューターとかって、結局はそーゆー発想なんだろうなぁ・・・。





  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 13:01Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年07月29日

蚊は血を吸わない;後書き

 だいたい、びじうは教科書買って読むのは序文と後書きで、後は必要に応じて参照する程度です。皆さんもそうだと思うので、序文の次は後書きにしましたよ。何て親切。

 さて、蚊は昆虫なので気門呼吸です。体節の両側に開いた穴を勝手に空気が流れて行って勝手に酸素が拡散していく、的なシステム。人間の2000万分の一の体重を支えるだけの酸素需要量があれば良いので、こんなもんでよいわけです。なので、人間のように、息を吸う動作で血を吸うことはできません。血を吸うために口腔内を陰圧にする仕組みがあっても良さそうに思いますが、一般的に蚊って一生で3−4回しか血を吸わないんですってよ。普段は花の蜜とか果物食べてて、血を吸うのは、メスが卵産む前に蛋白を補給する目的で吸うだけなのだそうです。



 ** 俺達は、試験前のユンケル扱いかよ!! と >メス蚊 **


 で、今回はこの記事を書くに当たって発見した(そしてファンになった)文ちゃんと文ちゃんのサイトを紹介したいと思います。


 なお、最後の方に苦手な人にはちょっとキツイ画像が含まれていますので、食事前後には読まないようにしてください。


  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:16Comments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年07月28日

蚊は血を吸わない;序文

 どうも、DDEKPランキング世界27位のびじうです。久々に、どーでもいーことに全力でぶつかるから覚悟しな!!
(っていうか、本当にどーでもいーことを異常に熱く語る予定ですので、忙しい時には無視してもらったほうが・・・)


 夏のフロリダといえば、蚊ですよ、蚊。去年も書きましたが、今年は、更に突っ込んで色々と考察していきたいと思います。まずは、タイトルの「蚊は血を吸わない」から行きましょう。




 ・・・・いや、吸うんだけどさ。




 ** いきなり否定かよ!! **




 「吸う」って言葉の定義の問題っていうか・・・・ほら、あれですよ。高校生とかがタバコ見つかった時の「吸ってねぇよ!くわえてるだけだよ!」みたいなアレ・・・・だって、吸うわけないじゃないですか。蚊には肺がないんだから、口の中を陰圧にする仕組みっていうのがそもそもないわけで、血に限らず何かを吸うことは不可能です。蚊が管を毛細血管に入れると血が勝手に上がってくるだけです・・・とはいっても、刑法上は未必の故意で吸血罪に問われること間違いないし、自分で吸ってなくても吸血昆虫で間違いないと思いますが。


 ** 未必の故意、という言葉を使ってみたかっただけです(しかも間違ってます)。 **



 ここまで読んだだけで、どれだけどーでもいー話か理解していただけたかと思いますが、それでも良い、という方は気合を入れ直して(これまた大きなお世話ですが)続きをどうぞ。





  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:14Comments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年06月02日

言われてみればApple(アポォー)がアップルになるようなもんか

 どうも。DDEKP(どーでもいーことが気になるポイント)ランキング世界27位のびじうです(マイアミでいい加減なラテンアメリカンな連中に囲まれて暮らしていたら、細かいことにこだわらなくなってきて大幅にランクダウン中です)。

** その説明がどーでもいー **


 色々と前提条件がある話なんですが、まず、これが我が家で流行中のチップスです。場合によっては、これにハラペーニョ風味が加わった辛い奴。
images frit

 基本的にはトルティーヤっつーか、コーン風味のチップスなんですが、「スクープス」って言う名前は、アイスクリームをすくう時の「スクープ」と同じく、スプーンというかお皿のような形から来ています。このチップスの上に、チャンキーな(=トマトの形を残した)サルサソースとかブルスケッタとか、要するにマリネした賽の目切りのトマトみたいな奴を乗っけて食べるわけです。チップスだけでもハイファットなのに、これはもう「デブの素」ですよ。



 んでもって、昔、びじうの実家で飼っていた猫のうち一匹が10kgオーバーの超肥満児でした。で、ほら「猫まっしぐら」ってキャットフードのCMがあったじゃないですか。あれとあわせて、真夜中にチップスにサルサソースつけて食べるような行為を我が家では「デブまっしぐら」と呼んでいます。

 以上で前置き終了。で、本題です。


 ある日、真夜中にビール飲みながらチップスにサルサソースつけて食べていました。デブまっしぐらです。そのときにふと、「まっしぐら」(漢字で書くと”驀地”なんですってよ)の語源ってなんだろう??というのが夫婦の話題になったのでした。








  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:15Comments(14)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年03月06日

磁石殺人事件

 トーマスの記事への反響が予想Guyに大きくて、奥さんが「大の大人がよってたかって熱くトーマス談義?」と呆・・・ほめていました。
 皆さん、さぞかし暇・・・充実した週末を送っていたこととお慶び申し上げます。

 そんな皆さんの熱い思いが、下らないことを熱く語らせたら世界ランキング17位のDDEKP(どーでもいーことが気になるポイント)ランカーを本気にさせてしまったようですよ。
 っていうことで、このトーマスの磁石の応用方法について、ちょっと考えてみました。

 題して、磁石殺人事件。

 タイトルも色々と考えてみたんですが、「緋色の磁石(S極)」とか、「NとSの悲劇」とか、「我は磁石」とか、何でもいいんですが、ここは今流行(?)のガリレオ・シリーズで。

 あ、あと、本気にはなってますけど、まだまだ余力は残してますんで、その辺は勘違いしないようお願いします。

 (** 激 し く ど ー で も い ー **)






 「磁着く(くっつく)」


 警視庁捜査一課の草薙俊平が帝都大学理工学部の物理学科教室を訪ねたその日は、あいにくの雨だった。除湿が不完全な閉め切った教室の中では白衣を着た湯川学が何やら手に持った金属棒を、机の上の機械に向かって振り回している。

「湯川、邪魔してもいいか?」
「ああ、入ってくれ。今、学生にやらせる電磁石の実験の下準備をしているんだ。すぐ終わるからそこで待っててくれ。」

 (中略・・・インスタント・コーヒーを飲んで軽く昔話。バトミントン部云々)



  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:31Comments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年02月13日

グーテンベルク以来のパラダイムシフト

 本の話の続きです・・・っていうか、日本の本を海外に郵送するのが高いっていう話の続きです。

まずは、 2月3日のニュース。
 びじうのところに来る前にブームが終わっていた件について。


大ブーム終わった「ケータイ小説」 ベストセラーランク登場せず

ひところ女子中高生中心に大ヒットした「ケータイ小説」だが、2008年以降は目立った話題作が出ていない。紀伊国屋書店が発表した08年ベストセラーランキングをみても、100位圏内にも入っていないのだ。ケータイ小説がブームとなり、大手出版社が参入して作品数が激増。その結果、読者が分散して大ヒットが生まれにくくなっているという。


 ブームが終わった、と言われても、びじうの中ではまだブームが来てもいないのでピンと来ないんですが・・・いや、まぁ、びじうが「ゲーム界でアースドーンのブームは終わった」と言ってもピンと来ない人が日本には1億人以上いると思うのでお互い様というか、むしろこちらの方がアレなんですが。

 そんなことよりも、ブームが終わったっていう理由が凄いよね。てっきり「皆がぶつ切り言語に飽きたから」かと思ったら「新規参入者が殺到して競争が激化したから」だってよ。それって、一つの分野として定着したって事でもあるよね。女子中学生向けライトノベルとか、そういうニッチなパイを絶賛切り取り中っていうか。



  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:28Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote