2019年01月11日

ジョージ・マイケルのHand to Mouthを訳してみました

 どうも。びじうです。最近びじうの脳内でヘビーローテーションしている曲なんですが、1987年の曲なんですってよ。流石に曲は古いですが、歌詞を見ているとこれは訳す価値があるかな、と思ったんですよね。現代の、つまり、2019年の日本で。リリースされた32年前よりも確実に今の日本人に刺さるよね。

 Hand to Mouthは「手から口へ」という意味ですが、手で受け取った給料が、飲み食いしたら終わってしまう、という意味です。日々、その日の食い扶持を稼いで生きていくという意味で「その日暮らし」と翻訳されます。





 歌詞は以下です
  続きを読む

Posted by bijoux_iris at 19:09Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2018年04月25日

エド・シーランのSupermarket Flowersを訳してみました

 このブログでも以前、Afire Loveを取り上げましたが、エド、割と葬式ソングを歌いますよね。今回は母方のお祖母さんが亡くなった時の歌で、主人公はエドのお母さん、つまり、母を亡くした娘の歌です。人は亡くなったのに、スーパーで売ってる安い花みたいな物質は残ってしまう。病室にある雑多なものを、涙をこらえながら片付ける様子が胸をうちます。





  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 12:49Comments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2018年02月13日

大人たちへのアンサーソング Noah Cyrus の We Are Fuckedを訳してみました

 どうも。びじうです。突然ですが、皆さんは「最近の若い者は・・・」にどんな言葉が続くと思いますか?

 色々と思い浮かぶこともあろうかと思いますが、多くの場合「言われたことはそつなくやるけど、それ以上のことをやらない」「言われたことしかやらない」みたいな「自主性がない」シリーズに始まって「勤務時間外は付き合いが悪い」とか「給料分しか仕事しない」といった「協調性がない」シリーズに終わることも多いんじゃないかと思うんですよね。

 そういうこと言う大人に意見すると「今は不景気だけど、良い時代も来るよ」「いつまでもこんな時代は続かないよ」「もうちょっと我慢しなよ」みたいな問題先送りの意見が返ってくることも多いわけですよ。で、全然問題が解決しないでグズグズしているうちに致命的なイベントが起こっちゃうのね。アメリカだと銃の乱射とか。


 びじうはもう若者ではないけれど、ネットを見てると若年労働者が低賃金だから結婚できない(少子化)とか、大学進学のための奨学金の問題とか、若者の生活に関する苦労が話題に上らない日がないくらいですよね。そんな若者世代から大人へのメッセージがこの歌です。今までこの記事でびじうが言葉を尽くしてきた内容をごく短い言葉でキャッチーにまとめた作詞の手腕が見事です(曲もグルービーでびじうの好みなんですが)。

 そして、これがアメリカ人が書いた歌詞っていうところも本当にビックリっす。向こうでも若者は大人から同じようなことを言われているんだろうなぁっていうか。

 普段はむやみにFワードを連発する歌なんかスルーしてるんですが、これはねぇ、本当に冴えてるんですよ。是非とも味わってみてください。大人たちへのアンサーソングです。



 歌詞は以下です。  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 22:48Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年06月08日

Clean BanditのSymphonyを訳してみました


 こんにちは。びじうです。最近取り上げたばかりですが、また、クリーン・バンディット行きますか。正直なところ、最初に歌を聞いたときは何というか、普通だな、というか、前の「ロッカバイ」の方が(テーマ性もあるし)いいかなと思っていたんですが、PVの出来が異様に良いので繰り返しYoutubeみているうちに訳したくなってしまいました。なので、ビデオに即した訳になっています。具体的には男性から男性への愛の歌と想定して日本語を作りました(歌自体は普通のラブソングで特に性別に縛りはないです)。

 ゲイの黒人の指揮者(すんごいマイノリティーですよね、きっと)がパートナーを交通事故で亡くすところから物語は始まります。それまでの幸せな日々から一転した暗黒の日々。突如、BGMがなくなってしまった静寂の世界。
 その中で、絶望感や理不尽な世の中に対する怒りに苦しみながら、それでも恋人との思い出を胸に世界と向かい合い、ステージに復帰すると懸命にタクトを振るいます。彼の姿こそまさに人生というシンフォニー(交響曲)そのものです。
 そして、満員の聴衆席を振り返った時。彼の奏でるシンフォニーは誰かに届いたのでしょうか?

 というビデオです。
 



 例によって歌詞は以下に
  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 15:14Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年01月10日

同窓会で帰省するSong:Ed SheeranのCastle On The Hillを訳してみました


 あけおめです。2017年もまったりと行きましょう。

 エド・シーランの新曲が2曲発表されて、もう、何ていうか進化したボーカルに増えた引き出しという感じで底知れないですよ、いやほんと。
 1曲はShape Of Youっていう流行りのエロ目なEDMなんですが、もうリズムが気持ち良いし、エドもこういう歌を歌うのね、という新鮮な驚きもあって悪くないです。

 で、もう1曲が凄いんですよ。帰省ロックっていうか(何だよ、それ)、故郷に対するラブソングみたいな歌なんですけど、U2が歌いそうな完成度です。友達は「ブルーススプリングスティーンの曲をトレイシーチャップマンが歌ってるのかと思ったわ。」と言ってましたが、曲も歌詞も歌い方も、本当に素晴らしいです。2バース終わってブリッジからサビに入る流れで泣いたよ。俺は。

 タイトルは丘の上の城、という意味ですが、エドの故郷にあるフラムリンガム城のことらしいです。中世に要塞として建てられたお城です。



 歌詞対訳は以下になります。お正月に帰省した人も、できなかった人も、ちょっと故郷を思いながら聞いてください。

 ちなみに、Youtubeでのコメント欄では「俺、今18歳だけどこういう経験は一切してないんだけど・・・」みたいなコメントが伸びていて(笑)、ヨーロッパのティーンの方がアメリカのティーンよりもヤンチャなんかな、という文化背景が垣間見えて面白いです。

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 02:06Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年11月22日

シングルマザーの応援歌 Clean BanditのRockabyeを訳してみました

 こんにちは。びじうです。最近はすっかりびじうが勢いで英語の歌を和訳するブログです。今日も勢い。

 Clean Banditというグループがあって、割と音楽的に高い教養を持った人たちがインテリジェントに曲を作るイメージなんですね。とくに有名なのは「Rather Be」という曲で、一度くらいは耳にしたことがあるかもしれません。日本を大々的にフィーチャーしたPVもちょっと面白かった。いきなり画面に大きく「清潔な盗賊(クリーン・バンディットの訳語)」ですから。

 で、まぁ、彼らの新曲が実に2016年ぽいっつーか。シングルマザーを応援する歌なんですね。応援つーてもアメリカン(彼ら自身はイギリス出身なんですが)な「とにかく前向き、頑張れ」系なので落ち込んでるときには若干キツいかも知れませんが。逆に、頑張ろう!って思っているときには良いです。
 同性愛の権利をテーマにしたMacklemore & Ryan LewisのSame Loveの時にも思いましたけど、シングルマザーだって沢山いるわけですし、こーゆーテーマの曲がもっとあっても良いと思うのです。そんなわけで、この歌はきちんと訳して紹介することが大事かと思った次第です。まぁ、びじうが紹介したところでどこまで伝わるかといえば微々たるもんなんですけど、まぁ、一助として。一助、大事ですから(笑)。


 Rockabyeというのは伝統的な子守歌でマザーグースに入ってるんだそうです。たぶん、揺りかごを「揺らす(Rock)」と「子守歌(ララバイ)」からきた造語だろうとは思うんですが。

 あと、このビデオがまたいいんですよね。子供が育ってくると、幸せそうで良かったね〜〜〜って気分になります。




例によって、歌詞は以下です
  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 23:35Comments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年09月05日

Major LazerのCold Waterを訳してみました

 去年の今頃は、DJ Snake & Major Lazer のLean On が凄い好きで、このブログにも歌詞を載せたりしていましたが、今年もMajor Lazer来ましたね。しかも、今をときめくジャスティン・ビーバー。女性ボーカルがMOなので、もう本当にLean Onと同じ感じなんだけど、異常に好きです、こういうの、びじうってば。

 やっぱり同じ風味がするっていうか、ロードムービーじゃないけど、切実な恋愛感情がありますよね。切羽詰まってる。もう、相手のためなら全てをかけられる、みたいな。それも、健全な「大好き!」っていうのだけじゃなく、なんか共依存で二人してダメになっていきそうな危うさみたいなのとか、周りが見えずに迷惑かけそうなダメさとか、そういう恋愛に付きまとう不健全な部分も含めて、全部君のために!みたいな感じです。

 正直、大人になったらちょっと引きますよ。ただ単に「ウザい」よりも一段階危ないというか迷惑というか。冷静になっちゃう。だからこそ、2人でそういう気持ちでいられる時代には突っ走った方がいいだろうとも思うわけですが。例えば、恋愛が始まったばかりの時しかバカップル的な浮かれポンチ具合は堪能できないわけで、そういう時代には皆、どんどん後から見たら痛い写真撮ったり黒歴史を作ったりするといいと思うわけですよ・・・。

 いや、話がずれましたが。それも大きく。

 ただ、実際には、男子がいつも心の底で思っていることではありますよね。愛する人は自分が守るんだ、みたいなの。そう思うことで日々生きていける部分もあるので、どっちが守られているんだか良くわかりませんけど。

 とにかく、そういう、切実な思いが詰まった、雰囲気のある歌です。最高。

 そもそも、ジャスティン・ビーバーの歌の歌詞にpatient(忍耐強い)って単語が出てくるとは思わないよな(笑)。



  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 22:34Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年01月13日

映画グッド・ライの主題歌、Emmanuel Jal の We Fallの歌詞を和訳してみました

グッド・ライ~いちばん優しい嘘~ [Blu-ray]
リース・ウィザースプーン
ポニーキャニオン
2015-11-04



 グッド・ライ という映画を見ました。予想外に良い映画でちょっとビックリしました。
 内容としては、スーダンの内戦で難民になり、キャンプで13年過ごした少年たちが難民保護プログラムでアメリカにやってきて、リース・ウィザースプーンが演じる職安の人が彼らに仕事を見つけようと奮闘するうちに友情が芽生える、という話。見どころは、乗り物に乗れば速攻で酔い、電話は見たことがなく、ピザは奇跡の食べ物と思っているアフリカ人が就職できるのか、という、未開人・ミーツ・文明な物語です。昔からあるっちゃぁあるよね。ブッシュマンとかクロコダイル・ダンディみたいなの。

 就職のためにレストランに面接に行った時のやり取りが秀逸で
店長「どうしてアメリカに来たの?」
難民「母が殺され、姉妹たちは奴隷に売られたからです」
店長「・・・」
店長「レストランで働いた経験はある?」
難民「・・・」

 みたいな。ところがこれがマジなわけです。

 良くある感動ポルノかと思って軽い気持ちで見始めたのですが、渡米前のシーンが予想以上に悲惨で長くてヘビーです。親を虐殺された兄弟姉妹が子供たちだけで何百キロも何千キロも兵士に見つからないように逃げます(徒歩で!!)。途中で衰弱したり、兵士に見つかり殺されたり奴隷として捕えられてしまい脱落していく仲間との別れを経て難民キャンプに到着するまでは、本当にもう勘弁してくれ! と思います。
 演じている俳優さんたちも実際に難民だったり、難民二世だったりするようですし、主題歌を歌っているEmmanuel Jal と言う人も、7歳の時にスーダンの政府軍に母親を殺され、スーダンからエチオピアに逃げようとしたところで兵士につかまり少年兵にさせられた、という経歴の持ち主だそうで(まさに映画そのもの)、その経験を歌に歌っています。本当に、これが彼らにとってはリアルな体験なんだなぁというか、びじうの想像を絶してました。
 そんな映画のエンディングに流れる歌がこちらです。



 例によって歌詞対訳は以下
  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 01:31Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年08月21日

DJ Snake & Major Lazer のLean On の歌詞を訳してみました

 珍しく現在進行形でヒットしている歌を訳しました。マイアミに旅行に行く前から気になっていたんですが、マイアミでもヘビロテで、すっかり気に入った曲です。
 DJ Snake & Major Lazer のLean Onで、EDMとしては異色なエキゾチックなファンクです。ただ、この曲は歌に歌われている内容が少なくて、想像力で補わなければならない部分が多々あるんですが、そこはそれ、趣味・特技が妄想のびじうですから、もう完全にオリジナル・ストーリーを用意してあります。いいですか。曲を聴く前に想像してみましょう。

 この曲は一言でいうとロード・ムービーです。シド&ナンシーとか、ナチュラル・ボーン・キラーみたいな感じの(明日に向って撃て!でもいいけど、あれは男二人だからなぁ)、若い二人が情熱のままに暮らし始めて、最初のうちは良いのだけれど歯車が狂い始めると一気に破滅に向かってしまう種類の。その最初の情熱が覚めようかって頃の歌じゃないかと思うんですよ。

 高校時代に小さな田舎の町で出会った彼と彼女は熱烈な恋に落ちました。まぁ、定型的には彼は不良で、彼女は普通の女の子なんだけど、決断力と行動力と勇気に溢れてるってことにしてもいいでしょう。二人は将来を誓い合い、いつかこの田舎町を逃げだそうと約束します。
 ところが、その時期は予想外に早く来てしまいました。彼が問題を起こしたのです。二人は親の反対を押し切って高校卒業を待たずに逃げるように都会に出て行きます。
 夢と希望、そして幸せだったはずの二人ですが、お金も教育も技能も、何も持っていない二人の生活はすぐに行き詰まり、荒みました。昼の仕事(スタバのレジと自動車の修理)だけでは暮らしていけず、夜になると彼はチンピラの真似事を始めます。カツアゲしたり、ギャングの使い走りみたいな事をやらされたり。しかし、それで暮らしが上向き始めると、彼は徐々にですが刹那的な生活手段に頼るようになっていきます。
 彼女はそんな彼の帰りを家でじっと待ちながら、考えます。こんな暮らしは続かない。これから嵐が来るのはわかってる。まっとうに生計を立てなきゃいけない。でも、そんな方法は思いつかない。彼と別れればいいのかもしれないけれど、それはできない。できたとしても、彼以外の誰かを愛することなんか想像もできない。
 今は彼が隣にいてくれればそれでいい。

 というのがびじうの解釈です。どうでしょうかね。



 というわけで、歌詞は以下です

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 22:43Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年05月19日

The Script - Superheroesの歌詞を訳してみました

 ベストヒットUSAで見て感動したので。ザ・スクリプトのスーパーヒーローズです。聞き始めた時には「なんか親しみやすいColdplay出てきたな」って思ったんですけど、歌詞とビデオが素晴らしく、グイグイ引き込まれていきました。俺の理想とする父親像は映画ビッグ・フィッシュのユアン・マクレガーなんだけど、このお父さんもそんな感じ。んでもって、娘が可愛くてヤられる。

 これは本当に歌詞が良くて、万人におススメです。




 というワケで、歌詞対訳は以下。

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:34Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote