2014年04月11日

翻訳:ワクチン反対派の嘘

 ブログに掲載されるや何千というコメントを集めて話題になっている(いやまぁ、平たく言えば大炎上している)アメリカの記事を翻訳しました。内容は一般的で真っ当です。この記事が素晴らしいのは随所に散りばめられたリンクで、エビデンスをもって正しいことを主張する助けになると思います。ウェブ時代の文章とでも言いましょうか。

 残念ながらリンク先は全て英文である上に、いくつかのリンクは上手くたどることができませんでした。学術雑誌が読める環境の差だと思われます。

  自分はワクチン推進派です。ちなみに。

 こちらが原文です


  続きを読む

Posted by bijoux_iris at 00:34Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年10月21日

アメリカで産科医療を受けています(奥さんが) その2

 お久しぶりです。予定日も近づいてまいりました。そんな中での再度の産科医療ネタです。

 うちの担当の先生はとにかくサバけているというか、温かい医療の対極というか(人当たりは柔らかいのですが)、物凄い合理的な感じです。医療従事者としては「これができれば楽なのになぁ・・・」って思いながらも皆がなかなか実現できずにいる事を体現しているという意味で尊敬に値すると思ってるんですが、その一方で「私はこの先生はどうしてもダメだから変えて欲しい」っていう人が実際にいるのも頷ける感じです。もう、生命の神秘とか自然の賛美とか、ゼロ(笑)。

 一般的な診察のパターンは診察して「問題ないですよー(ニコニコ)。何か質問は?」「ないですか?、じゃ(ニコニコ)。」みたいな感じ。質問しなければ何も教えてもらえません。日本だと、質問も教えてくれるっていうか、先回りして「こういうところが疑問でしょうが、こうですから」とか「こういう心配もしないといけないですけど、こうすれば・・・」みたいな説明も指導も丁寧な印象がありますけど(まぁ、第一子のときにそういう先生と看護師さんに当たった、という事ですけど)、もう事前に質問考えていかないと笑顔でバッサリです。

 っつーわけで、アメリカでも特に合理的な方だと思われる彼が面白すぎるので、それについて。

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 10:25Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年06月02日

アメリカで産科医療を受けています(奥さんが)


 びじうのキャリアの中で一番辛かったのは、10年前くらいに救急車が行列を作ってるような野戦病院で働いていた頃で、多いときには一晩で4-5人くらい挿管(人工呼吸器に繋ぐために喉に管を入れること)したりとかして、ICUと救急外来の間をダッシュで往復している間に夜が明ける、みたいな仕事を続けていた頃です。

 一年間の平均でも一晩の当直で0.6本挿管してたので、それなりのレベルの忙しさ(というか運の悪さ)だったろうとは思うんですが、それでも「人生で一番辛かったのは?」と聞かれると、息子が生まれてからの一年間だったような気もします。

 夫婦揃って子育てに不慣れだった事もあるし、寝ない子だったので慢性的に寝不足になるし(奥さんが)、引越し・渡米の準備とかも大変だったし(奥さんが)、渡米してきて最初のうちはそもそも生活を成立させるのが大変だったし(奥さんが)、いやほんと、おかげで人間的に成長できたんじゃないかと(奥さんが)。。。

 もう、自分の好きな映画とか音楽とか読書とか、本当に「はぁ?」って感じでした。っていうか、今でも映画館行くだけでも一苦労ですし、コンサートとか「はぁ?」って感じです。
 子供手当てを自分のために使っちゃうお母さんの話しを聞いても「まぁ、それくらいいいんじゃん?大変なんだから。」とか思っちゃう。

===============
 もちろん、その分、素晴らしい経験がたくさんできるんですが、これはもう、一人の生活を十分に楽しんでから結婚し、二人の生活を十分に楽しんでから子育てするのが良いですよ。いやマジで。

 惜しむらくは、そうするには人生は短すぎる(っていうか、一人の生活を十分に楽しむだけでも死ぬまで飽きない人もいるんじゃないだろうかっていうくらい、現代社会には娯楽が溢れている)のでどれかを諦めざるを得ないのですが。
 んでもって、一人の楽しみ・二人の楽しみ・三人以上の楽しみ、の配分は自分で決められない場合も多いのですが。
 んでもって、一度シフトしてしまうと後戻りするコストは莫大であんまり現実的じゃないんですが。
 ということで、今までに出来た事、諦めてきた事を考えると、人生って本当に一瞬一瞬が大切で、かけがえのないモンだなぁと思えてみたりします。

 総合的にいうと、生きるのが上手くなってきたところでいい具合に難易度が上がる、みたいな感じなので面白いです。

===============

 で、まぁ、その一年間の負荷で鍛えられ、アメリカの生活にも慣れ、引越しも無事に終了し、息子が3歳の誕生日を迎え、色々と安定してきた今日この頃ですが、二人目の子供を授かりました。

 まずはご報告まで。

(奥さんのブログ経由でお祝いのメッセージを頂いたりもしてるのですが、改めまして、ありがとうございます。)




  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 10:28Comments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年11月24日

定量!  世界のデンジャー一覧表

 先日、実験に用いる放射性同位元素を取り扱う資格試験を受けました。その時に、100ページくらいある教科書というか資料を読まされたのですが、その中に面白い記述を見つけたので引用しておきます。

 もともとは放射性同位元素がどれくらい危険か、というのを定量的に説明しようとする試みの一環なワケですが、これがまた色々と、参考になるんじゃないかなぁ。例えば、「肺癌で死ぬ人よりも交通事故で死ぬ人の方が多いんだから、タバコよりも先に車を禁止しろ」みたいな主張をする人とかを相手にするときに。
 ちなみに、もちろんこれはアメリカの統計なので、車社会っぷりとか外食で食べられる食事のヘルシーさとか日本とは差があることは間違いないですが、そんなに大きくは違わないんじゃないかと。

 ふと思ったんだけど、生命保険会社の人とかは、こういう資料を普通に持っているわけだよねぇ。


2012年 4月27日 追記
 古い記事なので単位がレムですが、100レムで1シーベルトです。
だから、20ミリシーベルトと言うと2000ミリレムですので、50時間の寿命短縮になります。
 当たり前のことですが、これは単純に寿命の差を影響因子で割り算して出てきた推定値だと思われますので1ミリレム被曝すると必ず1.5分寿命が縮むということではありません。  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 02:50Comments(7)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年09月12日

オバマ大統領 医療保険制度改革についてのスピーチ全文の翻訳

 うわー、テディからの手紙のくだりでちょっと泣いた(笑)。

 というわけで、久々にグッとくるオバマさんのスピーチ。特に医療従事者にはグッとくるんじゃないかなぁ。9月9日に国会で行われた医療保険制度の改革についてのスピーチです。

 世界に悪名高いアメリカの医療、変われるか?


 ソースはこちら。ビデオもついてます。マケインのサム・アップがかっちょいい。

 テキストはこちらを利用しました。


 疲れたので感想などはまた後ほど。ただ、色々な意味で凄いです。改革って、こんなに痛いモンなんだよなぁ、みたいな。

 例によって、直訳&今回はかけた時間も短いので落ちも多いんじゃないかと思いますが。


(追記)
 Youtube動画を張っておきます。やっぱこれは動画で見るべき。
(marcoさんの指摘を受けて動画ファイルを差し替えました)








  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 19:51Comments(23)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年07月18日

アメリカン・ドリームの姿とか移植医療とか

 珍しくボスが「お前の家ではテレビが見れるか?」みたいな話題を振ってきました。そりゃ見れるけど、何よ?とか思ったら、今晩のニュースにうちの大学の施設が出るから見てくれっていうメールが回ってきていました。こりゃまた何で?と思ったら・・・・。


=====
 アメリカで今ホットな話題が最高裁判所判事に指名されたソニア・ソトマイヨールさんの話です。彼女が最高裁判事になると、史上3人目の女性最高裁判事で、史上初のヒスパニック系最高裁判事ということになるらしいです。

 アメリカでは最高裁判事の人事が政策的に大きな意味を持つそうで、詳しくはこちらを見ていただければと思うんですが。

アメリカの大統領選挙がなぜ重要なのかという単純な問いに対する回答の一つに、最高裁判事の指名権限を有していることがある。人種差別、人工妊娠中絶など生命をめぐる価値問題について、宗教的立場から、あるいは人間の尊厳をかけて、「シングル・イシュー」にこだわる有権者がいる。彼らにとって国の姿勢を変革する一番具体的な方法は、教会で祈ることでもなければ、ピケを張ることでもない。最高裁の判事をすげ替えることである。もっと具体的に言えば、リベラル派と保守派の勢力拮抗を逆転させることである。

アメリカNOW第35号  オバマ大統領のソトマイヨール最高裁判事指名をめぐる考察


 要するに、ヒスパニックで中絶は許容するカトリックな彼女を選んだ、ということが潜在的には国の姿勢を変えてしまうし、それがオバマさんの評価にもつながるし、、、という文脈で重要なわけです。


  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 02:26Comments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年07月09日

これが当然

 病院のエレベータ前にて。

画像 843







 「患者の権利」と並んで「患者の責任」の解説。書いてあることは当たり前のことばかりだけれど(きちんとお金を払いましょうとか、予約の時間は守りましょうとか)、「権利と責任の併記」っていうスタイルそのものが日本人の自分には斬新。権利には責任(義務)が伴う、そんなの当たり前なんだけど・・・っていうか、医療が契約にもとづくサービスである国では当たり前なんだけど。

 日本的なウェットなやり方(社会正義にもとづくような医療)も決して嫌いではないんだけど、社会的にはこっちの方向ですねぇ。

 っていうか、どんな業界でも「それだけ権利を主張するなら自分の責任も考えろよっ!!」って思っている人は沢山いますよね。

  
Posted by bijoux_iris at 08:36Comments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年05月20日

モラルとアートのトレードオフ (長文)

 一つ、反省をしなければ・・・。

 豚インフルエンザに関して「とりあえずタミフルの効果があるうちにかかっておいて、治す」みたいな話を書いたわけですが、んでもって、実際にアメリカでは感染パーティーみたいなのが開催されてCDCから警告が出された、みたいなニュースがあって「この実行力はさすがだ」とか思っていたわけですが。次の記事を読んで考え方を改めました。

感染パーティーは対岸の火事ではない
Skepticism is beautiful


反社会カルトとしてのホメオパシー
地下生活者の手遊び


 これらは、民間療法を信じている人々(予防接種を嫌っている)が、子供が病気にかかるのは自然なこと、という信条の元に水疱瘡や麻疹をお互いの子供にうつしあっている現実が日本にもある(しかもこれってバイオテロじゃね?)、という内容。

 びじうのログでは一貫して予防接種を受けることを推奨しています。例えば、前回の麻疹流行時の書き込みがこれ。今回のインフルエンザに関しても、ワクチンが開発されたらワクチンの接種を受けるのが筋だと思います。病気にかかって薬で治す、というのは自分がこれまでにインフルエンザが重症化したことがなかったりタミフルの副作用に苦しんだことがないので、インフルエンザの「全体の傾向が」「報道の通りであれば」「個人的には」勝算がある、というだけの話しです。

 という前提条件をつけずに公開しているブログに文章を載せるのは、職業人としていささかモラル的に問題があったのかなぁ・・・と。




  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 03:40Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年05月09日

ギリギリ家庭の医学

 いきなりこんな話しでアレなんですが、びじう、時々、手にイボができます。前にいたラボで一緒に働いていた皮膚科のお医者さんに治療方法を聞いて、要するに液体窒素(-196℃)で焼くんですが、比較的身近なところに液体窒素があったこともあり、前のラボでは自分で焼いてました(ちなみに、イボ部分を焼くのは全然痛くないです)。

 が、流石に、これは家庭では実行不可能です(除く実家が液体窒素屋さんの場合)。

 最近また一つできたのですが、今のラボでは基本的には液体窒素を使っていないので(探せばどこかにあるんだろうけど)困っていたのですが発見しましたよ。代替物を。

 それは、「ドライアイス+アルコール」です。ドライアイス(-80℃)だけだと焼くところまでは行かないのですが、アルコールに浸すと冷却効率を上げ、更に温度を下げる事ができます。何で温度が下がるんだろう・・・理屈はよくわからないんですが、ドライアイスの表面に空気中の水分が結露して氷の膜ができるのをエタノールが防いで効率上昇とか、-80℃でも気化するエタノールが熱を奪って温度低下とかだろうと思いますが。

 で、試してみたところ、ドライアイスにエタノールをまぶしてからイボにあてようとすると、エタノールの表面張力が低いせいかボタボタと無秩序に垂れてきて健康な皮膚にもかかってしまい痛いので、手の方にエタノールを塗っておいてからドライアイスをあてがうと良いみたいです。エタノールがすぐに蒸発しちゃうので、何度かこまめに繰り返す必要がありますが。一日おきくらいで何回かやってたら治りましたよ。もちろん、ドライアイスは先が尖っている形状だとあてやすくてベターです。

 週に一回、ドライアイスを保冷剤に使っているアイスを買う&薬局でエタノールを買う、というところでギリギリ家庭でできるんじゃないかなぁ・・・と思うんですが、どうだろう?
 問題はアイスを沢山食べないといけなくなっちゃうところでしょうか。皮膚科に繰り返し通う手間とアイスのどっちをとるか、ですが・・・いやぁ、困るなぁ(笑)。。。



 ちなみに、2001年の記事ですが、こんなのを見つけました。

ドライアイス冷却でマイナス70℃の世界へ!FSB設定クロック200MHzでの起動をマーク!!


 同じ理屈でCPUを冷却しようという試み。オーバークロック・マニアぱねぇ・・・。
  
Posted by bijoux_iris at 00:00Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年05月06日

新型インフルエンザ、その後

 アメリカではついに400人を越える症例が確認されていますが、死亡例は最初の1例のみで、これはテキサスに治療に来ていた?メキシコ人の小児とのこと。

 とりあえず、「基本的には死なない病気」って判断でよくね?これからバタバタ死んでいくのかなぁ??

 まぁ、キスで伝染するからキッシング・ディジーズ(Kissing Disease)なんて可愛らしいあだ名がついているEBウィルス感染症(普通は一週間くらい寝ていれば治る)で骨髄移植までした若い女性を見たことがある(多分、適切に診断・治療されていなければ亡くなっていただろう)し、この病気が「死なない病気」であることと、この病気にかかった「あなたが死なない」ことの間にはそれなりに溝があるのは確かなんだけど。

 まぁ、医療レベルとかそういう問題なんだろうとは思うんですが。
 スペイン人がメソアメリカ文明を征服した時に、銃よりも兵隊よりも敵を殺したのは感染症だった、というのは有名な話ですが、何か中南米の人には遺伝的に南米以外の感染症に弱いとかあるんだろうか。ピサロ将軍が持ち込んだのは新型のインフルエンザだった!とか、研究してみると面白いかも。


 新型インフルエンザへの感染が世界的に拡大する中、東京都内の一般病院で、発熱の症状があるだけで診察を拒否したり、出勤の際に非感染の診断書の提出を求めたりする、過剰反応とも言えるケースが続出していることが5日、東京都のまとめで分かった。2日午前9時から5日正午までに診察拒否は計92件、診断書提出要求も複数あった。

発熱で都内の診察拒否92件=新型インフルに過剰反応?−都まとめ


 医者としてどうなのってのはもちろんあるんだろうけど。インフルエンザ検査キットとタミフルの在庫があったら受けるだろ、普通・・・とは思うんですが。この時期だけに品切れって可能性もあって、検査キットか薬がなければ他の患者への危険が増えるだけなので受診拒否するのが当然かも。まぁ、勉強不足の人がいた+あいにくの連休で、しかも緊急事態の対応マニュアルが不完全だった、って事なんでしょうねぇ。

 とりあえず、(死亡者数が何百人になりました!とか)過剰反応をしている人に過剰反応している人を責める資格はないと思う(いや、別に、過剰反応をしていない人にもそんな資格はないけどさ)。
 どんな事態でも、こういうことは起こりえるよね。鳥インフルだったらもっとひどいんじゃないかなぁ・・・っていうか、自分もイヤだし。

  
Posted by bijoux_iris at 06:02Comments(16)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote