美術たんけんたい

「美術」という道具を使って、コミュニケーションの楽しさ提案と、楽に楽しく生きるサポートをしています。 いろいろなところへ画材を持ち込みアートワークショップを開催。 鎌倉市の幼稚園課外活動「造形アート教室 こどもびじゅつたんけんたい」主催。 こどももおとなもどんな立場や状態でもアートの前ではみんなフラット。 上下関係・善悪・正誤のないアートを通してのフラットな対話から、心が喜ぶ時間を共有しています。

美術たんけんたいのブログをお読みくださっている皆様へ
IMG_7754
こんにちは
はとこと大西宏美です。

2016年3月より約3年間ご愛読いただいておりましたこちらのブログは
2016年6月3日、810Art舎WEBサイト開設に伴いまして
下記のアドレスへ引越しいたしました。

https://810art-sha.com/blog/
ブログ内のカテゴリー「美術たんけんたいのこと」にて
引き続き変わらぬスタンスで綴って参ります。

今後ともご贔屓のほどよろしくお願い申し上げます。

2016年6月5日
810Art舎 はと(大西宏美)

 
mixiチェック


こんばんは、はとこと大西宏美です。

新年度も2週間ほど経ちました。
みなさんそれぞれに新しい生活にも慣れてきたころでしょうか。
私はというと、
春で緩んだカラダをシャキッとせねばなあ、と、思うこの頃です。 

さて、先日の探検隊たちも元気いっぱい!
久しぶりのクラスだったもんだから、こちらも気合い入って、
導入であーしてこーして。。。って計画立てていましたが、

聞いてない。。。(ーー;)
見事に誰も聞いてない💦
C3283C9D-E0F2-4570-AA58-A99A19F0E66A
「やりたい」が過ぎて、とりあえず新聞紙を切ってる人たち(笑)
導入用の画像を切り始めようとする探検隊も現れたので、諦めました。

ま、いっか〜、で、導入なし!

探検隊たちは、私が持って行った参考作品を見て、
うわー!すげー!これ今日作るのー?!早くやりたい!とか言いつつ、

次の瞬間には「恐竜作ろ!」とか「東京タワーにする!」とか言い放ってました。
ちなみに、提示した参考作品はこちら
A391C401-4826-4849-A037-722E085F9140


で、出てきた作品群はこちら
5F1C0238-BEBE-4756-AF4E-D252C5113C8D
参考作品のあまりの影響のなさに、
持って行った意味あるんかいっ!と一人ボケツッコミ状態でした(笑)
むしろ、我が道を貫いた一人一人に拍手を贈りたいです。


飛び入り参加の小さな探検隊の表現が、とても感覚的な印象で、
「行為」を楽しんでいるようなのに対して、
89FF9ADC-C929-45DA-A850-7EAFD5C5730E8071F8D8-70B3-4DC4-96BF-1E6D9D3C24E1

8〜9才の探検隊たちの姿、何か思い描いたものを実現しようとする姿と
明らかに違って面白かったです。
2BFFC85E-E04B-4D2C-B2DD-541DB36C9A5A2BF8C495-67DC-4498-8ECE-9980D6765502E40E7C22-AA7A-476F-A157-9B640590FCA9
B854E88C-DEB9-42B3-AB6B-582EAE0687E33E676C6A-CFE4-4AED-9C97-E7E7929369D1

小さな探検隊、お兄さんたちを見よう見真似で
テーブルの下の暗い場所でライトを点けてみてる図☺️
4316FEA8-C1AC-4756-8B4D-C8214D916B15


平成最後のクラスの様子でした。
次回は令和元年5月の予定です。

平成が終わっても、美術たんけんは、続くのであります。












 
mixiチェック

おはようございます。はとこと大西宏美です。

✨🌈春分💖✨
おめでとうございます。
また新たな旅が始まりましたね。
ひとまずご挨拶させていただきます。

最近、個人的な学びで、
その時感じたことをどこまでそのまま感じていられるかを実験中です。
なにかきっかけがあるたびに、
自分が”いま“どう感じているかになるべく焦点をあててみるようにしています。

今朝、このブログを書こうと思って
年中クラスの写真を眺めていましたら、ふと浮かんできたことがありました。

口コミで最終クラスに体験にいらした男の子です。
この日は「指の版画」を体験する提案でした。
初めての経験ということもあろうかと思いますが、
この方は終始指一本でじっくりと目の前の変化を味わうような経過をたどっておられました。
(のように、私には感じられた、というだけのことなのですが)

4DDFE8E1-3993-46D2-887D-48004A21DA38F1C1EC4F-F2FE-4DEB-9E03-7460D960CC72
左:白い柔らかい粘土を徐々に広げている様子
右:色を混ぜてみて、混色されていくのを観察しつつ指を動かす様子
39C60BEB-771D-4987-9871-5EB416B280AD2BC100F1-FDF0-47BA-B8C3-2E16F2CBAD7D
左:指一本で広がった世界を引きで見てみた
右:新たな経験「スクラッチ」を試しているところ。
DA60D46A-2A1A-425F-B1B9-EFF71C6E90AA
最終的に、紙に擦りとり、
これまた初体験のオイルパステルで周囲を着彩してみている。

この一連の様子を並べて見たときに、
そこに「見通し」の存在が薄いことに気がつきます。
以下は私の想像ですが、
彼は、最終形がこのような作品になることは予想していなかったのではないかな、と思います。
見通すとすれば、せいぜい0.5秒先くらいの未来かな?
彼の興味は、
指にまとわりつく粘土の感触であり、
色が混ざり合っていく微妙な変化であり、
スクラッチされていく軌跡であり、
オイルパステルの発色であり、、、

そこには、彼自身と素材や画面との純粋なやりとりだけが存在しています。
あまりにもピュアで、透明感があって、
向き合う彼の傍で同じ時間を共有したくなりました。

今朝、浮かんだことと言えば、
いま、この瞬間に一歩踏み出すことがあるとして、
先が読めない変化をどれだけ味わえているのだろう?ということ。

効率を求めていないだろうか?
それに意味を見出そうとしていないだろうか?

彼の行動は一見意味が無いように思われます。
でも、じっくり味わって経過した時間は彼自身に刻まれているように思います。

0DD44587-50FB-4E6C-A85A-FCDAF4E10C57E23BDC2C-C4AA-4983-BC26-13A8277ABB00

2CC8090B-30E1-4F24-92F1-EAC091922E4108AFF12B-C679-4B3C-AF13-B6FA2055A0EB
F65B023B-9F81-4FD6-B469-AF2C15035306
最終的に擦った作品をトリミングしたくないので隠してしまいました(笑)

FF77FF53-E4C0-4FA8-8C68-A652AC8A0CC0207F59D4-5B94-4EF6-8A74-1C355C81C380
別の女の子のものですが、ここに至るまでに紆余曲折ありました。

744C4C66-5E8C-4FF7-9A9E-6CF4A7E26F07

今年度の定期クラスはこれでおしまい。
また、新たなメンバーで4月からスタートします。

お楽しみに!
つづく。。。



mixiチェック

↑このページのトップヘ