今日は昨日と一転、寒かったです。

今シーズンも頑張ってくれたKX450FのエンジンをOHしないといけません。

IMG_6575

ここで、悩ましい問題が一つ。
次期KX450F(2019モデル)にセルが付くかどうか?と言う事です。

もしも19モデルでセル付きとなるんだったら、OHは腰上までとします。
例年だとお盆前には発表になる感じなので、シーズン前半まで使う感じ!?
(KX-Fは信頼性の高いエンジンであることが前提で書いていますが。)

まだ、先送りの様なら・・・腰下までしっかりと手を入れて、WPC加工などバッチリ仕上げたいと思います。
KX-Fは始動性はすごく良いです。
キックも変に重くなく、セルが無くても普通なら何の問題もありません。
でも、やはりレース中の様々なアクシデントを想定すると無いより有る方が絶対的に有利です!
MXのIAライダーでさえ、キックでの再始動に手こずっている状況はご存じのとおりですよね。(あ、メーカー問わずの話ですよw)

多分、2019モデルで出れば車両更新するし、それ以降のモデルとなってしまった場合は・・・更新しないだろうな~。
残りのレース人生を考えても、、、ねぇ。。。(哀愁)

取りあえず、エンジン持ってアクトの社長さんと相談して決めよっと!

ブログ村に入村中
皆さんは、来期に向けてメンテはもう済みましたか!?
本日のブログチェックはこちら


にほんブログ村 バイクブログ モタードへ