気になったバイクニュース

【インプレ'08】河村康彦 アウディ『R8』洗練されたスーパーカー

420psの8気筒エンジンをふたり分のシート背後にミッドマウント。しかも、そんなモデルの初試乗の舞台は濡れた高速サーキット……、となれば、そこでは「いかなるじゃじゃ馬ぶりに手を焼かされるのか」と嫌でも心配になってしまうもの。



ところが、そんな懸念とは裏腹に、コースへと躍り出たこのモデルの何と扱いやすかったことか。



ミッドシップ・レイアウト+4WDとくれば、そのトラクション能力が鉄壁の構えであるのは予想ができたものの、ハンドリングのイージーさえもが期待を遥かに上回るもの。お尻の流れ出しもフロントのドリフトアウトも動きがとてもゆっくりで、ハイペースでのサーキット走行中でも落ち着いた対処が可能。



官能的パワーフィールや強靭なブレーキの効きも、もはやスポーツカーの枠を飛び越えて“スーパーカー”のそれと納得できる仕上がりぶり。そんなアウディ車らしからぬ(?)とびきり高度な走りの快感は驚きのレベル。



■5つ星評価

パッケージング:★★★★☆

インテリア/居住性:★★★★☆

パワーソース:★★★★☆

フットワーク:★★★★★

オススメ度:★★★★☆





河村康彦|モータージャーナリスト

1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……( 1日 21:38)

(河村康彦)

【アウディ A5 日本発表】アウディドライブセレクトを新設定

アウディ『A5』には「アウディドライブセレクト」と呼ばれる、エンジンやサスペンション特性をセッティングできる制御システムがオプションで設定されている。



アウディジャパンマーケティング部の青木徹さんは「アウディドライブセレクトはダンパーの減衰力やステアリング特性、エンジンのレスポンスやATのシフトスケジュールなどをドライバーの好みで選ぶことができる装備です」という。



「ドライブセレクトには基本設定としてダイナミックモードとコンフォートモード、オートモードが用意されています。したがってドライバーは気分によって簡単にスポーツカーのような軽快な走りや、ラグジュアリークーペのような快適な仕様を選ぶことができます」



「さらに、このドライブセレクトはエンジンとサスペンションなどの各項目を別々に設定することもできますので、自分好みのセッティングを見つけて、その仕様で走ることもできます」



A5の乗り心地はドライブセレクトをコンフォートからダイナミックに切り替えた途端に、エンジンのレスポンスは鋭くなり、6速ATは高回転をキープするようになる。さらに、ハンドリングもシャープになるのでクルマの特性が一瞬でガラリと変化する。



アウディドライブセレクトは一台で2種類のクルマを操れるようなシステムなので、A5を買うなら是非とも選んでおきたいオプションだ。( 1日 21:38)

(岡島裕二)

【ジュネーブモーターショー08】VW シロッコ、復活へ