【横浜サイン&ディスプレイ】 コンテンツ

2015年09月15日

51101150IMG_9501IMG_2635

メリットだらけに見えるLEDにも弱点はあります。続きを読む

bikoshabikosha at 11:09│コメント(0)トラックバック(0)キーワード・用語【材料】 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年06月22日

IMG_2229写真は当社の施工ではありませんがたまたま見かけたスチール製ボルトとステンレス製ボルトです。
(正確に言えばステンレスもスチールの一種です。)
同じ環境で使えばこのようにスチールは錆び、ステンレスはほとんど錆びません。
では、「錆びない(錆びにくい)ステンレス製ボルトがより安全か?」と聞かれれば答えはNoです。
SUS304に代表される一般的なオーステナイト系ステンレスは伸びやすく、破断しやすいです。
ボルト/ナットにおいて破断は文字通り危険ですし、伸びやすいことは緩みにつながります。
緩みは金属疲労の原因となり、更に破断を早めます。
従って、見栄え重視ならステンレス、安全重視ならスチールとなります。
いずれの場合でもメンテナンスが必要なことは言うまでもありません。

bikoshabikosha at 14:36│コメント(0)トラックバック(0)その他 | キーワード・用語【材料】このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年06月19日

IMAG0414写真-2015-06-12-14-07-39写真-2015-06-12-14-29-21写真-2015-06-12-15-59-30写真-2015-06-12-16-29-55

袖看板の底を塞いで欲しいというご依頼を受けました。
続きを読む

bikoshabikosha at 09:20│コメント(0)トラックバック(0)最近のお仕事【屋外看板】 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年06月09日

5117IMG_9501
LEDは省電力・長寿命の優れた特性を持っており看板用としてとても良い光源ですが、使い方を誤るときれいに発光しません。
ご近所のテクノタワーホテルのロゴマークにLEDを使用した例です。
[左から写真1]バックチャンネル式サインの光り方を検証しています。
LEDの場合360度発光のネオン管と違い、設置位置や向きによって光り方に大きな違いがでます。
右半分は狙いに近い光り方ですが、左半分はチャンネルの形がくっきり映りすぎていたり、ボルトの影が見えています。
[写真2]LEDの配置を調整しました。
[写真3]実際に設置した状態です。ロゴがきれいに浮かび上がりました。

bikoshabikosha at 16:49│コメント(0)トラックバック(0)製品・サービス【屋外看板】 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
BPNC2W1CcAEpKodIMG_6763IMG_76122013-10-11-22-50-24
そばやさんのファサードを施工させていただきました。
デザインは超有名な広告デザイン事務所ですが、やはり一流どころはひと味違います。
袖看板、欄間(らんま)看板ともにLED内蔵のチャンネル文字で、袖看板は両面発光です。
細かい文字の場合、ネオン管なら文字の形に管を曲げてやればまずきれいに発光しますが、LEDでは光の直進性が強いためなのか、配置によっては影ができてしまうので微調整が必要です。
ウィンドウのシート貼り、スタンド看板、店内のメニューなども作らせていただきました。

bikoshabikosha at 16:43│コメント(0)トラックバック(0)製品・サービス【屋外看板】 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年04月28日

55アクリルの曲げ加工用ヒーターです。
当社では棒ヒーターと呼んでいますがそれが正しいのかわかりません。
小さい方はアクリルをはさんで両面を加熱するので厚めの板を曲げることができます。
大きい方はヒーター長さが2.5メートルあります。
片面加熱なので厚めの板を曲げる場合は裏返して両面を加熱する必要があります。
板のサイズや曲げる角度にもよりますが、曲げられる厚さは5ミリ程度までです。

bikoshabikosha at 11:51│コメント(0)トラックバック(0)設備・装備 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年03月30日

51札幌の看板落下事故は看板所有者やビルオーナー、屋外広告事業者の社会的責任をあらためて考える契機となりました。
そんな中、当社は「横浜型地域貢献企業認定」の3回目の更新審査に合格することができました。
「横浜型〜」は地域志向でCSRに取り組む企業を認定する制度です。
「Corporate Social Responsibility(略称CSR)」の日本語訳は「企業の社会的責任」で、大企業のホームページにもほとんどこの表記がありますが、なんだか自分とは関係ないことのような響きがありませんか?(特に一般社員には)
そこで当社では「『美工社』の社会的責任」と置き換え、ホームページの表記もそのようにしています。

bikoshabikosha at 12:00│コメント(0)トラックバック(0)美工社という会社 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年02月13日

oldfurniturereformdresserreformfurniture

以前「木製カウンターのリフォーム」という記事をアップしましたが、今回はドレッサー(鏡台、化粧台)です。
恐らく20年くらい前に当社がお納めした什器類で、当時の図面はまだ手書き(しかも青焼き)でした。
もちろん汚れてはいますが、頑丈なつくりなので化粧直しをすればまだ使えます。
店舗の一部改装に合わせて明るい石目調の化粧板仕上げだったもの(1枚目の写真がリフォーム前)を、落ち着いた木目調にリフォームしました。
塩ビタックシートでラッピングしています。
新品のシートを貼っているわけですから表面上は新品と見分けがつきません。

bikoshabikosha at 15:02│コメント(0)トラックバック(0)製品・サービス【看板以外】 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年01月10日

flowermentあけましておめでとうございます。
当ブログは2005年1月に開設したのでちょうど10年となりました。
記念すべき10周年の新年初投稿はとても地味な内容です。
続きを読む

bikoshabikosha at 13:17│コメント(0)トラックバック(0)キーワード・用語【材料】 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック