2005年03月26日

tennis写真ではわかりにくいのですが、この看板の大きさは幅4.5メートル×高さ1.7メートルで枠を除いても4.3メートル×1.5メートルあります。
美工社で手掛ける看板の中では「中型」に分類出来るものですがタイトルとしては締まらないので「大型インクジェットサイン」としました。
ステンレス枠にアルミ複合板+インクジェットシートの面板です。
美工社の所有するインクジェットプリンターは幅1.35メートル程度までしか出力できませんのでこのサイズだと1枚ものではなく、分割して出力します。
今回は幅方向を4分割して貼り合わせました。
塩ビメディアは貼るときに伸びるので、絵柄がずれないよう、注意して貼っていきます。
パソコンやソフトの能力の関係で制約はあるのですが、理論上はタテヨコとも無限大につなぎ合わせることが可能です。

bikoshabikosha at 14:08│コメント(3)トラックバック(1)最近のお仕事【屋外看板】 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. その設計じゃ高くつくよ  [ 【ミナログ】製造業社長の逆襲 ]   2005年03月26日 17:50
製造業者の悩みの一つに、設計者が現場や加工のことをわかっていないで図面を描いてく

この記事へのコメント

1. Posted by kazuya   2005年03月26日 14:28
こんにちわ。

面白い看板屋さんだったので

おもわずクリックしてブログ拝見させていただきました。

インクジェットとは素人感覚でプロの方のみしか見れないもの

と思い込んでいましたが、街中にインクジェットが生み出したものは

あるのですね!大変興味深いです☆
2. Posted by bikosha   2005年03月26日 16:33
kazuyaさま

コメントありがとうございます。
若いクリエイターの方に興味をもっていただいて嬉しく思います。
これからも見に来てください。
デザイナーさんの目から見たご意見などもいただけるとありがたいです。
3. Posted by kazuya   2005年03月26日 22:57
こんばんわ。コメントありがとうございます。

放送の見逃した方から色々メールを頂いて

ブログに画像を何点かUPしました。

いえいえ、デザイナーの立場から意見など・・

私のような若輩者はまだそんなことはできません。

しかし、看板・宣伝というモノに興味があります。

特に機能性を持った広告デザインなど

いつか携わりたいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字