幕 を含む記事

2012年05月29日

bb1bb2bb3bb4






壁一面を大きな黒板にしました。
幅4メートル、高さ3メートルで継ぎ目のない一枚物となると特注でも難しいようです。
〔写真(左から)1〕壁面にシナベニヤを張ります。
〔写真2〕目地をパテでつぶしたらマグネット塗料を塗っていきます。
塗幕が薄いと磁石の付きが弱いので何度も塗り重ねます。
〔写真3〕チョークで書き込めるよう最後に黒板塗料を塗ります。
〔写真4〕ロゴやソフト巾木を貼って完成しました。
マグネットで掲示物を貼ることもできます。

bikoshabikosha at 15:36│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年04月13日

kasetsuwirepipewinch






横断幕、懸垂幕などは仮設看板として比較的容易に設置できますが、TPOに応じた取り付け方法を選択すべきです。続きを読む

bikoshabikosha at 15:03│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年02月18日

mayorpicturefireband






mnmnt_aaperryamericananchorage






横浜八景島シーパラダイスにアメリカンアンカレッジの記念碑が設置されました。続きを読む

bikoshabikosha at 10:41│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年07月29日

bnr_jmstc_y150“すごい”イラストの大型バナーを製作・設置しました。
アップが遅くなってしまいましたが、横浜開港博Y150の開幕直前(4月)に設置したものです。
図鑑にのっているような細密画で、地球史46億年を表しています。
当社には(当社に限らず普通の看板屋には)ここまでの絵を描けるものはいませんのでデータを支給していただきましたが、データサイズも桁違いでした。
手にとって見る図鑑ではないので、解像度を下げて出力しましたがそれでもとてもきれいです。
幅は7.2メートルです。
Y150に行ったら、スーパーハイビジョンシアター内にある海洋研究開発機構(JAMSTEC)のブースにお立ち寄りください。

bikoshabikosha at 18:32│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年05月29日

crmny1crmny2crmny3crmny4






crmny5crmny6crmny7crmny8






横浜で開催中のアフリカ開発会議、その中のイベントとして5月28日に「野口英世アフリカ賞」の授賞式がありました。続きを読む

bikoshabikosha at 14:00│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年03月14日

flg_ts1flg_ts2flg_ts3






横浜ZAIM(ザイム)で3月15日(木)から19日(火)まで開催される「てつそん2007全国デザイン・アート・建築系合同卒業制作展」のお手伝いをしました。
製作設置したのは写真のフラッグとポールです。
のぼりに使われるポンジという生地に昇華転写印刷で製作しました。

bikoshabikosha at 09:33│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年12月27日

tape_rtape_gspotlight






横浜美術館のポルティコ(柱廊)に投光器を設置しました。
〔写真左・中〕カラーフィルターを装備して、白いバナーを赤と緑に染めています。
フィルターは交換できるので、色を変えれば違ったイメージの演出が可能です。
〔写真右〕投光器を取り付ける架台はステンレス製のオリジナルです。


bikoshabikosha at 09:42│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年12月13日

maku_center1maku_center2先日アップした「コロコロからくり装置王掘廚横断幕が激戦のTV収録から帰ってきました。
年明けの放送まで産業振興センターに設置させてもらえることになりましたので取り付けてきました。
〔写真左〕建物の真正面から見える絶好の位置です。
幅3m×高さ1mですが、ここに付けるなら幅5〜6m欲しかったですね。
〔写真右〕放送日時とチャンネルをインクジェット印刷して余白に貼りました。

☆1月12日夜7:30からの放送(TV東京)にご期待ください☆

bikoshabikosha at 17:33│コメント(4)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年12月02日

maku_koro






TVチャンピオンの「コロコロからくり装置王選手権掘廚技者王国界隈から坪倉興業D.-Laboミナロきかんし印刷が出場します。
美工社は微力ながら端材・廃材の提供などで協力してきましたが、本戦を前に応援用の横断幕を製作することにしました。
出場4社と技者王国の名付け親Y2-ENGINE、そして当社も社名を入れさせていただきました。
果たしてテレビに映るでしょうか?
1月12日夜7:30からの放送(TV東京)にご期待ください。

《12月10日追記》テレビ映り期待大です。その根拠はこちら

bikoshabikosha at 09:45│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月18日

chinahandskensui






hroadwelcomeflag






今月は幕関連の仕事が集中しました。
横断幕、懸垂幕、バナー(フラッグ)など形はさまざまですがいずれもターポリンインクジェット印刷を施したものです。

bikoshabikosha at 11:48│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月11日

広くは防水布のことを指しますが、看板材料で言うところのターポリンはポリエステル繊維の入った軟質樹脂(主に塩ビ)製の生地です。
主として横断幕や懸垂幕、バナーなどに用いられます。
以前は縫製、ハトメ付けなどして幕の形を作ってから直接文字を書いたり、マーキングフィルムの切り文字や絵柄を貼っていましたが、ターポリンに直接印刷できる溶剤系プリンターの普及によってロール状の生地に印刷してから縫製するように変わってきています。
インクジェット用では、遮光・非遮光・メッシュ等の種類があり、用途に応じて使い分けます。
インクジェット用では私の知る限り白色しかありません(白色インクが登場したので、いずれ出て来ると思います)が、書きあるいはフィルム貼り用では色付きのものもあります。

bikoshabikosha at 10:13│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月07日

yudo横浜美術館の案内(誘導)サインです。
本体ポールはアルミ製、面板はアルミ板にマーキングフィルム貼りです。
植え込みの中にコンクリートの基礎を埋め込んであり、強風でも安心です。
バナー(幕)ターポリンインクジェット印刷したものです。
両面仕様なのでウェルダー(溶着機)で2枚を貼り合わせています。

bikoshabikosha at 15:43│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック