木製什器 を含む記事

2012年01月10日

rack1rack2rack3rack4






2012年の初投稿です。今年もよろしくおねがいします。
スチールパイプのフレームと木製棚板を組み合わせた什器です。
ディスプレイグッズを製造販売されているお客様なので、什器デザインもお客様のオリジナルです。
〔写真(左から)1、2〕高さ約4メートルのはしご型フレームは50ミリの角パイプに焼付塗装仕上げです。
レーザー墨出し器でレベル確認しながら立てていきます。
木製棚板をセットして壁面ラックの完成です。
〔写真3〕同じデザインですが、こちらは高さ2.2メートルの自立壁面ラックです。
〔写真4〕別の什器を設置中です。
こちらは落ち着いた色合いや重厚な棚板(厚さ40ミリ)で高級感を演出しています。

bikoshabikosha at 10:48│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2009年03月14日

tpo1tpo2tpo3






約4年ぶりの“変わり種”ですが、ご紹介するのは更にさかのぼって7年前に製作した木製什器です。続きを読む

bikoshabikosha at 10:37│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年05月16日

flashpress木製什器の製作など木工に使用する機械です。
フラッシュとは木工の場合「枠組みされた部材(芯材)の両面に合板を貼り付ける製法」のことです。
高級家具には使われませんが、軽量の割に丈夫、安価で寸法精度が高い(後の変形が出にくい)ので、量産家具や店舗什器などによく使われる製法です。
芯材に合板を貼るときには木工用ボンドを使用しますので硬化するまでの間、均等に圧力を加えて保持します。
そのときに活躍するのがこのフラッシュプレスです。
サイズはW2400×D1200で、W600ごとに4分割されていますから、小さいものなら厚さ違いを4種類同時にプレスできます。
丈夫で正確なフラッシュ製品をつくるにはこのプレスの工程をしっかり行う必要があります。

bikoshabikosha at 10:58│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月10日

juryo以前の記事でも書きましたが木製什器やアクリル什器に比べてスチール什器はオーダー製作は少ないのですが、既製品で具合の悪い場合(サイズ、仕様、価格など)はオーダー什器のご注文もあります。
写真は重量ラックです。
1台が2トントラックの荷台くらいの大きさです。
スチールアングルの骨組みに棚板は分厚いベニヤ板です。


bikoshabikosha at 17:37│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年01月20日

mokujuki実は美工社ホームページの検索キーワードで一番多いのがこの「什器」です。
「ジュウキ」といっても「銃器」や「重機」、「住基(住民基本台帳)」とは無関係です。
広辞苑によると「日常使用の家具・道具」となっています。
私たちは主に「店舗で商品を陳列するための家具」という意味でこの言葉を使っています。
(もちろん店舗以外でお使いになるものも用途に応じて製作しています。)
当社で取り扱っている什器は木製什器、アクリル什器、スチール什器などです。
木製什器やアクリル什器はほとんどオーダーメイドですが、スチール什器は既製品が種類豊富にラインアップされているので、オーダー製作はあまり無いのが実情です。


bikoshabikosha at 08:48│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック