ビリヤード動画「曲玉・トリックショット」「モスコニーショット」

簡単な曲玉 「モスコニーショット」 

「モスコニーショット」の映像です。
セッティングは非常に簡単で、4つの球を下図のように真っ直ぐ並べるだけ。
・1番をサイドポケットの淵に置き、残りの球をすべてタッチさせて、長クッションと垂直に並べる。
これでセット完了です ^^

mosconi





















セットができたら、手玉を3番と4番の間くらいの位置に置き、スパッと撞くと、4つの球がすべてポケットに吸い込まれます。
まずは映像をご覧ください。

Ewa's Trick Shots: The Mosconi Shot   2分48秒




ショットの説明

コツは、手玉を3番と4番の間くらいの位置に置き、「撞点 右」で強く撞き、手玉を3番~2番の順に当てる。

mosconi1











「キーボール」の理屈で、すべての球はタンジェントライン(黄色のライン)より少し前に出る。
1番、2番、4番はそのままポケットに向かう。

mosconi2






















3番には次の理由で左ヒネリがかかる。

・3番の左側に手玉が当たることによる、「左ヒネリの当たり順」
・4番の左側に当たっていることによる、「左ヒネリの当たり順」
・3番に、手玉の右ヒネリとは反対の「左ヒネリ」がかかる。「もらいヒネリ」(歯車の法則)

この3つの力が合わさって、3番に強い左ヒネリが発生し、その結果、図右下のコーナーへ戻るように、ポケットされる。

mosconi4







用語の説明は、ビリヤードで金メダルHPの「当たり順 」「もらいヒネリ 」ページにて。