安藤裕子/サリー       (CCCD)
 俳優・松田翔太(22)が自宅で思わぬ騒動を巻き起こしていたことが28日、分かった。松田が26日夜に東京都内にある自宅で夕食のメニューをめぐって妹(19)と口論になり、そこに母・松田美由紀(46)も参戦。もみ合ううちに翔太の手が妹にクリーンヒットし、救急車を呼ぶ騒ぎになった。結局、妹にケガはなかったが、主演のヤンキー映画「ワルボロ」もびっくりのバイオレンスとなってしまった。
 「食べ物の恨みは怖い」とはよく言ったもの。仲良く家族で食事をしていたはずが、メニューをめぐって翔太と妹が大ゲンカになった。仲裁する立場のはずの母・美由紀もいつの間にやら参戦。


タグ:


夕食バトルは三つどもえになってしまった。
 3人がもみ合ううちに翔太の平手が妹にきれいにヒット。展開はドタバタのホームドラマのようだが、翔太は身長181センチの長身。スポーツでならしたそのパワーに妹はバランスを崩し、壁の角に頭をぶつけて軽い脳しんとうを起こしたという。
 所属事務所によると「しょっちゅうコミュニケーションの一つとしてケンカをしている」ということだったが、事態は急転。動揺した美由紀が救急車より先に警察に電話してしまう一幕も。幸い妹にケガはなく大事には至らなかった。所轄の警視庁荻窪署も「特に事件性はない」としている。
 「花より男子」に代表される王子キャラで人気の松田だが、主演映画「ワルボロ」では体を鍛え、ケンカに明け暮れるヤンキーを見事に演じていた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆花より男子関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆花より男子関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

携帯アフィリエイターの独り言


紫外線には気をつけて