阿部です。
好きな食べ物は何ですか?と問われたら嫌いなものがほとんどないのでなんでも好きですと言います。
ですが、偏愛しているものは多々あります。
その一つがパクチーです。
タイには行ったことがありませんがなぜか、いつごろからかパクチーを愛するようになりました。
もともと酒飲み、辛党、くせのあるものが大好きです。
世田谷に住む東京の友人が連れて行ってくれた「パクチーハウス」は私の番付一位です。
とにかく何を食べてもパクチーが。パスタも、お肉も、サラダもパクチー。そして美味しい。飽きない。

北海道ではスーパーの店頭に並ぶことはあまりなく、そんなに好きなら庭で育てたらいいと友人にも言われてますがいまだに栽培に着手しておらず(苗が見つからないのです)。

そんなおり、ビーナ事務員がお土産にくれたパクチー。しかも根っこが付いている!!パク


まずはタコとアボカド、トマトでサラダ。パクサラダ
次は卵豆腐に刻んだパクチーとナンプラーでトッピング!朴豆腐

そしてメインは蒸鶏肉のパクチーソース!IMG_0288

うまいです!ナンプラーも味に深みがあり、お酢とレモンのバランスがまた・・・。
パクチーの甘い苦みのような、香りもたまりません。

あまりの美味しさにダーリンはご飯を三杯でした。


そしてそして・・・根っこ付きのパクチーがまだ残っています。
植えてみようか・・・それとも食べてしまうか・・・う~~ん。。。どうしよう!?

パク

阿部です。
連休だったのでゴッホ展、行ってきました。
三連休の真ん中だったせいか、チケットを購入するにも並んでいましたが、以前東京の西洋美術館で雨の中二時間待ちを経験していたので余裕で列に。
その時に比べたらあっという間で10分くらい。やっぱり人口が違いますな~と思っていたらここからがまたすごかった。
何しろ一番最初に有名な画家の自画像があるので、人が全く動かない・・。配置ミスではないのかと思いますが何かしら意図があるのでしょうし。
結局自画像を見るのにチケット購入より長い時間がかかりました。

実は私は十五年ほど前・・・かなり昔ですね・・の新婚旅行でオランダのゴッホ美術館へ行っています。
ゴッホ美術館というくらいだからゴッホの有名な作品がたくさん見れると思いきや・・・あれ? あれ? 所々が歯抜けになっている。そこには「日本での展覧会のため貸出中」というメッセージが・・・。
同じ年に日本での大々的なゴッホ展があり、時期が重なってしまったという痛恨の出来事。
それもあって今度こそ!と思ったのですが「ひまわり」などの有名どころはきておらず、今回のテーマとして「ジャポニズム」という日本の浮世絵などに影響を受けたというところにスポットが当たっていたので作品もそのテーマにそっていました。
でも、その視点から見るゴッホは、よく知っている独自のタッチと大胆な色遣いというよりは黄色、青の使い方がとても美しく、繊細でやはり心惹かれました。
自然のもの、お花や草木や木々の表現がやっぱりすごい。海や草原、畑などどれも青が気になりました。青を見に、期間中、もう一回行きたいとな思います。

ところで絵の展示会ですが、海外の(そんなに行っていないけど)展示会は本当に人々が慣れているというか静かな雰囲気ですが、日本だと必ずと言っていいほど大きな声で;解説する、意見を言う人たちがいます。子供の泣き声とかは仕方ないと思えますが、大人の解説は辟易です。誰もあなたの意見を聞きたくて来ていません。やめて!!と思うのは私だけでしょうか・・・

失礼しました!先ほどのゴーヤーの記事は阿部でした~

↑このページのトップヘ