結局2時間制じゃ稼げない

img1国内のバイナリーオプションは2013年8月に金融庁による規制で取引のあり方が大きく変わってしまいました。
この規制に伴い、多くの既存の国内のバイナリーオプションユーザーは海外へと流れて行きました。

大きく変化2つ

icon(green)3口座開設に試験がある
icon(green)32時間おきしか取引ができない


テストを受けてそれに合格しないと口座開設できない、ということだけでも新規の申し込み自体がかなり減りました。

さらに、取引は2時間おきで取引をしなくてはなりません。受け付けは2時間前からで、2分前まで購入が可能です。それでは2分前ギリギリで買えばいいのでは?と思うかもしれませんが、ボーダーラインがある程度定まっているので、ほぼ勝負がついている事が多く、HIGH=1.0倍 LOW=20倍というような、購入しても意味がない事が多いのです。

つまり、ローリスク・ローリターンの流れで落ち着き、短時間の取引が規制されることで一層コツコツ型の投資に変わっていきました。
「リスクの少ない、儲けの少ない投資をしたい」という方は国内バイナリーオプションBO業者での取引はいいかもしれませんが、規制前のような短期間でもある程度利益が望める投資を継続させたいという方は海外バイナリーオプションBO業者への移行を考えることになってしまいそうです。



海外のバイナリーはそんなにいいの?

img2規制の影響があって国内から海外のバイナリーオプション業者へと流れていったのは分かりますが、海外のバイナリーオプションって本当にいいの?

国内バイナリーオプションとの違い

icon(green)3短時間60秒取引
icon(green)3高ペイアウトオプション
icon(green)3クレジットカード・Vプリカが利用可能


海外のバイナリーオプション業者では入出金の際の不安がある方も多いと思います。

海外バイナリーオプション会社で入出金時にかかる手数料は平均すると約3,000円程度です。頑なに出金に応じないといった悪質な海外の業者も存在しますので、日本語サポートの体制が十分に整っている業者を選ぶことが重要です。

今後、海外業者へ移行を考えている国内の投資家の方や、これから投資を始めようと考えている投資初心者の方も、国内と海外の業者の違いとリスクをしっかり考えてからバイナリーオプション業者を選びましょう。



海外の業者もメリットばかりではない

img3海外のバイナリーオプションには、昔の国内では取引できない取引の種類が豊富にあって、24時間いつでもエントリーできたりと、一見メリットばかりに思えますがデメリットもありますので、しっかりと理解しておく必要があります。

海外バイナリーオプションのデメリットや注意点

icon(green)3ボーナスを受け取った際の出金条件が厳しい
icon(green)3出金に時間がかかる場合がある
icon(green)3国内の金融先物取引業協会に登録されていない


海外バイナリーオプション業者で取引を行う際、上記に挙げたようなメリットばかりあるわけではありません。「良い話には裏がある」という言葉があるように海外バイナリーオプションでの取引にはデメリットがついてきます。デメリットがあることを理解してから、実際に海外業者を利用して取引を行うことをおすすめします。


『信頼度業者No.1』

バイナリー60
↑↑バイナリー60(Binary60)を見てみる↑↑
バイナリー60(Binary60)
icon(green)33分で口座開設!すぐに始められるバイナリーオプションBO業者
icon(green)360秒で決着!上か下かを予想するだけの簡単取引
icon(green)3スムーズでスピーディな金手手続が人気!
icon(green)3スマートフォン対応で約定高速取引を実現!

※キャッシュバックキャンペーンも実施中!