短時間で行うHIGH・LOWの禁止

国内バイナリーオプションで最も人気が高い、「数分後に今よりレートが上がっているか下がっているかを予想する」HIGH・LOWオプションが今回の規制により全面的に禁止と決定しました。

最短5分、10分といった短期間のオプションは禁止され、最短2時間の取引しか利用出来なくなりました。HIGH・LOWタイプのバイナリーオプションは、金融商品ではなくギャンブルの要素が高いということから禁止になったようです。

最低取引時間の延長

60秒で取引するオプションや、5分10分で結果が出る取引などの廃止。取引開始時間から、取引終了時刻までの時間を当面2時間以上と定める。

短時間での取引が禁止され、判定時刻の感覚に規制が設けられました。取引可能時間が最短5分や10分から、規制後「2時間以上」と定められました。
これによって、一日の取引回数は最高でも12回までとなってしまいました。

「総取り」の禁止

満期時間のレートがレンジ外と呼ばれる、親(業者)の総取りを廃止。

今までレンジ外のレート幅には明確なルールが無かったのですが、毎回自動的に設定されるので、「親の総取り」=「業者の総取り」となるゾーンが自動的に設定されていたのです。この総取りのレート幅を設ける事を廃止されました。

■レンジ外って何?
バイナリーオプションは上がるか下がるかシンプルな取引ですが、上がっても下がっても勝てないケースの事を「レンジ外」といい、取引終了時点でレートがレンジ外に入ってしまうと、どちらに予想していても、負けになってしまいバイナリーオプション業者の総取りとなるルールことを意味します。

このレンジ外ルールがあると投資家の投資金を全て業者が持って行ってしまうのです。

このレンジ外は、取引開始価格からある一定の幅が設定されていたのですが、このルールは廃止されます。

レンジ外が廃止

取引開始価格と取引終了価格が同値の場合は規制後も呼び名は「レンジ外」となりますが、その際業者の総取りとはならず全額投資家に払い戻されるようになります。

2WAY方式による価格提示

取引をキャンセルする際にポジションを解消するための価格を提示しておく必要があるため、「売り」と「買い」の価格を両方(2WAY)で提示しておく事。

簡単に説明すると、自分が今買っているのか?どれだけの値動きがあるのか?をひと目で分かるように売りと買いの両方の価格をリアルタイムで表示してもらえるという事です。価格の表示がされる事はいい事ですが、「スリッヘージが発生する可能性がある」と言われています。

■スリッヘージとは
注文を出した際のレートのずれの事です。例えば100.30円で買いたいと思い、 買い注文を入れたとします。しかし、次の瞬間に100.32円にレートが変わってしまい、買値が100.32円になりました。このずれの事をスリッページと呼びます。

リアルタイムで、売りと買いの価格が表示されているので多少のスリッヘージは仕方ないという声が多いようですが。どの程度ズレが出るのか?という声も多いようです。

高ペイアウト倍率設定の禁止

取引開始時点で著しく高いペイアウト倍率となる権利行使価格を設定することを禁止。

高倍率を狙い投資金を増やすことが過剰投資とみなされているために禁止にいたったようです。では倍率が何倍なら良いのか、という声も多く、最大上限倍率を設定するという議論も行われています。国内では高いペイアウト率が期待できなそうです。


-追記-
上記の規制に伴い、今までメリットとされていたものがほとんど廃止となってしまいました。
中でも、最短10分の取引が2時間の取引に伸びてしまったことが一番大きいかと思います。投資家の安全性やギャンブル性を控えるために実施されたことだとは思いますが、これではバイナリーオプションというサービス自体の魅力が半減されてしまってます。

今では国内のバイナリーオプションを利用していたユーザーの多くが海外のバイナリーオプションへと流れていってます。海外のバイナリーオプションでは国内のバイナリーオプションの規制は適用されません。
下記に筆者自身も利用している海外のバイナリーオプション業者を紹介しているので、良かったらご覧になってみてください。



arrowPink安心できるバイナリーオプション会社はコチラ。


バイナリー60
↑バナーからもどうぞ↑