日本で人気の安心できるバイナリーオプションを見つけた。

バイナリーオプションの業者を検証しています。極端に業者側が儲かるように出来ているところや、出金ができないところ、バグの多い業者などなど、色々な業者があります。使いやすくて、安心できて、不正の無い業者をピックアップして紹介していきたいと思います。

バイナリーオプションの業者を検証しています。極端に業者側が儲かるように出来ているところや、出金ができないところ、バグの多い業者などなど、色々な業者があります。使いやすくて、安心できて、不正の無い業者をピックアップして紹介していきたいと思います。

boKaigaiboJP


海外と日本のバイナリーオプションの違いについて
バイナリーオプションには日本の業者海外の業者の2つがあります。

国内では2013年8月に金融先物取引業協会から公的規制が入り、バイナリーオプションに規制が入りました。国内のバイナリーオプション業者は、この規制によって「最短5分、10分」といったオプションは禁止され、最短2時間モノからしか取引出来なくなりました。

ただし、国内のみの規制なので、海外のバイナリーオプションは規制対象外となります。国内で規制がかかってからはどんどん今までの国内のバイナリーオプションユーザーは海外の業者へ流れていきました。今では海外業者が圧倒的人気を誇っています。
海外のバイナリーオプション業者と言っても、日本の規制に伴い国内向けに「日本語サポート対応」したサイトがたくさん出てきました。なので英語出来なくてもかなりの海外業者が選べられます。

国内と海外のバイナリーオプション業者の違いは?

国内と海外のバイナリーオプションの違いには色々な違いがありますが、中でも大きな違いは「2つ」あります。

1つ目は取り扱っている「銘柄の数」です。

銘柄というのは、円ドル、円ユーロ、ユーロドル、とか通貨とペアを組合せたモノのことを言います。バイナリーオプションはこの銘柄同士の相場を予想して投資をするのですが、この銘柄の数が海外のバイナリーオプションの方が圧倒的に多いのです。

国内業者の場合、大体3~6ペアくらいしかないのですが、海外業者のものだと大体20ペア以上あります。多いですね。

取引できる銘柄がたくさんあればあるほど選択肢が増えますし、それぞれ変わった動きをするから自分に合った銘柄も見つけやすいということが海外のバイナリーオプションの特徴であり、魅力でもあります。

次に、2つ目の大きな違いは「取引可能な時間」です。

国内業者は大体朝の8時~翌朝3時くらいまで取引可能となっております。大体世の中のサラリーマンが起きてる時間帯はカバーできてると言えるでしょう。

しかし、海外業者は24時間です。

多くの銘柄を持っているので、基本的には24時間週7日間ほぼ毎日取引を行うことが出来ます。そして、国内業者の最低取引時間は2時間ですが、海外業者ですと、5分、10分と短期での取引が可能です。海外では取引回数に制限が無いので、やろうと思えば一日中バイナリーオプションで取引をすることも出来ます。

海外のバイナリーオプションを使うメリットは?

上記でも記したように、海外のバイナリーオプションには取引できる銘柄が豊富にあります。
4~5種類に限定されている国内のバイナリーオプションとは違って、世界中の様々な銘柄の相場を見ることが出来ます。
通貨以外にも、「金」、「銀」、「オイル」や、あの「Google」や「Microsoft」といった一流企業の銘柄もあったりします。私が利用しているBINARY60(バイナリー60)では、100以上の銘柄を扱っています。取引できるステージをこれだけ用意しておいてくれるのはトレーダーにとって非常にありがたいことです。

最短1分や、2分、5分といった短期での取引ができることも国内のバイナリーオプションでは出来ないことです。
市場の流れやトレンドを予想するのが難しいといった方々にとっては、高い専門的知識をそこまで必要としない短期の取引が向いているでしょう。今まで「難しくて自分には出来ない」と思っていた「投資」をグッと身近に感じることが出来ます。

「24時間取引可能」という部分も海外の投資ならではです。PCやスマホを開けばいつでも取引が可能の状態となっているということです。

海外のバイナリーオプションを使うデメリットとは?


メリットもあればもちろんデメリットもあります。入出金に時間がかかってしまうということが一番のデメリットだと感じます。海外送金は避けて通れない事ですので、国内の入出金のように即日~2,3日以内というわけにはいきません。

クレジットカードを利用することで入金の時間は短縮できます。問題は出金する時です。バイナリーオプション業者へ出金の申請をしてから国内の自分の口座へ振り込まれるまで1週間~2週間程度かかります。海外と日本では金融取り決めのルールが違うため、日数がかかってしまうことは仕方がないのですが、業者側の対応も遅れることがしばしばあるため、1ヶ月、2ヶ月とかかることもあるそうです。

最近は利用者も増えたため、出金する時にトラブルがあったという話もよく聞くようになりました。全く出金に応じない詐欺・悪徳業者も中にはいるようです。
外国のサイトなので、不安かと思います。「日本語サポート」が充実している業者を選ぶようにしましょう。電話問い合わせの受付、ライブチャット、メールでのお問い合わせがあって、常に日本人が対応してくれるところが良いでしょう。
たまにGMT時間(グリニッジ標準時間)でX~X時の間のみの対応というところもあります。日本とは時差があるので注意してください。

上記でも出てきたBINARY60(バイナリー60)というサイトが今のところオススメです。
検証してきた中では一番日本語サポートが充実しています。



→BINARY60(バイナリー60)はコチラ




今海外・国内ともに人気のサイト「Binary60」を利用してみた。
「Binary60」は海外のバイナリーオプションだが、今年に入って日本でもサービスを展開し始めたバイナリーオプションの業者だ。

もともと海外でもかなりのユーザー数で人気だったらしいが、今国内でも利用者が急増中。
ということで、今回「Binary60」の「60セカンズ」に挑戦してみた!

「60セカンズ」とは、その名の通り「60秒」で取引が出来てしまう、”超”短期取引だ。
国内のバイナリーオプションには無い、海外のバイナリーオプションの代名詞とも言えるサービスだ。


早速始めてみよう。
こちらが「Binary60」のトップページだ。

アイコンもわかりやすくて見やすい。パソコンからももちろん見やすいけど、今回はスマホからでも簡単に出来るというのがこのサイトのウリらしいので、スマホからの操作画面を紹介しよう。

ということで「60秒」の取引を始めるので、「60秒」のアイコンをクリック。
「60秒」以外にも、2分、5分っていうのもあるけど、今回は「60秒」で。

私が選んだのは「USD/JPY(ドル・円)」です。
これが60秒後に「高い」か「低い」かを予想します。

「高」「低」のボタンがあるので、どちらかを予想してクリック。

取引金額の欄に購入金額を入力します。
とりあえず¥1,000でやってみましょうか。
さぁ、始まりました。

順調な滑り出しです!
チャートの画面も非常に見やすいですね。

予想通りの方向に進んでいれば画面が緑に、逆に予想と逆へ行っていると画面が赤くなります。

ひと目で分かるのでとても分り易いですね。
いいですね!

これでこのまま「高」のままと終了すれば、¥1,000が¥1,750になるというわけです。

どうです?

簡単でしょう?

取引銘柄や取引方法に応じて倍率も変わってきます。

60秒はあっという間なので、電車の中や、空いた時間などについついやってしまいます。

面白いです。

・・・それでは続きはご自身で試しみてみましょう!



→スマホで出来るBINARY60(バイナリー60)はコチラ




バイナリーオプションとは

設定された条件をクリアするか、それともクリアしないかを二者択一で予想する金融商品のことです。
価格が上がるか下がるかを予想するだけですので、初めて投資にチャレンジする方でも簡単にご利用いただけるでしょう。

nikkei

例えば、為替でバイナリーオプションを利用する場合、設定された条件がドル円で、105円50銭だったとしたら、その日の終値が105円50銭より高いか安いかを予想するだけです。


ちなみに、バイナリーオプションはFX(為替)だけでなく、日経225株価指数や金相場など幅広い投資でご利用いただけます。ただし、証券会社によってはバイナリーオプションが利用できない取引もありますので、口座を開設する前には確認しておきましょう。


また、バイナリーオプションで利益を上げるためには、リスク管理をしっかり行なっていなければなりません。
バイナリーオプションはFXや株などの投資と比べてリスクが少ないというメリットはありますが、リスク管理をしなければ大切なお金を失ってしまいますので、ご注意ください。



→今日本で一番安心出来るバイナリーオプションはココ




↑このページのトップヘ