みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

お店前の鉢植えラベンダーの刈り込みと整理そして文月ビアパーティー 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.07.27 Agendus Informant DayliteTouch for iPhone21.3 / 27.0
○ 履歴 : 2010「2010.07.27 ライブドア そんなのあり?
23.0 / 30.4
○ 履歴 : 2011「2011.07.27 ラベンダーおかむらさきのドライフラワー 2011
22.8 / 28.5 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.07.27 簡易自然扇風機の風を楽しみながらフィトテラピーセミナー
23.4 / 29.5 24時
○ 履歴 : 2013「2013.07.27 雨が降り続き植物たちは大きく成長 2013
22.0 / 29.6
○ 履歴 : 2014「2014.07.27 熱帯夜に次ぐ暑さから風が強く天気が二転三転し涼しくなった秋田市 2014
21.4 / 27.9
○ 履歴 : 2015「2015.07.27 青空が広がり30度を超す中今日もラベンダー畑の草刈り 2015
21.9 / 31.7
○ 履歴 : 2016「2016.07.27 梅雨明け前に今季初めてのかき氷 2016
23.5 / 26.5
○ 気温 : 昨日の最低 16.0(05:01)最高 28.7(13:14)24時
○ 気温 : 今日の最低 20.0(04:37)最高 30.4(15:47)24時

201707272400TemperatureAizu

上の画像は、2017.07.27(木)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜のはじめ頃には 24度台を示していた気温でしたが、少しずつ下がり始め、夜遅くの 24時には 20度台を示していました。そして、今日未明から明け方にかけても、20度台が続いていました。

昨日は、少し肌寒い 16度台まで下がっていましたが、今日の最低気温は、04:37 に記録した 20.0度でした。

朝には、青空が広がっており、07時には 22度台だった気温も、09時には 26.8度まで上がっていました。下の写真、左は、まだ 20度台だった朝 06:09 頃の様子です。

昼前になると、少しずつ雲が広がり始め、いつの間にか、お日さまは、その雲に隠れる事が多くなっていましたが、27度台から 28度台、そして、12時には 29.1度を示していました。下の写真、中央の左は、空が雲で覆われていた昼前 11:21 頃の様子です。

昼過ぎなっても、昼前と同じような空模様が続いていましたが、それでも、再び青空が広がり始めた 14時には 30.2度を記録し、15:47 には、今日の最高気温 30.4度を記録していました。

下の写真、中央の右は、30度台を記録していた昼過ぎ 14:06 頃の様子です。

夕方には、一時雲が広がってはいたものの、その雲も時間の経過とともに薄くなり、いつの間にか再びきれいな青空が広がっていました。そのため、29度台から 28度台の厳しい暑さが続いていました。

夜のはじめ頃には、きれいな青空のもと、三日月さまが西の空に輝いていました。下の写真、右は、夜のはじめ頃の 19:35 頃の様子です。

それまで続いていた厳しい暑さも、夜のはじめ頃には、27度台から 26度台、そして、26度台から 25度台と推移し、夜遅くの 24時には 23度台を示していました(24時 23.9度 66%)。

20170727外の様子朝 20170727外の様子昼前 20170727外の様子昼過ぎ 20170727外の様子夜のはじめ頃

昨夜は、向かいの歩道に L型側溝整備のための歩道の工事が始まっていました。下の写真、左は、お店前の道路と歩道の様子ですが、お店前の L型側溝の上部が、沈み込んだように波打っているのがわかります。

この L型側溝もきちんと揃えて整備してほしかったのですが、今回の工事には、その部分は入っていないとの事でした。

沈み込んだ L型側溝に沿った形で、仮のアスファルト舗装ですが、工事が行われていました。仕上げの段階では、歩道のおうとつに関係なく、道路そのものを平にしてもらいたいと思います。

今日の新聞には、先日の大雨によって氾濫した雄物川の状況を伝える記事が載っていました(
2017.07.27 秋田魁新報)。

雄物川流域の堤防と、浸水の範囲が載っており、先日報道や放送されていた神宮寺地区から峰吉川地区だけでなく、協和地区から雄和地区にかけて広範囲に渡った浸水の状況が示されていました。

その浸水範囲は、雄物川流域の堤防未着工の場所に多く見うけられました。下の写真、中央が、その「
雄物川流域の堤防と浸水範囲」を伝える記事です。

また、大雨による影響で、大仙市の峰吉川駅近くの線路下の土砂流出の影響で、「
こまち区間運休 復旧めど立たず(秋田 - 大曲)」とまでいわれていた復旧作業にメドが立ったようで、「29日こまち運行再開(秋田 - 大曲、復旧の見通し)」の記事も載っていました。

下の写真、右が、その再開を伝える記事の内容です。

20170727お店前の歩道と道路の様子 20170727さきがけ新報雄物川流域の堤防と浸水範囲 20170727さきがけ新報こまち29日運行再開

今日は、朝からお店前にある鉢植えラベンダーと苗の刈り込み作業を行いました。ずっとこの作業を行わなくてはと、思っていたのですが、なかなか時間が取れませんでした。

商品ではありますが、開花してからかなりの時間が経ち、花が傷んで来ました。花だけならよいのですが、株にも相当負担がかかっていたようです。

そして、新芽が、その下から姿を現して来ました。早めに刈り込むのが一番なのですが、何だかんだで今日になってしまいました。

下の写真は、その鉢植えラベンダーと苗の様子です(09:08頃)。

20170727鉢植えラベンダーの刈り込み前1 20170727鉢植えラベンダーの刈り込み前2 20170727鉢植えラベンダーの刈り込み前3

株や苗は、木質化し始めた枝の真上あたりを目安にして、思いっきり短く刈り込みます。下の写真は、きれいになった鉢植えのラベンダーと苗の様子です。

それまでコンモリと繁っていた枝がなくなり、スッキリしたというか、貧弱な鉢植えや苗になってしまいましたが、これから、再び新しい芽に覆われて来ます。

20170727鉢植えラベンダーの刈り込み後1 20170727鉢植えラベンダーの刈り込み後2 20170727鉢植えラベンダーの刈り込み後3

ようやく全ての鉢植えラベンダーと苗の刈り込みが終わりました。それを、また山へ持ち帰って管理します。下の写真、左は、その鉢植えと苗を軽トラの荷台へ積み込んだときの様子です(11:21頃)。

随分時間がかかってしまいましたが、草取りやら、ハーブ苗の入れ替えなど、今まで出来なかった作業を全て行う事ができ、お店前はリフレッシュしました。

下の写真、中央と右は、今日のお昼ご飯です。今日は、ざる中華でした。

20170727刈り込んだ鉢植えラベンダーの移動前 20170727お昼ご飯ざる中華1 20170727お昼ご飯ざる中華2

お昼ご飯を食べた後も、作業が続きました。今まであった鉢植えのラベンダーを、ローズマリーの鉢植えへ置き換え、整理したハーブ苗を棚に並べました。

下の写真、左と中央は、その時の様子です(13:56頃)。

作業が終わり、山へ向かいました。少し前には、雲が多くなっていましたが、再び青空が広がって来ました。下の写真、右は、山へ向かう途中の田んぼと空の様子です(14:13頃)。

20170727お店の前鉢植えラベンダーからローズマリーへ 20170727ハーブ苗の整理と再陳列 20170727山へ向かう途中の様子田んぼと青空

下の写真、左は、お店から持ち帰ったラベンダーの鉢植えです。それとは引き替えに、追加のローズマリーの鉢植えを積み込みました。

下の写真、右は、今日の野菜畑の様子です(14:35頃)。

20170727刈り込んだ鉢植えラベンダーの移動後 20170727鉢植えローズマリーの移動 20170727野菜畑の様子

今日は、夕方から用事があり、短い時間ではありましたが、草刈りを始めました。下の写真、左は、ミョウガの周辺にはびこっていた草を刈り取った後の様子です(15:03頃)。

中央は、昨日、周辺と畑内の一部の草刈りを終えたラベンダー畑とカボチャ畑の様子です(15:05頃)。右は、今日の草刈りを終え、スッキリしたラベンダーおかむらさきの列の様子です(15:56頃)。

20170727ミョウガの周りを草刈り 20170727ラベンダー畑とカボチャ畑の様子 20170727草刈り後のラベンダー畑の様子1

写真が前後しますが、下の写真は、今日の草刈りを行う前のラベンダー畑の様子です(15:05頃)。

20170727草刈り前のラベンダー畑の様子1

下の写真も、草刈りを行う前のラベンダー畑の様子です。こちらは、正面から撮った風景です。こちらから撮ると、ラベンダーの列が草で覆われ始めているのがよくわかります。

20170727草刈り前のラベンダー畑の様子2

写真が前後しましたが、下の写真は、短い時間でしたが、草刈りを終えたラベンダー畑の様子です。上の写真と同じ場所から撮したのですが、草刈りの済んだところが、きれいになっているのがわかります(15:56頃)。

この少し前の 15:47 には、今日の最高気温 30.4度を記録していましたから、一番暑いときに草刈りをしていた事になりますが、それほど暑さを感じる事はありませんでした。

20170727草刈り後のラベンダー畑の様子2

下の写真、左は、山からの帰り道の様子です(16:16頃)。西の空ですが、雲が厚くなっていました。

今日は、夕方からいつもお世話になっている施設で行われる「文月ビアパーティー」へ出席してきました。

毎月一回ですが、介護施設におじゃまさせていただき、施設に入居されている方々や、施設の職員の方々にリフレクソロジーを楽しんで頂いています。

今日は、年に数回行われるビッグイベントの一つ「文月ビアパーティー」で、入居されている方々が大きなホールに集まり、職員の方々が手作りしたお料理を、皆さん方と一緒に食べて楽しんでいただく会でした。

施設関係者の来賓の方々には、お酒が振る舞われました。ひまわりは車の運転手。ノンアルコールのビールで、喉の潤いを癒しました。

20170727山からの帰り道の様子田んぼと曇り空 20170727文月のビアパーティー1 20170727文月のビアパーティー2

上の写真、中央と右、そして、下の写真が、その「文月ビアパーティー」の様子です。屋台風の出店には、いろいろな飲み物が用意されていました。

手作り焼きそばやホタテ貝、サザエの丸焼きは定番でした。おにぎりやデザートまでありました。

20170727文月のビアパーティー3 20170727文月のビアパーティー4 20170727文月のビアパーティー5

下の写真、左は、残り少なくなった飲み物です。大きな容器に氷水を張り、その中で冷やすという方法で、冷たい飲み物が楽しめました。

中央は、夏らしい飾りつけのホール内の様子です。秋田は、先日大雨の影響で、特に、雄物川流域を中心に、甚大な被害を受けましたが、まだ梅雨が明けていませんでした。

それでも、下の写真、右のように、素晴らしい夕焼け空を望む事ができました(18:59頃)。この風景、よくご覧いただくとわかるのですが、日本海が見えています。そして、三日月さまも写っていました。

ここは、秋田市の浜田という地区の高台に位置し、素晴らしい風景を楽しむ事ができます。そして、近くには桂浜海水浴場がありました。

あまり外へ出る機会のないひまわりにとっても、リフレッシュして帰る事ができました。

20170727文月のビアパーティー6 20170727文月のビアパーティー7 20170727日本海と三日月さま

明日の秋田の最低気温は 23度、最高気温は 28度、そして、天気は「曇り時々雨」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.07.27 17:00発表)。

収穫後初めてとなるラベンダー畑の草刈り 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.07.26 最新記事の一覧表示 RelatedArticles23.9 / 26.1
○ 履歴 : 2010「2010.07.26 土用の丑の日 2010
22.9 / 28.5
○ 履歴 : 2011「2011.07.26 飛行機トラックそしてリヤカーで配達完了
21.3 / 30.4 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.07.26 梅雨明けしたとは思えない天気の中スモモ収穫 2012
23.0 / 26.5 22時現在
○ 履歴 : 2013「2013.07.26 22日ぶりの真夏日に畑の草刈りとハーブの鉢植え 2013
21.9 / 31.5 23時現在
○ 履歴 : 2014「2014.07.26 今季最高気温33.6度を記録した秋田市 2014
22.1 / 33.6 24時
○ 履歴 : 2015「2015.07.26 梅雨の晴れ間にラベンダー畑の草刈り 2015
23.1 / 29.8
○ 履歴 : 2016「2016.07.26 梅雨明け前なのに四日連続の真夏日を記録した秋田市 2016
23.0 / 31.1
○ 気温 : 昨日の最低 18.4(24:00)最高 25.8(17:01)24時
○ 気温 : 今日の最低 16.0(05:01)最高 28.7(13:14)24時

201707262400TemperatureAizu

上の画像は、2017.07.26(水)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、23度台から少しずつ下がり始め、24時には昨日の最低気温 18.4度を記録していましたが、今日未明には、17度台から 16度台とさらに気温が下がっていました。

明け方には、16度台から 17度台と少しずつ上昇してはいましたが、05:01 には、今日の最低気温となる 16.0度を記録していました。

今月は 18度台(2017.07.09 と 2017.07.25 の 18.4度)が最低気温として一番低かったのですが、半袖では肌寒いくらいの 16度台を記録していました。

朝には、多少雲が浮かんではいましたが、素晴らしい青空に恵まれ、07時には 20度台を示していた気温も、09時には 25.0度まで上がっていました。

下の写真、左は、青空が広がっていても肌寒かった朝 06:05 頃の様子です(06時 17.1度)。

昼前には、少し雲がかかってきましたが、相変わらず青空が広がり、気温の方も 26度台から 27度台を示していました。下の写真、中央の左は、昼前 11:23 頃の様子です。

昼過ぎになると、さらに雲が広がり始め、一時は、青空よりも白い雲の方が多い事もありました。それでも、13:14 には、今日の最高気温 28.7度を記録していました。

下の写真、中央の右は、昼過ぎ 13:16 頃の様子です。白い雲が空にかかっていました。

夕方になっても、雲は多かったのですが、お日さまがそれほど長く雲に隠れる事もなく、気温は 27度台から 26度台、26度台から 25度台と推移していました。

一時、雲の方が多かった空でしたが、夜のはじめ頃になると、その雲がとれ始め、きれいな夜空には、三日月さまが西の空に浮かんでいるのが見えました。

下の写真、右は、三日月さまが西の空に隠れ始めていた夜のはじめ頃 19:44 頃の様子です。

日中は、晴れ間が広がり、28度台まで上がった気温も、夜のはじめ頃には 24度台から 22度台を示し、夜遅くの 24時には 20度台を示していました(24時 20.9度 85%)。

20170726外の様子朝 20170726外の様子昼前 20170726外の様子夕方 20170726外の様子夜のはじめ頃

今日は、朝から昼過ぎまでアロマのセミナーがありました。下の写真、左と中央は、そのときに学んでいただいた内容の一部です。

20170726アロマのセミナー1 20170726アロマのセミナー2 20170726デザートカステラ

上の写真、右と、下の写真は、今日のお昼ご飯の具だくさん冷やし中華、そして、デザートのカステラでした。

今日、長年愛用している「
GALAXY Note Edge」のアップデートがあり、それがお昼にかかってしまったため、下の写真は、iPhone で撮りました。

アップデート後のバージョンは、Android 6.0.1、Android セキュリティパッチレベルが、2017.07.01、ビルド番号 MMB29M.SCL24KDU1CQG2 とありました。アップデート開始日は、今日 2017.07.26 となっていましたので、このアップデートで、最新のバージョンとなった事になりますね。

アップデートの内容は、セキュリティ機能の改善だったようです。

20170726お昼ご飯

今日も、昼過ぎに山へ向かいました。白い雲が多くなってきましたが、お日さまがそれほど隠れる事もなく、光が届いていました。

それでも、何だか、夏から秋へと季節が変化するときのような、そんな雰囲気の風景が広がっていました。下の写真、左は、山へ向かう途中から望んだ田んぼと山手台の様子です(15:05頃)。

下の写真、中央は、野菜畑の様子です。雑草がきれいに取り除かれ、とてもスッキリしました。ピーマンとサヤインゲンの苗がそれぞれ一株、そして、オクラが二株、弱って枯れてしまいましたが、その他の苗はとても元気に育っていました。

今日は、サヤインゲンが多く、下の写真、右のように収穫することができました。

20170726山へ向かう途中の様子田んぼと山手台 20170726野菜の畑 20170726野菜の収穫

今日は、会津から戻り一番ビックリしていた雑草の草刈りを始めました。まずは、ラベンダー畑からです。

下の写真は、草刈りを始める前のラベンダー畑と、大きく育ってきたカボチャ畑の様子です(16:19頃)。

20170726草刈り前のラベンダー畑の様子1 20170726草刈り前のラベンダー畑とカボチャ畑 20170726草刈り前のラベンダー畑の様子2

下の写真は、上の写真とほぼ同じ場所から望んだ草刈り後のラベンダー畑と、カボチャ畑の様子です(18:58頃)。

20170726草刈り後のラベンダー畑の様子1 20170726草刈り後のラベンダー畑とカボチャ畑 20170726草刈り後のラベンダー畑の様子2

下の写真は、草刈り前のラベンダー畑全体の様子です(16:19頃)。ラベンダーは、このような草に敏感で、この季節に一番ダメージを受けるようです。

20170726草刈り前のラベンダー畑の様子3

下の写真は、草刈り後のラベンダー畑の様子ですが、畑の周囲だけで時間が過ぎてしまい、うねやうね間の草刈りは、なかなか進みませんでした(18:59頃)。

20170726草刈り後のラベンダー畑の様子3

下の写真は、ラベンダー畑中央から望んだ様子ですが、ご覧の通り、雑草に埋もれてきていました。

20170726草刈り前のラベンダー畑の様子4

うねやうね間の雑草全てを刈り取る事はできませんでしたが、周囲がきれいになったことで、畑全体がきれいにみえるから不思議です。

20170726草刈り後のラベンダー畑の様子4

下の写真は、ラベンダー畑の周囲にはびこっている雑草を刈り取る前の様子です(16:22頃、16:20頃、16:44頃)。

20170726草刈り前のラベンダー畑の様子5 20170726草刈り前のラベンダー畑の様子6 20170726草刈り前のラベンダー畑の様子7

下の写真は、上の場所とほぼ同じ場所から撮した草刈り後の様子です(19:02頃)。

20170726草刈り後のラベンダー畑の様子5 20170726草刈り後のラベンダー畑の様子6 20170726草刈り後のラベンダー畑の様子7

下の写真は、一番奥から望んだ草刈り前のラベンダー畑の様子です(16:20頃)。ラベンダーナナ成沢の大株が傷んでいるのが目立ちます。

20170726草刈り前のラベンダー畑の様子8

下の写真は、草刈り後のラベンダー畑の様子です(19:01頃)。一部、草にラベンダーの株が隠れ始めていた場所を中心に、草刈りを進めたため、草刈りが済んだように見えていますが、まだ雑草が相当畑内にあります。

20170726草刈り後のラベンダー畑の様子8

時間があれば、ラベンダー畑の草刈りを全て終えたかったのですが、なかなかそうはいきませんでした。下の写真、左は、いつの間にか大きく育っていた栗のイガです(17:11頃)。

下の写真、中央は、曇りがちだった空に、再び青空が戻り、夕焼け空の広がっていた様子です(19:04頃)。ラベンダー畑と一緒に撮しました。

右は、山からの帰り道の様子です(19:25頃)。真っ青な空の広がる中、三日月さまの姿も望む事ができました。

20170726大きくなっていた栗のイガ 20170726ラベンダー畑と夕焼け空 20170726山からの帰り道の様子三日月さま

下の写真は、今日の晩ご飯です。キュウリがっこは、昨日収穫してきたキュウリを使っています。丸かじりですね。

そして、新タマネギのスープ、それに、バカルディ モヒートです。

20170726晩ご飯キュウリ 20170726晩ご飯タマネギのスープ 20170726お酒バカルディ モヒート

下の写真も、今日の晩ご飯です。同じように、昨日収穫してきたトマトとナスを使ったサラダと焼きナス、鮭の焼き魚ダイコンおろし添え、そして、キャベツのオムレツ風お好み焼きでした。

20170726晩ご飯

下の写真、左は、クルミです。こういうものって、食が進みますねぇ。

夜のはじめ頃から、道路を挟んだ向かい側の歩道で、工事が始まっていました。何でも、予算が追加され、この場所の L型側溝も取り除かれ、新しいものに置き換える工事を始めるのだそうです。

当初の計画では、七月下旬(もうその七月下旬に入りっています)でしたが、お盆前には何とかしたいという事でした。ご苦労様です。

20170726デザートクルミ 20170726歩道の工事1 20170726歩道の工事2

明日の秋田の最低気温は 19度、最高気温は 32度、そして、天気は「晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.07.26 17:00発表)。

大雨による影響が最小限でおさまった山から野菜の収穫 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.07.25 カテゴリ別月別記事一覧表示の仕組み22.8 / 28.2
○ 履歴 : 2010「2010.07.25 ラベンダーおかむらさきのドライフラワー
23.7 / 26.8
○ 履歴 : 2011「2011.07.25 目を楽しませてくれるハーブの花とコウゾの実
21.6 / 28.2 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.07.25 今日は一日梅雨らしい天気でした 2012
22.5 / 25.3
○ 履歴 : 2013「2013.07.25 ラベンダー収穫後初めての畑の草刈り 2013
20.9 / 28.7
○ 履歴 : 2014「2014.07.25 夏休み子ども科学電話相談で学んだ雌雄異花と雌雄異株 2014
21.9 / 28.8
○ 履歴 : 2015「2015.07.25 大雨により全域に避難準備情報が発令された秋田市 2015
23.0 / 25.1
○ 履歴 : 2016「2016.07.25 梅雨まだ明けぬも真夏日続く中野菜の大収穫 2016
20.2 / 32.2
○ 気温 : 昨日の最低 22.3(05:02)最高 27.2(13:35)24時
○ 気温 : 今日の最低 18.4(24:00)最高 25.8(17:01)24時

201707252400TemperatureAizu

上の画像は、2017.07.25(火)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、24度台が続いていましたが、徐々に気温が下がり出し、24時には 22度台まで下がっていました。

今日未明には、22度台から 21度台、そして、明け方には 21度台が続いていましたが、朝になると 20度台まで下がり、06:46 には、午前中の最低気温 20.3度を記録していました。

朝は、ドンヨリとした曇り空でしたが、涼しく、09時でも 21度台を示していました。下の写真は、朝 06:05 頃の様子です。

ただ、昼前になっても相変わらず雨の降り出しそうな曇り空で、湿気が多かったのですが、気温の方は 21度台から 24台の間で変動していました。下の写真、中央の左は、昼前 10:18 頃の様子です。

昼過ぎになっても、梅雨空が続いていました。気温の方も 24度台から 25度台で変動していましたが、夕方になると、西の空に少しずつ雲の切れ間が見え始め、青空とお日さまの姿が久しぶりに戻ってきました。

そのためか、今日の最高気温は、夕方の 17:01 に記録した 25.8度でした。下の写真、中央の右は、ちょうど今日の最高気温を記録し、青空の広がっていた 17:01 頃(17:01.46)の様子です。

夜のはじめ頃には、西の空に夕焼け空が広がり、午前中から昼過ぎの天気とは随分違い、大雨の後の晴れ間をようやく望む事ができました。

下の写真、右は、夕焼け空が広がっていた 19:01 頃の様子です。

夕方は 25度台から 24度台の気温でしたが、夜のはじめ頃から 23度台から 22度台、22度台から 21度台と下がり始め、夜遅くには 20度を下まわる気温となり、24時には今日の最低気温 18.4度を記録していました(24時 18.4度 80%)。

20170725外の様子朝 20170725外の様子昼前 20170725外の様子夕方 20170725外の様子夜のはじめ頃

下の写真、左と中央は、大きく、そして、色づいて来たブルーベリーの実、そして、すでに花が傷んだラベンダーの鉢植えの様子です。

下の写真、右は、昨日に引き続き、大雨により被害を受けた秋田県内の様子、特に「大曲の花火」で有名な大仙市を中心に伝える新聞紙面です(
2017.07.25 秋田魁新報)。

昨日も、追加情報でその様子をお伝えしましたが、鉄道関連の情報を再び、お伝えしたいと思います。

2017.07.24(昨日)の秋田大曲間は、バスによる代行輸送が行われ

● こまち 月内(七月)再開目指す
○ 2017.07.25(今日)から復旧工事完了まで
・臨時快速列車 こまちリレー号を運行
→ 秋田 - 大曲間では、「こまちリレー号」を走らせ、在来線の運転も再開させる
→ 大曲 - 東京(一部は仙台)間では「こまち」を一日七往復運行
2017.07.25 秋田魁新報より

20170725ブルーベリーの実 20170725お店前の鉢植えラベンダー 20170725朝刊浸水被害

下の写真は、今日のお昼ご飯のカレーうどんです。

20170725お昼ご飯

カレーうどんに使った麺は、幅広のきしめんでした。服に飛び散らぬよう注意深く食べましたが、やはり・・・・

昨日、山へ行き、状況を把握して来る予定でしたが、それが、今日になってしまいました。

下の写真、左は、山へ向かう途中の田んぼの様子です(14:29頃)。この頃でも、ご覧のような空模様でしたが、稲の苗はグーンと育っていました。

そして、右のように、アジサイが輝きを増していました(14:40頃)。

20170725お昼ご飯カレーうどん 20170725山へ向かう途中の様子田んぼ 20170725山の入り口の様子アジサイ

二日前に、山のお隣のおばさんへ連絡し、付近の状況を確認していましたが、その跡が、田んぼのうねや堰に残っていました。下の写真、左が、その様子です。

一時は、道路や田んぼが冠水し、海のようになっていたとの事でしたが、二日が経過し、泥以外は、いつもと変わることはありませんでした。

ただ、少しの間に、草丈がかなり伸びていました。入口の状況を把握したところで、ますは野菜畑へ向かいました。

とても心配していたのですが、下の写真、中央と右のように、まったく被害を受ける事はありませんでした。

20170725冠水のあった田んぼ 20170725無事だった野菜畑の様子 20170725野菜畑キュウリ

そして、その野菜畑から収穫したのが、下の写真です。ナスは二種類、そして、キュウリ、それに、サヤインゲンです。写ってはいませんが、トマトも少々収穫しました(15:08頃)。

20170725収穫したナス 20170725収穫したキュウリ 20170725収穫したサヤインゲン

下の写真、左は、大雨の雨水が軽トラのシートにまだ残っていた様子です。おそるおそるラベンダー畑へ近づいて見ると・・・・

最初に目に飛び込んできたのは、もの凄い勢いで伸びていたカボチャでした。下の写真、中央が、その様子です。

ラベンダー畑は・・・・

20170725軽トラのシートに溜まった雨水 20170725カボチャ畑 20170725ラベンダーの畑

上の写真、右と、下の写真のような状態となっていました。草丈がもの凄く伸びて、草だらけになっていた以外は、畑に変化はありませんでした。

それでも、集中豪雨に見舞われた痕跡が、一部に見られました。その様子が、下の写真、左と中央です。うね間の土が、少し畑外へ流れていましたが、この程度で済んで何よりでした。

ただ、畑内には、草がわがもの顔にはびこり、ラベンダーナナ成沢の株の一部が、相当傷んでいる様子でした。下の写真、右が、その様子です(15:24頃)。

20170725少し土が流れ出たラベンダー畑の様子1 20170725少し土が流れ出たラベンダー畑の様子2 20170725株の傷んだラベンダーナナ成沢の列

下の写真は、畑全体を望んだ様子です。一番手前、左側のうね間から、少し土が雨水と一緒に流出したようです。

20170725無事だったラベンダー畑の様子1

下の写真も、ラベンダー畑全体の様子ですが、一番奥から撮した様子です(15:24頃)。一番手前の列から数えて三列目のラベンダーナナ成沢の株が、一部傷んでいるのがわかります。

20170725無事だったラベンダー畑の様子2

傷んでいたのは、ラベンダーだけではなく、収穫を前に、雨が続いたことで実割れしてしまったスモモがありました。下の写真、左が、その様子です。

楽しみにしていたのですが、残念です。

池の周囲に、トンボが集まってきますが、今日は、水色のトンボがやってきました。下の写真、中央が、そのトンボの様子です(15:43頃)。

羽も真っ黒なトンボも飛んでいました。下の写真、右は、山からの帰り道の様子です。西の空が、少し明るくなり始めていました(15:50頃)。

20170725収穫を逸してしまったスモモ 20170725トンボ 20170725山からの帰り道の様子田んぼ

一昨日、会津から秋田へ向かっている最中というか、磐越道を会津若松へ向かっていたとき、エアコンが突然きかなくなってしまいました。

もうすぐ五年を迎えますが、シーズン中に、数回ほど使いますが、ほとんどエアコンは使いません。今回は、湿気が多く、高速道路だった事もあり、エアコンをつけていたのですが、それが、温風ヒーターのようになってしまいました。

マツダのプレマシーは、冷たい風でも、室温を 18度以下にすることができず、温めて室内に取り入れるような設計がされていました。

外は 18度以上あるのでしょうが、風は冷たいです。その風をわざわざ温めて送風してくるため、こういう状況では、つけないほうがましでした。

直接、外の風をそのまま取り込む事ができたら、今回のように、エアコンが壊れても、もう少し快適だったのでしょうが、しかたありません。

今日は、山から帰って来てから、近くのガソリンスタンドで、点検してもらいました。おそらくエアコンのガスが抜けているのでは、ということで、その交換を行っているのが、下の写真、左です(16:43頃)。

結局、ガスを充填しても、エアコンがなおることはありませんでした。どうも、コンプレッサーが働いていないようです。これは、大がかりな修理になりそうですね・・・・

下の写真、中央は、今日、山から収穫してきた野菜です。右は、車を引き取りにガソリンスタンドへ向かっていたときの北西の空の様子です(18:18頃)。

ウロコのような細かい雲が、東の方角を中心に、扇状に広がり、その間を青空が埋め尽くす空模様でした。

20170725エアコンのガス交換 20170725収穫して来た野菜 20170725北西の空

下の写真は、今日の晩ご飯です。今日は、土用丑の日でしたが、わが家も、うなぎにあやかり、うな丼を食べました。

20170725晩ご飯

下の写真も、今日の晩ご飯です。キュウリの酢のもの、焼きナス、そして、乾燥ダイコンとヒジキの煮つけ、そして、ナスがっこにタマネギのスープでした。

20170725晩ご飯乾燥ダイコンとヒジキの煮つけ 20170725晩ご飯タマネギのスープ 20170725晩ご飯ナスがっこ

明日の秋田の最低気温は 20度、最高気温は 29度、そして、天気は「晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.07.26 05:00発表)。

秋田を襲った記録的な大雨と雄物川氾濫の影響 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.07.24 こども科学電話相談面白いなぁ22.2 / 28.0
○ 履歴 : 2010「2010.07.24 PC-LL5504Dのキーボード
25.4 / 29.1
○ 履歴 : 2011「2011.07.24 もうコスモスの花が 2011
21.6 / 28.2 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.07.24 抗炎症作用と電子座標系グラフ上の芳香成分類との関係
20.4 / 26.7
○ 履歴 : 2013「2013.07.24 鉢植えラベンダーの置き場所整理
21.7 / 26.2
○ 履歴 : 2014「2014.07.24 大暑の頃暑中お見舞い申し上げます 2014
21.2 / 28.4
○ 履歴 : 2015「2015.07.24 二日続けて梅雨空のうっとうしい天気 2015
23.3 / 25.0
○ 履歴 : 2016「2016.07.24 快晴の中草刈り途中蜂に刺される 2016
19.7 / 30.7
○ 気温 : 昨日の最低 23.0(06:17)最高 27.5(09:15)24時 会津
○ 気温 : 昨日の最低 20.3(06:16)最高 25.9(16:04)24時 秋田
○ 気温 : 今日の最低 22.3(05:02)最高 27.2(13:35)24時

201707242400TemperatureAizu

上の画像は、2017.07.24(月)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、会津から戻りましたが、秋田は、24度台から 23度台、そして、24時には 22度台となっていました。

今日未明から明け方にかけても 22度台が続き、05:02 には、今日の最低気温 22.3度を記録していました。

雨は降っていませんでしたが、ドンヨリとした曇り空の朝に、一時、小雨が舞う事もありました。それでも、雲の切れ間から青空が見え隠れし、その隙間からお日さまが姿を現すようになり、23度台だった気温は、09時には 25.2度を示していました。

昼前になっても、相変わらず雲は多かったのですが、お日さまが時々姿を現していました。それでも、気温は 26度台までしか上がらず、12時には 25度台まで下がっていました。

昼過ぎになると、少しだけ広がっていた青空は姿を消し、再びドンヨリとした雲が空を覆う様になっていました。下の写真、左と、中央の左は、昼過ぎ 13:30 頃、そして、15:48 頃の様子です。

雨が降り出しそうな空模様だったにもかかわらず、気温の方は、26度台から 25度台を示し、13:35 には、今日の最高気温 27.2度を記録していました。

そして、夕方になると、一時雨が降り出し、26度台だった気温が 24度台まで下がっていましたが、湿度が急に高くなり、むしろ蒸し暑く感じました。

それでも、雨は長続きする事なく、その後は、少しずつ西の空が明るくなっていました。下の写真、右は、雨もあがり、西の空が明るくなり出していた夕方 18:34 頃の様子です。

夜のはじめ頃にかけても 24度台が続いていましたが、湿度が低くなると、とても冷たい風が窓から入って来て、夕方とは全く対照的でした。

夜遅くには 23度台となり、24時には 22度台まで下がっていました(24時 22.7度 83%)。

20170724外の様子昼過ぎ1 20170724外の様子昼過ぎ2 20170724外の様子夕方1 20170724外の様子夕方2

一昨日から昨日の朝まで降り続いた雨は、記録的な降水量を記録し、秋田県内各地では、避難指示や勧告が四万世帯を超え、浸水や土砂災害をもたらしていました。

下の写真、左と中央は、その様子を伝える新聞紙面です(
2017.07.24 秋田魁新報)。

特に、秋田県の南部から、大曲の花火で有名な大仙市、そして、秋田市内まで流れる雄物川の氾濫により、広範囲な浸水や土砂災害が発生していました。

雄物川氾濫 記録的大雨」というタイトルでしたが、大仙市の神宮寺地区と峰吉川地区の雄物川が氾濫し、その間に位置する刈和野地区でも川の水があふれたという事でした。

この辺りは、大仙市と秋田市を結ぶ国道 13号線、秋田新幹線が走っていましたが、13号線は、昨夜、通行規制が解除されたようですが、新聞記事では「
こまち区間運休 復旧めど立たず(秋田 - 大曲)」と、秋田新幹線こまちの「秋田盛岡間」では、終日運休となっていました。

秋田新幹線では、氾濫もあったのかも知れませんが、大雨の影響で、大仙市の峰吉川駅近くの線路下の土砂が流出している写真と記事が載っていました。

・・・・・・ 以下、2017.07.25 07時現在の情報です ・・・・・・

2017.07.24(今日)の秋田大曲間は、バスによる代行輸送が行われ

● こまち 月内(七月)再開目指す
○ 2017.07.25から復旧工事完了まで
・臨時快速列車 こまちリレー号を運行
→ 秋田 - 大曲間では、「こまちリレー号」を走らせ、在来線の運転も再開させる
→ 大曲 - 東京(一部は仙台)間では「こまち」を一日七往復運行
2017.07.25 秋田魁新報より

・・・・・・ 以上、2017.07.25 07時現在の情報でした ・・・・・・

新聞では、お店からほど近い場所「広面(ひろおもて)地区」でも、近くの太平川の氾濫で浸水した様子が報道されていました。

その様子は、下の写真、中央の一番上の写真ですが、道路が冠水し、車も取り残されている様子が写っていました。

今日は、昼前から昼過ぎにかけて、植物療法(フィトテラピー)のセミナーが行われました。下の写真、右は、今日学んでいただいた内容の一部です。

20170724朝刊秋田記録的大雨1 20170724朝刊秋田記録的大雨2 20170724植物療法セミナー

下の写真は、今日のお昼ご飯の台湾まぜ麺です。

20170724お昼ご飯

できあがったときに、お客様がみえられ、まぜ麺が少し乾燥し、絡んでしまいました。そして、自家製のナスがっこです。

20170724お昼ご飯台湾まぜ麺 20170724お昼ご飯ナスがっこ

下の写真は、今日の晩ご飯です。今日は、マグロのフライ、乾燥ダイコンとヒジキの煮つけ、ナスの油炒めでした。

20170724晩ご飯

下の写真も、今日の晩ご飯です。ナスがっこ、そして、キャベツと油揚げのみそ汁でした。デザートはパイナップルにスイカでした。

20170724晩ご飯ナスがっこ 20170724晩ご飯キャベツと油揚げのみそ汁 20170724デザートパイナップルとスイカ

下の写真は、夕方放送されていた地元のNHKテレビ「
NEWS こまち」ですが、雄物川の氾濫による浸水被害は「大仙市だけで、神宮寺 〜 強首 計14キロで確認」というニュースが放送されていました。

右は、18:59 頃の秋田市内の様子を伝えるテレビの様子です。夕焼け空を望む事ができました。

20170724お酒 20170724NHKニュース秋田県記録的大雨1 20170724NHKニュースNEWSこまち

下の写真は、19時から全国放送された NHKテレビで、秋田の様子を伝えるニュースの様子です。

下の写真、左は、氾濫前、中央は、氾濫後を比較する画面、そして、右は、秋田新幹線の線路下の土砂が流出している様子を伝えるニュース画面です。

同じ秋田県内ではありますが、被害に遭われた方々へ心よりのお見舞いを申し上げます。

また、ひまわりが秋田ということで、お見舞いの電話やメールもいただきました。心より感謝申し上げます。

20170724NHKニュース秋田県記録的大雨2 20170724NHKニュース秋田県記録的大雨3 20170724NHKニュース秋田県記録的大雨4

明日の秋田の最低気温は 20度、最高気温は 29度、そして、天気は「晴れ時々曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.07.24 17:00発表)。

大暑の日道路規制の中会津から秋田へ 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.07.23 政党マニフェストとアロマテラピー20.4 / 28.3
○ 履歴 : 2010「2010.07.23 コウゾの実の収穫 2010
25.1 / 28.1
○ 履歴 : 2011「2011.07.23 大暑の頃会津ではミンミンゼミの初音
16.5 / 27.3 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.07.23 スモモの収穫 2012
20.7 / 27.6 24時
○ 履歴 : 2013「2013.07.23 コウゾの実が色づく大暑の頃草刈りが一段落 2013
21.7 / 26.2 23時現在
○ 履歴 : 2014「2014.07.23 大暑の日今季初めての熱帯夜を記録した秋田市に恵みの雨 2014
21.3 / 27.9 24時
○ 履歴 : 2015「2015.07.23 二十四節気の一つ大暑の日うっとうしい空模様 2015
23.2 / 26.2
○ 履歴 : 2016「2016.07.23 大暑の頃真夏日の中山の草刈り作業 2016
18.4 / 30.2
○ 気温 : 昨日の最低 23.6(04:09)最高 33.1(11:36)24時 会津
○ 気温 : 今日の最低 23.0(06:17)最高 27.5(09:15)24時 会津
○ 気温 : 今日の最低 20.3(06:16)最高 25.9(16:04)24時 秋田

201707232400TemperatureAizu

上の画像は、2017.07.23(日)会津の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 若松の気象情報より(外部リンク)

201707222400Temperature

201707232400Temperature

上記二枚の画像は、2017.07.22(土)、23(日)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜の会津は、夜遅くには、25度台から 24度台で推移し、今日未明の 01時まで 24度台が続いていましたが、それ以降明け方まで 23度台を示していました。

雨は降っていませんでしたが、いつ雨が降ってもおかしくないような空模様で、朝には、小雨が降り始めてきました。それでも、一時的だったようで、すぐにやんでいました。

下の写真、左は、雨がやんだ後の朝 08:44 頃の様子です。

そして、雲の切れ間から青空が少し広がり、そこからお日さまの光も届く事があったためか、23度台から 24度台を示していた気温は、09時には 26.1度まで上昇していました。

そのため、06:17 には、今日の最低気温となる 23.0度を、そして、09:15 には、今日の最高気温となる 27.5度を記録していました。

ただ、お昼前には、再びドンヨリとした雲が広がり始め、小雨が降り始めてきました。それほど強い雨足ではありませんでしたが、昼過ぎはシトシト小雨が降り続いていました。

12時には 26.0度だった気温も、雨が降ったことで 24度台まで下がり、その後 25度台を記録していたようです。

そんな会津の空模様でしたが、秋田では、昨晩から今日未明、そして、明け方にかけて、大雨が降り続いたようで、雄物川が氾濫し、大仙市を中心に、神宮寺や峰吉川などの地域に大きな被害がもたらされているニュースが入っていました。

下の写真、中央と右は、その様子を伝える雨雲レーダーと雄物川流域の様子です(12:03頃)。

20170723外の様子朝 20170723お昼前のニュース雨雲レーダー 20170723NHKニュース河川の状況

秋田市内を流れる太平川にも被害があったのか、秋田市内でも被害が広がっていました。

下の写真、左は、今日未明の 00:00 の秋田県内を中心にかかる雨雲の様子を捉えた画像です。上の写真、右の河川と重ねてみると、その影響が甚大であった事がわかります。

下の写真、中央と右は、今日のお昼ご飯です。妹は、冷やし中華、妹の旦那さんは、スパゲティーナポリタン、そして、ひまわりは、ラーメンでした。

20170723NHKニュースより23日00時の雨雲レーダー 20170723お昼ご飯冷やし中華 20170723お昼ご飯ラーメン

会津でも、お昼前頃から小雨が降り始めてきましたが、そんな中、会津から秋田へ向かいました。

とはいっても、事前に秋田自動車道の一部の区間が通行止めとなっていたため、最後まで悩みましたが、今後の状況を考え、東北自動車道、そして、国道13号線を北上する計画をたてて、新鶴スマートインターへ向かいました。

下の写真、左は、門前町通りから一号線の交差点手前から望んだ道路や空の様子です(13:37頃)。中央は、只見線の踏切の様子です(13:40頃)。

右は、磐越自動車道上り新鶴スマートインター入口の様子です。この頃には、少しずつ雨がやんでいました(13:49頃)。ここから、ひまわりの長い長い秋田までの旅が始まりました。

20170723小雨の中会津を出発 20170723只見線踏切 20170723磐越自動車道新鶴スマートインター

予定では、磐越自動車道から東北自動車道、そして、秋田自動車道と経由して秋田市へ帰る予定を立てていましたが、逐一この状況が変わるので、妹や妹の旦那さんからその情報をメールで受け取りながら判断することにしました。

磐越自動車道や東北自動車道は、雨もやみ、順調に運転することができました。下の写真、左は、東北自動車道下りの志波姫パーキングエリアです(16:15頃)。

中央は、東北自動車道から秋田自動車道へと分岐する手前の北上金ヶ崎サービスエリアの様子です(16:57頃)。

情報では、秋田自動車道の埃蠅ら協和インター、そして、国道 13号線、そして、国道 46号線も通行止めという事で、最初は、盛岡まで向かい、国道 46号線を経由して秋田市へ向かう予定でしたが、秋田自動車道を埃蠅泙膿覆漾△修海ら、国道 13号線を進みながら、規制解除まで待つ、という作戦をたてていました。

ところが、サービスエリアにとまっていた秋田ナンバーの方(能代の方でした)に、近況をお伺いすると、東北自動車道を十和田インターまで向かい、そこから鷹巣、そして、能代へ向かう事を考えている旨のお話しがありました。

今後どのようになるのか心配だったので、移動を優先させることにし、ひまわりも、そのルートを経由し、能代市から秋田市へと向かう事にしました。

このときの走行距離は 299.9km でした。その後、東北自動車道をひたすら北上し、十和田インター手前の花輪サービスエリアで休憩を取りました。

下の写真、右が、そのときの様子です(18:34頃)。雲の切れ間から青空が広がり、夕日も姿を現していました。

20170723東北自動車道下り姫PA 20170723東北自動車道下り北上金ヶ崎SA 20170723東北自動車道下り花輪SA

天気が回復してきたのか、青空が広がり始めてきました。十和田インターから国道 103号 を経て、途中から無料区間の秋田自動車道を利用して、鷹巣インターまで向かいました。

その後、鷹巣から、直接国道 7号線へは向かわず、田んぼの中に続く農免農道を走って、国道 7号線の交差点、萩袋までやってきました。

下の写真、左と中央は、その農免農道と、付近の田んぼの様子です。近くを流れる米代川が氾濫したのか、田んぼが水びたしとなっていました(19:34頃)。

その後、国道 7号線を能代方面へ走り、無料区間の秋田自動車道、二ツ井白神インターから、秋田中央インターへと向かいました。

能代南インターの電光案内板には、ここから北上西の区間スリップに注意の文字がでていました。一瞬、間違いなのではと疑ったのですが、その後のインターでも同じ内容の注意が出されているのを知り、秋田自動車道の通行止め規制が解除されたことを知りました。

どちらを経由して来た方が早かったのかはわかりませんが、いずれにしても長い長い旅となりました。下の写真、右は、秋田市の横山金足線、城東十字路の交差点の様子です(20:46頃)。

全走行距離は、582.9km、出発したのは、13:35 頃、到着したのは 20:50 頃でしたので、7時間15分ほどかかった事になります。ふぅ、疲れました。

20170723鷹巣から国道7号線へ 20170723鷹巣から国道7号線へ田んぼの様子 20170723秋田市城東十字路

下の写真は、大町地区で練習が行われていた竿燈の演技の様子です(21:08頃)。

20170723竿燈の練習風景1

下の写真、左も、同じく、竿燈の演技の様子です。秋田では、甚大な被害が出ましたが、豊作を祈り、もうすぐ竿燈まつりが開催されます(2017.08.3 〜 08.06)。

2017.07.15 秋田の夏まつりと会津の高橋の思い出 2017

下の写真、中央と右は、今日の晩ご飯のカレーや寄せ豆腐、野菜サラダ、カボチャ、そして、みそ汁でした。

20170723竿燈の練習風景2 20170723晩ご飯カレーライス 20170723晩ご飯野菜サラダみそ汁

下の写真は、会津の妹がテレビ(NHKだと思います)で放送されていた秋田県内の記録的な大雨の被害を写真におさめ、送ってくれたものです。

20170723NHKニュース秋田県記録的大雨1

画面では、秋田 大仙とありますが、雄物川という河川が氾濫し、広い地域にわたり浸水の被害が発生していました。

どの辺りかわかりませんが、神宮寺から刈和野、そして、峰吉川地域にかけての被害が伝えられていました。

20170723NHKニュース秋田県記録的大雨2

下の写真も、大仙市の様子です。近くを通る秋田新幹線にも影響があり、線路の下の砂利が流され、復旧までにどのくらいを要するのかさえわからないという事でした。

20170723NHKニュース秋田県記録的大雨3

下の写真は、秋田市の雄和地区の様子です。雄和といえば、秋田空港のある地域ですが、2017.07.22 未明の降り始めから 2017.07.23 正午までの雨量は、気象庁のアメダスで 348.5ミリを記録していました(秋田空港(2017.07.24 NHK NEWS WEB より))。

20170723NHKニュース秋田県記録的大雨4

下の写真も、大仙の様子ですが、埃蠅簍獲本荘、湯沢などでも浸水被害のあった事が放送されていました。

この他、秋田市内を流れる太平川も氾濫危険水位を超え、その影響なのか、お店近くの東通では、道路が浸水し通行止めとなっていたそうです。

20170723NHKニュース秋田県記録的大雨5

最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ