みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

甘夏の皮むきから柑橘系のエッセンスに思いをはせる

■ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.01.16 ワクチン製造のための新製造法とダチョウ- 2.7 / 3.5
○ 履歴 : 2010「2010.01.16 アップルタブレットと脳の感覚器官
- 5.0 / 0.1
○ 履歴 : 2011「2011.01.16 朝の日本列島かなりの地域で氷点下
- 7.1 / 0.6
○ 履歴 : 2012「2012.01.16 小路の除雪作戦と雪捨て場閉鎖
- 2.8 / 0.5
○ 履歴 : 2013「2013.01.16 およそ二ヶ月間建物を覆っていた足場の解体
- 3.2 / - 0.8
○ 履歴 : 2014「2014.01.16 午前は駐車場午後は山で屋根の雪下ろし 2014
- 1.8 / 2.6
○ 履歴 : 2015「2015.01.16 積雪深0cmで鉢植えラベンダー姿見せ始める 2015
1.6 / 5.2
○ 履歴 : 2016「2016.01.16 お借りしているサーバーに障害
- 3.1/ 1.6
○ 履歴 : 2017「2017.01.16 昨日とはうって変わり春のような暖かさ 2017
- 4.6 / 4.2
○ 履歴 : 2018「2018.01.16 第一回目パーソナルアロマ講座 2018(体型と体調の関係)
2.6 / 8.4
○ 履歴 : 2019「2019.01.16 0度台から氷点下..お日さまの光で輝いていたオリーブの葉
- 1.8 / 4.5
○ 履歴 : 2020「2020.01.16 もうすぐ大寒というのに雪の少ない秋田 2020
- 0.3 / 3.2

☆ 昨日 : 最低 - 4.0(07:40)最高 3.1(24:00)平均 0.0 最大瞬間風速 14.3m/s(23:07)
・ 昨日 : 降水 0.0mm 日照 7.1h 最深積雪 21cm 昼の天気 晴時々曇
→ 平年 : 最低 - 2.6 最高 2.8 平均 0.0 降水 3.7mm 日照 1.2h 最深積雪 14cm


★ 今日 : 最低 0.1(24:00)最高 7.8(05:12)平均 4.0 最大瞬間風速 16.4m/s(20:52)
・ 今日 : 降水 12.0mm 日照 0.8h 最深積雪 20cm 昼の天気 曇時々みぞれ一時雨後一時雪
→ 平年 : 最低
- 2.6 最高 2.7 平均 0.0 降水 3.7mm 日照 1.3h 最深積雪 14cm

202101162400Temperature

上の画像は、2021.01.16(土)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜のはじめ頃の 19時には 1度台まで上がり、その後は、同じ 1度台が続いていましたが、夜遅くになると、2度台から 3度台と上昇し始め、24:00 には、昨日の最高気温となる 3.1度を記録していました。

今日未明の 01時まで 3度台の気温が続いていましたが、その後は 4度台を示し、明け方の 04時まで 4度台を示していました。

ところが、05時には、7.4度まで急上昇し、その前頃から雨が降り出していました。その後も雨が降り続ける中、7度台という高い気温が続き、05:12 には、今日の最高気温となる 7.8度を記録していました。

朝になると、その雨もやみ、気温の方も、07時には 6度台まで下がり、その後は 5度台で推移していました。

昼前の 10時まで 05度台の気温が続いていましたが、その後は 4度台と、少しずつ下がっていました。空模様は、下の写真、左(11:26頃)のように、ドンヨリとした曇り空が続いていました。

それでも、昼過ぎになると、その雲の切れ間から青空がのぞき、お日さまも時々姿を現す事がありましたが、相変わらず 4度台の気温が続いていました。

夕方になると、下の写真、中央の右(16:43頃)のように、再び空が雲で覆われるようになり、18時を過ぎた頃から、下の写真、右(18:19頃)のように、雪が降り出してきました。

16時から 17時の毎正時の気温は 3度台が続いていましたが、雪が降り出してきた 18時には 1.7度まで下がっていました。

夜のはじめ頃になっても雪が降り続いていましたが、少しずつ雪の勢いが弱くなり、1度台の気温から 2度台へ上がった頃には、雪はやんでたようです。

夜遅くの 22時まで同じ 2度台の気温が続いていましたが、再び雪が降り出していた 23時には 0度台まで下がり、そのまま 0度台の気温が続く中、24:00 には、今日の最低気温となる 0.1度を記録していました。

それでも、今日は、氷点下の気温を免れていました。

(24時 0.1度、湿度 95%、風速 4.7m/s、積雪深 20cm)

20210116外の様子昼前 20210116外の様子昼過ぎ 20210116外の様子夕方 20210116外の様子夕方雪が降り出す1

○ 2021.01 月の主な気象データ(日別の最低気温と最高気温、平均気温、最深積雪)

01. 2021.01.16 : 最低 +0.1(24:00)最高 +7.8(05:12)平均 +4.0 最深積雪 20cm 〜 今日
00. 2021.01.15 : 最低
- 4.0(07:40)最高 +3.1(24:00)平均 +0.0 最深積雪 21cm 〜 昨日
00. 2021.01.14 : 最低
- 0.5(24:00)最高 +8.4(01:40)平均 +3.0 最深積雪 27cm
01. 2021.01.13 : 最低 +1.0(00:58)最高 +5.9(14:41)平均 +2.7 最深積雪 36cm
00.
2021.01.12 : 最低 - 3.7(07:28)最高 +3.3(15:13)平均 - 0.2 最深積雪 41cm
04. 2021.01.11 : 最低 - 3.2(07:27)最高 - 0.4(13:49)平均 - 1.9 最深積雪 47cm
03. 2021.01.10 : 最低 - 4.5(18:08)最高 - 1.0(23:02)平均 - 3.0 最深積雪 51cm
02. 2021.01.09 : 最低 - 6.2(04:26)最高 - 1.4(14:10)平均 - 4.6 最深積雪 60cm
01. 2021.01.08 : 最低 - 6.1(24:00)最高 - 2.9(01:44)平均 - 5.1 最深積雪 28cm
00. 2021.01.07 : 最低
- 4.8(07:50)最高 +4.9(15:44)平均 - 0.8 最深積雪 21cm
00. 2021.01.06 : 最低
- 8.2(06:51最高 +0.1(14:23)平均 - 3.5 最深積雪 14cm
02. 2021.01.05 : 最低 - 4.6(24:00)最高 - 0.2(01:19)平均 - 2.2 最深積雪 16cm
01. 2021.01.04 : 最低 - 2.0(02:01)最高 - 0.3(12:55)平均 - 0.9 最深積雪 19cm
00. 2021.01.03 : 最低 - 6.6(06:34)最高 +0.6(15:02)平均 - 3.4 最深積雪 18cm
03. 2021.01.02 : 最低 - 5.4(21:57)最高 - 2.6(14:20)平均 - 3.9 最深積雪 23cm
02. 2021.01.01 : 最低 - 5.0(04:17)最高 - 2.0(11:35)平均 - 3.9 最深積雪 23cm

01. 2020.12.31 : 最低 - 6.7(06:02)最高 - 2.3(00:12)平均 - 4.4 最深積雪 19cm
00. 2020.12.30 : 最低 - 4.1(22:29)最高 +1.6(01:35)平均 - 1.0 最深積雪 17cm

今日は、明け方にかけて高い気温が続き、雨が降っていました。朝にはやんでいましたが、圧雪状態から氷と化していた歩道の雪は、はがれやすい状態となっていました。

さっそく、下の写真、左のように、雪ベラを使って歩道と氷の間にその先を入れて、氷と化していた雪をはがしていきました(09:50頃)。

下の写真、右は、あらかたお店前の歩道の凍りついた雪をはがし、きれいになった様子です(10:10頃)。

20210116歩道の氷寄せ1 20210116歩道の氷寄せ2

下の写真も、お店前の歩道の様子です(11:14頃)。この辺りの氷は、カチンカチンに凍りついていて、なかなかはがれなかったのですが、少し時間をおいて、再び作業を再開させたときの様子です。

歩道の中央部分を中心に、歩行者の方々が行き来しておられるのですが、その部分は踏みかためられ、かたくなります。

そこへ、寒暖の差や雨などが加わり、氷となり歩道にへばりついてしまいます。昔は、もっと厚い氷となって歩道に春先までへばりついていました。

その当時、このような氷は、ツルハシを使ってある程度小さくしながらはがしていました。

今日は、時間をおいて、はがれやすい状態となったところを見計らい、この先のお店横の駐車場出入り口辺りまではがしていきました。

20210116歩道の氷寄せ3

写真が前後しましたが、下の写真、左は、定番の朝ご飯です。

そして、下の写真、中央と右は、今日のお昼ご飯のゆで玉子入り巾着型油揚げ、ダイコンの千切りサラダでした。

20210116朝ご飯 20210116お昼ご飯のゆで玉子入り巾着型油揚げ 20210116お昼ご飯ダイコンの千切りサラダ

下の写真も、今日のお昼ご飯です。

ブロッコリーとベーコンのサラダ、キャベツとゴボウと豆富の味噌汁、そして、ネギとキノコのナムルでした。

20210116お昼ご飯ベーコンブロッコリー 20210116お昼ご飯キャベツとゴボウと豆富の味噌汁 20210116お昼ご飯キノコとネギのナムル

下の写真も、今日のお昼ご飯です。

こちらはおにぎりですが、中には、自家製のシシトウで作った味噌や、鮭の焼き魚が入っていました。

20210116お昼ご飯

日中は、気温が 4度台と高かったのですが、夕方からは 3度台となり、下の写真のように、雪が降り出してきてからは、1度台まで下がっていました(18:19頃 18時 1.7度)。

明け方の高い気温と雨により、歩道などに山積みされていた雪が随分とけ、土気色になっていたのですが、再び、雪化粧の風景となってしまいました。

20210116外の様子夕方雪が降り出す2

下の写真は、今日の晩ご飯です。

チクワとコンニャク海苔添え、ゆで玉子入りの巾着型油揚げ、ダイコンとカニカマの酢のもの、自家製のサバ寿司、それに、マグロの刺身キャベツのサラダ添えでした。

20210116晩ご飯

下の写真、左も、今日の晩ご飯で、キャベツとゴボウと豆富の味噌汁でした。

下の写真、中央と右は、先ほどから少し経過した 18:41 頃の様子です。先ほどまでは、激しく降っていましたが、少し勢いが弱まっていました。

20210116晩ご飯キャベツとゴボウと豆富の味噌汁 20210116外の様子夕方雪が降り出す3 20210116外の様子夕方雪が降り出す4

デザートに、下の写真のような柑橘類がありましたが、大きな甘夏の皮むきは大変でした。

ばっぱが、ナイフで頭の方に切れ込みを入れてくれたので、そこから、指で皮を剥いていきました。

20210116ミカンと甘夏

そしたら・・・・

下の写真のように、大変な事に。

甘夏の果皮から、精油の元となるきれいな色に輝いた液体がたくさん落ちてきました。

ほんの少しの皮を剥いただけでこれだけこぼれ落ちるのですから、この甘夏を使って「
エッセンス」を取り出したくなりました。

精油、エッセンシャルオイルは、基本的には「
水蒸気蒸留法」による抽出の過程から蒸留されて得られるものでした。柑橘系は、主に「圧搾法」により得られますから、抽出されたものは「エッセンス」として「エッセンシャルオイル」とは、本来区別されていました。

毎日、アロマ加湿器をたいているのですが、水の上に数種類の精油を垂らすときに、面白い現象が起こります。

当然の事ながら、精油は、一般的には水とは混じり合いませんが、それでも、芳香成分類(芳香分子)の性質上、親水性を示すものと、疎水性を示すものとが存在していました。

2009.01.18 精油とフローラルウォーターの成分の違い

現在、柑橘系を中心とした精油をブレンドして、アロマ加湿器を楽しんでいるのですが、そのブレンドを順番に垂らしていくときに起こる不思議な現象が気になっています。

時間があれば、じっくりその様子をお伝えしたいと思います。

20210116甘夏のしぼり汁1 20210116甘夏のしぼり汁2

また、柑橘系については、以前より、このブログでも、様々な角度から記事を投稿していました。

今回の皮むきで、以前より投稿していた柑橘系がらみの関連項目を調べて見ました。参考にしていただければ幸いです。

○ 柑橘系の主要な成分と柑橘系の香りの成分について
2017.12.20 冬至を前に今年最後のアロマセミナー 2017(脂肪族アルデヒド類)
2014.10.24 主要な芳香分子をピースに見立てパズルを組み立てる楽しみ
2008.01.15 柑橘系特有の香りと特徴的な作用を持つ芳香分子の行方
2007.06.27 精油抽出における三者三様の概念
2005.08.10 主要芳香分子がほとんど同じ
2005.03.03 脂肪族アルデヒド類
オレンジ スィート Citrus sinensis (Ze)

○ 柑橘系精油を主とした研究成果
2017.11.24 分子構造模型を使い共有結合やテルペン系の炭化水素グループの理解を深める(ユズ)
2013.01.28 アルツハイマー型痴呆症の患者さんに対する精油のブレンド
2011.06.16 アロマテラピーの会報誌と興味を引く記事
2005.09.24 ユズとセラピストのいい関係

○ ヘスペリジンについて
2014.12.16 雪との戦いが終わり今度は雨の秋田市 2014(ゆずとヘスペリジン)
2012.02.15 カモマイルに含まれるカマメロサイドの抗糖化作用
2007.06.02 シベリアカラマツとジヒドロケルセチン
2006.08.26 アズレン カマズレン アピゲニン

○ 禁忌事項
2017.11.15 主要精油60種類の最新データと禁忌事項及び注意事項
2017.08.01 電子座標系グラフと主要な精油の禁忌事項や注意事項
2006.06.02 光毒性とアレルギー反応
2006.06.01 光毒性とフロクマリン類

○ その他
2020.02.19 雨水の日ダイダイのアロマエッセンスとマーマレード作り
2013.06.11 瀬戸内を中心としたみかんの花の香りを探索する旅
2013.06.08 みかんの花の香りに包まれる島
2006.12.25 週刊誌にアロマを使ったエコ掃除
2006.01.17 ゆずのどあめ
2005.12.23 お茶からユズへ

明日 2021.01.17(日)の秋田の最低気温は
- 2度、最高気温は 0度、そして、天気は「曇り時々雪」が予想されていました(YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2021.01.16 20:00 発表)。

100周年を迎える大沼高が坂下高と統合され2022年会津西陵高へ

■ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.01.15 どんど焼きと団子刺し- 3.9 / 1.7
○ 履歴 : 2010「2010.01.15 がん遺伝子検査と福田安保理論
- 4.5 / - 0.3
○ 履歴 : 2011「2011.01.15 千年の建築物を支える樹齢千年以上のヒノキ
- 4.1 / - 0.3
○ 履歴 : 2012「2012.01.15 au ARROWS Z ISW11F ....と通知音の取り込みと設定
- 3.2 / - 0.2
○ 履歴 : 2013「2013.01.15 会津の歳の神祭り 2013
- 3.6 / 0.6
○ 履歴 : 2014「2014.01.15 真冬日を脱し....晴れまの広がった小正月 2014
- 4.8 / 2.1
○ 履歴 : 2015「2015.01.15 大寒を前に積雪が1cmとなった秋田市 2015
1.8 / 6.0
○ 履歴 : 2016「2016.01.15 大寒を前に暗くなるのが少しずつ遅く感じるこの頃 2016
- 3.3 / 1.9
○ 履歴 : 2017「2017.01.15 今季一番の寒気団による大雪で全国的に雪模様 2017
- 8.4 / - 2.4
○ 履歴 : 2018「2018.01.15 小寒の頃今週は雨そして来週は寒さと大雪の予報 2018
- 1.5 / 6.2
○ 履歴 : 2019「2019.01.15 25年経つ今でもMS-DOS..桐Ver.5一括処理プログラム
- 3.4 / 7.3
○ 履歴 : 2020「2020.01.15 寒に入ったとは思えない天気の続く秋田市 2020
- 1.4 / 5.4

☆ 昨日 : 最低 - 0.5(24:00)最高 8.4(01:40)平均 3.0 最大瞬間風速 19.8m/s(01:47)
・ 昨日 : 降水 7.5mm 日照 0.0h 最深積雪 27cm 昼の天気 曇時々雨後雪、みぞれを伴う
→ 平年 : 最低 - 2.5 最高 2.8 平均 0.1 降水 3.7mm 日照 1.2h 最深積雪 13cm


★ 今日 : 最低
- 4.0(07:40)最高 3.1(24:00)平均 0.0 最大瞬間風速 14.3m/s(23:07)
・ 今日 : 降水 0.0mm 日照 7.1h 最深積雪 21cm 昼の天気 晴時々曇
→ 平年 : 最低
- 2.6 最高 2.8 平均 0.0 降水 3.7mm 日照 1.2h 最深積雪 14cm

202101152400Temperature

上の画像は、2021.01.15(金)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜のはじめ頃の 19時まで 1度台の気温が続いていましたが、その後、一時雪が降った事で、20時には、0度台となっていました。

雪は、すぐにやんでいたようですが、夜遅くには 0度台から
- 0度台 と、「氷点下」となる中、24:00 には、昨日の最低気温となる - 0.5度 を記録していました。

今日未明の 01時には
- 1度台 を示していましたが、その後は - 2度台 で推移し、明け方にかけては、- 2度台 から - 3度台 と、再び厳しい冷え込みとなっていました。

その間、雪は降らなかったようで、積雪深 21cm は、変わっていませんでした。

朝には、下の写真、左(07:24頃)のように、薄い雲がありましたが、薄水色の空が広がっていました。放射冷却だったのか、朝の毎正時の気温は
- 3度台 から - 2度台 を示す中、07:40 には、今日の最低気温となる - 4.0度 を記録していました。

昼前になっても、下の写真、中央の左(10:43頃)のように、同じような空模様が広がり、お日さまが暖かな光を届けていました。

その事で、10時まで「
氷点下」が続いていましたが、その後は、プラスの 0度台から 1度台と、少しずつ気温が上がっていました。

その後、昼過ぎにかけても、下の写真、中央の右(12:56頃)のように、若干薄い雲がフィルターのようにかかっていましたが、お日さまは十分な光を届けていました。

13時には 2度台まで上がっていましたが、その後も 2度台から 3度台で推移する中、15:06 には、3.0度を記録していました。

夕方になると、薄い雲でしたが、空全体にかかり始め、お日さまはボンヤリと輝く程度で、曇りがちとなっていました。

気温の方も、2度台から 1度台、1度台から 0度台と、下がって来ました。下の写真、右は、そんな夕方 16:25 頃の様子です。

夜のはじめ頃の 19時には 1度台まで上がり、その後は、同じ 1度台が続いていましたが、夜遅くになると、2度台から 3度台と上昇し始め、24:00 には、今日の最高気温となる 3.1度を記録していました。

00. 2021.01.15 : 最低 - 4.0(07:40)最高 +3.1(24:00)平均 +0.0 最深積雪 21cm 〜 今日
00. 2021.01.14 : 最低
- 0.5(24:00)最高 +8.4(01:40)平均 +3.0 最深積雪 27cm 〜 昨日
00. 2021.01.13 : 最低 +1.0(00:58)最高 +5.9(14:41)平均 +2.7 最深積雪 36cm
00.
2021.01.12 : 最低 - 3.7(07:28)最高 +3.3(15:13)平均 - 0.2 最深積雪 41cm
04. 2021.01.11 : 最低 - 3.2(07:27)最高 - 0.4(13:49)平均 - 1.9 最深積雪 47cm
03. 2021.01.10 : 最低 - 4.5(18:08)最高 - 1.0(23:02)平均 - 3.0 最深積雪 51cm
02. 2021.01.09 : 最低 - 6.2(04:26)最高 - 1.4(14:10)平均 - 4.6 最深積雪 60cm
01. 2021.01.08 : 最低 - 6.1(24:00)最高 - 2.9(01:44)平均 - 5.1 最深積雪 28cm
00. 2021.01.07 : 最低
- 4.8(07:50)最高 +4.9(15:44)平均 - 0.8 最深積雪 21cm
00. 2021.01.06 : 最低
- 8.2(06:51最高 +0.1(14:23)平均 - 3.5 最深積雪 14cm
02. 2021.01.05 : 最低 - 4.6(24:00)最高 - 0.2(01:19)平均 - 2.2 最深積雪 16cm
01. 2021.01.04 : 最低 - 2.0(02:01)最高 - 0.3(12:55)平均 - 0.9 最深積雪 19cm
00. 2021.01.03 : 最低 - 6.6(06:34)最高 +0.6(15:02)平均 - 3.4 最深積雪 18cm
03. 2021.01.02 : 最低 - 5.4(21:57)最高 - 2.6(14:20)平均 - 3.9 最深積雪 23cm
02. 2021.01.01 : 最低 - 5.0(04:17)最高 - 2.0(11:35)平均 - 3.9 最深積雪 23cm

01. 2020.12.31 : 最低 - 6.7(06:02)最高 - 2.3(00:12)平均 - 4.4 最深積雪 19cm
00. 2020.12.30 : 最低 - 4.1(22:29)最高 +1.6(01:35)平均 - 1.0 最深積雪 17cm

(24時 3.1度、湿度 65%、風速 7.5m/s、積雪深 20cm)

20210115外の様子朝 20210115外の様子昼前 20210115外の様子昼過ぎ 20210115外の様子夕方

下の写真、左は、定番の朝ご飯です。

今日は、冷え込み、昨日記録した 8度台の気温(昨日の未明)とはうって変わり、厳しい寒さとなっていました。

そして、何より、その寒気の緩みでとけた雪が再び凍り出し、道路は、雪ではなく、コンクリートの壁のようになっていました。

下の写真、中央は、ご近所の庭先の様子ですが、松の中央に支柱となる杭を打ち込み、そこから縄ひもで吊す冬越しをされていた事で、今回の大雪でも、被害がなかったようです(10:20頃)。

下の写真、右は、お店前の雪寄せにより山積みされた雪が、昨日の暖かさでとけ、そして、今日の寒さで凍りついていた様子です(10:56頃)。

クリスタルのように、お日さまの光で輝いていました。

20210115朝ご飯 20210115外の様子昼前 20210115外の様子昼前雪寄せ後にとけ再び凍結

写真が前後しましたが、下の写真も、近所の交差点内の様子です(10:19頃)。

こちらは、除雪車が交差点の角に寄せて山積みとなった雪ですが、こちらの方も、カチンカチンに凍りついていました。

20210115外の様子昼前道路に積み上げられた雪がカチンカチンに

下の写真は、今日のお昼ご飯です。

お正月の間お供えしていたモチを、野菜タップリのもちピザにしたものです。

それに、ダイコンの千切りサラダ、そして、インスタントのカップラーメンでした。ユズ味の薬味が添えられていました。

20210115お昼ご飯野菜タップリのもちピザ 20210115お昼ご飯ダイコンの千切り 20210115お昼ご飯インスタントカップラーメン

今日、会津の妹からメールが届きました。

画像も添えられていたのですが、何と、わが母校の「
大沼高校」が、統合されてなくなってしまうという内容のメールでした。

下の写真が、その添付されてきた画像ですが、福島県の教育委員会が、2022年度に開講する統合校 5校の校名案を公表したというニュース記事が載っていました(
2021.01.15 福島民友)。

その 5校の校名案の一つに、「
会津西陵(せいりょう)高校」がありましたが、それは「大沼高校と坂下高校」が統合されて出来る「新校名案」でした。

20210115会津西陵高校へ統合の記事

以前、今年の 2021年に、「
創立100周年を迎える」という記事を、下記のブログ記事で載っけたことがありました。

2019.03.02 2021年創立100周年を迎える大沼高等学校

このときも、会津の妹からメールが届き、「
大沼高校蜂苑同窓会会報」の写真が添付されていました。

そして、そこには、わが母校で、今年の 2021年、創立100周年を迎えるという見出しがありましたが、創立 100周年を迎えるにあたり、記念版名簿発行がある事も紹介されていました。

下記の「pdfファイル」を参照いただければ幸いです。

2021年に大沼高校は創立100周年を迎えます(外部リンク:大沼高等学校)
創立100周年記念版発行名簿のお知らせ(外部リンク:大沼高等学校)

それにしても、今年 2021年には「創立100周年を迎える」喜びの年であるにもかかわらず、早くも、その今年に、来年の 2022年には「
大沼高校と坂下高校が「会津西陵(せいりょう)」に統合されてしまうのですね。

少子化と時代の流には勝てませんが、新しい統合校は、どこになるのでしょうか。

下の写真は、2019.03.02 のブログ記事でも載っけた「
大沼高校蜂苑同窓会会報」ですが、表紙がイラストで描かれていました。

ちなみに、校訓は「
誠実 明朗 健康」でした。

2008.05.26 会津の風景 春 2008(母校の大沼高校)

20190301大沼高校同窓会会報1

下の写真は、今日の晩ご飯です。

今日は、揚げだし豆富、巾着型油揚げゆで玉子入り、自家製のサバ寿司、それに、カニカマとダイコンの和えもの、そして、ベーコンとブロッコリーでした。

20210115晩ご飯

下の写真、左も、今日の晩ご飯で、キャベツとネギの味噌汁、それに、赤カブ漬けでした。

下の写真、中央と右は、18:58 頃と、20:29 頃の様子ですが、少しずつ冷え込んで来ました。

20210115晩ご飯キャベツとネギの味噌汁 20210115外の様子夕方歩道と東大通り 20210115外の様子夜のはじめ頃歩道と東大通り

明日 2021.01.16(土)の秋田の最低気温は
- 1度、最高気温は 8度、そして、天気は「曇り時々雪」が予想されていました(YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2021.01.15 22:00 発表)。

初めてのオンライン植物療法セミナー 2021

■ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.01.14 食を中心にした植物療法- 3.1 / 3.4
○ 履歴 : 2010「2010.01.14 猛吹雪の秋田この冬初の真冬日記録
- 4.7 / - 1.9
○ 履歴 : 2011「2011.01.14 干し柿とダイコンの葉っぱの取り入れ
- 3.8 / - 1.4
○ 履歴 : 2012「2012.01.14 かんじきはいて今年初めてのラベンダー畑へ
- 4.8 / - 0.8
○ 履歴 : 2013「2013.01.14 都心に初雪となる大雪の降った日 2013
- 2.8 / - 0.5
○ 履歴 : 2014「2014.01.14 二日連続の真冬日 2014
- 4.4 / - 1.5
○ 履歴 : 2015「2015.01.14 大寒を控え素晴らしい天気で雪どけ進む秋田市 2015
2.4 / 7.7
○ 履歴 : 2016「2016.01.14 ジワジワとけた雪が夕方には....テカの道路へ 2016
- 2.5 / 3.2
○ 履歴 : 2017「2017.01.14 今季一番の冷え込みの中一日二回の雪寄せ作業 2017
- 6.5 / - 2.4
○ 履歴 : 2018「2018.01.14 朝雪寄せしただけで一日が過ぎてしまいました 2018
- 4.4 / 1.7
○ 履歴 : 2019「2019.01.14 二日連続の青空続きで日照時間も8.2hだった秋田市 2019
- 3.4 / 5.2
○ 履歴 : 2020「2020.01.14 積雪0cmの中埃蠅任まくら作りの便り 2020
- 0.8 / 5.4

☆ 昨日 : 最低 1.0(00:58)最高 5.9(14:41)平均 2.7 最大瞬間風速 14.7m/s(18:23)
・ 昨日 : 降水 6.0mm 日照 0.7h 最深積雪 36cm 昼の天気 みぞれ後曇時々雨、雷を伴う
→ 平年 : 最低 - 2.5 最高 2.9 平均 0.1 降水 3.7mm 日照 1.2h 最深積雪 13cm


★ 今日 : 最低
- 0.5(24:00)最高 8.4(01:40)平均 3.0 最大瞬間風速 19.8m/s(01:47)
・ 今日 : 降水 7.5mm 日照 0.0h 最深積雪 27cm 昼の天気 曇時々雨後雪、みぞれを伴う
→ 平年 : 最低
- 2.5 最高 2.8 平均 0.1 降水 3.7mm 日照 1.2h 最深積雪 13cm

202101142400Temperature

上の画像は、2021.01.14(木)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜のはじめ頃の 19時には、3度台まで下がっていた気温ですが、その後も 2度台から 1度台と、少しずつ下がり始めていました。

気温が下がっていた頃には、湿った雪が降っていました。そして、夜遅くになっても 1度台の気温が続いていましたが、その雪がやんでいた頃の 24時には、2.5度まで急に上がっていました。

昨日一日を振り返って見ると、それまで続いていた「
氷点下」の「最低気温」が「プラス」となり、「最高気温」も 5.9度を記録する中、一時は雨も降っていました。

何でも、「
寒九の雨」というのだそうで、「その年の豊作の兆しとして喜ばれる雨」のようです。そういえば、昨日 2021.01.13 は、寒に入ってから九日目でした。

2021.01.05 小寒の日一時的に寒気が緩む 2021
2021.01.13 「寒九の雨」の昼下がり さんたろう日記(外部リンク)

その後、何と、昨夜 00時には 2.5度だった気温が、今日未明の 01時には 6.4度まで急上昇し、その後 03時まで同じ 6度台という高い気温が続いていました。そして、湿った雪が、完全な雨模様となって降り続けていました。

明け方の 04時には、一端 4.8度まで下がったのですが、05時以降は、再び 6度台へ戻る不安定な空模様となる中、01:40 には、今日の最高気温となる 8.4度を記録していました。

明け方に気温が下がった頃から、雨は断続的に降るようになっていました。

朝の 07時には 5度台を示していたのですが、その後は、5度台から 4度台と、少しずつ下がり始めてきました。そして、明け方まで降っていた雨は、朝には、下の写真、左(07:29頃)のように、雲はあるものの霧雨状態となっていました。

昼前になっても同じような空模様で、10時まで続いていた 4度台の気温は、その後、3度台から 2度台と、下がっていました。

下の写真、中央の左は、11:45 頃の様子ですが、この頃には、霧雨の雨もやんでいました。

昼過ぎになると、さらに気温が下がり始め、2度台から 1度台、そして、1度台から 0度台と推移していました。

天気の方も、雪雲が空を覆っていましたが、それほど雪が降ることもなく、冷え込んでいました。下の写真、中央の右は、そんな空模様だった 13:39 頃の様子です。

ただ、夕方になると、雪がチラチラ降り始め、辺りの景色は、少しだけ白くなっていました。雪どけで、積み上げられた雪の山の一部が土気色となっていましたが、下の写真、右(16:54頃)のように、再びうっすらと白くなっていました。

0度台の気温が続いていましたが、雪がやみ始めた頃の 18時には 1度台を示していました。

夜のはじめ頃の 19時まで 1度台の気温が続いていましたが、その後、一時雪が降った事で、20時には、0度台となっていました。

雪は、すぐにやんでいたようですが、夜遅くには 0度台から
- 0度台 と、「氷点下」となる中、24:00 には、今日の最低気温となる - 0.5度 を記録していました。

00. 2021.01.14 : 最低 - 0.5(24:00)最高 +8.4(01:40)平均 +3.0 最深積雪 27cm 〜 今日
00. 2021.01.13 : 最低 +1.0(00:58)最高 +5.9(14:41)平均 +2.7 最深積雪 36cm 〜 昨日
00.
2021.01.12 : 最低 - 3.7(07:28)最高 +3.3(15:13)平均 - 0.2 最深積雪 41cm
04. 2021.01.11 : 最低 - 3.2(07:27)最高 - 0.4(13:49)平均 - 1.9 最深積雪 47cm
03. 2021.01.10 : 最低 - 4.5(18:08)最高 - 1.0(23:02)平均 - 3.0 最深積雪 51cm
02. 2021.01.09 : 最低 - 6.2(04:26)最高 - 1.4(14:10)平均 - 4.6 最深積雪 60cm
01. 2021.01.08 : 最低 - 6.1(24:00)最高 - 2.9(01:44)平均 - 5.1 最深積雪 28cm
00. 2021.01.07 : 最低
- 4.8(07:50)最高 +4.9(15:44)平均 - 0.8 最深積雪 21cm
00. 2021.01.06 : 最低
- 8.2(06:51最高 +0.1(14:23)平均 - 3.5 最深積雪 14cm
02. 2021.01.05 : 最低 - 4.6(24:00)最高 - 0.2(01:19)平均 - 2.2 最深積雪 16cm
01. 2021.01.04 : 最低 - 2.0(02:01)最高 - 0.3(12:55)平均 - 0.9 最深積雪 19cm
00. 2021.01.03 : 最低 - 6.6(06:34)最高 +0.6(15:02)平均 - 3.4 最深積雪 18cm
03. 2021.01.02 : 最低 - 5.4(21:57)最高 - 2.6(14:20)平均 - 3.9 最深積雪 23cm
02. 2021.01.01 : 最低 - 5.0(04:17)最高 - 2.0(11:35)平均 - 3.9 最深積雪 23cm

01. 2020.12.31 : 最低 - 6.7(06:02)最高 - 2.3(00:12)平均 - 4.4 最深積雪 19cm
00. 2020.12.30 : 最低 - 4.1(22:29)最高 +1.6(01:35)平均 - 1.0 最深積雪 17cm

(24時 - 0.5度、湿度 60%、風速 4.0m/s、積雪深 21cm)

20210114外の様子朝 20210114外の様子昼前 20210114外の様子昼過ぎ 20210114外の様子夕方

下の写真は、今日未明から明け方にかけて降っていた雨と、高い気温の影響で、雪がドフドフとなり、くぼみには、とけた雪や雨が水たまりとなって溜まっていた様子です(07:38頃)。

左は、家庭用ゴミ置き場近くの様子ですが、歩道と道路の間には、まだかたい氷と化した雪が残っており、歩道部分に、とけただした雪や雨水が溜まっていました。

中央は、その場所から、歩道と東大通り、そして、お店の方角を望んだ様子です。右は、お店前の歩道と、お店横の駐車場の様子です。

20210114外の様子朝東大通り1 20210114外の様子朝東大通り2 20210114お店横の駐車場と歩道の様子

そして、下の写真、左も、同じ頃に写した小路の様子です(07:38頃)。雨で、それまでかたい氷の上を覆っていた柔らかい雪がとけ、ツルツルした氷がむき出しとなっていました。

中央は、お店前にある鉢植えのローズマリーとオリーブです(07:39頃)。鉢植えの上には、雪をのっけていましたが、その雪がとけて、鉢植えに水を与えていました。

寒くて低い気温のときには、雪はあまりとけませんが、プラスとなると、その雪がとけて、ほどよい水やりとなってくれます。

下の写真、右は、定番の朝ご飯です。

20210114お店横の小路の様子 20210114お店前の鉢植えローズマリー 20210114朝ご飯

今日は、Zoom ミーティングによる「
植物療法(フィトテラピー)講座」の初日でした。

まだ Zoom ミーティングには不慣れですが、小さなスマホ画面でも対応できるように、便利なデータベースアプリを利用し、非常に大きな文字を、できるだけ単純に表示しながら、オンラインセミナーを開催しました。

以前より、オンラインによるセミナーについては、どのようにすれば効率よくお話しができるのかを考えてきました。

2020.12.26 二画面を拡張してmmhmm画面とアプリ画面を表示
2020.12.01 オンラインセミナー検証でわかった問題点
2020.11.29 オンラインアプリとプレゼンツールアプリの組み合わせ

結局、2020.11.29 でも投稿させていただいたように、

○ オンラインアプリとしての Zoom ミーティングと、
○ プレゼンツールアプリとしての mmhmm.app
○ 文字や画像などをデータベースとして扱う事のできるアプリ NoteTaker.app

を組み合わせて使うのが一番効率的で、実際のセミナーでは、

一台のディスプレイにはオンラインアプリの「
Zoom ミーティング」とプレゼンツールアプリの「mmhmm.app」を、

そして、もう一台のディスプレイには「
文字や画像などの説明文」をデータベースとして扱う事のできる「NoteTaker」というアプリを

割り当てて行うのがよいのではという結論となりました。

そして、もう一つの問題点は、プレゼンツールアプリを使うときの文字や画像などの「
説明文」の表示を「できるだけ大きくシンプルに」する事でした。

パソコンやタブレットなどの画面では大丈夫でも、「
スマホ」で受講される方々にも対応していただくためでした。

今回、新しいディスプレイを用意していたのですが、それが、初期不良で基板を取り替え戻って来たものの、さらに動作不良ということで、新品のディスプレイに交換する手続きを行っていました。

ところが、このところの大雪の影響で、発送や配達が伸びてしまい、今回のセミナーには間に合いませんでした。

そのため、上記アプリが混在して一つのディスプレイ上に表示され、その切り替えや操作が面倒でしたが、何とか、無事オンラインセミナーを行う事ができました。

下の写真は、そんなオンラインセミナーを行っているときの様子です。

ただ、今回は、事前の開催を広く皆さまに知っていただく事が出来なかったためか、今回のオンラインセミナーを一緒に企画して下さったセミナー卒業生の方と、一対一でのセミナーでした。

春からは、再び機会を得て、チャレンジしたいと思います。そのときは、どうぞよろしくお願い致します。

20210114ZoomによるWebセミナー

今日は、亡くなった秋田の父の月命日でした。

下の写真、左は、お仏壇にお膳を供えているときの様子です。

下の写真、中央と右は、今日のお昼ご飯です。

今日は、秋田のざっぱ汁とウインナーソーセージ、それに、自家製のカボチャサラダ、そして、ホウレン草のおひたしでした。

20210114月命日 20210114お昼ご飯ざっぱ汁 20210114お昼ご飯カボチャのサラダとホウレン草

下の写真、左と中央も、今日のお昼ご飯です。

こちらは、自家製のダイコンのビール漬け、それに、同じく自家製のアップルケーキでした。

今日は、午前中に気温が上がり(特に、未明から明け方にかけて)、凍りついていた屋根の雪が、下の写真、右のように、小路に直接落ちていました。

直撃すれば、命に関わる重篤な事故につながる可能性がありました。それにしても、冬は、いたるところに「危険な事やもの」が待ち構えています。

20210114お昼ご飯ダイコンのビール漬け 20210114デザート自家製ケーキ 20210114外の様子小路に落ちてきた氷の板

下の写真は、一時雪が降り、辺りの景色が白く染まっていた夕方 16:55 頃の東大通りと歩道の様子です。

0度台の気温が続く寒さとなっていました(18時は 1度台)。

20210114外の様子夕方歩道と東大通り1 20210114外の様子夕方歩道と東大通り2 20210114外の様子夕方歩道と東大通り3

下の写真は、今日の晩ご飯です。

今日は、ダイコンおろし納豆、ネギやモヤシのナムル、カボチャのサラダ、それに、カキフライや鮭フライブロッコリー添えでした。

20210114晩ご飯

下の写真、左と中央も、今日の晩ご飯で、ざっぱ汁キムチ添え、そして、自家製のアップルパイでした。

夜のはじめ頃に、一時雪が降っていました。その雪がやんでいた 20:59 頃の東大通りと歩道の様子が、下の写真、右です。

20210114晩ご飯ざっぱ汁 20210114デザート自家製ケーキ 20210114外の様子夜のはじめ頃東大通り

明日 2021.01.15(金)の秋田の最低気温は
- 6度、最高気温は 3度、そして、天気は「晴れ時々曇り」が予想されていました(YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2021.01.14 22:00 発表)。

小寒の頃久しぶりに最低気温がプラスとなり雨も降った秋田市 2021

■ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.01.13 真っ白な雪の花 2009- 1.1 / 1.3
○ 履歴 : 2010「2010.01.13 日本の高齢社会を考えるフォーラムのご案内
- 1.0 / 4.8
○ 履歴 : 2011「2011.01.13 化石燃料から植物へそして植物から人口光合成へ
- 5.2 / - 2.0
○ 履歴 : 2012「2012.01.13 ようやくパソコンの部屋の片付け終了
- 3.5 / 1.1
○ 履歴 : 2013「2013.01.13 懸案だったプレハブ小屋の雪下ろし
- 2.1 / 5.3
○ 履歴 : 2014「2014.01.13 青空が広がるも厳しい寒さの続いた秋田市 2014
- 4.9 / - 0.9
○ 履歴 : 2015「2015.01.13 小寒に入り久しぶりの穏やかな日 2015
2.6 / 5.0
○ 履歴 : 2016「2016.01.13 今冬最積雪深を記録した日今冬初めて除雪車始動 2016
- 2.3 / 3.7
○ 履歴 : 2017「2017.01.13 会津の実家前が大雪で一本道に 2017
- 3.9 / 0.3
○ 履歴 : 2018「2018.01.13 道路に雪のなかった奇祭高田大俵引き 2018
- 2.1 / 2.1
○ 履歴 : 2019「2019.01.13 小寒の頃とは思えないほどの青空が広がった秋田市 2019
- 2.0 / 5.1
○ 履歴 : 2020「2020.01.13 朝は西の空そして夜は東の空にお月さまを楽しむ 2020
- 0.7 / 4.9

☆ 昨日 : 最低 - 3.7(07:28)最高 3.3(15:13)平均 - 0.2 最大瞬間風速 10.7m/s(14:12)
・ 昨日 : 降水 7.5mm 日照 3.2h 最深積雪 41cm 昼の天気 曇後晴一時みぞれ
→ 平年 : 最低 - 2.4 最高 2.9 平均 0.2 降水 3.8mm 日照 1.2h 最深積雪 13cm


★ 今日 : 最低 1.0(00:58)最高 5.9(14:41)平均 2.7 最大瞬間風速 14.7m/s(18:23)
・ 今日 : 降水 6.0mm 日照 0.7h 最深積雪 36cm 昼の天気 みぞれ後曇時々雨、雷を伴う
→ 平年 : 最低
- 2.5 最高 2.9 平均 0.1 降水 3.7mm 日照 1.2h 最深積雪 13cm

202101132400Temperature

上の画像は、2021.01.13(水)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨晩は、夕方の途中から雪が降り始め、夜のはじめ頃の 19時には 38cm と、1cm 増えていました。

気温の方は、19時には 0度台まで下がっていましたが、雪の降り方によっては 1度台まで上がり、夜遅くになっても、雪が降っていた事もあって、0度台から 1度台と、上がったり下がったりを繰り返す天気となっていました。

そんな中、22時には、積雪深が 38cm から 37cm と、今度は 1cm 減っていました。

今日未明の 01時から 02時にかけても 1度台の気温が続いていましたが、03時には突然 4.3度まで急上昇し、明け方の 04時には 2度台まで下がり、その後も 2度台から 1度台と、不安定な気温の推移となる中、00:58 には、今日の最低気温となる 1.0度を記録していました。

明け方にかけては、一時、雪ではなく雨が降っていたようで、雨の降る音が聞こえていました。

朝には、その雨もあがっていましたが、相変わらず曇り空の空模様で、気温の方は 1度台から 2度台で推移していました。

昼前になっても 2度台と、気温は低いのですが、前半には、雨交じりの雪が舞うこともあり、09時には 34cm だった積雪深は、10時には 33cm となっていました。

下の写真、左は、10:29 頃の様子ですが、湿気を随分含んだ雪が、少し積もっていました。その後、一時やんでいた雨交じりの雪は、雨に変わっていました。

下の写真、中央の左は、そんな雨が降っていた昼前 11:32 頃の様子です。

昼過ぎになると、雨はやみ、13時まで続いていた 2度台の気温は、14時には 5.3度まで急上昇し、その後も同じ 5度台の気温で推移する中、14:41 には、今日の最高気温となる 5.9度を記録していました。

気温が上がり始めた頃には、曇り空の中、雲の切れ間から青空が広がり、お日さまが、時々姿を現していました。

下の写真、中央の右は、気温が上がり始めていた昼過ぎ13:50 頃の様子です。

夕方になっても同じような空模様で、気温の方も 5度台が続いていましたが、お日さまが西の空へ沈んだ頃には、4度台へ下がり始めていました(秋田市の今日 2021.01.13 日没時刻 16:37)。

下の写真、右は、厚い雲に覆われてはいましたが、明るい空ものぞいていた 16:50 頃の様子です。

夜のはじめ頃の 19時には、3度台まで下がっていた気温ですが、その後も 2度台から 1度台と、少しずつ下がり始めていました。

気温が下がっていた頃には、湿った雪が降っていました。そして、夜遅くになっても 1度台の気温が続いていましたが、その雪がやんでいた頃の 24時には、2.5度まで急に上がっていました。

今日一日を振り返って見ると、それまで続いていた「
氷点下」の「最低気温」が「プラス」となり、「最高気温」も 5.9度を記録する中、一時は雨も降っていました。

何でも、「
寒九の雨」というのだそうで、「その年の豊作の兆しとして喜ばれる雨」のようです。そういえば、今日 2021.01.13 は、寒に入ってから九日目でした。

2021.01.05 小寒の日一時的に寒気が緩む 2021
2021.01.13 「寒九の雨」の昼下がり さんたろう日記(外部リンク)

00. 2021.01.13 : 最低 +1.0(00:58)最高 +5.9(14:41)平均 +2.7 最深積雪 36cm 〜 今日
00.
2021.01.12 : 最低 - 3.7(07:28)最高 +3.3(15:13)平均 - 0.2 最深積雪 41cm 〜 昨日
04. 2021.01.11 : 最低 - 3.2(07:27)最高 - 0.4(13:49)平均 - 1.9 最深積雪 47cm
03. 2021.01.10 : 最低 - 4.5(18:08)最高 - 1.0(23:02)平均 - 3.0 最深積雪 51cm
02. 2021.01.09 : 最低 - 6.2(04:26)最高 - 1.4(14:10)平均 - 4.6 最深積雪 60cm
01. 2021.01.08 : 最低 - 6.1(24:00)最高 - 2.9(01:44)平均 - 5.1 最深積雪 28cm
00. 2021.01.07 : 最低
- 4.8(07:50)最高 +4.9(15:44)平均 - 0.8 最深積雪 21cm
00. 2021.01.06 : 最低
- 8.2(06:51最高 +0.1(14:23)平均 - 3.5 最深積雪 14cm
02. 2021.01.05 : 最低 - 4.6(24:00)最高 - 0.2(01:19)平均 - 2.2 最深積雪 16cm
01. 2021.01.04 : 最低 - 2.0(02:01)最高 - 0.3(12:55)平均 - 0.9 最深積雪 19cm
00. 2021.01.03 : 最低 - 6.6(06:34)最高 +0.6(15:02)平均 - 3.4 最深積雪 18cm
03. 2021.01.02 : 最低 - 5.4(21:57)最高 - 2.6(14:20)平均 - 3.9 最深積雪 23cm
02. 2021.01.01 : 最低 - 5.0(04:17)最高 - 2.0(11:35)平均 - 3.9 最深積雪 23cm

01. 2020.12.31 : 最低 - 6.7(06:02)最高 - 2.3(00:12)平均 - 4.4 最深積雪 19cm
00. 2020.12.30 : 最低 - 4.1(22:29)最高 +1.6(01:35)平均 - 1.0 最深積雪 17cm

(24時 2.5度、湿度 93%、風速 4.1m/s、積雪深 27cm)

20210113外の様子昼前1 20210113外の様子昼前2 20210113外の様子昼過ぎ 20210113外の様子夕方1

下の写真、左は、定番の朝ご飯です。

昼前に、緩んだ雪や残っていた雪の除雪に、下の写真、中央のように、ミニホイルローダが小路へ入って作業されていました(10:29頃)。

ひどい事になっていた雪の小路も、両脇に雪がせまり狭いですが、ようやくきれいになりました。

20210113朝ご飯 20210113外の様子昼前ホイルローダによる小路の除雪作業1 20210113外の様子昼前雨雪

下の写真も、小路の除雪作業をされている様子です(10:37頃)。ある程度、特定の場所に雪を積み上げ、小型のダンプカーが来たら、そこへ雪を移して運んでもらいます。

連係プレイが大切でした。

写真が前後しましたが、上の写真、右は、昼前 11:32 頃の様子です。雨が降っていた頃でした。

20210113外の様子昼前ホイルローダによる小路の除雪作業2

下の写真は、今日のお昼ご飯です。

ダイコンとネギの肉煮込み、ホウレン草、そして、モヤシのナムルでした。

20210113晩ご飯ダイコンとネギの肉煮込み 20210113お昼ご飯ホウレン草とモヤシ 20210113お昼ご飯そば

上の写真、右と、下の写真も、今日のお昼ご飯です。

こちらは、ざるそばインスタント天ぷら添えでした。

20210113お昼ご飯

下の写真は、雨交じりの雪や雨に、とけ始めた雪でしたが、一方では、湿気を増して重さも増していた雪の真下で耐えるお隣さんのローズマリーです。

20210113お隣さんのローズマリー1

実は、このような条件がローズマリーには一番悪いようで、枝折れや枝が裂けてしまい、最後には枯れてしまう事もありました。

今のところ問題ないようですが、凍りついた雪が、枝に付着すると大変です。

下の写真、中央と右は、昼過ぎ 13:50 頃と、15:18 頃の様子です。

ようやく雨がやみ、雲の切れ間から明るい空がのぞいていた様子と、そのきれまから青空が広がり、夕日が暖かな光を運んでいた頃の様子です。

20210113お隣さんのローズマリー2 20210113外の様子昼過ぎ歩道と東大通り 20210113外の様子昼過ぎ東大通りと夕日1

下の写真は、上の写真、右と、同じ時刻 15:18 に撮った南西の空の様子です。

20210113外の様子昼過ぎ東大通りと夕日2

下の写真も、15:19 頃に撮った南西の空の様子です。上は、横長、そして、下は、縦長で撮った風景でした。

20210113外の様子昼過ぎ東大通りと夕日3

下の写真、左と中央は、夕方 16:24 頃の交差点付近と、先ほど除雪の終わったお店横の小路の様子です。

雲が空を覆う様になっていましたが、所々には明るい空ものぞいていました。

20210113外の様子夕方2 20210113外の様子夕方小路の様子1 20210113蒸しパン

上の写真、右と、下の写真、左は、お菓子の蒸しパンと、ハクサイと豚肉の煮込み(ラグー)です。夕方にかけて、料理されていた品々でした。

下の写真、中央と右は、上の写真、中央でも載っけましたが、除雪の済んだお店横の小路と、歩道の様子です(16:48頃)。

16時から 17時にかけては 5度台から 4度台の気温で推移しており、雪の状態は、最悪でしたが、これが一端凍り始めると、大変な事になりました。

コンクリートのようにかたくなり、そして、ツルツル滑る状態となります。

特に、除雪は済んだものの、小路の入口や小路の両脇の高い雪の壁が凍ると、車の側面などにあたったら、破損したり傷ついたりしてしまいますから大変です。

20210113ハクサイと豚肉のラグー(煮込み) 20210113外の様子夕方小路の様子2 20210113外の様子夕方歩道の様子

下の写真は、今日の晩ご飯です。

自家製のサバ寿司、カボチャのサラダ、筋子、そして、上の写真、左のようにして出来上がったハクサイと豚肉の煮込み(ラグー)です。

20210113晩ご飯

夜のはじめ頃から、再び湿気を含んだ雪が降り出してきました。

雪が降り始めた頃には 3度台から 2度台、2度台から 1度台と下がっていましたが、積雪深は、29cm から 28cm、28cm から 27cm と少しずつ減っていました。

20210113外の様子夜のはじめ頃雨ゆきが降り出す0

下の写真も、上の写真と同じ頃の 20:09 頃のお店前の様子です。

寒気が緩んで、表面が一部茶色い色となり始めていた雪でしたが、これで、また少しきれいな白い雪となりそうです。

20210113外の様子夜のはじめ頃雨雪が降り出す1 20210113外の様子夜のはじめ頃雨雪が降り出す2 20210113外の様子夜のはじめ頃雨雪が降り出す3

明日 2021.01.14(木)の秋田の最低気温は
- 1度、最高気温は 7度、そして、天気は「雨のち曇り」が予想されていました(YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2021.01.13 20:00 発表)。

久しぶりの山で屋根の雪下ろし作業 2021

■ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.01.12 Daylite Touch for iPhone Coming Early 2009- 4.8 / 3.2
○ 履歴 : 2010「2010.01.12 会津の冬0泊2食旅行
- 0.8 / 1.6
○ 履歴 : 2011「2011.01.12 アルツハイマー型痴呆症のバイオマーカー
- 6.8 / 4.0
○ 履歴 : 2012「2012.01.12 二日連続の真冬日の中今日も雪との闘い
- 5.5 / - 0.1
○ 履歴 : 2013「2013.01.12 高田奇祭大俵引きと大雪警報の秋田市
- 4.2 / 3.5
○ 履歴 : 2014「2014.01.12 二日連続の雪寄せ 2014
- 2.9 / 3.9
○ 履歴 : 2015「2015.01.12 チャーター便が折り返し台湾へ 2015
- 1.2 / 4.3
○ 履歴 : 2016「2016.01.12 寒に入り....雪が降っている頃東京では初雪を記録 2016
- 3.2 / 0.8
○ 履歴 : 2017「2017.01.12 今季初めての真冬日を記録した秋田市 2017
- 3.3 / - 0.3
○ 履歴 : 2018「2018.01.12 小寒の頃全国的に寒さと大雪の続く中秋田は意外と穏やか
- 4.7 / 2.2
○ 履歴 : 2019「2019.01.12 東京都心で初雪観測..秋田市では春のような風景に
- 0.2 / 5.2
○ 履歴 : 2020「2020.01.12 医薬品と精油の薬理作用は似て非なるもの
0.1 / 4.3

☆ 昨日 : 最低 - 3.2(07:27)最高 - 0.4(13:49)平均 - 1.9 最大瞬間風速 13.0m/s(00:47)
・ 昨日 : 降水 1.0mm 日照 2.5h 最深積雪 47cm 昼の天気 曇一時晴後雪
→ 平年 : 最低 - 2.3 最高 3.0 平均 0.3 降水 3.8mm 日照 1.2h 最深積雪 12cm


★ 今日 : 最低
- 3.7(07:28)最高 3.3(15:13)平均 - 0.2 最大瞬間風速 10.7m/s(14:12)
・ 今日 : 降水 7.5mm 日照 3.2h 最深積雪 41cm 昼の天気 曇後晴一時みぞれ
→ 平年 : 最低
- 2.4 最高 2.9 平均 0.2 降水 3.8mm 日照 1.2h 最深積雪 13cm

202101122400Temperature

上の画像は、2021.01.12(火)秋田の気象観測データ(お天気モニタ)です。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜、夜のはじめ頃の 19時には、再び - 2度台 まで下がったのですが、その後は、夜遅くまで同じ - 2度台 の気温が続いていました。

今日未明になっても
- 2度台 の気温が続いていましたが、明け方からは - 3度台 となっていました。

その間、雪は降らなかったようで、01時には 41cm だった積雪深は、04時には、40cm を示し、その後も同じでした。

朝には、雲がかかっていましたが、その雲の切れ間から、下の写真、左(07:27頃)のように、水色の空ものぞく空模様でした。

気温の方は相変わらず低く、
- 3度台 が続いていましたが、09時には急に上昇し、- 1度台 を示す中、07:28 には、今日の最低気温となる - 3.7度 を記録していました。

07:28 といえば、下の写真、左の時刻(07:27頃)の一分ほど後だったようで、この頃に今日の最低気温を記録していた事になります。

昼前になっても、雲の切れ間から青空がのぞく程度で、どちらかというと曇り空の空模様でしたが、少しずつその雲が取れ始め、素晴らしい青空が広がり始め、お日さまも暖かな光を降り注ぐようになって来ました。

そのためか、10時には
- 0度台 だった気温も、その後、11時には 0.0度、そして、12時には 1.2度と、久しぶりの「プラス」の気温を示していました(五日ぶり)。

下の写真、中央の左は、まだ雲が空を覆っていた 10:00 頃の様子です。

きれいな青空が広がり、お日さまが暖かな光を届けていたのは、昼過ぎの 14時を過ぎた頃までで、その後は、下の写真、中央の右(14:46頃)のように、再び雪雲が空を覆う様になってきました。

ただ、これだけお日さまが直接暖かな光を届けていた事で、気温の方は プラスの 2度台から 3度台で推移する中、15:13 には、今日の最高気温となる 3.3度を記録していました。

そして、夕方になると、空全体が、下の写真、右(16:25頃)のように雪雲で覆われてきました。気温の方も、2度台から 1度台と下がっていましたが、道路の方は、とけたままの状態でした。

それでも、途中から雪が降り始め、18時には 37cm まで減っていた積雪深でしたが、夜のはじめ頃の 19時には 38cm と、1cm 増えていました。

気温の方は、19時には 0度台まで下がっていましたが、雪の降り方によっては 1度台まで上がり、夜遅くになっても、雪が降っていた事もあって、0度台から 1度台と、上がったり下がったりを繰り返す天気となっていました。

そんな中、22時には、積雪深が 38cm から 37cm と、今度は 1cm 減っていました。

00. 2021.01.12 : 最低 - 3.7(07:28)最高 +3.3(15:13)平均 - 0.2 最深積雪 41cm 〜 今日
04. 2021.01.11 : 最低 - 3.2(07:27)最高 - 0.4(13:49)平均 - 1.9 最深積雪 47cm 〜 昨日
03. 2021.01.10 : 最低 - 4.5(18:08)最高 - 1.0(23:02)平均 - 3.0 最深積雪 51cm
02. 2021.01.09 : 最低 - 6.2(04:26)最高 - 1.4(14:10)平均 - 4.6 最深積雪 60cm
01. 2021.01.08 : 最低 - 6.1(24:00)最高 - 2.9(01:44)平均 - 5.1 最深積雪 28cm
00. 2021.01.07 : 最低
- 4.8(07:50)最高 +4.9(15:44)平均 - 0.8 最深積雪 21cm
00. 2021.01.06 : 最低
- 8.2(06:51最高 +0.1(14:23)平均 - 3.5 最深積雪 14cm
02. 2021.01.05 : 最低 - 4.6(24:00)最高 - 0.2(01:19)平均 - 2.2 最深積雪 16cm
01. 2021.01.04 : 最低 - 2.0(02:01)最高 - 0.3(12:55)平均 - 0.9 最深積雪 19cm
00. 2021.01.03 : 最低 - 6.6(06:34)最高 +0.6(15:02)平均 - 3.4 最深積雪 18cm
03. 2021.01.02 : 最低 - 5.4(21:57)最高 - 2.6(14:20)平均 - 3.9 最深積雪 23cm
02. 2021.01.01 : 最低 - 5.0(04:17)最高 - 2.0(11:35)平均 - 3.9 最深積雪 23cm

01. 2020.12.31 : 最低 - 6.7(06:02)最高 - 2.3(00:12)平均 - 4.4 最深積雪 19cm
00. 2020.12.30 : 最低 - 4.1(22:29)最高 +1.6(01:35)平均 - 1.0 最深積雪 17cm

上の気象データである毎日の最低・最高気温の変化を見てみると、「真冬日」は、昨日まで連続 4日間となっていましたが、五日目には、プラスとなっていました。

(24時 1.1度、湿度 96%、風速 2.8m/s、積雪深 37cm)

20210112外の様子朝 20210112外の様子昼前 20210112外の様子昼過ぎ 20210112外の様子夕方

下の写真は、上の写真、左と同じ頃の 07:28 頃の歩道と東大通りの様子ですが、07:28 には、今日の最低気温となる
- 3.7度 を記録していた頃でした。

交差点付近は、融雪剤で路面がむき出しとなっていますが、下の写真に写る道路にも、多少その影響があるようですが、雪がとけずに残ったままとなっていました。

中央は、定番の朝ご飯です。

右は、家庭用のゴミを置いた帰りに望んだ歩道と東大通りの様子ですが、道路は、タイヤの通り道部分がわだちとなっていました(08:41頃)。

20210112外の様子朝歩道と東大通り1 20210112朝ご飯 20210112外の様子朝歩道と東大通り2

今日は、懸案だった山の作業小屋の雪下ろしに向かいました。

途中、山の近くのいぶきの里で買い物を頼まれていたので、いつもの道とは違い、横山金足線を通り、日赤病院前を経由して向かいました。

下の写真、左は、その途中の山手台入口交差点前から望んだ田んぼと西の空の様子です(10:22頃)。

雲の切れ間から、きれいな青空がのぞいていました。中央は、いぶきの里から望んだ山手台方面の風景です(10:32頃)。

下の写真、右は、小学校前から望んだ太平山の様子です。こちらの方角には、まだ雲が空を覆っていました(10:37頃)。

20210112山へ向かう途中で望んだ田んぼと空 20210112山へ向かう途中立ち寄ったいぶきの里 20210112山へ向かう途中で望んだ太平山

今年初めての山でしたが、遠くから、「あれっ?」と思うような光景が目に入って来ました。

そうです。作業小屋前の樹木が倒れて傾いていたからでした。

下の写真は、山の入り口から入ってすぐの場所から望んだ倒木の様子です(10:45頃)。

倒れた場所は、何とかセーフでした。建物に直接倒れ込んでいたなら、建物が傷んでいたかも知れません。倒木の下には、雪があったので、ラベンダーの鉢植えは、何とか大丈夫だと思います。

これは、2021.01.07 に吹き荒れた暴風の影響だったと思います。

2021.01.07 暴風雪警報の出された秋田市で最大瞬間風速36.9m/s 2021

20210112山の様子倒木1 20210112山の様子倒木2

その他は、それほど大きな被害はありませんでした。毎年、雪囲いをしている作業小屋手前の屋根の一枚がはがれていた程度でした。

下の写真、左と中央は、その屋根の雪下ろし前(10:51頃)と、雪下ろし後の様子です(11:19頃)。

20210112作業小屋の雪下ろし前の様子1 20210112作業小屋の雪下ろし後の様子1 20210112作業小屋の雪下ろし前の様子2

次の作業は、作業小屋の北側の屋根の雪下ろしでした。

上の写真、右と、下の写真が、雪下ろし前の屋根の上の様子です(11:26頃)。

それほど高いわけではありませんが、それでも、屋根に上って辺りを見回すと、眺めがよく、なによりも真っ白な雪がとてもきれでした。

20210112作業小屋の雪下ろし前の様子3

写真が前後しますが、下の写真、左は、山に到着した頃に望んだ南の空の様子ですが、雪雲の中、お日さまがボンヤリと輝いている様子です(10:43頃)。

写真が前後しましたが、下の写真、中央は、山の小屋の屋根に積もっていた雪おろしをしている途中(11:38頃)の様子です。

中央の写真には、積もった雪の中程に、少し茶色い色の層をなした部分がありましたが、この層の上には、暴風によって、周りの樹木の葉っぱとか枝が雪と一緒に屋根に積もっていたようです。

その後、秋田市では、一時 60cm の積雪深を記録する大雪が降っていました。

2021.01.09 大雪に見舞われた秋田市積雪深が一時60cmを記録 2021

下の写真、右は、屋根の雪下ろしを終えた頃に望んだ風景です(11:44頃)。

20210112山の様子ボンヤリとお日さまが 20210112作業小屋の雪下ろし途中の様子 20210112作業小屋の雪下ろし後の様子2

下の写真、左は、雲はありましたが、きれいな青空が広がり始めていた南の空の様子です(11:55頃)。

上の写真、右の天気から、一時間ほど経過した頃の様子ですが、雰囲気が全く違っていました。屋根の雪下ろしで落ちた雪が道路の方にまで来ていました。

下の写真、右は、作業小屋前の田んぼの雪面にウサギの足跡が残っていた風景です(11:56頃)。特徴のある足跡ですね。

20210112山の様子青空が広がりお日さまが 20210112山の様子田んぼにウサギの足跡

次の作業も雪下ろしですが、野菜畑近くにある資材置き場でした。この場所は、車の幌を使った資材置き場でした。

下の写真は、その資材置き場から望んだ野菜畑の方角の空の様子です(12:02頃)。

樹木の枝や葉っぱに受け止められた真っ白な雪が、真っ青な青空から姿を現していたお日さまの光を受けて、輝いていた風景でした。

20210112山の様子雪をかぶった樹木と真っ青な空

下の写真は、その資材置き場となっている幌の上の雪下ろし前(12:01頃)とその途中(12:11頃)、そして、雪下ろしが済んだ頃の様子です(12:23頃、12:26頃)。

何とかつぶれないでこの大雪に耐えていてくれました。雪がとけ出し、雨が降り、その後凍りついたら、その重たさが半端ではないくらいの重さとなってしまいかねませんでした。

これで、一安心です。倒木は、春先にでも、ゆっくりかたづける事にしましょう。

20210112幌の上に積もった雪の雪下ろし作業前1 20210112幌の上に積もった雪の雪下ろし作業前2 20210112幌の上に積もった雪の雪下ろし作業後1 20210112幌の上に積もった雪の雪下ろし作業後2

下の写真は、山の帰り道で望んだ田んぼと南の空の様子です(12:37頃)。このお日さまの光、紫外線により、お肌に大きなダメージをあたえそうでした。

20210112山からの帰り道田んぼと空

下の写真も、山からの帰り道の様子ですが、左は、峠道への入口辺りから望んだ風景(12:39頃)、そして、右は、その峠道の頂上付近から望んだ風景です(12:40頃)。

こちらの方角には、抜けるような青空が広がっていました。

20210112山からの帰り道峠道へ向かう道路から 20210112山からの帰り道峠道の頂上

少し遅くなってしまいましたが、下の写真は、山から戻り食べた今日のお昼ご飯です。

今日は、自家製のスープで作ったラーメンでした。生玉子も一緒でした。

20210112お昼ご飯

下の写真、左と中央も、今日のお昼ご飯です。

こちらの方は、ブロッコリーとゆで卵の和えものモヤシのナムル添え、それに、自家製のどら焼きもどきでした。

昼過ぎ、大きな箱が、千葉の叔父さんから届きました。下の写真、右が、その箱の中に入っていた「甘柑」です。

20210112お昼ご飯ブロッコリーとゆで玉子 20210112デザート自家製どら焼きもどき 20210112千葉の叔父さんから届いた甘柑

昼過ぎからはプラスの気温となった事で、随分屋根のツララ部分が緩んできました。

その事を考えながら、屋根の軒先から垂れ下がっていたツララ落としを行う事にしました。

下の写真、左は、まだツララが軒先からぶら下がっていた作業前の様子(15:49頃)、そして、中央の右は、そのツララ落としが終わった頃の様子です(16:18頃)。

その作業途中には、ツララが落ちてお隣の設備や壁などに当たり、傷や損壊を防ぐために、下の写真、中央のように、段ボールで囲ったりして養生しながら行いました(16:06頃)。

下の写真、右は、反対に、お隣のアパートからぶら下がる巨大な氷の塊が恐ろしく、そのための防御壁を据え付ける作業が完了した頃の様子です(16:20頃)。

これで、室外機や建物の壁、そして、乗用車の中程から後部にかけての側面に、氷の塊が落ちてきても、何とか大丈夫になりました。

20210112屋根のツララ落とし前 20210112屋根のツララ落とし途中の養生 20210112屋根のツララ落とし後 20210112隣のアパートの間に防御壁

下の写真は、今日の晩ご飯です。

今日は、ダイコンや生ハムのカボチャ和え、ダイコンおろしと納豆、チーズ、それに、肉入りハクサイの野菜スープでした。

20210112晩ご飯

下の写真、左は、電子レンジでチンしたギンナン、それに、お湯割りの梅酒でした。

夜のはじめ頃になる前から、雪が降り始めてきました。

下の写真、右は、そんな雪が降り始めてきた 18:19 頃の様子です。

20210112晩ご飯ギンナン 20210112梅酒のお湯割り 20210112外の様子夜のはじめ頃雪が降り出す

その雪は、夜遅くまで降り続いていましたが、下の写真は、雪が降っていた 21:47 頃に、お店前の交差点から、東大通りを北へ向かい除雪していたミニホイルローダーの様子です。

20210112外の様子夜のはじめ頃ミニホイルローダ

おそらく、大型の除雪グレーダが通り過ぎ、交差点内の横断歩道や、家屋・店舗などの出入り口に残っていた雪の排雪をしていたのだと思います。

その作業の様子が、下の動画フレームです(短いですが、Wi-Fi 環境でのご利用をお薦めします)。

直接のリンクは、下の「YouTube(外部リンク)」でご覧いただくことができます(短いですが、Wi-Fi 環境でのご利用をお薦めします)。

2021.01.12 21:47 東大通りをミニホイールローダーが除雪作業(外部リンク YouTube)

連日の除排雪作業に違いありませんが、ご苦労様です。こちらで排雪作業をしなくても済むのは、この方々のお陰でした。



明日 2021.01.13(水)の秋田の最低気温は 1度、最高気温は 6度、そして、天気は「曇り時々雪」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2021.01.12 22:00 発表)。
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ