みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

穀雨の頃イチョウの黄緑色の葉っぱが芽吹き始める 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.04.26 穀雨と散りゆくさくらの花びら8.6 / 11.4
○ 履歴 : 2010「2010.04.26 ラベンダーの植え込み作業と秋田市の桜
4.3 / 13.3
○ 履歴 : 2011「2011.04.26 春の訪れを植物から感じ取る頃
9.3 / 15.5 22時現在
○ 履歴 : 2012「2012.04.26 梅と桜の花が見頃を迎えました 2012
11.5 / 22.6
○ 履歴 : 2013「2013.04.26 冷たい雨上がり一つ森はつぼみ愛宕下橋は二分咲き 2013
6.4 / 12.3 23時現在
○ 履歴 : 2014「2014.04.26 今季最高の 21.1度を記録した中ラベンダー畑で枯れ枝処理と土の補充作業 2014
7.2 / 21.1
○ 履歴 : 2015「2015.04.26 タイトル画を藤の花の咲く季節へ 2015
5.6 / 19.3
○ 履歴 : 2016「2016.04.26 今季二度目となるラベンダー畑の耕耘作業 2016
5.7 / 18.6
○ 気温 : 昨日の最低 8.6(05:28)最高 21.4(11:30)24時
○ 気温 : 今日の最低 10.2(20:13)最高 13.3(00:01)22時現在(9.6(24:00)/ 13.3 24時)

201704262400Temperature

上の画像は、2017.04.26(水)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、雨が降っていたものの 14度台から 13度台と、考えられない高い気温が続いていましたが、今日未明から明け方になっても、01時の 13.0度を除き、12度台の気温が続いていました。

そして、00:01 に記録した 13.3度が今日の最高気温でした。未明には、雨が断続的に降り続いていたようですが、明け方になると、かなり雨足の強い雨に変わっていました。

朝になっても、雨が降り続き、それまで 12度台の続いていた気温は、11度台と 1度程下がっていました。下の写真、左は、雨が降り続いていた朝 06:09 頃の様子です。

昼前になっても、雨が降り続いていましたが、11度台だった気温は、ほんの少し高い 12度台へ戻っていました。下の写真、中央の左は、昼前 10:21 頃の様子です。

昼過ぎになっても、相変わらず雨がシトシト降り続いていました。気温の方も 12度台から 11度台と、ほとんど変化がなかったようです。

下の写真、中央の右は、まだ雨が降り続いていた昼過ぎ 13:34 頃の様子です。

夕方になっても雨は降り続いていました。気温の方は、11度台から 10度台と、昼過ぎから少しずつ下がって来ていますが、1度から 2度程度のごくわずかな変動でした。

下の写真、右は、まだ雨が降っていた夕方 17:31 頃の様子です。

夜のはじめ頃になると、それまで降り続いていた雨が、ようやくやんでいました。それでも、外はとても湿気があり、気温の方も 10度台という高い気温を示していました(22時現在 10.5度 96%(24時 9.6度 93%))。

20170426外の様子朝 20170426外の様子昼前 20170426外の様子昼過ぎ 20170426外の様子夕方

今日は、朝から昼前にかけて、アロマのセミナーがありました。下の写真、左と中央は、そのときに学んでいただいた内容の一部です。

昨日、セミナー受講生が、採りたての山菜を持って来て下さいました。下の写真、右が、その新鮮な山菜、コゴミです。

20170426アロマのセミナー1 20170426アロマのセミナー2 20170426山菜のコゴミ

下の写真は、今日のお昼ご飯です。昨日に引き続き、焼き肉入りの焼きそばでした。

20170426お昼ご飯

今日は一日中雨の降る空模様でした。しかも、本格的な雨模様で、穀雨とはよくいったもので、本当に周りの植物たちを育む潤いを与えてくれます。

その影響なのか、お店前のハーブたちが、とても大きく育ってきました。下の写真、中央と右は、そのハーブたちです。

20170426お昼ご飯焼きそば 20170426穀雨の頃ハーブ1 201704226穀雨の頃ハーブ2

下の写真も、そのハーブたちです。日中の気温が 11度台から 12度台、そして、12度台から 11度台と、やや低い気温で推移していましたが、そのくらいが、ハーブたちも気持ちよさそうでした。

下の写真、右は、お店の前に並べられた鉢植えのローズマリーです。昨日、無理してでもラベンダーの畑苗をポットへ移植しておいて、正解でした。

201704226穀雨の頃ハーブ3 201704226穀雨の頃ハーブ4 201704226穀雨の頃ハーブ5

そんな中、目に飛び込んできたのが、イチョウの木でした。昨日まで、それほど目立った様子はなかったのですが、今日は、枝一杯に、黄緑色の若葉が芽吹いている事に気がつきました。

20170426穀雨の頃イチョウの葉が芽吹く1

もうビックリです。一日中降り続いていた雨で、イチョウの木も、ようやく新しい葉っぱをつけて新緑の季節を迎えてきました。

下の写真、左は、交差点前、そして、右は、お店前のイチョウの様子です(17:33頃)。

20170426穀雨の頃イチョウの葉が芽吹く2 20170426穀雨の頃イチョウの葉が芽吹く3

イチョウの木の両脇に、ラベンダーの株があるのですが、その株が、イキイキとした緑色の葉っぱとなっていました。脇には、チューリップのつぼみも見えています。

20170426穀雨の頃歩道のラベンダーとチューリップ 20170426晩ご飯キムチとナスがっこ 20170426晩ご飯コゴミの天ぷら

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日の晩ご飯です。今日は、豆富のおから、キムチとナスがっこ、そして、セミナー修了生に頂いたコゴミの天ぷら、それに、カツ丼でした。

20170426晩ご飯

下の写真、左と中央も、今日の晩ご飯です。ゴボウと豆富のみそ汁、そして、自家製のわさび漬けでした。

今日は、一日中雨降りでしたが、明日は、天気が回復するようです。下の写真、右は、夕方の NHK テレビで放送されていた秋田市を中心とした明日の秋田県内の天気予報です(18:58頃)。

20170426晩ご飯ゴボウと豆富のみそ汁 20170426晩ご飯わさび漬け 20170426県内の明日の天気予報

下の写真は、交差点の街灯に照らされて、出始めた新芽がキラキラ輝いていたイチョウの木の様子です(20:57頃)。この頃は、雨はやんでいましたが、芽吹き始めた若葉をまだ濡らしていました。

20170426穀雨の頃イチョウの葉が芽吹く4

明日の秋田の最低気温は 6度、最高気温は 14度、そして、天気は「曇り時々晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.04.26 17:00発表)。

車検期限が迫る中軽トラ交換へ 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.04.25 いつの間にか草取りに夢中5.7 / 12.6
○ 履歴 : 2010「2010.04.25 秋田の桜は昨日開花会津は今日満開
6.4 / 12.7
○ 履歴 : 2011「2011.04.25 恩師の訃報
6.6 / 14.3 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.04.25 この春初めて20度越え 2012
7.9 / 20.3 23時現在
○ 履歴 : 2013「2013.04.25 コンクリート打ち後の車庫内の荷物整理
7.9 / 14.6
○ 履歴 : 2014「2014.04.25 見頃となった一つ森公園の桜 2014
4.9 / 17.4
○ 履歴 : 2015「2015.04.25 今年初めての草刈りとラベンダー畑の耕耘作業 2015
6.3 / 15.6
○ 履歴 : 2016「2016.04.25 青空が広がり藤の種が飛び散る中土入れ替え作業 2016
5.0 / 17.7
○ 気温 : 昨日の最低 2.9(04:39)最高 20.1(13:01)24時
○ 気温 : 今日の最低 8.6(05:28)最高 21.4(11:30)24時

201704252400Temperature

上の画像は、2017.04.25(火)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、一昨日よりも高い 11度台から 10度台の気温で推移していましたが、今日未明になっても 10度台が続き、明け方になっても 9度台から 8度台の間で変動していました。

そんな中、05:28 には、今日の最低気温 8.6度を記録していました。下の写真、左と中央は、偶然その 8.6度を記録していた 05:28 頃の様子です。

この頃には、すでにきれいな青空が広がり、お日さまも東の空から姿を現していました。

朝には、一気に 11度台となり、09時には 16.7度を記録していました。昼前になると、暖かなお日さまの影響で、気温はグングン上がり、11時には 20度台となり、11:30 には、今日の最高気温 21.4度を記録していました。

昼過ぎになると、雲が空を覆い始め、あっという間に曇り空の天気となっていました。その影響なのか、18度台から 15度台の間で変動し、風が強くなっていた頃には 15度台を示していました。

夕方になると、さらに空が暗くなり始め、いつ雨が降り出してもおかしくないような空模様となり、16時半前には、小雨がパラパラ降り始めてきました。

ただ、気温の方は、雨が降り出す前よりも安定して来たのか、風も弱くなり 17度台から 16度台を示していました。

小雨は、道路を濡らす程度の雨足で、断続的に降っていましたが、夜のはじめ頃には、少し落ち着いていました。

気温の方も、15度台から 16度台を示していましたが、夜遅くになると、再び雨が降り始め、16度台だった気温は、14度台から 13度台とかなり高い気温で推移していました(24時 13.4度 86%)。

20170425外の様子朝1 20170425外の様子朝2 20170425アロマのセミナー1

今日は、昼前から昼過ぎにかけて、アロマのセミナーがありました。上の写真、右と、下の写真、左は、そのときに学んでいただいた内容の一部です。

下の写真、中央と右は、今日のお昼ご飯です。インスタントのカレーカップラーメン、ソーセージに玉子焼きでした。

20170425アロマのセミナー2 20170425お昼ご飯ソーセージと玉子焼き 20170425お昼ご飯インスタントカップラーメン

昨年は、味噌樽が小さかったのか、今年の味噌は、年間消費量からすると、足りなくなるかもしれないという事でした。下の写真、左は、その自家製の味噌です。

今日は、遅くなりましたが、昼過ぎに山へ向かいました。昨日、ようやく整備工場から車検に出していた軽トラが引き渡せる旨の連絡をいただいていました。

そのまま、整備工場へ立ち寄り、その軽トラを乗って山へ向かいました。下の写真、中央と右は、田起こしの済んだ田んぼと峠道のコブシの花の様子です(14:36頃)。

20170425自家製の味噌 20170425山へ向かう途中の様子田んぼ 20170425山へ向かう途中の様子峠道のコブシの花

今まで乗っていた軽トラは、昨日、すでに山へ運んでいました。車検は、今月末まであるため、まだ公道を走っても大丈夫なのですが、任意保険の切り替えもあったので、入れ替えた軽トラに、今日の日付で切り替えてから、その軽トラを引き取りました。

今まで乗っていた軽トラは廃車とし、山の中で荷物の運搬などに使うつもりです。

下の写真は、今まで乗っていた軽トラと入れ替えた軽トラです(14:53頃)。車検を取った軽トラは、お隣のおばさん宅から譲り受けたものでした。

20170425軽トラの入れ替え1 20170425軽トラの入れ替え2 20170425軽トラの入れ替え3

ちょうど、八重紅枝垂れ桜の花が咲き出していました。これだけの花をつけるのは初めてです。

20170425軽トラの入れ替え4

下の写真、左も、今まで乗っていた軽トラと入れ替えた軽トラです。

中央と右は、八重紅枝垂れ桜のある斜面とラベンダー畑の様子です(15:03頃)。

20170425軽トラの入れ替え5 20170425八重紅枝垂れ桜のある斜面の様子 20170425ラベンダーの畑

下の写真も、今日のラベンダー畑の様子です。背景の杉林は、一年を通して、常緑の葉っぱを保っていますが、その手前にある落葉樹の一部の葉っぱが芽吹き始めてきました。

20170425ラベンダー畑の様子1

下の写真も、ラベンダー畑の様子ですが、上の写真とは反対に、上の方から畑を望んだ風景です(15:07頃)。

20170425ラベンダー畑の様子2

下の写真は、今まで咲きかけていた花が、今日、パッと真っ白な花を咲かせていた花桃の花です。

20170425山の様子花桃の花

昨日、ラベンダー畑から、大きなラベンダーこいむらさきの株を数株堀上げ、鉢植えにしましたが、そのとき、三年生のラベンダーの苗木も一緒に堀上げ、袋に根っこをくるんだままにしていました。

昨日は、時間がなく、ポットへの移植が出来ませんでしたが、今日は、それらの苗木を植え込む予定でした。下の写真、左は、その苗木の様子です。

すぐ近くの田んぼでは、昨日から田起こしが行われていました。下の写真、中央と右は、田んぼの田起こしの様子と、大型トラクターの様子です。

後輪は、キャタピラーになっていました。おそらく、この部分は取り外して車輪に付け替える事ができるタイプなのではないかなぁと思いました。

20170425掘り起こしたラベンダーの苗木をポットへ移植1 20170425山の様子田んぼの田起こし 20170425大型トラクター

苗木の定植をしている最中に、小雨がパラパラ降り始めてきました。それでも何とか、掘り起こした苗木をポットへ移植することができました。

今回ポットへ移植したのは、早咲きのラベンダーナナ成沢と、ラベンダーこいむらさきです。シーズンには、花つきの大きなポット仕立てのラベンダーをご覧いただけると思います。

下の写真、中央と右は、山からの帰り道の様子です。峠道の杉林でひかげになっている場所には、まだわずかに雪が残っていました。暖かい気温が続いていましたが、まだとけずに残っていました。

右は、上北手下小山田地区にある枝垂れ桜の様子です(17:05頃)。まだ花は咲き出してはいませんが、つぼみが膨らみ、全体がピンク色になってきました。

20170425掘り起こしたラベンダーの苗木をポットへ移植2 20170425山からの帰り道の様子峠道の残雪 20170425山からの帰り道の様子枝垂れ桜

下の写真、左は、入れ替えた軽トラを駐車場にとめたときの様子です。

18時過ぎに、消防自動車が走っていましたが、何と、すぐ近くのアパートで火事がありました。いつも通っている小学校の向かい側でしたので、すぐ近くでした。

下の写真、中央が、道路沿いから望んだ火事現場付近の様子です(18:16頃)。雲とは違う別の色の煙が上がっていました。

ちょうど夕方だったので、テレビで放送されたのか、心配して下さる親戚の方々から電話をいただきました。

20170425軽トラの入れ替え6 20170425近隣が火事 20170425晩ご飯焼肉1

上の写真、右と、下の写真は、今日の晩ご飯です。今日は、焼肉でした。ホットプレートに肉やホルモン、そして、野菜などをのせて焼き、最後は、焼きそばを焼いて食べました。

その他、ワカメとタマネギの酢のもの、そして、豆富のおからでした。

20170425晩ご飯焼肉2 20170425晩ご飯焼肉と焼きそば 20170425晩ご飯豆富のおから

明日の秋田の最低気温は 11度、最高気温は 14度、そして、天気は「雨」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.04.25 17:00発表)。

恩師の六回忌を迎えた日快晴で満開となった太平川沿いの桜 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.04.24 角館のさくら 20095.0 / 11.7
○ 履歴 : 2010「2010.04.24 連日のラベンダー補植作業
2.8 / 11.0
○ 履歴 : 2011「2011.04.24 開花宣言直後のさくら巡り 2011
7.0 / 12.6 21時現在
○ 履歴 : 2012「2012.04.24 木々の芽吹き 2012
9.4 / 13.6 24時
○ 履歴 : 2013「2013.04.24 雨に濡れる開花直後の花梅と枝垂れ桜 2013
7.6 / 19.0 24時
○ 履歴 : 2014「2014.04.24 恩師の三回忌に改めて思う植物療法における先見の明
4.1 / 14.9 24時
○ 履歴 : 2015「2015.04.24 今年一番の気温を記録した日に恩師の四回忌 2015
6.6 / 20.9
○ 履歴 : 2016「2016.04.24 最近問合せが多くなった体質形態学と恩師の五回忌 2016
7.6 / 15.9
○ 気温 : 昨日の最低 4.8(24:00)最高 12.4(14:04)24時
○ 気温 : 今日の最低 2.9(04:39)最高 20.1(13:01)24時

201704242400Temperature

上の画像は、2017.04.24(月)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、8度台から 7度台の高い気温で推移していましたが、夜遅くになると、その気温も下がり始め、00時には昨日の最低気温 4.8度を記録していました。

その傾向は、今日未明にも続き、4度台から3度台となり、明け方の 04:39 には、今日の最低気温 2.9度まで下がっていました。

ただ、放射冷却の影響だったのか、朝には、素晴らしい青空が広がり、06時には 3度台だった気温も、07時には 6度台、そして、09時には 12度台まで上がっていました。

下の写真、左は、きれいな青空の広がっていた朝 06:09 頃の様子です。

その後、昼前から昼過ぎ、そして、夕方にかけて、素晴らしい青空が一日中広がっていました。それにともなって、気温の方も、昼前には 18度台まで上がり、昼過ぎの 13:01 には、今日の最高気温 20.1度を記録していました。

下の写真、中央は、昼前 10:22 頃の様子、そして、右は、昼過ぎ 13:19 頃の様子です。いずれも素晴らしい空模様でした。

その後、夕方までは、17度台から 16度台と少しずつ下がり始め、夕方には、 15度台から 14度台で推移していました。

夜のはじめ頃になっても 14度台から 13度台を示していましたが、夜遅くの 22時には、一時 9度台まで下がっていました。

それでも、その後は 11度台から 10度台とかなり高めの気温で推移していました(24時 10.9度 67%)。

20170424外の様子朝 20170424外の様子昼前 20170424外の様子昼過ぎ

下の写真は、朝、素晴らしい青空のもと、近くの桜を見て回ったときの様子です。真っ青な空に、きれいな桜の花が満開の状態でした。これ以上ないお花見日和でした(06:15頃)。

中央は、お日さまの光を受けて反射した光が、反対側の建物の壁に不思議な模様を作り出していた様子です。何が反射して、そのような模様になっているのかはわかりませんでした。

20170424外の様子桜1 20170424外の様子不思議な反射 20170424外の様子桜2

いつもの近くの桜を眺めながら、再びお店前へ戻って来ました。今日の最低気温は 2度台まで下がっていましたが、この頃はまだ、3度台から 4度台と、かなり寒かったようですが、爽やかでした。

20170424外の様子桜3 20170424外の様子桜4 20170424外の様子朝2

下の写真、左は、向かい側の歩道から望んだ東大通りの様子です(06:46頃)。雲を見つける事のできないくらいの快晴でした。

昨日いただいたイタドリをうまい具合に料理することができました。そして、収穫してきたわさびも、わさび漬けとなり、ホウレン草などと一緒にして、お昼や、晩に食べました。

中央が、そのイタドリとわさびです。

20170424外の様子朝3 20170424わさびとイタドリ 20170424外の様子昼前太平山1

今日は、素晴らし青空に恵まれ、桜の花も満開を迎え、施設の帰りにばっぱを迎えに行き、そのまま、太平川沿いの桜並木を一緒に散策してきました。

上の写真、右と、下の写真は、施設の入り口から望んだ太平山の様子です(10:32頃)。太平山も、雪が少なくなってきました。

20170424外の様子昼前太平山2

今回も、昨年に引き続き、太平川にかかる「広面大橋」から出発し、太平川沿いに、桜大橋、大袋排水樋門、二ツ屋橋、横森橋、百石橋、愛宕下橋、太平川橋、そして、太平大橋までの桜並木の様子を堪能してきました。

2016.04.18 花曇りの中太平川沿いの桜散策 2016

下の画像は、その太平川沿いに散策した場所を現しています(
画像は Google マップの太平川沿いを使わせていただきました)。

赤い文字」で書かれているのは「太平川にかかる橋の名称」です。また、「」は、「太平川沿いの桜を写真で撮した場所」を現します(画像をクリックすると拡大図がご覧いただけます)。

20170424Taiheigawa

今年も広面大橋の堤防へ車を走らせ、対岸の桜を見渡しました。下の写真は、太平川沿いの桜、広面大橋から伸びる堤防から望んだ桜の様子です(10:50頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜広面大橋1

下の写真も、太平川沿いの桜の様子です。左は、上と同じく、広面大橋から伸びる対岸の桜並木の様子、そして、中央と右は、桜大橋の手前の道路から望んだ桜並木です。

20170424太平川沿いの桜広面大橋2 20170424太平川沿いの桜桜大橋1 20170424太平川沿いの桜桜大橋2

下の写真は、桜大橋手前の太平川沿いの桜並木の様子です。本当に満開の状態でした。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜桜大橋3

下の写真も、桜大橋手前の太平川沿いの桜並木の様子です。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜桜大橋4

下の写真も、桜大橋手前の太平川沿いの桜並木の様子ですが、木製の橋の脇には、ロープが張られ、青空の下、鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいました。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜桜大橋5

一端、横山金足線の桜大橋北詰の交差点に入り、すぐに脇道に逸れ、旧道の細い道を太平川沿いに走りました。下の写真は、太平川沿いの大袋排水樋門から望んだ桜並木の様子です(11:02頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜大袋排水樋門

下の写真は、すぐ近くの二ツ屋橋から望んだ太平川沿いの桜並木の様子です(11:06)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜二ツ屋橋1

写真が前後しましたが、下の写真、左は、桜大橋、中央は、二ツ屋橋近くの太平川沿いの桜並木の様子です。

右は、二ツ屋橋から少し離れた場所にあるやや色の濃い枝垂れ桜の様子です(11:10頃)。

20170424太平川沿いの桜桜大橋6 20170424太平川沿いの桜二ツ屋橋2 20170424太平川沿いの桜広面の枝垂れ桜1

下の写真は、上の写真、右と同じ枝垂れ桜の様子です。枝垂れ桜は、まだ満開とはなっていないようですが、隣りには、満開を迎えた桜がとてもきれいでした(11:10頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜広面の枝垂れ桜2

横森橋で写真を撮ろうと思ったのですが、橋の上が工事中で、橋にはネットが張り巡らされていました。そのため、今回は、この辺りの桜並木を撮る事はできませんでした。

次に向かったのは、百石橋ですが、奥羽本線のガード下を通り、羽越本線の通る踏切を経由して向かいました。下の写真は、その踏切から太平川沿いの桜並木を望んだ風景です(11:19頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜羽越線

細い路地を通っていくと、上の写真の太平川沿いの桜並木から少し離れた場所まで、その桜並木が続いている所があるのですが、下の写真は、その散策路の様子です(11:21頃)。

歩行者道路で、その両脇には太平川沿いから続いている桜並木がありました。

20170424太平川沿いの桜宮田散策路1 20170424太平川沿いの桜宮田散策路2 20170424太平川沿いの桜宮田散策路3

散策路を横切り、ようやく百石橋までやってきました。下の写真は、太平川にかかる百石橋から望んだ桜並木と太平山(小さく写っています)の様子です(11:23頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜百石橋1

下の写真は、その百石橋の上から反対側を向いて、その下流にある愛宕下橋へ向かって望んだ太平川沿いの桜並木の様子です(11:24頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜百石橋2

下の写真も、百石橋から望んだ太平川沿いの桜の様子です。本当に空がきれいで、満開の桜並木が下流へ向かい続いていました。

20170424太平川沿いの桜百石橋3 20170424太平川沿いの桜百石橋4

百石橋から、愛宕下橋へと向かい、空いていた駐車場へ車を置き、ばっぱと太平川沿いの桜並木を堪能してきました。

下の写真は、愛宕下橋から、太平川橋へと続く太平川沿いの桜並木の様子です(11:30頃)。

20170424太平川沿いの桜愛宕下橋1 20170424太平川沿いの桜愛宕下橋2

下の写真も、上の写真同様、愛宕下橋から望んだ下流の太平川沿いの桜並木の様子です(11:30頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜愛宕下橋3

下の写真は、愛宕下橋の北側から望んだ太平川沿いの桜並木の様子です(11:30頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜愛宕下橋4

下の写真も、同じ場所から、近くの桜の木を大写しで撮した様子です(11:31頃)。満開の桜、そして、素晴らしい青空と、これら二つの条件が重なるのは、なかなかなかったように思えます。

20170424太平川沿いの桜愛宕下橋5

下の写真は、愛宕下橋から、百石橋方向へ望んだ太平川沿いの桜並木の様子です。風も穏やかでした。そして、川もとても静かでした。

20170424太平川沿いの桜愛宕下橋6 20170424太平川沿いの桜愛宕下橋7

下の写真も、同じ場所から、百石橋方向を望んだ太平川沿いの桜並木の様子です(11:32頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜愛宕下橋8

下の写真は、愛宕下橋から下流に視点を向けて望んだ桜並木の様子ですが、愛宕下橋の欄干とライトが写っています(11:32頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜愛宕下橋9

下の写真は、愛宕下橋南詰めから、上流の百石橋方向へ望んでいる太平川沿いの桜並木の様子です(11:33頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜愛宕下橋10

下の写真は、百石橋をやや太平川橋へ向かい、対岸を望んだ風景です(11:35頃)。とても大きな桜の木の下から撮したものですが、どこから撮って素晴らしい眺めでした。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜愛宕下橋11

下の写真も、同じように大きな桜の木の下から対岸の桜並木を望んだ風景です(11:35頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜愛宕下橋12

愛宕下橋から楢山方面を経由して、再び太平川沿いの桜並木へと向かいました。下の写真は、太平川近くに視点を向けて、堤下の桜を望んだ風景です(11:43頃)。

20170424太平川沿いの桜愛宕下橋13

下の写真は、太平川沿いの桜ですが、左は、愛宕下橋からすぐの場所から望んだ桜並木の風景(11:31頃)、そして、中央と右は、楢山川口境近くの太平川沿いの桜並木の風景です(11:44頃)。

20170424太平川沿いの桜愛宕下橋14 20170424太平川沿いの桜楢山1 20170424太平川沿いの桜楢山2

下の写真は、下流の太平大橋の方向へと望んだ太平川沿いの桜並木の様子です(11:44頃)

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜楢山3

下の写真は、上の写真の場所から、上流の太平川橋方向を望んだ太平川沿いの桜並木の様子です(11:45頃)。中央には、小さく太平山を望む事もできました。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜楢山4

下の写真は、その太平山を大きく撮した風景です(11:45頃)。太平山と太平川、そして、その両岸に続く桜並木、今年は、青空と満開という素晴らしい条件で楽しむ事ができました。

20170424太平川沿いの桜楢山5

下の写真は、同じ場所から、堤上の桜並木を望んだ風景です(11:45頃)。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜楢山6

下の写真は、風に揺れるさくらの花びらを、大写しにして望んだ様子です(11:46頃)。

20170424太平川沿いの桜楢山7 20170424太平川沿いの桜楢山8

下の写真は、楢山川口境に咲くスモモの白い花と黄緑色の若葉、そして、太平川の桜並木の様子です(11:49頃)。真っ青な空とのコントラストが、とてもきれいでした。

画像をクリックすると、大きな画像で、より鮮明に見ることができます(諸事情により画像がなくなってしまう場合があります(ライブドアの都合))。

20170424太平川沿いの桜楢山9

少し、お昼を過ぎて帰って来ましたが、予定通りでした。下の写真は、今日のお昼ご飯、細麺のうどんでした。玉子と油揚げも入っていました。

20170424お昼ご飯

下の写真、左と中央も、今日のお昼ご飯です。先日収穫してきたコゴミの和えもの、いただいたイタドリとさつま揚げの煮つけでした。

20170424お昼ご飯コゴミ 20170424お昼ご飯さつま揚げとイタドリの煮つけ 20170424山へ向かう途中の様子峠道

今日は、昼過ぎに山へ向かいました。上の写真、右は、いつもの峠道のコブシの花の様子です(13:32頃)。

下の写真、左は、山の入り口に咲き誇っていたお隣さんの花梅の花です。

下の写真、中央と右は、八重紅枝垂れ桜の花、そして、ラベンダー畑の様子です。

20170424山の入り口の様子花梅 20170424山の様子八重紅枝垂れ桜のある斜面 20170424ラベンダーの畑

下の写真も、今日のラベンダー畑の様子です。うね間の雑草は、耕耘機で土を耕した際に、きれいになっていましたが、ラベンダーの株の間や周りには雑草がはびこってきました。

20170424ラベンダー畑の様子1

地面を緑色にしている雑草だけでなく、樹木の若葉も少しずつ育っています。少し高い場所からラベンダーの畑や梅の花、八重紅枝垂れ桜のある斜面やスモモの花などが、とてもきれいでした。

20170424ラベンダー畑の様子2

下の写真は、八重紅枝垂れ桜のある斜面の様子です。やや濃い八重の枝垂れ桜です。手前の枝垂れ桜は仙台枝垂れ桜として購入したのですが、何だか同じような枝垂れ桜のようでした。

20170424山の様子八重紅枝垂れ桜

今日は、ずっと以前に仮植えし、そのまま仮植えとなっていたラベンダーこいむらさきの株を、畑から掘り起こし、鉢植えに植え替える作業を考えていました。

また、昨年仮植えしてあった今年三年生の三種類のラベンダーも、このままにしておけないので、4寸のポットへ移植する予定を立てていました。

それらの株や苗木を畑から掘り起こしている様子が、下の写真です。

20170424ラベンダーの株を掘り起こす作業1 20170424ラベンダーの株を掘り起こす作業2 20170424ラベンダーの株を掘り起こす作業3

下の写真は、4寸ポットに定植を考えていた三年生の苗木を掘り起こしているときの様子です。

20170424ラベンダーの苗木を掘り起こす作業1 20170424ラベンダーの苗木を掘り起こす作業2 20170424ラベンダーの苗木を掘り起こす作業3

下の写真、左は、掘り起こしてきた大株のラベンダーこいむらさきと、三年生の苗木、ラベンダーおかむらさき、そして、こいむらさきです。

最初に、大きな株のラベンダーこいむらさきを、下の写真、右のように、鉢植えに定植しました。

近くの田んぼでは、大きなトラクターで、土起こしの作業が行われていました。

20170424掘り起こしたラベンダーの株と苗木 20170424山の入り口の様子夕方 20170424掘り起こしたラベンダーを鉢植えへ移植1

下の写真、左は、定植の済んだラベンダーこいむらさきの鉢植えです。薄暗くなってきました。三年生の苗木、ラベンダーおかむらさきとこいむらさきは、ビニールの袋に根っこを包み、明日へ持ち越しました。

下の写真、中央は、山からの帰り道の様子です(18:20頃)。素晴らしい青空が一日中続き、本当に春らしい季節の到来を感じました。

今日は、ひまわりの恩師である「末富 仁」先生の六回忌の日でした。このところ、アロマや植物療法のセミナー、そして、農作業が忙しく、先生をゆっくり偲ぶことが出来ず残念です。

時間を見つけて、先生のお話されていた植物療法(フィトテラピー)の事を、近日中に投稿したいと考えています。

2016.04.24 最近問合せが多くなった体質形態学と恩師の五回忌 2016
2015.04.24 今年一番の気温を記録した日に恩師の四回忌 2015
2014.04.24 恩師の三回忌に改めて思う植物療法における先見の明

2011.04.28 恩師の告別式
2011.04.27 恩師のお通夜
2011.04.25 恩師の訃報

20170424掘り起こしたラベンダーを鉢植えへ移植2 20170424山からの帰り道の様子素晴らしい夜空 20170424晩ご飯ネギと豆富のみそ汁

上の写真、右と、下の写真は、今日の晩ご飯です。ネギと豆腐のみそ汁、ダイコンのみそ漬け、ほうれん草とノリとワサビ漬けの和えもの、ワカメのポン酢しょう油和え、コゴミ、イタドリとさつま揚げの煮つけ、そして、シュウマイでした。

20170424晩ご飯

明日の秋田の最低気温は 8度、最高気温は 20度、そして、天気は「晴れのち曇り」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.04.24 17:00発表)。

スモモの花が咲く頃畑苗をポットへ移植 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.04.23 抗菌縫合糸とフローラルウォーター5.7 / 9.2
○ 履歴 : 2010「2010.04.23 郵便屋さん専用の足湯
4.9 / 7.9
○ 履歴 : 2011「2011.04.23 一日かけて作った資料はたった一枚
8.8 / 17.1
○ 履歴 : 2012「2012.04.23 穀雨の頃健康で生きるための免疫生活 2
10.9 / 15.1
○ 履歴 : 2013「2013.04.23 桜の開花宣言の頃コンクリート打ちと田起こし始まる
5.9 / 14.4 23時現在
○ 履歴 : 2014「2014.04.23 一つ森公園から太平川の桜並木 2014
7.5 / 12.9
○ 履歴 : 2015「2015.04.23 素晴らしい青空の中鉢植えの土入れ替え作業 2015
5.9 / 17.5
○ 履歴 : 2016「2016.04.23 最高気温を更新した日ラベンダー畑の草取り開始 2016
10.1 / 20.6
○ 気温 : 昨日の最低 7.2(23:56)最高 11.4(13:47)24時
○ 気温 : 今日の最低 4.8(24:00)最高 12.4(14:04)24時

201704232400Temperature

上の画像は、2017.04.23(日)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、青空も広がり始め、気温の方も 7度台が続いていましたが、今日未明には、雨が降り出した事もあり、7度台から 5度台の間で変動していました。

そして、その頃の 01:42 には、午前中の最低気温 5.7度を記録していました(今日の最低気温 24:00 4.8度)。

明け方になっても雨が降り続いてはいましたが、気温の方は、6度台から 7度台を示していました。

今日未明から明け方にかけて降り続いていた雨が、朝になるとようやくやんでいました。ドンヨリとした雨雲が上空を覆ってはいましたが、気温の方は、7度台から 8度台で推移していました。

下の写真、左は、まだ小雨が降り続いていた朝 06:10 頃の様子です。

昼前になると、少しずつ天気が回復し、雨の降っていた頃とは一変し、素晴らしい青空が広がり始めました。それにともなって、気温の方も 9度台から 10度台、そして、12時には 11.1度で記録していました。

晴れている割りには、冷たい風が吹いており、昼過ぎになると、その傾向はさらに強まっていました。それでも、10度台から 11度台を推移していました。

下の写真、中央は、素晴らしい青空が広がっていた昼過ぎ 12:50 頃の様子です。今日の最高気温は、昼過ぎの 14:04 に記録した 12.4度でした。

夕方になると、やや雲が広がり始め、風も強くなっていました。ひかげでは、とても寒く感じましたが、気温の方は 10度台から 9度台で推移していました。

夜のはじめ頃になると 8度台から 7度台を示していた気温も、夜遅くには、5度台から 4度台とかなり冷え込んで来ました。

そして、24時には、それまでの最低気温を更新し、4.8度の最低気温を記録していました(24時 4.8度 89%)。

20170423外の様子朝 20170423外の様子昼過ぎ 20170423アロマのセミナー1

今日は、昼前から昼過ぎにかけて、アロマのセミナーがありました。上の写真、右と、下の写真、左は、今日学んでいただいた内容の一部です。

精油の選択に、この頃電子座標系を必ず書き入れて説明させていただいていますが、今回は、さらに、神経系、特に自律神経系や内分泌系、そして、免疫系との関連性を時系列的に表現することで、その時々の条件によって、動的に変化する生体の仕組みを関連づけて、精油の果たす役割を「薬理作用」の面から、そして、「嗅覚作用」の面から、さらには、「間接的な作用としての体質に最適な精油の選択」方法に心がけています。

下の写真、左が、そのときに説明させていただいた内容です。

モノテルペンアルコール類の主な作用、そして、モノテルペンアルコール類を構成している主な芳香分子とその固有作用、それらを多く含む精油にはどんなものがあるのか、さらには、それらの精油は、他にどのような芳香分子(芳香成分類)を含み、様々な条件の中で動的に変化する生体において時系列的に引き起こされる体調に対して、それらの芳香分子(芳香成分類)の果たす役割を検証することでした。

2017.01.09 電子座標系グラフで表現される芳香成分類と体質との相関関係を考慮した精油資料の再改良
2012.07.24 抗炎症作用と電子座標系グラフ上の芳香成分類との関係

20170423アロマのセミナー2 20170423お昼ご飯ソーセージとホウレン草 20170423フチャンプルとモヤシ油揚げのみそ汁

上の写真、中央と右、そして、下の写真、左は、今日のお昼ご飯です。今日は、ソーセージやホウレン草、フチャンプル、モヤシと油揚げのみそ汁、そして、筋子ご飯でした。

昼過ぎに、秋になると、いつも栗拾いを手伝ってくださる方が、近くの公園で採った山菜を持って来てくれました。イタドリという山菜ですが、下の写真、中央のような山菜です。

20170423お昼ご飯筋子ご飯 20170423山菜をいただく 20170423山へ向かう途中の様子田起こし

今日は、昼過ぎに山へ向かいました。上の写真、右と、下の写真、左は、山へ向かう途中の様子です。朝の空模様からしたら、素晴らしい天気になっていました。

田んぼでは、すでに田起こしの作業が始まっていました。そして、峠道のコブシの花が、とてもきれいな花を咲かせていました(14:43頃)。

下の写真、中央は、昔懐かしいおままごとで遊んでいたお隣さんのひ孫さんです。段ボール箱の冷蔵庫もあります。中には、食べ物に見立てた真っ赤なつばきもありました。

写真が前後しますが、下の写真、右は、ポットへ植え込むための土へ配合する堆肥を運んでいるときの様子です(14:56頃)。

20170423山へ向かう途中の様子峠道コブシの花 20170423山の入り口でおままごと 20170423堆肥を運ぶ

写真が前後しましたが、下の写真は、おままごとで楽しんでいた近くに咲く花梅の様子です(14:47頃)。

20170423山の入り口花梅の花1

晴れわたった空に、ピンク色の花梅の花がとてもきれいでした。桃の花とは少し違い、もう少しピンクがかって優しい色合いでした。

20170423山の入り口花梅の花2 20170423山の入り口花梅の花3

写真が前後しましたが、下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です。未明から明け方にかけて雨が降っていたのですが、昼前から青空が広がり、畑内は以外と乾燥していました(15:06頃)。

20170423ラベンダー畑の様子1

下の写真も、今日のラベンダー畑です。こちらは、いつもの場所から望んだ風景です。本当に春らしくなってきました。

20170423ラベンダー畑の様子2

下の写真は、ラベンダーの畑、そして、八重紅枝垂れ桜のある斜面の様子です。八重紅枝垂れ桜の花が咲き出してきました。そして、白い花の花桃の花も開花してきました。

20170423ラベンダーの畑 20170423八重紅枝垂れ桜の花 20170423花桃と八重紅枝垂れ桜の花

下の写真は、毎年、たくさんの実をつけてくれるスモモの木の花です。真っ白な花が、真っ青な空にメチャクチャ映えていました。

20170423スモモの花1

下の写真、左も、スモモの木の様子です。パラパラと花が咲き出してきました。ほんのわずかの間に、山桜、花梅、梅、桜、スモモ、花桃と咲き始めてきました。

先ほど、秋田市の千秋公園の桜が満開を迎えたニュースが聞こえて来ました。

下の写真、中央と右は、花芽が動き出して来たラベンダーおかむらさきの様子です(15:22頃)。

20170423スモモの花2 20170423ラベンダーおかむらさき1 20170423ラベンダーおかむらさき

今日は、昨年の秋、仮植えしていたラベンダーの苗木を掘り起こし、それを4寸ポットへ移し替える作業を予定していました。

そのため、その苗木を掘り起こさなければなりません。こちらの苗木も、花芽が動き出していました。

下の写真、左は、緑色のテープを付けたラベンダーナナ成沢の苗、中央は、赤い色のテープを付けたラベンダーこいむらさきの苗です。それらを掘り起こして箱へ移しました(15:35頃)。

20170423ラベンダーナナ成沢の株 20170423ラベンダーこいむらさきの株 20170423三年生のラベンダーの株掘り起こす

下の写真、左は、掘り起こしたラベンダーおかむらさきの苗です。こちらは、黄色いテープでした。三種類の苗木、約150本を箱の中へ入れて、先ほど積み込んだ堆肥と一緒に下の作業小屋へ運びました。

20170423掘り起こしたラベンダーの株1 20170423掘り起こしたラベンダーの株2 20170423掘り起こしたラベンダーの株3

下の写真は、4寸ポットに掘り出した三年生の苗木を移植しているときの様子です。サイズの大きなポットなので、一つのトレイには、15個ほどしか入りきれません。

20170423掘り起こしたラベンダーの株4 20170423掘り起こしたラベンダーをポットへ移植1 20170423掘り起こしたラベンダーをポットへ移植2

夕方になると、やや雲が多くなり冷たい風が吹いていましたが、その雲の切れ間から、下の写真、左のように、夕日が東の山並みへ差し込んでいました(17:53頃)。

一端掘り起こした苗木でしたので、できれば、今日中に全てを移植したかったので、終わったのは、18:30 頃となってしまいました。

中央と右は、移植した三年生ラベンダーです。水やりを終えたら 18:37 頃になっていました。

20170423山の様子夕方 20170423掘り起こしたラベンダーをポットへ移植3 20170423掘り起こしたラベンダーをポットへ移植4

下の写真、左は、山から帰る途中の様子です(18:58頃)。上北手大杉沢地区手前の様子ですが、すっかり暗くなってしまいました。今季、こんなに暗くなるまで作業してきたのは初めてでした。

20170423山からの帰り道の様子すっかり暗くなる 20170423晩ご飯富チャンプルとわかめ 20170423晩ご飯モヤシと油揚げのみそ汁

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日の晩ご飯です。ワカメのユズしょう油添え、スパム入りフチャンプル、モヤシと油揚げのみそ汁、レタスとノリの炒めものにソーセージ、そして、ソイの煮魚ダイコンおろし添えでした。

20170423晩ご飯

明日の秋田の最低気温は 3度、最高気温は 19度、そして、天気は「晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.04.23 17:00発表)。

一つ森公園の桜の様子 2017

○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.04.22 太平川のさくら 200911.6 / 16.1
○ 履歴 : 2010「2010.04.22 Muse(ミューズ)細胞と多能性を保つ酵素 1
5.0 / 10.0
○ 履歴 : 2011「2011.04.22 かぼちゃの種をまきました 2011
6.6 / 18.3 22時現在
○ 履歴 : 2012「2012.04.22 桜の開花の頃健康で生きるための免疫生活 1
8.5 / 14.7 23時現在
○ 履歴 : 2013「2013.04.22 秋田市の桜ではなく梅の開花宣言が発表されました 2013
1.3 / 12.3 23時現在
○ 履歴 : 2014「2014.04.22 一気に桜の花が開いた秋田と満開の会津 2014
8.9 / 14.8
○ 履歴 : 2015「2015.04.22 百石橋太平川沿いの桜と弁当持参で鉢植えの土入れ替え作業 2015
4.1 / 16.7
○ 履歴 : 2016「2016.04.22 今年一番の気温を記録した日わらび初収穫 2016
12.5 / 20.1
○ 気温 : 昨日の最低 5.3(05:04)最高 16.8(10:53)24時
○ 気温 : 今日の最低 7.2(23:56)最高 11.4(13:47)24時

201704222400Temperature

上の画像は、2017.04.22(土)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜は、10度台の暖かな気温が続いていましたが、今日未明にかけても同じ 10度台、そして、9度台と推移し、明け方には、9度台から 8度台と、やや高めの気温を示していました。

今日の気象データには、記録されていませんでしたが、未明だったか明け方だったかに雨が降っていました。

朝は、ドンヨリとした曇り空で、雨が降り出しそうでしたが、8度台から 9度台を示していました。下の写真、左は、雨が降り出しそうだった朝 06:10 頃の様子です。

昼前になると、少しずつ青空が広がり始め、お日さまも姿を現すのですが、風が冷たく、10時に 10度台まで上がった気温も、その後は 9度台までしか上がりませんでした。

それでも、朝とは違い、雲はあるものの青空が広がり、明るい気分になりました。下の写真、中央は、青空の広がっていた昼前 11:07 頃の様子です。

昼過ぎになると、昼前よりも青空が広がっていました。ただ、白い雲も浮かび、13:46 に記録した 11.4度が今日の最高気温でした。

夕方になると、やや雲が多くなり、そして、風も強くなっていました。そんな中、気温の方も、9度台から 8度台、8度台から 7度台と低くなり始め、せっかくの週末、夜桜にはちょっと寒かったようです。

それでも、夕方の後半には、夕焼け空を望む事は出来なかったものの、再び青空も広がり始めていました。下の写真、右は、夕方 18:33 頃の様子です。

そして、夜のはじめ頃から夜遅くにかけては、ずっと 7度台の気温が続いていました(24時 7.3度 73%)。

20170422外の様子朝 20170422外の様子昼過ぎ 20170422外の様子夕方

二日間ほど続いた青空のもとの桜を眺める散歩は、今日の朝は、花曇りの空模様でした。それでも、グルリと町内を一回りしてきました。

下の写真が、その時の様子です。葉っぱが随分立派になって、大きくぼけのつぼみが膨らんでいました。開花ももうすぐのようです。レンギョウも黄色い花がきれいです。

20170422朝近所の桜を楽しむ1 20170422朝近所のぼけのつぼみ 20170422朝近所のレンギョウの花

下の写真も、朝の散歩で楽しんできたご近所の桜の様子です(06:22頃)。残念ながら花曇りの天気でした。

20170422朝近所の桜を楽しむ2 20170422朝近所の桜を楽しむ3 20170422朝近所の桜を楽しむ4

朝は、ドンヨリとした曇り空でしたが、昼前から青空が広がって来ました。少し遅くなったのですが、近くの一つ森公園に立ち寄り、そのまま山へ向かう事にしました。

下の写真は、横森地区から上がって来た最初の桜並木の様子です(11:17頃)。いいあんばいに桜の花が咲いていました。

20170422一つ森公園の桜1 20170422一つ森公園の桜2

ただ、例年に比べると花の密度が少し薄く感じました。春先に、小鳥たちが桜のつぼみをついばんだようでした。

20170422一つ森公園の桜3

下の写真も、一つ森公園の桜の様子です。自由広場には、大勢のグループがバーベキュー兼花見を楽しんでおられました(11:23頃)。子どもたちは、かけっこに夢中でした。

20170422一つ森公園の桜4 20170422一つ森公園の桜5 20170422一つ森公園の桜6

自由広場には、友誼亭(ゆうぎてい)がありますが、その高台の下には、桜並木を望む事ができます。

こちらの桜は、下の桜以上に小鳥の被害が大きかったようで、桜の花もまばらでした。下の写真が、その時の様子です。

20170422一つ森公園の桜7 20170422一つ森公園の桜8

下の写真は、自由広場から、友誼亭、そして、桜並木を望んだ様子です(11:25頃)。青空が広がっていたのですが、今年は、残念でした。

20170422一つ森公園の桜9

下の写真は、自由広場から下りて、桜並木側から友誼亭を望んだ様子です。小鳥たちの被害と桜がまだ十分に開花していなかったせいか、桜の花はまばらでした。

20170422一つ森公園の桜10 20170422一つ森公園の桜11

そのまま一つ森公園を下り、日赤病院経由で山へ向かいました。下の写真、左は、上北手小学校前から望んだ桜と太平山の様子です(11:38頃)。

下の写真、中央は、畑へと向かう途中の斜面にあるつばきの様子です。真っ赤な花が少しずつ咲き始めて来ました。

20170422山へ向かう途中の様子太平山 20170422山の様子ツバキの花 20170422山の様子八重紅枝垂れ桜のある斜面

上の写真、右と、下の写真は、八重紅枝垂れ桜のある斜面の様子です。昨日、手前のラベンダーの周りを耕耘機で耕しました。

20170422山の様子八重紅枝垂れ桜の花1

下の写真は、今日のラベンダー畑です。昨日、耕耘機で畑を耕したのですが、未明だったかに雨が降ったせいもあり、少し濡れていました。

20170422ラベンダー畑の様子1

下の写真も、ラベンダー畑の様子ですが、こちらの方は、上の写真とは反対側から望んだ畑の様子です(11:56頃)。

20170422ラベンダー畑の様子2

穀雨の頃とはよくいったもので、本当に一雨毎に、山の風景が変わっていきます。緑色の大地と、咲き始めてきた花々が、生命力を感じさせます。

20170422ラベンダーの畑 20170422山の様子ひろっこと梅の木 20170422山の様子八重紅枝垂れ桜の花

お昼を過ぎていたので、作業をしないでお店の方へ戻りました。下の写真は、山の入り口から望んだ花梅の様子です(12:11頃)。やや雲がありましたが、きれいな青空のもと、桃色の花梅が咲き誇っていました。

20170422山の入り口の様子花梅の花

下の写真は、山の帰り道の途中立ち寄った枝垂れ桜のある場所の風景です。今日も、横森地区を経由して帰って来たのですが、坂道の途中に、この枝垂れ桜があります。

20170422山からの帰り道の途中枝垂れ桜1 20170422山からの帰り道の途中枝垂れ桜2

ちょうど、横山金足線の上北手大戸交差点を横森地区へ向かうと、小高い丘の上へ上がってから下って行くのですが、そのちょうど頂上付近の、さらに脇道へ向かう坂道の斜面にこの枝垂れ桜がありました。

20170422山からの帰り道の途中枝垂れ桜3

斜面から坂道をおおように枝が伸びており、お日さまの光を、ちょうど日傘のように遮ってくれる形で咲いています。ですから、真下からこの枝垂れ桜を見上げると、それはそれはきれいなんです。

下の写真が、真下から枝垂れ桜を望んでいる様子です(12:22頃)。

20170422山からの帰り道の途中枝垂れ桜4 20170422山からの帰り道の途中枝垂れ桜5

下の写真は、太平川沿いに咲く桜並木の様子です。手前には、農作業途中の畑も点在しており、とてものどかな景色でした。

20170422山からの帰り道の途中太平川沿いの桜

昨年見つけた枝垂れ桜の咲く場所も通って来ました。下の写真、左が、その枝垂れ桜なのですが、まだ、少し早いようでした。それでも、とても桃色の濃い色をした枝垂れ桜なので、みとれてしまいました。

その枝垂れ桜の先には、下の写真、右のような満開の桜の花を堪能することができました(12:30頃)。やはり、桜は、青空にとても映えますね。

20170422山からの帰り道の途中枝垂れ桜6 20170422山からの帰り道の途中桜の花

写真が前後しましたが、下の写真、左は、山からの帰り道の様子です。峠道ですが、真っ白なこぶしの花が咲き始めていました(12:14頃)。

下の写真、中央は、今日のお昼ご飯です。今日は、インスタントのカップラーメンとご飯でした。

20170422山からの帰り道の様子峠道 20170422インスタントカップラーメン 20170422山へ向かう途中の様子田んぼ

お昼ご飯を食べた後、再び昼過ぎに山へ向かいました。上の写真、右と、下の写真、左は、その途中の様子ですが、いたるところに、桜やコブシの花を見つける事が出来ます。

下の写真、左は、峠道のコブシの花ですが、先ほどよりも、花が開花しているように見えました(13:58頃)。

昨日は、ラベンダー畑を耕耘機で耕す作業でしたが、今日は、鉢植えの土の入替作業を予定していました。

すでにお店から運んでおいたキンモクセイの大きな鉢植えから始めました。下の写真、中央が、鉢植えのキンモクセイです。

入れ替えのための土を用意しないといけませんが、いつもの配合で、事前に土を作りました。

20170422山へ向かう途中の様子峠道 20170422鉢植えのキンモクセイ土の入れ替え1 20170422入れ替え用の土

鉢から出してみると、根っこががっちり土をつかんでいました。その土をほぐしながらある程度落として、再び同じ鉢へ戻し、土の入れ替えをしました。

下の写真、左と中央が、その時の様子です(14:20頃)。

20170422鉢植えのキンモクセイ土の入れ替え2 20170422鉢植えのキンモクセイ土の入れ替え3 20170422鉢植えのラベンダー土の入れ替え1

上の写真、右と、下の写真、左は、今日入れ替えた鉢植えのラベンダーです。そのほとんどが、ラベンダーナナ成沢でした。

今年は、土の入れ替えだけでなく、昨年秋に仮植えしていた各種のラベンダー(こいむらさき、おかむらさき、ナナ成沢)も、鉢植えやポット苗に仕立てたいと思っています。

夕方になると、結構冷えてきました。下の写真、左は、入り口の斜面に広がるスイセンの様子です(17:56頃)。

右は、山からの帰り道で望んだ田んぼの様子です(18:04頃)。残念ながら、今日は、夕日や夕焼け空を望む事はできませんでしたが、再び青空が広がっていました。

20170422鉢植えのラベンダー土の入れ替え2 20170422山の入り口の様子スイセン 20170422山からの帰り道の様子夕日は残念

下の写真は、今日の晩ご飯です。納豆、ワカメとタコのポン酢しょう油和え、わさび漬け、そして、スパム入りフチャンプルでした。

20170422晩ご飯

下の写真も、今日の晩ご飯です。牛スジ肉の丼、ミツバと豆富のみそ汁、そして、デザートのシュークリームです。

今日、夕方から、セミナー修了生が千秋公園の夜桜に行って来たのですが、寒くてそれどころじゃなかったようです。でも、お土産に、このシュークリームをいただきました。

20170422晩ご飯牛すじ肉丼 20170422晩ご飯ミツバと豆富のみそ汁 20170422デザートシュークリーム

明日の秋田の最低気温は 6度、最高気温は 12度、そして、天気は「曇りのち晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.04.22 17:00発表)。
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ