みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

タイム チモール

● ひまわりが勝手に選んだ植物療法関係の記事一覧の目次です
● 年度別目次 年度別目次 / 2007年度分目次 / 2006年度分目次 / 2005年度分目次
○ 関 連 情 報 精油の化学 / 植物油の化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬と身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

精油データ

タイム チモール Thymus vulgaris CT6 (Thymol)

精油データ未定義

20070709タイム チモール Thymus vulgaris CT6 (Thymol)

上の表は、タイム チモール Thymus vulgaris CT6 (Thymol) です。チモールの名称がついていますから、容易にその内容は把握できるかと思います。フェノール類のチモールを 60%(平均的含有量の最高値)含んでいますから、感染症に対しては、非常にその効果を発揮できそうです。ただし、残念ながら、皮膚に対しての禁忌や、濃度の注意事項があるため、その取り扱いには十分な注意が必要ですね。

20070709タイム7種類のケモタイプ

基本的なデータは「ケモタイプ精油事典 Ver.5(2006.07.01 改訂版発行)」を参考にさせていただいていますが、表を読み取る場合に、下記の点で、注意が必要です。

・今回の表に記載されている芳香成分類や芳香分子は、主要有効成分です
・芳香分子のデータは、平均的含有量の「最高値」を表示
○ 例 タイム ゲラニオール Thymus vulgaris CT2 (Geraniol)
・モノテルペンアルコール類のゲラニオール
・平均的含有量は「20 〜 30%」
・表中に表示されている含有量は、その最高値の「30%」

● 関連記事
精油の化学関連の目次
2007.07.09 タイムのケモタイプとその利用特性
2007.06.24 現在でも貴重なタイムCT4
2006.08.24 精油のフェノタイプとケモタイプ
モノテルペン炭化水素類
精油データもくじへ
芳香成分類・芳香分子もくじへ
全精油データ表示へ

タイム パラシメン

● ひまわりが勝手に選んだ植物療法関係の記事一覧の目次です
● 年度別目次 年度別目次 / 2007年度分目次 / 2006年度分目次 / 2005年度分目次
○ 関 連 情 報 精油の化学 / 植物油の化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬と身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

精油データ

タイム パラシメン Thymus vulgaris paracymene

精油データ未定義

20070709タイム パラシメン Thymus vulgaris paracymene

上の表は、タイム パラシメン Thymus vulgaris paracymene です。モノテルペン炭化水素類のパラシメン、抗炎症、コーチゾン様の各主な作用と、鎮痛作用という固有作用を持っているのが特徴で、かつ、フェノール類の含有量も多く、痛みを伴う諸症状に有効のようです。タイム チモール Thymus vulgaris CT6 (Thymol) と同じように、フェノール類をかなり含んでいるようですから、取り扱いには十分注意が必要なタイプです。

20070709タイム7種類のケモタイプ

基本的なデータは「ケモタイプ精油事典 Ver.5(2006.07.01 改訂版発行)」を参考にさせていただいていますが、表を読み取る場合に、下記の点で、注意が必要です。

・今回の表に記載されている芳香成分類や芳香分子は、主要有効成分です
・芳香分子のデータは、平均的含有量の「最高値」を表示
○ 例 タイム ゲラニオール Thymus vulgaris CT2 (Geraniol)
・モノテルペンアルコール類のゲラニオール
・平均的含有量は「20 〜 30%」
・表中に表示されている含有量は、その最高値の「30%」

● 関連記事
精油の化学関連の目次
2007.07.09 タイムのケモタイプとその利用特性
2007.06.24 現在でも貴重なタイムCT4
2006.08.24 精油のフェノタイプとケモタイプ
モノテルペン炭化水素類
精油データもくじへ
芳香成分類・芳香分子もくじへ
全精油データ表示へ

タイム ツヤノール

● ひまわりが勝手に選んだ植物療法関係の記事一覧の目次です
● 年度別目次 年度別目次 / 2007年度分目次 / 2006年度分目次 / 2005年度分目次
○ 関 連 情 報 精油の化学 / 植物油の化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬と身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

精油データ

タイム ツヤノール Thymus vulgaris CT4 (Thujanol)

精油データ未定義

20070709タイム ツヤノール Thymus vulgaris CT4 (Thujanol)

上の表は、タイム ツヤノール Thymus vulgaris CT4 (Thujanol) です。下記の通り、モノテルペンアルコール類の含有量が、他のタイムのケモタイプより多いのが特徴です(リナロールタイプを除く)。

特に目を引くのは、モノテルペン炭化水素類のβ-ミルセンや、モノテルペンアルコール類のツヤノール(cis、trans)など、肝臓に対しての作用です。

また、モノテルペン炭化水素類の「コーチゾン様作用」やモノテルペンアルコール類のテルピネン-4-ol、リナロールには、精神的な面に対しての効果が期待できるようです。

20070709タイム7種類のケモタイプ

基本的なデータは「ケモタイプ精油事典 Ver.5(2006.07.01 改訂版発行)」を参考にさせていただいていますが、表を読み取る場合に、下記の点で、注意が必要です。

・今回の表に記載されている芳香成分類や芳香分子は、主要有効成分です
・芳香分子のデータは、平均的含有量の「最高値」を表示
○ 例 タイム ゲラニオール Thymus vulgaris CT2 (Geraniol)
・モノテルペンアルコール類のゲラニオール
・平均的含有量は「20 〜 30%」
・表中に表示されている含有量は、その最高値の「30%」

● 関連記事
精油の化学関連の目次
2007.07.09 タイムのケモタイプとその利用特性
2007.06.24 現在でも貴重なタイムCT4
2006.08.24 精油のフェノタイプとケモタイプ
モノテルペン炭化水素類
精油データもくじへ
芳香成分類・芳香分子もくじへ
全精油データ表示へ

タイム マストキナ

● ひまわりが勝手に選んだ植物療法関係の記事一覧の目次です
● 年度別目次 年度別目次 / 2007年度分目次 / 2006年度分目次 / 2005年度分目次
○ 関 連 情 報 精油の化学 / 植物油の化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬と身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

精油データ

タイム マストキナ Thymus mastichina

精油データ未定義

20070709タイム マストキナ Thymus mastichina

上の表は、タイム マストキナ Thymus mastichina です。

下記表でご覧いただけるように、酸化物類の1,8シネオールを 65%(平均的含有量の最高値)含んでいます。なんでも、スペインに成育するタイムで、成育環境の違いからこのような成分の構成となったのだそうです。モノテルペン炭化水素類、そして、モノテルペンアルコール類のリナロールも含んでいますから、呼吸器系のトラブルや、精神面での利用に役立つようです。

20070709タイム7種類のケモタイプ

基本的なデータは「ケモタイプ精油事典 Ver.5(2006.07.01 改訂版発行)」を参考にさせていただいていますが、表を読み取る場合に、下記の点で、注意が必要です。

・今回の表に記載されている芳香成分類や芳香分子は、主要有効成分です
・芳香分子のデータは、平均的含有量の「最高値」を表示
○ 例 タイム ゲラニオール Thymus vulgaris CT2 (Geraniol)
・モノテルペンアルコール類のゲラニオール
・平均的含有量は「20 〜 30%」
・表中に表示されている含有量は、その最高値の「30%」

● 関連記事
精油の化学関連の目次
2007.07.09 タイムのケモタイプとその利用特性
2007.06.24 現在でも貴重なタイムCT4
2006.08.24 精油のフェノタイプとケモタイプ
モノテルペン炭化水素類
精油データもくじへ
芳香成分類・芳香分子もくじへ
全精油データ表示へ

タイム リナロール

● ひまわりが勝手に選んだ植物療法関係の記事一覧の目次です
● 年度別目次 年度別目次 / 2007年度分目次 / 2006年度分目次 / 2005年度分目次
○ 関 連 情 報 精油の化学 / 植物油の化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬と身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

精油データ

タイム リナロール Thymus vulgaris CT1 (Linalol)

精油データ未定義

20070709タイム リナロール Thymus vulgaris CT1 (Linalol)

上の表は、タイム リナロール Thymus vulgaris CT1 (Linalol) です。何とモノテルペンアルコール類のリナロールを 85%(平均的含有量の最高値)も含んでいるからびっくりしちゃいます。しかも、エステル類の酢酸リナリルも一緒ですよ。リナロールは、ゲラニオールに次いで抗菌作用の強い芳香分子であるといわれています。

ですから、各種の感染症に対してのみならず、神経系のトラブルには、非常に役立ってくれるようですね。

20070709タイム7種類のケモタイプ

基本的なデータは「ケモタイプ精油事典 Ver.5(2006.07.01 改訂版発行)」を参考にさせていただいていますが、表を読み取る場合に、下記の点で、注意が必要です。

・今回の表に記載されている芳香成分類や芳香分子は、主要有効成分です
・芳香分子のデータは、平均的含有量の「最高値」を表示
○ 例 タイム ゲラニオール Thymus vulgaris CT2 (Geraniol)
・モノテルペンアルコール類のゲラニオール
・平均的含有量は「20 〜 30%」
・表中に表示されている含有量は、その最高値の「30%」

● 関連記事
精油の化学関連の目次
2007.07.09 タイムのケモタイプとその利用特性
2007.06.24 現在でも貴重なタイムCT4
2006.08.24 精油のフェノタイプとケモタイプ
モノテルペン炭化水素類
精油データもくじへ
芳香成分類・芳香分子もくじへ
全精油データ表示へ
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ