みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

ハーブティーの選択

今日ブログをチェックしたら、お二人からのコメントがありました。
そこで、ちょっと植物療法の観点からハーブティーの選択を考えてみたいと思います。

・・・前を省略

ハーブティーであれば、ペパーミントよりも「スペアミント」を多様します。コーヒーはメラニンを移送させますので、色調がやや黒くなります。「外胚葉」タイプであれば、もともとやや色黒の色調傾向ですのでなおさらです。また外胚葉は、神経系が敏感で消化器系が脆弱です。それらの条件を加味して、内面的には「スペアミント」外面の明化作用を高めるためには、「エリカ」を湿布します。交感神経に傾きやすいタイプですので、便秘もしがち。この場合は、バラ(ケンティフォリア種)が有効です。

こんな感じでハーブを選択するのが、フィトテラピー(植物療法)です。

美容と健康のお店情報

朝刊を見ると「美容・健康」の蘭に卒業生の方のお店が載っておりました。

小田原 るみ子さんのお店で、彼女は JAA第14期生、リフレクソロジー講座第01期生、ボディトリートメント第02期生の方です。

秋田市土崎方面にお出かけの節は、おたずね下さい。

「アロマとペットの愛鳥園」
秋田市土崎港北七丁目 1-8
予約専用電話:018-845-3464
女性の方のみ、予約制

リフレクソロジー(足裏の刺激)とアロマの香りでリラックス。足浴とハーブティー付きで、2,500円より

アロマテラピー講座

自分が書き込んだブログ(まだ3件だけですが)の検索機能を検証していると、同じ Livedoor Blog で「フランス・メディカルアロマテラピー講座」という Blog を見つけましたのでフランス式のアロマテラピーに興味がございましたら、一度見て下さい。

内容が豊富で、奥の深い情報が記載されています。

http://blog.livedoor.jp/harmonieblog/

です。まだリンクを指定することができないでいますので、直接アドレスを記入しました。

リンクの仕方わかりました。

フランス・メディカルアロマテラピー講座

です。

なるほど、こうするんだ。忘れないようにここに書いておきます。

リンクのさせ方

2005.06.04 Blog の開設

今までは、ホームページを中心に、フィトテラピー(植物療法)やアロマテラピー、エステティックなどの情報を皆様に発信してきました。

これからは、自分自身が18年間学んできたフィトテラピー(植物療法)の考え方を、一方的に発信するだけではなく、いろいろな方々とのコミュニケーションを通して、フィトテラピー(植物療法)を考えていきたいと思い、この Blog を開設しました。

最初は、一方的な情報の発信となるでしょうが、よろしくお願い致します。

チャングムの誓い、おもしろいですね

修練医女時代に、医学教授が、患者の診察と処方を行う試験を行いますが、自分が薄っぺらな知識だけに頼り、謙虚な気持ちで病気の背景を理解しなかったために、あやうく診断と処方を間違いそうになります。

条件によって、同じ病気でも処方が違ったり、違う病気でも同じ処方だったりと、病気のありのままの姿を見ようとしていなかったことを悟ります。

植物療法やアロマテラピーは医療行為ではありませんし、ハーブや精油は日本では、薬ではありません。しかし、とても奥の深い学問体系です。

このブログでは、植物療法やアロマテラピーのすべてをお伝えすることはできませんし、これだけで全てを理解できた、ということでもありません。皆さんがこのブログを読まれ、少しでも興味を持って頂ければ幸いです。
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ