みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

ずんだもち

2005.08.27 ライブドアブログ、今日は調子よいみたいです。サーバーの負担が重くなったときに、月別のデータを表示する際、「ファイルが存在しません」のエラーを出しますが、今日の朝は大丈夫でした。

今日は朝から晴れわたり、吹く風も爽やか。いよいよ今日は「大曲の花火大会」が大仙市(旧大曲市)で行われます。残念ながら午後からアロマのセミナーのため、私は行けませんので、テレビ観戦でがまんすることにします。皆さんもお時間があれば観戦して下さい。

なお、ばっぱの実家、「増田町」では、09月14日、07:00 時から、第82回「増田の花火」が行われます。

今日は、だだちゃ豆をすりつぶした具を「はんごろし」にした餅米の上にのっけて食べる「ずんだもち」をご紹介しますね。

20050827だだちゃまめ 20050827ずんだもち ずんだもち。すりおろした豆とできあがったもち(豆とあずき)。

枝豆でも山形のだだちゃまめを使うと、ゆでている間にもとてもよい香りがします。やはり、精油の香りより食欲をそそる香りが優先されますね。あずきをのっけるのもあり。なんでも試してみて下さい。

作り方は、いたって簡単。

1. 枝豆(今回はだだちゃ豆をつかいました。山形の名産だそうです。)を、殻からはずし、その上薄皮まではずして、すり鉢ですりおろします。

2. 餅米を炊いて、半分だけお餅をつくような感じで「半分お餅のような状態」につきます(だからはんごろしっていうんだそうですよ)。あとは、その上に先ほどのすりおろした豆をかけて出来上がり。このときあずきをのせてもおいしいですよ。

ばっぱのいなかでは、「なべすりもち」というそうです。

ブログ表示スピード早くなって

新しいブログのシステムに移行してからというもの、その表示スピード、記事の投稿、画像の転送、再構築などに気の遠くなるような時間がかかりだしました。さらには、カテゴリー別や月別のデータを表示することも「ほとんど不可能」に。

20050825ラベンダー早咲き3号 20050826色とりどりの花 またまたラベンダーの早咲き3号の写真。名前の分からない花。

もう花芽がどんどん伸びてきて、花も結構咲き始めました。明日は大曲の花火大会。道の途中に「花火」のような色鮮やかな花が咲いていたので思わず写真を撮りました。

ブログって本来、毎日書き込むもので、一日一つとしても、30前後の量にしかなりません。なのに、その記事を見ることすらできなくなるなんて、とんでもありません。あげくのはてに「システムエラー」と表示されているにもかかわらず、すでに投稿されていたりと、すべてめちゃくちゃな状態に、と切れかけていたのは私だけではないようでした。

それで、他のブログの管理の仕方や、容量、表示の早さなどを調べていました。で、私のブログを操作したら、うそのようにかるくなっているではありませんか。どうしてしまったのでしょうか。いっときの幻なのでしょうか。これが当たり前の本来の姿なのに、そのスピードに、妙に感動してしまいました。

現在の肌を内面から考える 3

栄養素の過不足

人体を構成する細胞一つ一つは、生命活動をするのに多くのエネルギーを必要としています。そのために生体内に必要な栄養素を取り入れ、細胞や組織での化学反応によってそれぞれに必要な物質につくりかえて、エネルギーとして使っています。これら一連のプロセスは代謝と呼ばれ、細胞や組織で起こる物質のつくりかえは「同化」、物質の分解は「異化」といわれています。

三大栄養素として、タンパク質、糖質、脂質がありますが、これらは、複雑な過程を経て消化吸収され、生体で利用されます。
続きを読む

現在の肌を内面から考える 2

午後から風が強まりましたが、今夜半には関東地方に台風が上陸する様子。各地の被害が最小限ですむことを願わすにはおれません。先日らいから、ラベンダー早咲きの花が咲いたりしていますが、花芽をつけていたローズマリーもかなり花が咲いてきました。一方では、エキナセアの花が完全に散ってしまい、無惨な姿に。

20050825ローズマリー花 20050825エキナセア ローズマリーのほふく性とエキナセア。

先日ローズマリーの花のお話をしましたが、ほふく性の品種が早くも枝全体に花を尽かせています。今年は、ローズマリーの苗をかなり鉢に植え替えましたので、クリスマスシーズンが今から楽しみです。かたや、エキナセア、見る影もありません。

活性酸素

人体を構成する最小の単位は原子です。これらの原子は、化学的な結合によって分子、細胞、組織、器官、器官系というレベルでとらえることができます。 その最小単位の原子は、その中心に原子核を持っており、その回りに電子をもっています。

化学的な結合の中には「共有結合」といって、お互いの原子が、持っている電子を出し合って、ペアとなって安定した形で結合している分子があります。 ところが、場合によっては、ペアにならずに孤立した状態で存在することがあります。これを「不対電子」といって、この状態では不安定なため、どこからか電子を奪って安定しようとする性質をもっています。

この状態の原子や原子団(化合物である分子内に含まれるある特定の原子の一団)は
「フリーラジカル」といわれ、対になる電子をどこから得ようとする反応をします。このとき、「電子のやりとり」による化学変化の中で、電子が奪われることを「酸化」といい、電子を受けとることは「還元」といわれています。

ですから、不対電子を持った「フリーラジカル」は、相手を酸化させ、自分は還元されることになります。 「活性酸素」は、その「酸化」させる力の強い「酸素」のことをいいますが、酸化力の違いによって、
「スーパーオキサイド」「過酸化水素」「ヒドロキシルラジカル」などがあります。 続きを読む

健康ボランティアセミナー

先ほど東京から戻りました。今日は吹く風もやや爽やかな東京でしたが、秋田へ帰り新幹線ホームに降りたつや、爽やかさや涼しさをちょっと通りこして、やや肌寒い感覚。周りはもう虫の音。季節は8月25日で秋霖季を迎えます。

セミナーでは、改めて

・肌を分析することの難しさと大切さ
・基本となる5タイプの肌質はもとより、他のタイプの肌(トラブル肌)にも全て内因と外因があり
・原因にアプローチしないと結果はだせない
・その原因は肌の管理だけではなく、健康管理にも役に立つ
・原因に対応したハーブの内用、外用と、精油の外用、濃縮エキスの内用、外用
・エステティックであれば、手当に使うハーブや精油、特殊なテクニック

ということが再認識させられました。

なお、下記の要領にて、SOME健康ボランティアセミナーが開催されますので、ご案内申し上げます。

1. テーマ
・「体と対話する健康づくり」

2. 内容
・東洋医学の知恵つぼを使った健康体操をおもしろおかしく、楽しみながらやっていきましょう

3. 講師
・浅井 隆彦 氏
・日本アロマコーディネーター協会常任理事、鍼・灸・マッサージ師、NPO法人SOME理事

4. 日時
・平成17年(2005年)09月23日(金曜日)、15:30 〜 17:30

5. 場所
・さきがけ大町センター 1F スタジオ
・秋田市大町一丁目 2-6
・電話:018-896-0525

6. 参加費
・500円
・参加費は全てSOMEへの募金として寄付させていただくということです

7. 参加申込
・足操教室
・電話、ファックス:018-863-3811

昨年も行われました。
最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ