みなみの香草屋 Blog

自然と共に共存し、植物の持つすばらしい力を借り、心身共に健康で過ごせるための、植物療法(フィトテラピー)について

新・古の免疫システム

自律神経と免疫の法則について、大まかな概要を今までかきつづってきました。
自律神経の揺れが、免疫細胞と連動していて、

1. 交感神経へその揺れが移行すると、
(1) 血管系は収縮し、
(2) 免疫細胞の顆粒球の働きが活発化する。

2. 副交感神経へその揺れが移行すると、
(1) 血管系は拡張し、
(2) 免疫細胞のリンパ球の働きが活発化する。

このことは、生物が自然環境の中で生き抜くために進化の過程で身につけたシステムともいえると思います。このとてもシンプルな考え方で、人間の病気を考えると、少なくても90%くらいは説明がつくというのが、「自律神経と免疫の法則」です。

皆さんは「免疫」というと、「免疫力が高い」方が病気にかからななくてすむとか、「免疫力が弱くなった」から病気になったとか、思ってはいなかったでしょうか。免疫力が弱くなると確かに病気になりやすいですが、「免疫力が高くても」病気になる場合があるんです。そして、それらは、すべて自律神経と関わり合いがあります。
他の表現をすれば、

● 免疫システムとは、

○ 古い免疫システム
1. 自分の細胞が、自分の細胞であるにもかかわらず
(1) 異常な細胞として認識できるのか(自己応答性)
(2) 異常な細胞に対応する武器を作ることができるのか(自己抗体産生)

○ 新しい免疫システム
2. 自分以外の異物が、生体内に侵入したときに
(1) 自分以外の異物として認識できるのか(主要組織適合抗原)
(2) 自分以外の異物に対応する武器を作ることができるのか(外来抗原産生)

ということを、生体の中で日夜頑張っているシステムなのです。

そして、上記区分が重要なのは、1. や 2. の働きが、免疫システムの中で、ちゃんと役割分担をしていて、拮抗的に働いているということです。

1. と 2. の関係を頭に描いていただきながら、リンパ球の種類と働きが、どのように、上記免疫システムと関連しているのかみてみたいと思います。

● リンパ球

1. NK 細胞
(外来抗原ではなく、身体の異常を監視するという自己応答性を有する。また、マクロファージほどではないが、異物を飲み込む作用も持つ)

2. 胸腺外T細胞
(外来抗原ではなく、身体の異常を監視するという自己応答性を有する)

3. T細胞(胸腺由来T細胞)
(1) ヘルパーT細胞(CD4、MHC2)
・ Th1細胞(主にキラーT細胞の分化や働きを助ける)
・ Th2細胞(B細胞(B2細胞)の抗体産生を助ける)
(2) キラーT細胞(CD8、MHC1)

4. B細胞
(1) B1細胞(自己抗体産生)
(2) B2細胞(外来抗体産生)

以上をまとめると、

リンパ球のうち、

● 1. NK細胞と 2. の胸腺外T細胞、4. のB細胞のうち、(1)のB1細胞(自己抗体産生)は、ともに自分自身の生体内にある細胞の異常に対する対応、すなわち、自己応答性や自己抗体産生を持っていて、古い免疫システムとして働く。

● 3. のT細胞(胸腺由来T細胞)と、4. のB細胞のうち、(2)のB2細胞(外来抗体産生)は、外来抗原向けのシステムとして、新しい免疫システムとして働く。

これらのシステムは、以下のようなさまざまな条件で、拮抗的に働きます。

1. 加齢現象にともなう免疫システムの移行
(1) 20歳を過ぎると、加齢による退縮が始まる。
・新しい免疫システムから古い免疫システムへ免疫体系が移行する。
・外来抗原向けのシステムから自己応答性として働くシステムへ移行する。

2. ストレスなどによる免疫システムの移行
(1) 自律神経を介して、交感神経型へ、
(2) 視床下部、下垂体を介して、副腎皮質へ
・この状態が続くと、胸腺が萎縮する(胸腺由来T細胞の働き抑制)
・新しい免疫システムから古い免疫システムへ免疫体系が移行する。
・外来抗原向けのシステムから自己応答性として働くシステムへ移行する。
・ストレスなどの原因がなくなると、加齢以外の場合、元の新しい免疫システムへ戻る。

これらの免疫システムの移行は、非常に合目的に作動しており、人間の進化の過程の中で対応していったということで、とても神秘的です。
そして、自律神経の揺らぎによって、顆粒球やリンパ球の働きが亢進することや、古い免疫システムと新しい免疫システムの概要を理解することで、いろいろな病気の本質を考えることができます。これらの関係と、病気の関係はまた後日投稿する予定です。

病気の症状だけにとらわれるのではなく、病気を引き起こしている原因にアプローチすることが可能となり、それが、植物療法と密接に関連してきます。

関連情報

福田安保理論
福田青理論と植物療法
胃カメラ検査と免疫学問答

Mac Explorer での画面表示2

Mac Explorer での画面表示に関して、画像を表示するために文字設定とテーブル利用の画像表示でも投稿しましたが、テーブルを利用しておりました。そのテーブルの横幅のサイズを100%と設定したために、Mac 版の Explorer では、画像と並んで書き込んである文字が上下に長〜く表示されていました。

そのため、設定サイズをいろいろ変更して(508pxへ変更)、Mac 版 Explorer はもとより、Safari、Windows で確認したところ、テーブル利用した部分については、Mac、Windoes 同じよう閲覧することができました(表示形式で精油データを示していますが、この表示に関しても、設定サイズを変更することで見やすくすることができました)。

ただ、投稿記事やコメントなど、メインとなる文字の配置に関しては、Mac 版 Explorer では、いまだに、実際の約50%の範囲でのみ表示されています。順次、上記横幅の設定サイズを変更するとともに、文字の表示の件につきましても、時間がかかるかもしれませんがあわせて変更していきたいと思っております。

MacOS9.XX環境で Internet Explorer 5.XX をご利用されている方や、MacOS 10.XX 環境で Internet Explorer 5.XX をご利用されてる方、非常に見づらくて大変申し訳ございませんが、少しお時間をいただければ幸いです。

Mac Explorer での画面表示

先日、娘のパソコン(MacOS9.2.2 Internet Explorer 5.1.7(5815))でブログを表示すると、画面表示がおかしかったので、MacOS X 10.4.1 (8B15) 環境で Internet Explorer 5.2.3(5815.1)を立ち上げてみると、下記のような画面表示でブログが表示がされてしまいます。

実際に Macromedia Dreamweaver MX にて作成した html ファイルを Internet Explorer 5.2.3(5815.1)で表示してみると正常に表示されます。ブログでの表示が乱れるのは、中央のメインになる部分です。ライブドアのブログとMac 版 Internet Explorer の相性が悪いのでしょうか。どうしようもありません。

MacOS9.XX環境で Internet Explorer 5.XX をご利用されている方や、MacOS 10.XX 環境で Internet Explorer 5.XX をご利用されてる方、非常に見づらくて大変申し訳ございませんが、少しお時間を下さい。よろしくお願い致します。

写真は、MacOS X 10.4.1 (8B15)、Internet Explorer 5.2.3(5815.1)の環境で見た場合と、MacOS X 10.4.1 (8B15)、Safari 2.0(412)環境で見た場合のスクリーンショット画像です。比べてみて下さい。写真をクリックすると大きな画面に切り替わります。

2005729Explorer2005729Safari

なすの料理

今日の第三弾目は、なすの料理です。

1. なす太郎
(1) 一口大のなすを唐揚げする。
(2) めんつゆに、ニンジン、唐辛子と赤南蛮を入れてたれを作ります。
(3) そこに揚げたなすを入れてで出来上がり。

2. なすのジャコ煮
なすを料理する場合、油を使った料理はおいしいのですが、お年寄りの方や、歯の弱い方でも召し上がることのできる「油を使わない」だし汁だけで煮物にしものです。なすを油で揚げて料理すると、きれいな色がでますが、この場合は、色どめをするそうです。しないと、汁もなすもきたない色になるとのこと。

(1) 丸なすの大とじゃこ。
(2) なすを塩水に4〜5分つけておく。
(3) 塩水からあげて、熱湯に2〜3分入れておく(これが色どめだそうです。あまり入れすぎてはだめ)。
(4) なべに、水、ジャコ、砂糖、を入れて、熱湯から取り出したなすも入れ、1度沸騰させる。
(5) その後、しょう油を入れて、汁がほとんどなくなるまで煮詰める。
(6) 最後につや出しとして、ゴマ油をタラして、なすにまぶすして出来上がり。
・ゴマ油を垂らすのは、色をよくするためだそうです。

20050727なす太郎 20050727なすのジャコ煮

なす太郎となすのジャコ煮

なす太郎は私のお気に入りの一品。作り方を書くだけで作ったことのない私は、なぜ後にしょう油を混ぜるか尋ねたのでした。最初にしょう油を使うと「しょっぺぐなるべ」だそうです。味つけには順番があるそうで「さしすせそ」なんだって。

キュウリがっこ

今日の第二弾目は、キュウリがっこです。

1. キュウリのカラシ漬け
(1) 袋の中に (2) で作ったカラシとキュウリを入れて、よくかき混ぜ、揉み込む。
(2) カラシプラスα
・カラシ、砂糖、塩。
(3) 二日ぐらい置いておきます。おいしいキュウリのカラシ漬けがっこが出来上がり。


20050729キュウリカラシ漬け 20050729キュウリカラシ漬け2

キュウリがっこ

前回は、キュウリの一夜漬けをご紹介しました。これはがっことしても、酢の物やサンドイッチを作る場合の素材としても使えました。カラシ漬けは、夏の食欲をそそるがっこの一つです。


2. キュウリの一夜漬け
(1)
前回作った一夜漬け の画像を二枚追加しました。

20050729キュウリ塩漬け 20050729キュウリ塩漬け2

キュウリの一夜漬け

前回は、キュウリの一夜漬けをご紹介しました。一枚目の画像は、水、塩、砂糖を沸騰させたものを、直接キュウリにかけて冷ましたものです。

最新コメント
精油名

イランイラン
ウィンターグリーン
オレンジ スィート
オレンジ ビター

カモマイル ジャーマン
カモマイル ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
クローブ
コリアンダー

サイプレス
サンダルウッド
シダー
シトロネラ ジャワ
シナモン カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ジンジャー
セージ
ゼラニウム エジプト

タイム ツヤノール
タナセタム
タラゴン
ティートゥリー

ニアウリ CT1
ネロリ

バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ベンゾイン

マジョラム
マンダリン
ミルラ

ユーカリ グロブルス
ユーカリ ディベス
ユーカリ ラディアタ
ユーカリ レモン

ラベンサラ
ラベンダー アングスティフォリア
ラベンダー スーパー
ラベンダー ストエカス
ラベンダー スピカ
リトセア
レモン
レモングラス
ローズ
ローズウッド
ローズマリー カンファー
ローズマリー シネオール
ローレル
以前に投稿した記事
プロフィール
ひまわり

○ 佐藤 喜仁(さとうよしひと)
・1955年(昭和30)年12月生まれ
・福島県会津高田町出身
○ 1974年(昭和49年)3月
・福島県立大沼高等学校
・普通科卒業
○ 1978年(昭和53年)3月
・京都産業大学
・経営学部 経営学科
・(会計学専攻) 卒業
○ 1980年(昭和55年)3月
・京都産業大学
・大学院 経済学研究科修了
○ 1981年(昭和56年)〜
・1987年(昭和62年)
・税理士事務所勤務
○ 1987年(昭和62年)12月
・ハーブ専門店みなみの香草屋開業
・自社農場でハーブの生産、出荷
・ショップでハーブ関連商品の販売
・サロンでのトリートメント
・ショップやサロンへ商品供給
・アドバイス
○ 1997年(平成9年)6月
・秋田アロマテラピースクール開講
○ アロマテラピーとフィトテラピー
・(植物療法)を勉強しています

テンプレート
このブログのスキン元
藍と空とBlueの果てまでも
こちらの画像もどうぞ
ブルードーンさん壁紙写真
芳香成分類と芳香分子
モノテルペン炭化水素類
・δ-3-カレン
・α-テルピネン
・γ-テルピネン
・パラシメン
・α-ピネン
・β-ピネン
・α-フェランドレン
・β-フェランドレン
・ミルセン
・リモネン
・d-リモネン
セスキテルペン炭化水素類 -
・β-エレメン
・δ-エレメン
・カマズレン
・ジンジベレン
・β-セスキフェランドレン
・デハイドロアズレン
・デハイドロカマズレン
セスキテルペン炭化水素類 +
β-カリオフィレン
・α-コパエン
・α-セドレン
・β-セドレン
・α-ヒマカレン
・β-ヒマカレン
・γ-ヒマカレン
・α-ブルネッセン
・β-ブルネッセン
モノテルペンアルコール類
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ツヤノール-4
・trans-ツヤノール-4
・α-テルピネオール
・β-テルピネオール
・γ-テルピネオール
・テルピネン-4-ol
・ネロール
・ボルネオール
・メントール
・d-リナロール
・l-リナロール
セスキテルペンアルコール類
・キャトロール
・α-サンタロール
・β-サンタロール
・セドロール
・ネロリドール
・パチュロール
・バレリアノール
・α-ビサボロール
・ビリディフロロール
ジテルペンアルコール類
・アセトキシ-15-ラブダノール-8
・スクラレオール
・ラバダアン-8-α-15-ディノール
エステル類
・アンスラニル酸ジメチル
・蟻酸シトロネリル
・酢酸ネリル
・酢酸ベンジル
・サリチル酸メチル
ケトン類
・l-カルボン
・d-カルボン
・カンファー
・クリプトン
・β-ジオン
・α-ツヨン
・β-ツヨン
・ピペリトン
・ベルベノン
・メントン
フェノール類
・オイゲノール
・チモール
フェノールメチルエーテル類
・trans-アネトール
・チャビコールメチルエーテル
テルペン系アルデヒド類
・シトラール
・シトロネラール
芳香族アルデヒド類
・クミンアルデヒド
・ケイ皮アルデヒド
酸化物類
・アスカリドール
・1,8シネオール
・ビサボロールオキサイドA
・trans-リナロールオキサイド
ラクトン類
・クマリン

  • ライブドアブログ