今日の「秋田県観光ポスター展(2001.02.01 〜 02.20)」は、比内町(現在は大館市)の「比内とりの市」と、森吉町(現在は北秋田市)の「クマゲラの森へ」です。

14. 比内町の「比内とりの市」

15. 森吉町の「クマゲラの森へ」

2001020414比内とりの市 2001020415クマゲラの森
比内とりの市
比内町 
大館市
クマゲラの森
森吉町
北秋田市
マタギの里・阿仁町

比内町も現在は合併により、6月20日に「大館市」となりました。「比内とりの市」では、比内町特産の比内地鶏が全国的にも有名です。また、新米のでるころになると「きりたんぽ」と一緒にそのダシにもなくてはならない地鶏です。

コケコッコ〜〜〜〜という鳴き声の長さを競う「人間比内鶏永唱コンテスト」、ダービーならぬ比内鶏のレースを予想する「比内鶏ダービー」、そして「比内鶏千羽焼き」など、「見る・食べる・遊ぶ・買う」の4つがイベントになっているとのことです。

クマゲラは、 国の天然記念物で、北海道に生息する鳥なんだそうですが、そのようにめずらしいクマゲラが、昭和51年から3年連続して、森吉に合計9羽の繁殖が確認されたことから、昭和58年に「クマゲラの森」として設定されたとのこと。近くには「マタギの里」で有名な阿仁町もありますが、両町もまた、合併により 3月22日に「北秋田市」となりました。

2001年の秋田県観光ポスター展で紹介されている市町村は、どんどん合併して統合されてしまい、地域そのものの響きある伝統行事が「殺風景な地域名」の影に隠れて、浮かび上がってこないものになっている感じを受けます。

秋田県内の合併の進捗状況
秋田祭り暦
秋田おんどうぇぶ
秋田県観光総合ガイド あきたファン・ドッと・コム