いつのまにか暗くなり、外を見てみるとものすごい勢いで雪が降り積もっていた昨夜の秋田市。一夜明け、朝起きると曇り空の天気でした。よかったぁ。あの勢いで降り積もれば、昨年の悪夢を見る事になりますから。今日の最低気温は、マイナス 1.0度、日中の最高気温も 2.9度と、やはり寒いです。

下の写真、左と中央は、昨夜の午後 08時前の様子。ものすごい勢いで雪が降っていました。とばっちりを受けたのが、隣で家を建てている大工さん。まだ屋根が完成していないのに、容赦なく雪は積もっていました。

20070313夜の様子1 20070313夜の様子2 20070314一日で骨組みが

それでも、今日一日で、ほぼ外観の骨組みが完成したようです。もちろん屋根まで完成(木の骨組みと板だけの)。

下の写真、左と中央は、昨夜の晩ご飯。ハンペンのソテーと二日続きのシューマイ。右は、今日午前中に、逗子市に住んでいるおじさんから届いた鎌倉のラーメン。

20070313ハンペンのソテー 20070313シューマイ 20070314届いたラーメン

下の写真、左も送られてきた干物。アジとツボダイです。中央は、今日のお昼に食べたカジミという食べ物。カキやネギを小麦粉と卵でといたものへ入れて焼いたもの。少々辛めのダシにつけて食べましたが、まだ口の中にその味が残っています。

20070314届いた干物 20070314カキのチジミ 20070314桂花烏龍茶

今日の朝刊に「キンモクセイ 香りかぐと体重減」という見出しの記事が載っていました。これは、あるメーカーが大阪の大学の教授との研究結果を発表したもののようです。

キンモクセイは、「
桂花」といわれ、上の写真、右のように烏龍茶とのブレンドで、ジャスミン茶と同じように飲用されています。このキンモクセイの香りが、体重増加の抑制効果がラットの実験で確かめられ、ヒトでも同様の傾向があったというものです。

以前、
2006.10.03 肥満を抑えるタンパク質でも投稿しましたが、肥満を抑えるタンパク質として、強い食欲抑制作用を示す「ネスファチン1」が、視床下部に存在することが確認されたという記事でした。

下記の図は、そのときに利用したものですが、今回は、キンモクセイの香りが、食べるように行動を促す「
オレキシン」というタンパク質を産生する能力、これを低下させることがわかったそうです。

20061003満腹摂食中枢

ということは、上の図右側の下にあらわされている水色の「摂食中枢」をタンパク質の「オレキシン」が促進させ、その作用を抑制するのが「キンモクセイ」の香り、ということになるのでしょうか。

今日は、この新聞の記事をブログに書こうかなぁと思っていました。ところが、先ほど、確定申告の資料を持って税務署へ向かう途中、車の NHKラジオ「
くらしの電話相談」で、とても興味のある事をお医者さんが話されていました。

質問の方は、「
食欲がなくて困っているのですが、以前かかりつけの医師から胃にがんがある」といわれ、その事との関連からなのかどうかをお聴きする、という内容だったかと思います。

かかりつけの医師による診察の結果、胃にあるがんは、その後あまり進行していない、といわれた事もお話されていました。そしたら、ラジオの電話相談を担当している医師から、「
食欲不振があることは、よいことなんですよ」という、以外な答えがかえってきました。

また、「
がんの患者さんには、通常、栄養たっぷりの食事を一杯摂取することが勧められています。免疫力をあげがんをやっつけるためにそうするのでしょうが、私はがんの患者さんに、ときには、食欲を抑制する漢方を処方する場合もあるのですよ」というお話だったと思います。

そう、栄養を与え過ぎると、がんはそれらの栄養を吸収して、進行してしまうから、というのがその理由の一つのようでした。だから「
食欲がなくても、元気であれば、そして、がんがそれ以上進行しない事が一番の養生ですよ」との回答だったのです。

そのときに処方される漢方薬、あ〜何という事でしょうか、とても印象に残った名称の漢方薬だったのですが忘れてしまいました。どうしましょう。

帰ってから調べてみましたが、思い出せません。漢方薬の処方によると、胃がんなどには、

・あまり体力の衰えていない患者で・・・食欲不振、・・・
・体力が衰え、・・・食欲不振・・・
・病気が進行して、食欲がなくなり・・・
・手足の冷え、食欲不振・・・

など、漢方薬のほとんどの処方に「食欲不振」という症状が載っていました。先ほどのくらしの電話相談での回答と、何か一見すると矛盾を生じるような印象ですが、どうなのでしょうか。

悩める体重増の人々を香りで食欲抑制するという記事と、がんで悩んでおられる方々へは、ときとして食欲抑制を発揮する漢方薬を、と、何とも不思議な組み合わせを感じてしまいました。

関連記事
2006.10.03 肥満を抑えるタンパク質