ひまわりが勝手に選んだ植物療法関係の記事一覧です(2006年度分目次)

タイム ティートゥリー ローズマリー

● 年度 : 年度別目次 / 2014 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005
○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / 風景 / その他

2006.12 月
2006.12.30 抗アレルギーとドーパミン
2006.12.28 p-サイメンとパラシメン
2006.12.27 ペリルアルコールとパラシメン
2006.12.24 モノテルペン類の生成
2006.12.22 リモネンとカテコールアミンの連想ゲーム
2006.12.21 介護予防とフットケア
2006.12.20 フェンネルと脳の関係
2006.12.18 認知症と介護
2006.12.17 高級ペット食とケア製品
2006.12.15 デヒドロエピアンドロステロン
2006.12.14 テラヘルツ波の応用
2006.12.13 ヘアケア商品とパーマ毛染めの相性
2006.12.10 丁稚奉公で技術と対応と心を養う
2006.12.09 ○○乳腺クリニックと○○ハタハタの町診療所
2006.12.08 プロメリア(フランジュパニ)の精油
2006.12.07 共存共栄の関係
2006.12.05 Aromatherapy セミナー
2006.12.04 緩和ケアとリンパ浮腫ケアとアロマ
2006.12.01 ケモタイプとフェノタイプの使い分け

2006.11 月
2006.11.30 母乳羊水胎盤の時代?
2006.11.25 ベロ毒素に対する精油の抗菌活性とハーブ
2006.11.24 おやじ臭や体臭に強い味方のローズマリー
2006.11.23 精油データベース一つできました
2006.11.22 専門家がみる医療の現状と予測
2006.11.21 コーヒーとNK細胞の活性
2006.11.20 カフェインはアデノシンのアンタゴニスト
2006.11.19 プリン骨格とカフェインとアデノシン
2006.11.15 コーヒーとがんの関係
2006.11.12 ゲラニルピロリン酸とリモネン合成2
2006.11.11 ゲラニルピロリン酸とリモネン合成1
2006.11.10 皮膚電気抵抗と精油の評価
2006.11.09 モラルジレンマとブレインジレンマ
2006.11.08 がんと統合失調症の関係
2006.11.06 アロマテラピーセミナー2006 その3
2006.11.05 アロマテラピーセミナー2006 その2
2006.11.04 アロマテラピーセミナー2006 その1
2006.11.02 メラニンとストレス
2006.11.01 メラニンの役割と生成

2006.10 月
2006.10.23 単細胞から多細胞の進化と免疫
2006.10.20 今後の医療従事者と患者さんの関係
2006.10.19 芳香分子芳香成分類と精油
2006.10.18 AMPの若返り効果と植物療法
2006.10.16 アドレナリン受容体から思う事
2006.10.15 交感副交感神経そして交副感神経
2006.10.13 偽薬と二重盲験法
2006.10.07 ほ乳びんの乳首とイソプレン
2006.10.04 ジェネリック医薬品
2006.10.03 肥満を抑えるタンパク質
2006.10.02 におい再現の装置
2006.10.01 心の病に医者と薬とハーブ

2006.09 月
2006.09.27 秋田美人が化粧品のモニター
2006.09.24 モナリザダイエットと自律神経
2006.09.23 薬剤をくみ出すタンパク質調節遺伝子
2006.09.22 おやじ達の憂い
2006.09.16 がん攻撃のための発熱
2006.09.11 がん対策基本法
2006.09.07 錬金術中世では精油現在は金
2006.09.03 笑いの哲学と科学
2006.09.02 病は気象と気から

2006.08 月
2006.08.31 サツマイモと地球温暖化防止効果
2006.08.30 ラベンダーのプリザーブドフラワー
2006.08.27 笑いを数値化する爆笑計
2006.08.26 アズレン カマズレン アピゲニン
2006.08.25 カモミールの主要成分の違い
2006.08.24 精油のフェノタイプとケモタイプ
2006.08.19 プロ集団
2006.08.15 植物と人間の関係
2006.08.03 パーシャルアゴニスト

2006.07 月
2006.07.31 顆粒球とヘイフリック限界
2006.07.29 大脳基底核とDA
2006.07.27 サブスタンスPとDA
2006.07.24 脳幹に配置された神経核
2006.07.21 脳内神経伝達物質 DA
2006.07.20 植物の二面性と状況に応じて作用する薬
2006.07.16 エマルジョン精油
2006.07.14 イランイランの組成成分
2006.07.13 サンダルウッドに学ぶこと
2006.07.09 サイプレスとセドロール
2006.07.08 ナノメートルの波長と皮膚トラブル
2006.07.06 ナノテクノロジー
2006.07.02 トレハロース入り卵焼き
2006.07.01 納豆菌とγ-PGA

以下続きです

2006.06 月
2006.06.29 アケビの油は油の王様
2006.06.20 ログハウスの香り
2006.06.14 アルツハイマーと免役
2006.06.11 なまり言語切り替えと脳の働き
2006.06.09 生体防御ってすごいなぁ
2006.06.05 ガン細胞免疫細胞の死滅誘導
2006.06.02 光毒性とアレルギー反応
2006.06.01 光毒性とフロクマリン類

2006.05 月
2006.05.31 いろいろな皮膚のトラブル
2006.05.29 クロトーそして自食作用と千島学説
2006.05.28 精油の成分解析
2006.05.26 やば〜いシンドローム
2006.05.25 Dr.フィッシュ1匹800円レンタル
2006.05.22 失敗しないハーブの作り方
2006.05.20 生きたまま細胞内観察と千島学説
2006.05.12 モルヒネと安楽死、そして脳内麻薬
2006.05.11 肝臓のための精油のブレンド
2006.05.09 医薬品とサプリメント、食品
2006.05.06 ドクターフィッシュとピーリング
2006.05.05 補完代替医療と科学的な検証
2006.05.01 湿潤療法

2006.04 月
2006.04.30 黄砂とアレルギー反応
2006.04.28 シラカバの木とヤドリギ草
2006.04.27 香気成分の抽出方法
2006.04.23 学名精油成分構造電気座標系
2006.04.20 ホスピタルモールとセラピスト
2006.04.16 女性のお肌気になるベスト3
2006.04.13 抑制生T細胞と臓器移植
2006.04.09 音楽それともモーツアルトとの複合体
2006.04.08 眠る脳、眠らない脳、眠らせる脳
2006.04.06 未病対策と予防医療
2006.04.05 チャングムからホジュンへ
2006.04.04 ヘブンオイルと必須脂肪酸
2006.04.03 95歳現役意思が贈る言葉
2006.04.02 臓器移植の損益分岐点

2006.03 月
2006.03.30 病気それぞれの立場そして植物療法
2006.03.26 即席病院寄席
2006.03.24 体臭あれこれ
2006.03.23 肺ガン発見と損益分岐点
2006.03.21 ミラクルフルーツとギムネマ
2006.03.15 どうしたの今度はコエンザイム
2006.03.14 銃砲の薬と小型で軽い植物
2006.03.11 薬事法抵触販売違反です
2006.03.08 感染症減員となる蚊をスーパー蚊へ
2006.03.07 新発想の足湯
2006.03.06 テルペン系はイソプレンブロック
2006.03.04 イソプレン分子はプードル犬

2006.02 月
2006.02.25 普段は納豆菌、薬は納豆禁
2006.02.18 料理も手当てもセンス
2006.02.17 グレープフルーツ禁、納豆禁
2006.02.13 サリチル酸二つの官能基
2006.02.11 ヤナギナツユキアスピリン
2006.02.10 サリチル酸と植物療法
2006.02.03 芳香成分類の名称
2006.02.01 人間だけでなく犬にも魚必要

2006.01 月
2006.01.29 共有結合
2006.01.27 炭素の手は4本
2006.01.22 炭化水素基と官能基
2006.01.20 精油の化学と基本骨格
2006.01.19 ビューティーマネージメントゲーム
2006.01.18 都市型スパと現代湯治
2006.01.13 スタチンとコレステロール
2006.01.12 発生学と千島学説
2006.01.11 ES細胞と千島学説
2006.01.04 グリア細胞と植物療法