ひまわりが勝手に選んだ植物療法関係の記事一覧(関連情報目次 脳・神経関連)
(2015.01.26 更新)


西洋イラクサ 西洋オトギリ草 西洋サンザシ

● 年度 : 年度別目次 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005
○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / 風景 / その他

植物療法関係の記事一覧を「年度別目次」として、年度別に分割しました。現在参照中の画面には、カテゴリー別では分類できない「関連情報目次 脳・神経関連の目次」の情報が表示されています。

○「脳・神経関連」

2014.11.12 ピリオドと体内時計とHes1との関連性
2014.08.05 アルツハイマー型痴呆症とアミロイドβの関係

2013.12.27 最近興味を持った新聞やウェブ上の記事 2013 秋から冬
2013.01.28 アルツハイマー型痴呆症の患者さんに対する精油のブレンド

2012.03.27 福田安保理論とミュータンス菌との関係

2011.12.14 感染症対策には神経系への配慮も必要
2011.09.30 脳出血の新たな危険因子とハーブウォーター
2011.09.01 ハーブを扱う側と利用する側
2011.06.20 アロマセミナー神経系とアロマテラピー 2011
2011.04.16 心労続きの人々と脳血管疾患
2011.01.26 心身と身体の関係
2011.01.19 脳脊髄液の流れ画像化と病気の診断
2011.01.18 アクチビンによる細胞分化と千島学説
2011.01.12 アルツハイマー型痴呆症のバイオマーカー
2011.01.11 痴呆症タイプの的確な診断とアロマ

2010.12.02 ストレスとIBS(過敏性腸症候群)そしてアロマ
2010.09.21 世界アルツハイマーデー早期発見のめやすに
2010.09.16 脳磁計利用による嗅覚減退とアルツハイマー病
2010.08.24 早期のアルツハイマー病とにおい検査
2010.03.26 日本の高齢社会を考えるフォーラム
2010.01.31 交感神経における伝達物質と受容体 2
2010.01.28 iPS細胞から分化させた神経細胞とiN細胞
2010.01.21 ラロン型低身長症とがんの関係
2010.01.19 脳波の利用とアロマテラピー
2010.01.16 アップルタブレットと脳の感覚器官
2010.01.09 交感神経と副腎髄質における伝達物質と受容体 1

2009.12.22 不公平を嫌う脳部位と統一一貫性
2009.12.11 統一一貫性とアロマテラピーの嗅覚作用
2009.12.09 嗅覚やフェロモンに関する遺伝子の変異
2009.11.09 自食作用とアルツハイマー型痴呆症の関係
2009.10.12 アロマテラピーセミナー 2009 その2
2009.09.08 におい情報と手網核とアロマテラピー
2009.06.06 ニューロステロイドの脳内での働き
2009.02.18 遺伝子のオンオフと笑いの関係

2008.11.09 アルツハイマー型痴呆症の脳は不活発
2008.10.07 GNH 国民総幸福
2008.09.05 脳萎縮とアルツハイマー型痴呆症の関係
2008.08.21 痴呆症発症予知の客観的評価方法
2008.05.22 脳トレはラベルなしのアロマボトルで
2008.04.05 ヒスタミンH3受容体とアルツハイマー病
2008.03.19 顔認証システムとアロマテラピー
2008.03.15 睡眠と生活習慣病の関係
2008.03.11 絵本やアロマと前頭前野
2008.03.06 キレやすい人とセロトニンの関係
2008.02.23 アロマを利用した心の介護と痴呆症
2008.02.16 iPS細胞と再生医療
2008.02.13 脳が喜びを感じる事のできる教育と親心
2008.02.10 再生医療と千島学説福田安保理論からの連想ゲーム
2008.01.18 韓流ドラマで脳のリフレッシュ
2008.01.09 マジンドールとアンフェタミン

2007.12.27 骨髄幹細胞と再生医療
2007.11.20 温泉復活と医学的評価
2007.10.29 無臭化と嗅覚の感度と役割
2007.10.23 カルノシン酸とローズマリーの関係
2007.10.22 アロマと体内時計の基礎研究
2007.09.04 うつ病とキレるは表裏一体
2007.08.15 うつ予防のための一つの取り組み
2007.08.05 ぱっとひらめく直感思考と小脳
2007.07.17 脳の老化と前頭前野衰えとの関係
2007.07.11 脳の病気とアゼラスチンからの連想ゲーム
2007.07.04 前頭前野の沈静化に森林浴
2007.07.02 ナルコレプシーとオレキシン
2007.06.06 一酸化窒素からの連想ゲーム
2007.06.04 精神障害者の社会復帰支援
2007.06.03 三感の感覚機能を持つ子供型ロボット
2007.06.02 シベリアカラマツとジヒドロケルセチン
2007.05.29 小型の脳計測器とBMI
2007.05.23 嫌な臭いと消臭剤そして精油
2007.05.18 セロトニンの体内分布と働きから
2007.05.17 嗅覚と静脈性嗅覚検査
2007.05.13 トリプトファンとセロトニンの行方
2007.05.11 心のかぜ人それぞれ
2007.05.08 パーキンソン病治療とウィルスの関係
2007.04.28 ベンゼン環からの連想ゲーム
2007.04.26 低髄液圧症候群からの生還
2007.04.16 神経再生に鼻粘膜を利用
2007.03.22 脳内リセットに喜哀楽と深い眠り
2007.03.17 不眠と抑うつ状態と生体リズム
2007.03.05 失われた脳の機能を取り戻す
2007.02.08 鈍感力と精油の力
2007.01.27 受容体と運動能力の差と体質気質
2007.01.08 脳を鍛えることとコミュニケーション

2006.12.30 抗アレルギーとドーパミン
2006.12.20 フェンネルと脳の関係
2006.12.18 認知症と介護
2006.11.21 コーヒーとNK細胞の活性
2006.11.20 カフェインはアデノシンのアンタゴニスト
2006.11.19 プリン骨格とカフェインとアデノシン
2006.11.15 コーヒーとがんの関係
2006.11.09 モラルジレンマとブレインジレンマ
2006.11.08 がんと統合失調症の関係
2006.10.16 アドレナリン受容体から思う事
2006.10.15 交感副交感神経そして交副感神経
2006.07.29 大脳基底核とDA
2006.07.27 サブスタンスPとDA
2006.07.24 脳幹に配置された神経核
2006.07.21 脳内神経伝達物質 DA
2006.06.14 アルツハイマーと免役
2006.06.11 なまり言語切り替えと脳の働き
2006.05.12 モルヒネと安楽死、そして脳内麻薬
2006.04.08 眠る脳、眠らない脳、眠らせる脳

2005.11.06 脳の神秘と可能性
2005.09.19 脳神経外科医から学ぶこと