● ひまわりが勝手に選んだ植物療法関係の記事一覧の目次です
● 年度別目次 年度別目次 / 2007年度分目次 / 2006年度分目次 / 2005年度分目次
○ 関 連 情 報 精油の化学 / 植物油の化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬と身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

朝起きると雨はあがっていましたが、雲が低く垂れ込んだ天気でした。今日の朝の最低気温も 8.6度(昨日は 9.5度)と高めでした。午前中、一時、お日さまが照り出しましたが、午後に入ると、再び曇り出し、時おり小雨も降っていたようです。日中の最高気温は 13.9度(昨日は 13.7度)でした。

今日は、朝食をすませてすぐに、運転免許証の更新へ行って来ました。下の写真、左は、免許センターです。今日は、以外と少なかったようです。手続きと目の検査をすませ、21番教室へ。

20071113免許センター 20071113バーツァ 20071113糸カボチャ

10:10 分まで、流れているビデオを見ていました。事故がちょっとした事で起こってしまい、その後、被害者の家族の方々や、加害者、そして、加害者の家族にまで、とんでもない影響を及ぼす事になる、そんな、過去の教訓を生かした内容でした。

その後、いろいろな法改正、そして、秋田県の場合、72% の事故が「ウッカリ事故」、夜、お年よりの方々が被害に遭われるケースが非常に多い事などを、たぶん、県外者の受講生にとっては、とてもわからないと思われる早口の秋田弁で、講師の方が、30分の間、説明されていました。

上の写真、中央と右は、免許証の更新を終え、帰ってから食べたお昼ご飯です。中国風栗おこあ(わ)と、糸カボチャの酢のものです。

下の写真は、シシトウの佃煮、キュウリがっこ、そして、先日漬けた大根のビール漬けです。

20071113シシトウ 20071113キュウリがっこ 20071113大根のビール漬けがっこ

下の写真は、辛味大根です。これ、本当に辛いんですよ。中央は、漢方スープを作っているところです。右は、ディズニーランドで結婚式をされた新郎新婦の、結婚披露宴に使われた「御席表」。ディズニーのキャラクターを勝手に使う事はできないでしょうから、こんなデザインの「Reception」いただけると楽しいですよね。

20071113カラシ大根 20071113漢方スープ1 20071113ミッキーマウス

玄関の前に置いてある椿の花芽が膨らんでいました。よく見ると、一輪花が咲いているではありませんか。この椿は「梅ケ香」という品種で、香り椿とラベルに書いてあります。実際に嗅いでみると、ほとんどわかりませんでした。それより、後ろからキンモクセイの香りが。そう、四季咲きキンモクセイが、また花芽をつけていたのでした。

20071113香り椿(梅ケ香) 20071113四季咲きキンモクセイ 20071113おおはっさく1

上の写真、右は、先日会津から届いた柿です。ほとんどが、十一月二十日台の開封日だったため、見落としていました。そう、十一月十一日が開封日の「おおはっさく」の柿です。下の写真のように、木箱に入っています。新聞紙が敷かれ、その上にきれいに柿が並べられていました。

20071113おおはっさく2 20071113おおはっさく3 20071113おおはっさく4

下の写真、左は、おおはっさくの柿です。中央は、先ほどの漢方スープです。右は、ばっぱが干し柿用にむいた柿です。すでに、タコ糸に結びつけられていました。

20071113おおはっさく5 20071113漢方スープ2 20071113干し柿用

下の写真は、今日の晩ご飯です。左は、里芋といろいろな野菜の入ったかやぎっこです。中央は、いただいた牛タンササカマです。右は、漢方スープ。

20071113里芋と野菜のかやぎっこ 20071113牛タンササカマ 20071113漢方スープ3

きれいな紫色の花が咲いていました。チェリー セージ パープルです。見事に花びらが開いています。下の二枚の花びらがとてもりっぱですね。

20071113チェリーセージ

今年のアロマテラピー・セミナーは、ハーブウォーターの効用と可能性を、口腔ケアを例にとり、随分内容が盛りだくさんでした。また、近年、感染症の問題が世界的な規模で広がりを見せています。そんな中での精油の優位性などが講演内容に盛り込まれていたように感じました。

ひまわりが、このセミナーを受講した最初の年は「1998年(平成10年)」ですから、随分昔のような気がします。ちょうど、この年とその翌年は、実家のある福島県でも講演が行われました。

しかも、季節的には、五月、六月と、とても素晴らしい季節の中での、本当に少人数のセミナーだったことを記憶しています。あれから、回を重ねて、日本人講師の方々の貴重な講演も行われ、今年で、九回目の受講となりました。

そこで、これまで受講したアロマテラピーセミナーの内容が、すぐに確認できるように、下記のように、年代順に並べてみました。ひまわり自身が参照できるようにしたものですが、ご興味のある方は、対応するリンク部分をクリックして見て下さい。

時間的な余裕のなかった時期(2002年から2004年)のリンクはございませんが、どのようなセミナー内容だったかが、少しは確認できるかと思います。

● 2007.10.08(月)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ ハーブウォーターの効用と可能性
2007.10.18 アロマテラピーセミナー2007 その4
○ 精油とハーブウォーターでの口腔ケアの効用
2007.10.24 アロマテラピーセミナー2007 その5
○ 口腔ケアとアロマテラピー
2007.10.25 アロマテラピーセミナー2007 その6

● 2007.10.07(日)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ バジルの分類とケモタイプ
2007.10.09 アロマテラピーセミナー2007 その1
○ 病院でのアロマテラピー
2007.10.09 アロマテラピーセミナー2007 その1
○ 炎症と植物精油
2007.10.12 アロマテラピーセミナー2007 その2
○ 世界のドキュメント 世界の薬草最前線
2007.10.13 アロマテラピーセミナー2007 その3

● 2006.11.05(日)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ 皮膚電気抵抗(交感神経の緊張)を使った目で見るアロマテラピーの評価
○「母と子によりそい感じること、考えること、そしてできること」- 精油に期待されることとその危険性について -
○ 妊産婦とベビーのアロマテラピー

● 2006.11.04(土)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ 緩和ケアを知る 「あきらめの医療」ではありません
○ 場を開き、続けること - 生命を支えられたら -
○ 終末医療とアロマテラピー
2006.11.03 アロマテラピーセミナー 2006 へ

● 2005.10.10(月)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ ハーブウォーターの性質とその応用
○ 植物の匂いと効用
○ 消化器系の障害とアロマテラピー

● 2005.10.09(日)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ ハーブウォーターの研究過程について
○ 障害者病棟での精油の有効性
○ 在宅療養におけるアロマテラピーの実際
○ よくある皮膚疾患へのアロマ精油の使用経験
○ アロマテラピーで使用する植物オイル
2005.10.10 2005アロマセミナー速報

● 2004.07.19(月)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ 抗がん作用が報告されている精油中の化学物質についての考察
○ 日常の診療のなかでアロマテラピーをどのように生かしているのか?
○ ストレス・うつ症状・神経疲労に対するアロマテラピー

● 2004.07.18(日)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ 沐浴での精油の有効性について
○ 匂いをめぐっての生物科学的考察
○ 家庭でつくる精油緊急箱

● 2003.11.03(月)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ 抗菌アロマテラピーの基礎
○ 精油のホルモンバランスの変調に対する改善効果
○ 小動物へのアロマテラピーの可能性

● 2003.11.02(日)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ 精油に対する新情報
○ ティートゥリー精油に対する考察
○ スキンケアに対するアロマテラピー

● 2002.10.14(月)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ ノルマンディー研修報告 - カモマイル・ジャーマン蒸留工程 -
○ 小児におけるアロマテラピー
○ 老化防止のためのアロマテラピー

● 2002.10.13(日)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ ラベンダーの種による精油の薬理作用についての実験からの考察
○ よりよい Cure と Care をめざして - 病人のニーズに合わせたアロマ・ケア -
○ 40 精油の細菌、真菌及びウィルスにおよぼす阻害作用について
○ 強化された耐性菌、院内感染、C型肝炎に対する精油の抗菌作用

● 2001.10.08(月)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ アロマテラピーによる更年期のケア
2001.10.08 アロマテラピーによる更年期のケア(外部リンク)

● 2000.09.10(日)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ 妊産婦と乳幼児に対するアロマテラピー
2000.09.10 妊産婦と乳幼児に対するアロマテラピー(外部リンク)

● 2000.09.09(土)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ 高齢者に対するアロマテラピー
2000.09.09 高齢者に対するアロマテラピー(外部リンク)

● 1999.06.03(木)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ 精油の新しい分野 - 嗅覚を通じての作用 -
1999.06.03 精油の新しい分野 - 嗅覚を通じての作用 -(外部リンク)

● 1998.05.16(土)アロマテラピー セミナーのプログラム
○ 芳香療法集中講座
1998.05.16 芳香療法集中講座 -(外部リンク)

先ほども書きましたが、1998 〜 1999 年は、福島県の三春町にある小さなセミナー会場で開催されました。近くには、ハーブガーデンもあり、セミナー終了後、セミナーの疲れをガーデンで癒し、そして、実家の会津へ戻ったものでした。

関連記事
2007.10.07 アロマテラピーセミナー2007
2006.11.03 アロマテラピーセミナー 2006 へ
2005.10.10 2005アロマセミナー速報
2001.10.08 アロマテラピーによる更年期のケア(外部リンク)
2000.09.09 ケアの時代のアロマテラピー実践法(外部リンク)
1999.06.03 精油の新しい分野 - 嗅覚を通じての作用 -(外部リンク)
1998.05.16 芳香療法集中講座 -(外部リンク)