● ひまわりが勝手に選んだ植物療法関係の記事一覧の目次です
● 年度 : 年度別目次 / 2009年 / 2008年 / 2007年 / 2006年 / 2005年
○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

今日の朝も、薄雲の広がる天気でした。最低気温は、プラス 7.0度(03:22)と、昨日とそれほど変わらぬ暖かな朝でした。

ただ、この花曇りの天気は一日中続き、スカッとした青空が広がらないまま一日が過ぎました。最高気温は、プラス 15.2度(11:53)でした。

連日暖かく、ストーブのいらない日が続いています。窓辺のメダカも気持ちよさそうです(昨年は →
2008.04.13 ダマスクローズの苗が届いていました)。

20090413めだか 20090413スイセン1 20090413豆太郎1

今日も、午前中から山へ行きました。最初に、ホームセンターに立ち寄って来ましたが、この暖かさで園芸コーナーは大賑わいでした。でも、ハーブたちの姿が見えません。

毎年、変動があるようです。大量のハーブが出回っている年もあれば、今年のように、あまり姿を見ない年もあるようです。これから入荷するのでしょうか。

山では、スイセンの花が目につきました。黄色いだけの花ではありません。上の写真、中央のスイセンは、花がクシュクシュになっています。

この暖かさで、豆太郎は、地べたに寝そべっています。昨年、カボチャを植え込んだところには、イチゴの葉っぱが大きくなってきました。何と、ボリジのこぼれ種が、もう芽を出していました。

春に種をまく場合は、八重桜の咲く時期がいいようですが、秋まき、というか、こぼれ種の苗は、もう大きくなっています。スタートの時点で、これだけ違うのですから、冬を越すことのできるハーブは、秋まきがいいようですね。

20090413豆太郎2 20090413イチゴ 20090413ボリジ

下の写真は、スイセンの花です。色だけでなく、花の形も微妙に違っているのがわかります。品種があるのでしょうが、毎年、同じようにきれいに咲いてくれます。

20090413スイセン2 20090413スイセン3 20090413スイセン4

下の写真のスイセンは、花がやや薄い色です。中央と右は、花梅です。お隣の家の花梅ですが、こちらは、桃色の濃い梅の花びらです。

20090413スイセン5 20090413花梅の花1 20090413花梅の花2

二、三日前まではつぼみの状態でしたが、このところの暖かさで、いっきに開花してきました。下の写真、中央と右は、今日のお昼ご飯です。ハンバーグと、ニラキャベツタマゴ炒めでした。

20090413花梅の花3 20090413ハンバーグ 20090413ニラキャベツタマゴ炒め

下の写真、左は、ナスがっこ。今日は、山から帰ってきたのが、二時を過ぎてしまい、お昼ご飯が遅くなってしまいました。

ご飯を食べ、郵便局や秋田駅まで行ってきましたが、もうボケの花が咲き出していました。駅の近くのアルヴェには、秋田県立近代美術館で「絵本の時間」というタイトルで、絵本作家の作品展が開催されるポスターが張ってありました。

時間があればいってみたいなぁ。秋田県立近代美術館って、横手市の秋田ふるさと村にあるのだそうです。

20090413ナスがっこ 20090413ボケの花 20090413絵本の時間

今日は、夜からアロマのセミナーでした。下の写真は、今日の晩ご飯です。鳥の唐揚げ、ポテトサラダ、小松菜とふくたち菜のおひたし、そして、ぎょうじゃニンニクの味噌和えです。

20090413鳥の唐揚げ 20090413ポテトサラダと小松菜ふくたち菜のおひたし 20090413ぎょうじゃニンニクの味噌和え

通常は、かつお節としょう油に漬け込むのですが、今回は、自家製の味噌にぎょうじゃニンニクを和えました。とっても食がすすみます。