● ひまわりが勝手に選んだ植物療法関係の記事一覧の目次です
● 年度 : 年度別目次 / 2009年 / 2008年 / 2007年 / 2006年 / 2005年
○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他
○ 履歴 : 2007「2007.06.17 地球温暖化のシミュレーション最低 16.4 最高 24.0
○ 履歴 : 2008「2008.06.17 アロマセミナー香りの精神薬理 2008
気温データなし
○ 気温 : 2009.06.17 最低 14.1度(04:46)最高 22.2度(12:25)

今日の朝は、薄雲の広がる天気で、青空もでていませんでした。その天気が、徐々に回復して、雲は多かったもののお日さまが顔をだす暑い一日となりました。

今日も、午前中に山へ行ってきました。下の写真、左と中央は、ダマスクローズの花です。こちらの花は、昨日収穫しませんでしたので、いっぱい咲いていました。

20090617ダマスクローズ 20090617ダマスクローズの花 200900617ビックリグミの実

上の写真、右は、ビックリグミの実です。赤みを増してきましたが、昨年より遅いですね。下の写真、左は、クワの実です。こちらは、黒紫色に染まるのが怖いので、まだ食べていません。

ちょっと暑かったのか、豆太郎は、小屋の中で寝そべっていました。

20090617クワの実 20090617豆太郎 20090617ラベンダーの畑1

上の写真、右と、下の写真、左は、今日のラベンダーの様子です。昨日は、お店の前の早咲きラベンダーが開花しました。畑の早咲きのラベンダーもそろそろ開花しそうな感じがします。

中央と右は、ラベンダーの花穂の様子です。中央は、ラベンダーようてい(1号)、右は、ラベンダーはなもいわ(2号)です。

20090617早咲きラベンダー1 20090617ラベンダーようてい 20090617ラベンダーはなもいわ

同じように、今日の花穂の状態を撮った写真です。左は、ラベンダーナナ成沢、中央は、ラベンダー早咲き3号(3号)、そして、ラベンダーおかむらさき(4号)の花穂です。

20090617ラベンダーナナ成沢1 200900617ラベンダー早咲き3号1 20090617ラベンダーおかむらさき1

こちらも、上に示した今日の各々のラベンダーの株です。左は、ラベンダーナナ成沢、中央は、ラベンダー早咲き3号、そして、右は、ラベンダーおかむらさきです。

20090617ラベンダーナナ成沢2 200900617ラベンダー早咲き3号2 20090617ラベンダーおかむらさき2

今日は、下草刈りをしました。けっこうお日さまが出ていて、いい汗をかきました。下の写真、左は、草刈りがすんだ栗畑から、ラベンダーの畑を望んだ風景です。

中央は、まったく逆の方向から、栗畑を望んだ風景です。今年に入って、二回目の下草刈りとなります。

200900617ラベンダーの畑2 20090617早咲きラベンダー2 20090617フキ

今日は、ばっぱに頼まれていたものがありました。フキとほおの木の葉っぱです。下の写真、左は、毎年ほおの木の葉を採る秘密の場所です。とはいっても、いたるところにほおの木があるんですけどね。

中央は、今日収穫したダマスクローズの花です。今日は、35輪と、一番多い収穫だったのではないでしょうか。

帰りが遅くなってしまいました。右は、今日のお昼ご飯です。タマゴが入ったあんかけラーメンです。やや太めの麺でした。

200900617ほおの木の葉 20090617ダマスクローズ 20090617玉子入りあんかけラーメン

下の写真は、今日の晩ご飯です。ブロッコリーやトマトアスパラのサラダバジル和え、めぬきの焼き魚、レーズンスパムなどが入ったカボチャのサラダ、そして、ひき肉とにんにくの茎の炒めものでした。みそ汁は、タマネギとジャガイモのみそ汁です。

20090617ブロッコリートマトアスパラのサラダバジル和え 20090617カボチャのレーズンサラダとニンニクの茎炒め 20090617タマネギとジャガイモのみそ汁

晩ご飯を食べていると、テレビでは、昨日に続いてバラの話題が放送されていました。昨日は、県立農業科学館のバラ園でしたが、今日は、大館市にある石田ローズガーデンの風景でした。園内には、600種のバラが見ごろを迎えているとの事でした。

中央の写真は、昨日開花したお店の前のラベンダー早咲き3号の今日の状態です。西の空を見上げると、ちょっと不気味な夕焼け雲が浮かんでいました。時間は、午後七時九分頃でした。

20090617600種のバラ見ごろ 20090617お店の前のラベンダー早咲き3号 20090617夕焼け

下の写真は、今日のラベンダー早咲き3号の花穂の状態です。奥には、ナナ成沢の花穂も写っています。

20090617118

同じように、ラベンダー早咲き3号とナナ成沢の風景です。左側の茎がスーッと長く伸びているのがナナ成沢の株です。

20090617125

こちらは、ラベンダーナナ成沢の株です。下の方から、上へ向かって写した風景ですが、本当に形がきれいなラベンダーです。雲は多かったものの、青空が広がってお日さまもでていました。

20090617134

こちらも、ラベンダーナナ成沢の株です。今度は、花穂の上の方から撮した風景です。上の写真と同じ列の株ですが、まったく違った趣を見せていますね。ひまわりは、上の写真を今日のディスクトップの画面に設定して、大写しのラベンダーを楽しんでいます。

20090617135

昨夜、NHK のラジオから、パソコンを通して香りを制御する仕組みのニュースが放送されていました。その後、妹からも電話が来て、「テレビで放送されているよ!」との連絡も入りました。

以前
2005.09.07 脇見運転警告の香りでも投稿しましたが、その時は、香りの情報をもとに、パソコンに接続した「香り発生装置」を作動させて、香りをそのレシピ通りに拡散させる、という内容でした。

今回の内容は、一定範囲の条件に限定されていた「
香りの情報」を、パソコン内部のアプリケーションを利用して、いろいろな条件に応じた「香りのレシピ」情報を取得できるところが大きなポイントなのではないでしょうか。

また、「
香りのレシピ」を「Web コンテンツ」として公開されているいろいろなカテゴリーから、インターネットを経由してダウンロードする事により、とても広範囲に「アロマ」を楽しむ事ができるようになるようです。

以前
2006.04.12 劇場では静かにスルメを焼かない事では、映画館の端末に、サーバーから送られる香りのデータが入力され、各シーンでどの香りを流すのかを制御しながら、香りが提供される内容を投稿しましたが、今回のシステムもまた、パーソナルな利用方法ではありますが、「Web コンテンツ」から提供される「音楽・動画」の香りのレシピを利用する事で、居ながらにして、音楽や動画を楽しむ事ができるだけではなく、そのシーンに合わせた「香り」を楽しむ事が可能となるようです。

愛のティザーヌ」(熊井明子著 緑の文明社)p11 には、

「乾燥させた花や葉に熱湯を注ぐと、それらの中にひそんでいた生命が解き放たれて、香気となって立ちのぼります。私達が飲むのはカップ一杯の「自然」なのです。耳をすませば、その花や葉がかつて聞いた風の音や小鳥のささやきまでも聞こえてくるような気がします。」

と、「ティザーヌ(ハーブティー)」を表現されていましたが、このようなシーンを「音や動画」そして、「香り」を使って楽しむ事もできるようになるかもしれませんね。

ただ、
2006.10.02 におい再現の装置でも投稿しましたが、

・実際のにおいを検出する部分
・検出したにおいをパターン化して、におい成分の中から似たパターンをブレンドして調合
・調合した香りを、再度フィードバック
・フィードバックされたにおいが、検出したにおいとずれた場合調合しなおす
・最終的にできたにおいの調合が「においの客観的データ」として登録
・そのにおいの客観的データが、パソコンに送られ、忠実ににおいが再生される

という、とても進化したシステムも登場しましたが、今後、パソコン上でもさらなる「香りのレシピ」が展開されるのでしょうか。

2005.09.07 脇見運転警告の香りでも投稿しましたが、今のところ、香りをどのようにブレンドして楽しんでよいのかわからない方々や、「Web コンテンツ」にもあるように、遊び感覚で香りを楽しむような、そのような考え方が中心のような感じがしました。

それでも、装置代などの初期費用に「1〜2万円」ほど、そして、確かラベンダーやレモンなど六種類の精油の代金が、月額 2,000〜5,000円ほどかかるようです。

下記の図は、今までの事を簡単に図式化したものです。イメージとしては、アプリケーションで、文字に色をつけた文章を作成して、その文章をプリンターを通して、印刷する事に似ているでしょうか。

いろいろな条件で、いろんな色を使い分けます。その情報は、ファイルに記録され、その情報が、プリンターに伝えられると、その情報をもとにして、何色もあるプリンター内のインクが混合されて、アプリケーションで指定した色の文字が紙に印字されるのと似ていますよね。

20090617PCi-Aroma

気分により、何種類かの精油を、感性にまかせてブレンドして「アロマ」を楽しむ方法も簡単なんだけどなぁ。

そうそう、このアプリケーションは、Windows 上で動作するようですが、Mac でも動かせそうです。Intel Mac であれば、Windows を動かす事ができるからです。今、モニターを募集しているようですよ。

● 関連記事
2006.10.02 におい再現の装置
2006.04.12 劇場では静かにスルメを焼かない事
2005.09.07 脇見運転警告の香り