● 年度 : 年度別目次 / 2009年 / 2008年 / 2007年 / 2006年 / 2005年
○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他
○ 履歴 : 2007「2007.07.07 植物療法とアロマテラピー その2最低 14.5 最高 27.0
○ 履歴 : 2008「2008.07.07 内視鏡検査の鎮痙剤とペパーミント
最低 22.9 最高 24.8
○ 気温 : 今日の 最低 20.4度(05:13) 最高 30.1度(13:00)

今日は、昨日とは違い曇り空の天気でした。このまま雨になるのかと思っていましたが、薄い雲のフィルターからお日さまの光が差し込んできて、徐々に青空が広がるとても蒸し暑い一日でした。最高気温も 30.1度と真夏日を記録したんですね。

今日は、午前中に山へ行ってきました。草刈り後のため、独特な草の香りが漂っています。下の写真は、ズッキーニとその花です。

20090707ズッキーニ1 200900707ズッキーニ2 20090707ラベンダーおかむらさきの花1

刈り残していたラベンダーおかむらさきをすべて刈り取りました。上の写真、右と、下の写真、左は、ラベンダーおかむらさきの花です。

中央は、ダマスクローズやラベンダー、サルスベリなどのある場所の写真です。右は、ラベンダーの畑です。

20090707ラベンダーおかむらさきの花2 200900707ラベンダーおかむらさき 20090707ラベンダーの畑1

下の写真もラベンダーの畑です。左は、ラベンダーナナ成沢、中央は、ラベンダー早咲き3号、そして、右は、ラベンダーおかむらさきの株です。

20090707ラベンダーナナ成沢 200900707ラベンダー早咲き3号 20090707ラベンダーおかむらさき2

早咲きのラベンダーは、花芽がやや動いてきました。ただこの所の暑さで、ラベンダーおかむらさきの株が何となく苦しそうです。

今日の最高気温を記録するちょっと前に山から戻りました。下の写真、中央と右は、天ぷら氷冷やしさぬきうどんタマゴ入りです。中には、氷が入っていましたよ。

20090707ラベンダーの畑2 20090707天ぷら氷冷やしさぬきうどん1 200900707天ぷら氷冷やしさぬきうどん2

山から山菜のミズを収穫してきました。ばっぱは、そのミズを料理するため、葉っぱや根を落として適当な長さに切って鍋に入れていました。

今日は暑かったので、ラベンダーのドライフラワーをつるしてある小屋の窓を全開にしてきました。そのため、夕方、再度、山へ行って来ました。

山へ向かう道で、自転車に乗った帰宅途中のお母さんとお子さんを見かけました。自転車の後ろに乗った子供さんの手に、短冊のついた笹の葉が揺れていました。今日は七夕ですね。

戻ってすぐに、アロマのセミナーがありました。下の写真は、セミナー終了後の今日の晩ご飯です。カレイの煮つけ、たたきキュウリの漬物とモロヘイヤです。

20090707山菜のミズ 20090707カレイの煮つけ 200900707たたきキュウリの漬物とモロヘイヤ

下の写真も、今日の晩ご飯です。キュウリの酢のもの、そして、ミズのみそ汁です。後から、みそ漬けでつけたナスがっこがでてきました。モロヘイヤとナスは、ご近所から今日いただいた野菜です。半日ちょっとで、ナスがっこができました。

20090707キュウリの酢のもの 20090707ミズのみそ汁 200900707ナスのみそ漬け

今日の夜、NHK ラジオで「軽い屋上緑化」のお話が放送されていました。夜は、アロマのセミナーだったため、ラジオをとめていました。

一段落してからスイッチを入れると、途中からでしたが、今お話した内容の事が放送されていました。屋上を緑化させるための大きな問題点は、重たい土をなるべく置きたいけど「重たくて限界がある」という事でした。

それを解決したのが、

・竹炭(ちくたん)
・従来の強度を保ちつつ重さを 2/3 にまで軽量化した板

この板を利用して、土や竹炭を入れる箱が完成したのだそうです。どのような植物を植え込まれたのかは、多分、前半の説明にあったのでしょうが、途中からでしたので、聞き逃してしまいました。

この方法を利用すると、二酸化炭素の削減にとても有効な事が証明されたそうです。その証明に使われたのが「ATM BOX」の屋上緑化でした。

これは、銀行などに設置してある数台の ATM 装置を格納する箱です。通常この箱は、断熱効果が弱く、エアコンをフル活動させていたそうです。

上記「竹炭と軽量板」を利用した屋上緑化により、夏場の屋根の表面の温度を 40度も低下させ、電気の使用量は 25%、二酸化炭素を 2トンも減少させたそうです。

そういえば、
2006.08.31 サツマイモと地球温暖化防止効果では、

・サツマイモの葉は成長が早く葉が生い茂りやすい
・サツマイモの葉は日光を遮りやすい
・そして、何よりも、周囲の気温を奪う水分蒸発量が多い

という事で、ヒートアイランド対策に、サツマイモが登場しました。

五月下旬、横浜へ行ったとき、ゴーヤの小さな苗を見つけました。ゴーヤを育てて食べる事と、西日を遮る緑のカーテンにしようと思ったのですが、秋田まで持ち帰るのがちょっとおっくうになったため、いまだに実現されていません。

屋上緑化と、西日を遮る緑のカーテン、この二つを併用すれば、もっと温暖化に貢献できそうですね。でも、今日のセミナーは、今年初めてエアコンを使ってしまいました。が〜ん。

● 関連記事
2008.07.27 雪冷房システムと精油の香り
2006.08.31 サツマイモと地球温暖化防止効果