○ 履歴 : 2007「2007.10.07 アロマテラピーセミナー2007最低 15.7 最高 23.4 〜 東京
○ 履歴 : 2008「2008.10.07 GNH 国民総幸福
最低 15.6 最高 22.4
○ 気温 : 今日の 最低 12.4度 最高 15.5度(01:10(13.9(午前09〜午後09))

秋田では、昨夜から雨が降り始めました。風はそれほど吹いてはいませんでした。ラジオからは、台風の情報が絶えず流れていました。

朝起きると、テレビでは、台風の上陸した東海地方やその影響を受けた首都圏の大変な状況が放送されていました。すぐに、豊川市の近くに住んでいる叔父に連絡しましたが、大丈夫なようで安心しました。

日中も、それほど風が強くなる事はなく、シトシト雨が降り続いていました。台風の影響があったと思われるのは、午後三時過ぎから、午後六時半頃までだったような気がします。少し風が強くなってきたかな、という感じでした。

被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

20091008ロクシタンラベンダー畑の蒸留装置 20091008かた焼きそばのあんかけ 20091008おにぎり

今日は、午前中は、アロマのセミナーでした。先日からお借りしていた「
ロクシタンの秘密 �探出版社」の雑誌を、受講者の方へお返ししましたが、その雑誌の最後のページに、上の写真、左のような風景が載っていました。蒸留装置の写真があるとの事で、探していただいたのがこのページでした。

もう感動ものです。どこまでも続くラベンダーの畑の真ん中に、蒸留装置があります。しかも、その装置はタイヤのついた荷台の上にあるのです。移動式の蒸留装置なのでしょうか。

今日の夕方のテレビで、地元の産業を紹介するテレビが放送されていました。水耕栽培のハウス開発の様子でしたが、やはり、植物は、土の上で丹精込めて育てられ、収穫されてはじめてその力を発揮するような、そのようなエネルギーを上の写真から感じました。

上の写真では、ラベンダーですが、収穫後すぐに可動可能な蒸留装置に運び込まれて蒸留される、このような手法は見たことがありませんでした。実際に行われているのか、それともパフォーマンスなのかは別問題として、あまりの美しさに感動してしまいました。

セミナーでは、もう一つ興味のある事柄を教えていただきました。ちょうど、免疫力のお話の途中で、福田安保理論の事をお話しました。きっかけとなった福田先生の「ある出来事」から、受講生の看護師さんも体験した「ある出来事」が、とても不思議な関係にある事に気がつきました。

以前、このブログでもどこかでご紹介したと思うのですが、ゴルフ日和の晴天の日に限って重症な虫垂炎の患者さんの手術を担当しなければならなかったお話でした。

そして、この不思議な出来事から、虫垂炎と気圧の関係が導き出され、その因果関係を安保先生との出会いにより解明し、「福田安保理論」が誕生しました。

基本の骨格となっているのは、自律神経で、それが、気圧の変化に対応した形で、免疫系の細胞にも影響を与えている事を明らかにした「自律神経と免疫の法則」でした。

その点を踏まえて、感情の起伏や変化もまた、その方の情動を揺り動かし、その変化に対応する形で自律神経と免疫系が密接な関係にあることを理解していただくことで、アロマテラピーの有用性が導き出されるというお話でした。

そしたら、ご自身の体験から、

・台風が近づくとお産が多い
・季節の変わり目や台風のときにはくも膜下出血の患者さんが多い
・寒い時には脳内出血が多い

など、季節や気圧などととても密接に関係しているのではと思われる疾患が多いことを実際の体験からお話されていました。くも膜下出血は、動脈瘤の破裂によるものが多いそうで、気圧との関係がありそうです(2006.04.08 眠る脳、眠らない脳、眠らせる脳)。

また、お産も羊水という水の圧力と気圧との関係も見えてきそうです。もちろん、これが科学的な手法で検証されているのかどうかはわかりませんが、これらの因果関係を解明する「ある出来事」として、とても大切な事だと思いました。

2006.09.02 病は気象と気から

ずいぶん上の写真となりますが、中央と右は、今日のお昼ご飯です。かた焼きそばのあんかけと、梅おにぎりでした。

今日は午後から山へ行ってきました。雨はそれほど強く降ってはいませんが、やや風が出てきました。それでも、それほど強くはありません。

下の写真は、上北手小学校前の猿田川の様子です。河川がずいぶん増水していました。橋ギリギリまで水かさが増していました。

20091008台風による猿田川の増水1 20091008台風による猿田川の増水2 20091008台風による猿田川の増水3

下の写真は、紫色をしたラベンダーならぬ「あけび」です。昨日も収穫しましたが、今日は、ハウスの中にあったあけびです。例年ですと、あけびがかたまってなっていますから、すぐにわかりますが、今年は、なかなかそうはいきません。よくよく目をこらしてみないと見つけることができません。

20091008あけび1 20091008あけび2 20091008あけび3

下の写真、中央と右は、ラベンダーの畑の様子です。右は、ラベンダーナナ成沢です。

20091008あけび4 20091008ラベンダーの畑 20091008ラベンダーナナ成沢

下の写真、左は、ラベンダー早咲き3号、そして、中央と右が、ラベンダーおかむらさきです。おかむらさきがずいぶん痛んでいるのがわかります。

20091008ラベンダー早咲き3号 20091008ラベンダーおかむらさき1 20091008ラベンダーおかむらさき2

風が強くなってはいますが、今回の台風による栗の被害はなかったようです。中央と右は、晩赤(ばんせき)という品種の栗です。

20091008栗1 20091008栗2 20091008栗3

下の写真は、今日の晩ご飯です。ダッミカさんのカレー、大根とちくわと揚豆富の煮もの、ササギのショウガしょう油漬け、お昼に食べたかた焼きそばのあんかけを少々。

20091008ダッミカさんのカレー 20091008大根とちくわの煮つけ 20091008かた焼きそばのあんかけ2

そして、チンゲンサイと豆富、油揚げのみそ汁でした。下の写真、中央と右は、先ほどご紹介した水耕栽培のハウスです。改良型とあるのは、植物の生長に伴って生じる水やりを、大きなタンクを据え付けることで解決した水耕栽培のハウスだったようです。「もえぎ」という名前が表示してありますね。

20091008チンゲンサイのみそ汁 20091008水耕栽培ハウス1 20091008水耕栽培ハウス2

確か、お昼ご飯を食べ、山へ出かける前でしたが、ラジオから、現在の台風の位置は「会津若松市・・」という放送が流れていました。夜、妹からメールが来て、「少しの雨と小さな風」ですんだようでした。それでも会津美里町周辺の喜多方市や、福島県内の郡山や相馬地方などは大きな被害が出たそうです。

何年か前も台風の目を経験したとの事で、その時は「無風の青空」だったようです。改めて、今回の台風で被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。