○ 履歴 : 2008「2008.03.04 植物療法 ハーバリズムの基本 1気象データなし
○ 履歴 : 2009「2009.03.04 興味を引く記事 20090304
- 1.3 / + 8.1
○ 気温 : 今日の最低 - 0.1(06:36)最高 + 10.0(12:17)/ 昨日 : + 0.5 / + 5.7

今日の朝は、雲の間から青空が広がっていましたが、徐々にその割合が広がり、とても素晴らしい天気に恵まれました。お日さまの光に照らされる風景は、もう春の輝きです。

ただ、午後からは天気が崩れるとの予報がでていましたが、その通りとなり、午後からは曇りだし、夜には小雨が降ってきました。

下の写真、左は、朝届いた「大判京あげ」です。巾も長さも「大判」というだけあって、すごくでかいあげでした。中央は、生花。室内はもう春のようです。

20100304大判京あげ 20100304生花 20100304クモ

上の写真、右は、テレビからの画像です。朝、ファーブルのお話が放送されていました。クモのお話、とっても面白かったんですよ。クモの巣に音叉を近づけると、獲物が捕獲できたと寄ってきます。

死んだ虫をクモの巣に置いても寄ってこないなどの観察から、震動がクモの行動に影響していることを突き止めたお話でした。

このように、日常何気ない事でも、しっかりと継続的に観察する事で、今まで疑問に思っていた事が解決できる場合が多々ありそうです。

今日も、午前中に山へ行ってきました。道路や、歩道、田んぼには、ほとんど雪がなくなりました。下の写真、左は、高校生が、雪の上で野球のダッシュをしていた田んぼと歩道の様子です。

中央と右は、山の様子です。豆太郎が、身を横にして日向ぼっこしていました。鮮やかな青空が広がり、とてもきれいな風景を望む事ができました。

20100304すっかり雪が 20100304豆太郎1 20100304山の風景1

下の写真は、ラベンダーの畑の様子です。雪がどんどん消えて来ました。さすがの雪も、春の暖かさにはかなわないようです。

右は、先日雪の上で見つけた「虫の住みか」です。緑色の巣がまだありました。

2010.02.01 植物療法関係記事の目次更新 20100201
2010.01.31 交感神経における伝達物質と受容体 2

「ウスタビガ」の住みかでした。

20100304ラベンダーの畑1 20100304ラベンダーの畑2 20100304虫の住みか

今年始めて梅の木のところに行ってみました。まだまだ先の話ですが、つぼみ、何となく膨らんできた感じがします。下の写真、中央と右は、雪解けの進む山の風景です。

20100304梅の花のつぼみ 20100304山の風景2 20100304山の風景3

今日は、下の方に車を置いて、歩いてラベンダーの畑までやってきました。日当たりのよい斜面には、ばっけのつぼみがいっぱいありました。

下へ戻ると、豆太郎は、横になりウトウトしていました。田んぼの雪もほとんどなくなり、緑色の草が鮮やかに輝いていました。

20100304山の風景4 20100304豆太郎2 20100304山からの帰りの風景

下の写真は、今日のお昼ご飯です。今日はカップラーメンでした。それに、昨日いただいたのり巻きといなり寿司でした。

20100304カップラーメン1 20100304カップラーメン2 20100304のり巻きといなり寿司

下の写真は、今日の晩ご飯です。朝届いた「大判京あげ」、表面にうっすらと色がついており、食欲をそそる独特の香りが漂ってきました。

そして、「辛そうで辛くない少し辛いラー油」をのっけた中華丼と玉子寒天でした。

20100304大判京あげ 20100304中華丼 20100304タマゴ寒天

毎日、確定申告の整理におわれています。それでも、ラジオを聞きながら作業ができます。昨日に引き続き「国会中継」が放送されていました。

昨日も思ったのですが、今日も、「医療や福祉、介護」の問題が取り上げられていました。今では、建設業界など以上に、経済効果が期待できる分野となって来ている事が議論されていました。

そのための予算配分など、政策面での政府の対応を問う内容があったようです。そういえば、
2010.02.07 統合医療推進のための科学的な根拠で、厚生労働省が、今年から、省内に「プロジェクトチーム」を設置するというお話を投稿しました。

来年度には、漢方を中心として「
10億円」の予算を計上して検証にあたり、科学的な根拠を集めていきたいというものでした。

そしたら、先日の新聞(
2010.02.12 秋田魁新報)に、「統合医療」推進へPT(プロジェクトチーム)」というタイトルの記事が載っていました。

サブタイトルは「
効果、安全性を本格分析」となっていました。

ラジオでは、すでに西洋医学と併用して処方されている「
漢方や鍼灸」など、直接医療に結びつく学問体系から検証を行う事が放送されていました。

残念ながら「
アロマテラピー」という言葉は登場してきませんでしたが、何と、新聞では、「統合医療の「相補・代替医療」の分類」として、とても興味のある分類が紹介されていました。

この資料は、「厚生労働省資料から」との注意書きが添えてありましたが、その資料を、マインドマップで表現してみました。

201003104統合医療の分類

いかがですか。自然薬の分類に、漢方薬と並んで、ハーブやアロマテラピーという分野がありました。その他、伝統医学として、ホメオパシー、そして、用手療法として、リフレクソロジーなども分類されていました。

国会中継での議論に取り上げられた「医療・福祉・介護」の分野の事や、統合医療推進へのプロジェクトチームの立ち上げなど、今後、注意深く見守っていく事が大切だと思いました。

今日は、詳しく投稿する事はできませんでしたが、余裕がでてきたら、もっと深く掘り下げて見てみたいと思っています。

そうそう、以前、代替療法の分類例として、下記のような図をご紹介した事がありました(みなみの香草屋 ホームページ)。この分類方法は、東洋と西洋、そして、日常の中で自分で行う事ができるか、治療者やセラピストの治療や施術を受けるのか、などの要素を取り入れて分類されていました。

(株) マガジンハウス発行のクロワッサン 2005年4月25日発行(第29巻第8号 P47(「代替療法はこの先、進化していきますか?」)- (岸原千雅子/日本実業出版社、2003より引用、改編))より引用させていただきました。

201003104統合医療の分類

詳しくは当該クロワッサンを参照下さい。

昨日のフランスの風景は、パリでしたが、今日も、パリの風景をご紹介します(2010.01.25(日本時間))。

下の写真は、「L'OCCITANE」の風景です。

20100125100_4406

下の写真、左は、どこの風景でしょうか。右の建物、「GALERIES LAFAYETTE」と書かれていますが、ヨーロッパ最大級のデパートのようですよ。ギャラリー・ラファイエット百貨店というらしいです。

20100125100_4407 20100125100_4408

下の写真は、凱旋門の風景です。

20100125100_4411

下の写真、左は、パリの風景を楽しむことのできる二階建てバスのようですよ。「Enjoy a Sightseeing Tour of Paris・・・」と書いてあります。右は、シャンゼリゼ通りでしょうか。

20100125100_4410 20100125100_4412

今日も、フランスの風景を楽しむ事ができました。これらの写真は、アロマの受講生の方が撮ったものです(著作権 N. Sato)。

● 関連記事
医療関連の目次
2010.02.07 統合医療推進のための科学的な根拠