○ 履歴 : 2008「2008.06.11 高田梅種とばし選手権世界大会13.5 / 22.0
○ 履歴 : 2009「2009.06.11 秋田も梅雨入り 2009
18.0 / 19.5
○ 気温 : 今日の最低 15.6(04:45)最高 23.2(13:21)/ 昨日 : 16.8 / 22.0

今日の朝は、やや雲が多いながらも青空の広がる天気でした。午前中は、薄曇りの広がる中お日さまが輝いていましたが、午後からは、きれいな青空が広がってきました。雨の降る様子はまったくありません。

先日、ハチミツが届きました。東京の成城通り沿いにある自然農園で作られた「桜と百花」のハチミツでした。桜の方は、フタを開けると期待通りの香りがしました。

ややえぐい中にも桜の香りが漂います。味の方も、その香りと同じように口の中に広がりました。モーリス・メッセゲ氏のミエルのラベンダーのような感覚のするハチミツです。


20100611ハチミツ 20100611桜ハニー 20100611百花ハニー

百花のハチミツは、メッセゲ氏のローズマリーのように、やや軽いあっさりとした感覚の味がしました。二種類のハチミツを、パンに付けて食べました。

今日は、午前中からお昼ご飯を持参して山へ向かいました。二リッターの飲み物も一緒です。午前中は、タケノコとフキの収穫でした。

ひまわりの友達とばっぱのお客様が一緒でした。下の写真、左は、今年伸びたタケノコです。もう立派に太く育っていました。

下の写真、中央は、豆太郎。暑いのか、小屋の中でお昼寝をしてました。右は、今日のお昼ご飯です。塩鮭と梅干しのおむすびと玉子焼きでした。

20100611今年のタケノコ 20100611豆太郎 20100611お昼のおにぎり

収穫を終え、皆さんお帰りになりました。一人で、ご飯を食べ終え、しばらく昼寝をしました。外は暑いのですが、小屋の中は、涼しくとても寝心地がよかったです。

まるで、豆太郎のようですね。総理大臣の所信表明が子守歌のように聞こえていました。

昼寝からさめ、今日も草刈りでした。下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です。

20100611草刈り前1 20100611ラベンダーの畑1 20100611ラベンダーの畑2

草刈りは、ラベンダー畑の上の栗畑まで行う予定でしたが、ダマスクローズの植え込まれている所を先に始めてしまったら、もう止まりません。

スモモやフキの植えられている場所の草刈りまでしてしまいました。草刈りは、きれいになるから大好きです。続いては、本来予定していた栗畑です。下の写真は、栗畑の方向から、ラベンダー畑を望んだ所です。

20100611草刈り前2 20100611草刈り後1 20100611草刈り後2

時間が五時を過ぎていました。二時少し前から始めましたから、少なくても三時間以上は草刈りをしていた事になります。途中で一回給油しました。

下の写真は、きれいになったラベンダーの畑の上にある栗畑です。ラベンダーが気持ちよさそうでした。

20100611草刈り後3 20100611草刈り後4 20100611ラベンダーの畑3

下の写真、左は、ラベンダーナナ成沢、中央は、ラベンダー早咲き3号、そして、右は、ラベンダーおかむらさきです。

20100610ラベンダーナナ成沢 20100610ラベンダー早咲き3号 20100610ラベンダーおかむらさき

下の写真は、今日の花穂の状態です。左は、ラベンダーナナ成沢、中央は、ラベンダー早咲き3号、そして、右は、ラベンダーおかむらさきです。早咲き3号は、このくらいの距離から撮しても、紫色に色づいているのがわかります。

20100611ラベンダーナナ成沢 20100611ラベンダー早咲き3号 20100611ラベンダーおかむらさき

下の写真、左は、ダマスクローズ、サルスベリ、花桃の木、ラベンダー、桜の木などが植え込まれている場所です。こちらもきれいに草刈りがすみました。

草刈りを終え汗ビッショリになりましたが、着替えて、ラベンダー畑の草取りをしました。今日は、七時二十分頃までしていました。随分日が長くなりました。

20100611草刈り後5 20100611草取り後 20100611タマネギとアスパラのベーコン炒め

お店へ戻ったのは、ちょうど午後八時でした。もう真っ暗です。上の写真、右と、下の写真は、今日の晩ご飯です。タマネギとアスパラのベーコン炒め、マカロニとソーセージのサラダ、キャベツと油揚げの煮つけ、そして、塩鮭の焼き魚でした。

20100611マカロニとソーセージのサラダ 20100611キャベツと油揚げの煮つけ 20100611塩鮭の焼き魚

今日の朝、桜のハチミツをいただきましたが、頭の中で考えていた事がありました。それは、先日ばっぱが作った桜の花びらの塩漬けと、ハチミツをお湯でといたときの味と香りを確かめる事でした。

下の写真、左は、冷凍庫から出してきた桜の花びらの塩漬け、中央は、桜のハチミツです(朝の写真)。それぞれを湯飲みに入れて、お湯を注ぎました。

20100611桜の花びらの塩漬け 20100611桜ハニー 20100611蜂蜜と塩漬けのさくら

ん〜、どちらもちゃんと香りがします。ただ、香りは、桜の花びらの塩漬けの方がより新鮮で強烈でした。味の方も、桜の香りの味がします。

ベースになるのが、甘いハチミツ、そして、塩ですから、両者の独特な味と香りがしました。そこで、二つを一緒にして飲んでみました。

20100611桜の花びらの塩漬けアロマ湯 20100611桜ハニーアロマ湯 20100611ハチミツと塩漬けのさくらアロマ湯

何の抵抗もなく飲むことができました。味の方もおいしかったです。やはり、今年は、ダマスクローズの花の塩漬けでしょう。ダマスクローズのハチミツってないんでしょうか。

メッセゲ氏のバラは、ガリカ種やケンティフォリア種でしたが、そういえば、バラのミエルはなかったようです。