○ 履歴 : 2009「2009.06.08 Agendus for iPhone のダウンロード15.4 / 19.4
○ 履歴 : 2010「2010.06.08 弁当持参で本格的な草刈り作業
17.0 / 28.2
○ 気温 : 今日の最低 17.1(04:37)最高 26.3(16:44)22時|昨日 13.9 / 29.9 22時

今日も、朝から青空の広がる天気でした。午前中は、一時雲がお日さまを覆ったようでしたが、午後からは、昨日ほどではないにせよ、暑い一日となりました。

先日から、ティザーヌ(ハーブティー)のブレンドが、メーカー側で欠品となっています。ところがこのブレンド、お客様にとても人気なんです。ひまわりも、このティザーヌが一番のお気に入り。

そのため、ブレンドされている各単品の大きな箱入りのティザーヌを取り寄せ、こちらの方で、ブレンドしました。小袋へ入れてもよかったのですが、10袋で販売されている分の量を一袋にしました。

いつ頃からでしょうか。ブレンドの一つ「ボダイジュの葉・花」がカットされているため、袋から取り出しやすくなっています。通常は、それがそのままブレンドされています。

20110608ボダイジュ葉・花 20110608ミントドゥース 20110608ケンティフォリア

ボダイジュの葉・花が、最初からカットされているのは、何となく寂しい想いがしました。モーリス メッセゲ氏の考え方は、どこへ行ってしまったのでしょうか。

上の写真は、ブレンドに使われているハーブです。左から、ボダイジュの葉・花、ミントドゥース、ケンティフォリアです。

下の写真は、大きなビンにブレンドされた各々のハーブです。これで、ブレンドティザーヌのできあがりです。素晴らしい香りが漂ってきました。

20110608ブレンドティザーヌ1 20110608ブレンドティザーヌ2 20110608ブレンドティザーヌ3

この頃届く、フリーペーパーなどには、この季節を反映してか、とても涼しげな写真や、真夏を思わせる写真が表紙を彩っています。

うちわや金魚鉢にスダレ、そして、真っ赤(オレンジ色に写っていますが)なハイビスカスの花と真っ青な空が、涼しげに感じたり、暑く感じたりしてしまうから不思議です。

20110608涼しげな写真 20110608真夏の写真 20110608お昼ご飯

上の写真、右と、下の写真、左は、今日のお昼ご飯です。午前中から山へ向かう予定でいましたが、ティザーヌのブレンドや、お客様の対応などで、お昼近くになってしまったため、そのままお店でご飯でした。

午後から山へ向かいました。今日も鉢植えのラベンダーが頭を垂れていました。一番最初の作業は、水やりでした。下の写真、右は、昨日草取りの済んだラベンダーおかむらさきの列です。

20110608タケノコのみそ汁 20110608ラベンダーおかむらさき 20110608ラベンダーの畑1

下の写真、左は、今日草取りを始める列です。昨日は、紫外線を随分浴びてしまいました。お風呂に入るときにビックリしてしまいました。背中とお尻の色がまったく違う事に気がつきました。

海水浴に行ったわけでもないのに・・・。長袖ではありますが、それ一枚での作業だったため、背中の部分に紫外線を浴びてしまったのでした。

そこで、今日は、下着をつけての作業でした。昨日ほど気温は高くないのですが、やはり、暑苦しく感じました。右は、お日さまが西に傾いたときに撮った写真です。大きな麦わら帽子が影になって写っています。

20110608ラベンダーの畑2 20110608ラベンダーの畑3 20110608ラベンダーの畑4

今日も、午後七時を回っていました。着替えをして、山から帰るときには、薄暗くなっていました。西の空には、三日月のお月さまを望む事ができました。

20110608ラベンダーの畑5 20110608草取り後 20110608お月さま

下の写真は、今日の晩ご飯です。タケノコご飯、マカロニサラダ、そして、アスパラのタレしょう油漬けでした。

20110608タケノコご飯 20110608マカロニサラダ 20110608アスパラのタレしょう油漬け

下の写真も、今日の晩ご飯です。ミズ(山菜)とタケノコのみそ汁、そして、いろいろな佃煮でした。ミズとタケノコは山で採れたものです。

20110608ミズとタケノコのみそ汁 20110608佃煮1 20110608佃煮2

さっきから、ラジオ深夜便が始まっています。担当の宮川アナウンサーが、冒頭、トケイソウのお話をされていました。アナウンサーの方は、ご自身の職業と花の組合せという事で、このトケイソウをあげていました。

このトケイソウ、花の形が、時計の文字盤と長針や短針、秒針と似ている事から名前がつけられたそうです。いろいろなトケイソウの種類があるようですが、ハーブでは、パッションフラワーと呼ばれているようです。

日本名では、チャボトケイソウと呼ばれており、ボダイジュの葉・花と同じような目的で利用されているようです。今日のティザーヌの事と関連していたので、面白いなぁと聞いていました。

そういえば、ケモタイプ・アロマテラピーでも、パシフロールで登場していました。

もう一つ面白い話題がありました。「日本列島くらしのたより」で、栃木の方が「マタタビの葉っぱが銀白色になったら梅雨」という昔からの言い伝えを話されていました。

今年は、すでに梅雨入りしているようですが、まだ、自然は、梅雨入りしていないよ! と教えているかの如く雨が降らないそうです。そういえば、秋田も、まとまった雨が降っていませんねぇ。