○ 履歴 : 2009「2009.10.07 台風18号の接近に備える11.5 / 22.0
○ 履歴 : 2010「2010.10.07 青空の広がる素晴らしい天気のもと草刈り作業
13.3 / 24.1
○ 気温 : 今日の最低 12.2(23:00)最高 19.1(15:18)23時|昨日 14.3 / 19.1 22時

今日の朝も、雨が降っていました。昨夜は、風や雷を伴っての激しい雨が降っていたようです。未明に、秋田市内では、強風のため、家の屋根などに被害があったようです(24.9 m/s 03:09)。

徐々に回復してはいるのですが、お日さまが出て来たかと思うと、すぐに雨が降り出してきます。

お日さまが顔を出している時間は、少しずつ長くはなっていくのですが、すぐに曇りだし、雨が降り出すという状態を何度も繰り返す不安定な天気でした。

その天気も、午後三時前には回復し、西の空にはきれいな夕焼けを望む事ができました。

今日は、午前中から山へ行ってきました。下の写真、左は、今日のラベンダー畑の様子です。雨上がりの水滴が、野ブドウを輝かせていました。宝石のように本当に美しいですね。

20111007ラベンダーの畑1 20111007野ブドウ1 20111007野ブドウ2

下の写真、左も、今日のラベンダー畑の様子です。上の写真、左のように、厚い雲に覆われていましたが、突然、風が吹き出し、雨降りに見舞われます。

ところが、すぐに、下の写真、中央のように晴れまが広がっていきます。右は、山からの帰り道の空の様子です。峠を下ってきた所で撮ったのですが、また雲に覆われ、雨が降り出してきました。その間、わずか 20分ほどでした。

20111007ラベンダーの畑2 20111007雨のち晴れ 20111007晴れのち雨

下の写真は、今日のお昼ご飯です。栗ご飯、鶏の唐揚げ、そして、ピーナッツミルクでした。このピーナッツは、千葉のおじさんから生で送られてきたピーナツを使ったものです。

20111007栗ご飯 20111007鶏の唐揚げ 20111007ピーナッツミルク1

それに、キュウリがっこでした。下の写真、中央と右は、午後 04:54 頃の西の空の様子です。雲はあったものの、素晴らしい夕焼け空となりました。

20111007キュウリがっこ 20111007西の空1 20111007西の空2

下の写真は、今日の晩ご飯です。お昼と同じ栗ご飯ですが、イクラをのっけて食べました。そして、キュウリとカニカマの酢のもの、シメジやズッキーニ・ミズ(山菜)などを一緒にしたピーマン炒めでした。

20111007栗ご飯とイクラ 20111007キュウリとカニカマの酢のもの 20111007ピーマン炒め

下の写真も、今日の晩ご飯です。サトイモと八つ頭の茎の煮もの、ギョウザ、そして、ピーナッツミルクでした。今日の晩ご飯は、何となく輝いて写っていますが、蛍光灯を明るい色に換えたからかもしれません。

20111007サトイモと八つ頭の茎の煮もの 20111007ギョウザ 20111007ピーナッツミルク2

二日前、会津の妹が野菜を送ってくれたのですが、その中に、「あいづじげん」のパンフレットが入っていました。「あいづじげん」といえば、

2011.08.12 大沼高校普通科3年1組同級会東山温泉にて 2011

同級会で、地元の同級生(小林君)が「
あいづみさと」のTシャツを着てきました。後ろには「AIZU JIGEN」の文字があったので、尋ねてみると、

あいづみさと」の文字の上の顔のような形は、会津美里町をかたどったもの。そのあいづみさとが「タマゴ」の中に表現されたキャラクターは、町出身とされる「慈眼大師(じげんだいし)」から命名し​た「AIZU JIGEN

との事でした。下の写真は、そのときのTシャツです。右は、天海大僧正(てんかいだいそうじょう(慈眼大師(じげんだいし)))です。

20110812あいづみさと 20110812AIZU JIGEN 20111006キュウリとカニカマの酢のもの

その説明がちゃんと書いてありました。パンフレットの裏側には、「では、ボクのモチーフになった、郷土の偉人を紹介するね!」という書き出しで、

Q.1「あいづじげん」て何?
・会津美里町のイメージキャラクターとして誕生した「あいづじげん」は、慈眼大師の「慈悲の心をもって世の中を見る目」の意味にあやかろうと名付けられたんだ。卵は町の創生をイメージ。目のシルエットは町の形なのさ。

Q2. 天海ってどういう人?
・戦国時代末期から江戸初期にかけ、中央で活躍した天台宗の僧侶だよ。天文5年(1536)に今の会津美里町に生まれ、国宝で有名な龍興寺が、修行の始まりなんだ。108歳まで生きた偉いお坊さんだよ。

Q3. どんなことをしたの?
・もとは会津葦名氏の僧侶だったのだけど、織田信長により焼き討ちにされた比叡山の復興や、家康をはじめとする徳川将軍三代には重く用いられたんだ。家康の死後には日光東照宮を創建するなど多くの業績があるんだ。

Q4. どんな人に仕えたの?
・会津領主の葦名氏や武田信玄、徳川家康・秀忠・家光。特に徳川三代とは深い結びつきがあったんだよ。

という内容が説明されていました。下の画像は、「はじめまして!ボクの名前は「あいづじげん」です。」というあいづみさとまち発行のパンフレットです。この裏側に先ほどの説明が書かれていました。

下の外部リンクは、「
あいづじげん」関連のアドレスです。

あいづじげん(aizujigen)on Twitter(外部リンク)
あいづじげん << ミサトノ.jp|会津美里町ポータルサイト(外部リンク)
ミサトノ.jp|会津美里町ポータルサイト(外部リンク)

そういえば、卵の殻の壊れている部分、よく見てみると、会津美里町の地図を表すエリアに形が似ていますね。いずれの画像も、「
あいづみさとまちのパンフレット」からコピーしたものです。問題があれば、連絡いただければ幸いです。

20111007あいづじげん

パンフレットの他に、ポストカードが入っていました。「ふるさとを救うためにはがきを出しましょう!」というもの。

「まだまだ震災被害は福島県を悩まし続けております。原発事故による風評被害等を打開するためにも県外に住む友人・知人に安心・安全をお伝えしましょう! この「ふるさとともだち大作戦」を同じく風評被害等に苦しむ地域に広めましょう!そして、継続して、情報発信をしていきましょう!」

とありました。こちらは、「会津喜多方商工会議所」が窓口となっていました。

ふるさとともだち大作戦 - 会津喜多方商工会議所(外部リンク)

こちらでは、いろんなオリジナルデザインデータをダウンロードできるようです。下の画像は、二枚のポストカードです。

20111007會津

下の写真も、ポストカードです。これらの画像は、会津の妹から実際に送られて来たポストカードをコピーしたものです。これら以外のオリジナルデザインデータも、上記アドレスにはありましたよ!

20111007負けないぞ あいづ

今日は、会津から届いた話題をお伝えしました。23:00 には、12.2度と気温が下がってきたようです。