○ 履歴 : 2010「2010.05.15 今年初めての草刈り 20107.2 / 13.9
○ 履歴 : 2011「2011.05.15 この時期旬な食べ物
9.1 / 17.9
○ 気温 : 今日の最低 12.7(07:55)最高 17.0(15:11)23時|昨日 7.8 / 21.0 23時

今日の朝は、シトシト雨が降っていました。強い雨ではありませんでしたが、一日中ダラダラと降ったりやんだりの天気でした。

午前中は、冷たい雨でしたが、気温の方が、徐々に上昇傾向で、夕方には梅雨時を思わせるような湿っぽい天気でした。

今日は、午前中からアロマのセミナーがありました。今日は、筋肉骨格系とアロマテラピーのお話しでしたが、よくよく考えてみると、循環器系やリンパ系、神経系、呼吸器系などとも密接に関連しており、肩こりなどの症状に対してのアプローチだけではなく、やはり全体像を考えた仕組みを理解する事が大切だと思いました。

20120515アロマのセミナー 20120515三色タマゴ丼 20120515セリとネギの野菜スープ

上の写真、中央と右は、今日のお昼ご飯に食べた三色タマゴ丼とセリとネギの野菜スープでした。このスープは、今日の晩ご飯にも登場してきました。

今日のアロマセミナーで、サイプレス Cupressus sempervirens やジュニパー Juniperus communis などの精油が登場してきました。

その中で、受講生の方から、伊勢神宮を参拝されたときの事を伺いました。何でも、若葉の樹木の香りがとても荘厳に感じられたとのことでした。

ひまわりも、数日前から山の樹木や葉っぱから新緑のエネルギーや香りを感じていました。そこで、受講生の感じ取った香りってどんな香りなのかを想像してみました。

たまたまいつも持ち歩いている精油箱を見てみると、何とそこには、それらの香りにピッタリの精油があるではありませんか。常日頃感染症対策に持ち歩いている精油でした。

それらの精油とは、

・ラヴィンツァラ Cinnamomum camphora (Ex. Ravensara aromatica)
・ローズウッド Aniba rosaeodora
・ローレル Laurus nobilis

でした。それで、試しにティッシュに各一滴を垂らして香りを確かめてみると・・・・何と、とても似ている香りだというのです。

いずれの精油もクスノキ科の植物でした。以前、ラヴィンツァラ Cinnamomum camphora (Ex. Ravensara aromatica)については、下記の記事でも投稿しましたが、地域により様々な植物が分類されました。

2007.09.05 Cinnamomum camphora のケモタイプ

クスノキは、もともと東南アジアなど、アジアのいたるところで成育しており、いろんな環境で、その内容成分を変えている事がわかりました。

もともとこのときの記事は、学名が「ラベンサラ Ravensara aromatica」から「ラベンサラ Cinnamomum camphora (Ex. Ravensara aromatica)」へと変更された事を契機に、その後、一般的に使われる名称が「ラベンサラ」から「ラベンザラ」へと変更された事に興味を持ったからです。

下記の図は、その経緯を示すと同時に、様々な精油と中に含まれている成分の違いを明らかにしたものです。

20070905ラベンサラ Cinnamomum camphora (Ex. Ravensara aromatica)

また、ラヴィンツァラ Cinnamomum camphora (Ex. Ravensara aromatica)だけでなく、ローレル Laurus nobilis については、下記の記事でも紹介されています。

2010.10.10 アロマテラピーセミナー 2010 その1

ここでは、酸化物類を含む、ローレル Laurus nobilis の素晴らし特性が掲げられていました。

「抗ウイルス性と免疫に働く力は、1,8シネオールとアルコール類が同時に存在しているからです。それに、強力な鎮痛作用があります。ローレルには複雑に絡み合って働く鎮痛作用があります。」

ということで、生化学的に見ると、非常に芳香分子の種類が多く複雑で、それぞれに、治療特性が発揮され、その事で、この精油が「アロマテラピーの家庭の薬箱」に常備する第一番の精油である事もお話されていました。

そこで、今日ブレンドした三種類の精油について、下記のような表を作ってみました。

20120515クスノキ科の植物

しばらく受講生の方は、上記三つの精油を垂らしたティッシュから漂ってくるアロマの香りに、ひまわりが話しているアロマセミナーの内容が頭の方へ入っていかなかったようです。

きっと、その香りによって、先日訪れた伊勢神宮の杜に想いをはせていたのでしょう。恐ろしきアロマの力です。

今日は、午後から山へ向かいました。雨が降ったりやんだりを繰り返していました。淡い期待を抱いていたのですが、山へ到着する頃には、雨が少し降っていました。

今日は、草刈り作業を続ける予定でしたが、この様子では、中止せざるを得ません。下の写真は、昨日草刈り作業を終えたラベンダー畑の様子です。

20120515山の様子1 20120515ラベンダーの畑1 20120515ラベンダーの畑2

下の写真は、左から、ラベンダーナナ成沢、中央は、ラベンダー早咲き3号、右は、ラベンダーおかむらさきです。おかむらさきの列は、草刈り機である程度伸びていた雑草を刈り取っていましたので、意外ときれいでした。

20120515ラベンダーナナ成沢 20120515ラベンダー早咲き3号 20120515ラベンダーおかむらさき

下の写真、左は、草だらけだった斜面の様子です。きれいになりました。奥にはフキの群生が見えています。中央は、別の場所に繁っていたフキです。

山の帰りに、いつもの枝垂れ桜の様子を写真に収めました。やや緑色の葉っぱが出て来ましたが、まだきれいな花を咲かせていました。

20120515山の様子2 20120515山の様子3 20120515枝垂れ桜

下の写真は、上北手大戸交差点近くにあるツツジの咲く丘の風景です。雨でシットリ濡れていました。全体の丘の様子を三枚の写真に収めました。

20120515ツツジの咲く丘1 20120515ツツジの咲く丘2 20120515ツツジの咲く丘3

下の写真も、ツツジの咲く丘の風景です。こちらの方は、坂をもう少し上り、左側面の方向からツツジの咲く丘を望んだ風景です。こちらの方も、三枚の写真にしてみました。

今日は、デジカメを持って行かなかったので残念でした。

20120515ツツジの咲く丘4 20120515ツツジの咲く丘5 20120515ツツジの咲く丘6

あっ、今思い出しました。au のスマートフォンで撮ってました。下記の写真は、ちょっとは画質のよいツツジの咲く丘の風景です。

20120515ツツジの咲く丘4

下の写真は、今日の晩ご飯です。今日は、午前中からラーメンのスープをとっていました。そのスープを使ってのラーメン。あ〜おいしかった。

20120515ラーメン1 20120515ラーメン2 20120515デザート

デザートは、スィーツでした。