○ 履歴 : 2010「2010.12.03 暴風雨の中秋田から会津へ11.3 / 15.7
○ 履歴 : 2011「2011.12.03 味の好みと顔面血流そして香りの関係
4.3 / 9.7 23時
○ 気温 : 今日の最低 0.5(07:22)最高 9.5(14:54)23時|昨日
- 1.1 / 2.4 23時

今日の朝は、青空が広がっていました。放射冷却現象のため冷え込んでいましたが、それでも氷点下までは下がらなかったようで、午前 07:22 に記録した 0.5度が今日の最低気温でした。

数日前に青空が広がったように、午前中からお昼にかけてはとてもよい天気に恵まれました。昨日までの真冬並みの寒さが信じられないくらい暖かでした。

午後からは、徐々に雲が広がってきましたが、ハケで描いたような薄雲でした。それでも、お日さまを隠す事があったため、夕方はやや肌寒くなってきました。

下の写真は、今日の朝の様子です。お隣のケーキ屋さんのドアに「クリスマスケーキご予約承り中」の看板が掛けられていました。

歩道には、氷と雪に閉じこめられた黄色いイチョウの葉っぱがありました。この辺りは氷点下だったようです。右は、花穂が霜や雪で痛んできた歩道のラベンダー早咲き 3号です。

20121203クリスマスケーキ予約 20121203イチョウの葉っぱ 20121203刈り込み前ラベンダー早咲き 3号

下の写真、左も、朝(08:10 頃)の様子です。ちょっと雲はありましたが、青空が広がり気持ちのよい朝をむかえました。

今日は、朝から裏のサッシを取り外し、右のような別のドアへ交換する作業が始まりました。中央は、取り外し前のドアです。

20121203朝の様子 20121203裏のドア枠取り外し 20121203新しいドア取り付け

今日は、青空の広がる絶好の冬支度の日でした。下の写真、左のような青空が広がる中、山へ向かいました。途中、ホームセンターへ立ち寄りったり、忘れ物を取りに戻ったりと、やや遅れてしまいました。

中央は、山へ向かう途中の様子です。残雪がお日さまの暖かさで湯気が上がっているのかと思いきや、もみ殻を燃やしていたのでした。

山へ行くまで、軽トラックの室内が暖かくなり、暖房のスイッチを切ったほどでした。そんな中、豆太郎は、この季節にしては珍しく日向ぼっこしていました。

20121203よく晴れ渡る空 20121203山へ向かう途中の風景 20121203豆太郎

それでも、二日前からの寒さで下の写真、左のように、樽の水が分厚く凍りついていました。中央と右は、今日のラベンダー畑の様子です。

青空とお日さまが久しぶりにラベンダーの畑を輝かせてくれました。前にも書いたかもしれませんが、ラベンダーの株がそれほど傷んでいなかったのにホットしています。

20121203氷の厚さ 20121203ラベンダーの畑1 20121203ラベンダーの畑2

下の写真、左は、ツルウメモドキです。中央と右は、作業小屋の前の冬支度前後の写真です。

20121203ツルウメモドキ 20121203冬支度前 20121203冬支度後

今年の秋から冬は、天気が長続きせず耕耘機を動かす機会もなく、そのまま冬支度となりました。ブルーシートで覆い、上からトタン屋根をかぶせ重石をおきました。

中央と右は、今年の春、低気圧の影響で屋根の片方を吹っ飛ばされ、ブルーシートで雨風をしのいでいました。補修することもできずに冬が来てしまいました。

雨水がくぼんだ部分に集まり、大きな重石のような役割を果たしています。そのため、シートが飛ばされることはありませんが、これからの季節は、その雨水は氷となってしまいます。

そこで、溜まっていた雨水をある程度落とし、下からパイプや木片、さらには、スチール製の本棚などで補強しました。どれほど補強できたのかはわかりませんけど・・・・。

20121203耕耘機の冬支度 20121203仮シートへの補強1 20121203仮シートへの補強2

次は、下の事業所前に置いてあった鉢の整理です。雪の下であれば問題のないラベンダーの鉢を別の場所へ移動しました。最初の場所には、屋根に降った雪が落ちてくるからです。

中央は、ホースです。このまま外へ置いておけば傷んでしまいます。右は、根っこが鉢の下から地面の方へ伸び、すごい状態となっているローズマリーの鉢です。

20121203ラベンダーの鉢の冬支度1 20121203ホース 20121203ローズマリーの鉢植え

ローズマリーは、基本的には、ある程度の寒さには耐える事ができるのですが、雪には弱いようです。そのため、別の場所へ移動しなければなりません。

下の写真、左と中央は、移動が終わったラベンダーの鉢です。もう一つ冬支度がありました。会津へ帰ったときにダイコンの葉っぱも一緒に運んできました。

その葉っぱを寒風にさらしお料理の材料にしなければなりません。右は、そのダイコンの葉っぱをロープに干しているところです。

20121203ラベンダーの鉢の冬支度2 20121203ラベンダーの鉢の冬支度3 20121203ダイコンの葉っぱ

下の写真、左は、山から帰る途中で見つけた冬支度の様子です。ストーブ用の薪です。といっても、いつも通る道ですから、目にはついていたのですけどね。

最後は、残っていた軽トラックのタイヤ交換です。簡単なのですが、泥だらけの道を走っているので、ボルトがちょっと錆びつき緩めたり締めたりするのに時間がかかりました。

20121203ハンペン 20121203冬タイヤへ交換 20121203弁当

上の写真、右と、下の写真、左は、今日のお昼ご飯です。鶏の唐揚げや、イカ・白身の魚などの天ぷら弁当でした。そして、シジミのみそ汁です。

中央は、裏からダイニングへと通じる場所ですが、ここにもドアが追加されます。その枠を作っているところです。

右は、二階へと通じるドアです。こちらの方は、すでに出来上がっていました。

20121203シジミのみそ汁1 20121203浴室からダイニングへのドア設置 20121203二階へと続くドア

冬支度は、もう一つありました。それは、歩道にあるラベンダーの刈り込みでした。中央は、刈り込み前のラベンダー早咲き 3号です。

左は、15:34 頃の西の空の様子です。鳥の鳴き声で空を見上げると、左のように群をなして飛んでいくカモ?の集団を見つけました。

20121203西の空 20121203刈り込み前のラベンダー早咲き 3号2 20121203カモ?

下の写真、左と中央は、歩道の刈り込まれたラベンダーです。左は、ラベンダー早咲き 3号、そして、中央は、向かいの歩道に植え込まれているラベンダーナナ成沢です。

20121203刈り込み後のラベンダー早咲き 3号 20121203刈り込み後のラベンダーナナ成沢 20121203裏のドア1

ようやく裏のドアの設置が終わりました。上の写真、右と、下の写真、中央が、そのドアです。サッシのあった部分を撤去したので、ドア以外の部分には、壁を作りました。断熱材をしっかり入れ、ボードで覆いました。

左は、そこから、ダイニングへと向かうドアです。こちらの方も完成しました。何やらいっぱいドアが増えましたが、寒いときには閉め、暑いときには開放して風を誘う事ができるので、効率的かもしれません。

20121203浴室からダイニングへのドア 20121203裏のドア2 20121203おでん

上の写真、右と、下の写真は、今日の晩ご飯です。おでん、焼きウインナーソーセージ、ハクサイの炒めもの、そして、シジミのみそ汁でした。

20121203ソーセージ 20121203ハクサイの炒めもの 20121203シジミのみそ汁2

夕方には、一端気温は下がりかけたものの、夜になると、再び上昇してきました。20:00 には 6.4度だった気温は、23:00 には 7.8度まで上昇しています。

せっかくの青空でしたが、明日は、雨の予報が出されていました。ただ、最高気温は 10度の予想が出されていました。また、最低は 4度でした。

現在の気温を考えると、明日朝まで、10度となり、その後は、徐々に気温が下がるのでしょうか。それとも、この先、明け方に最低気温を示し、その後 10度となり、その後気温が下がるという一般的なパターンとなるのでしょうか。

このところの不順な天気や気温に、身体がついていけないくらいです。