○ 履歴 : 2011「2011.04.16 心労続きの人々と脳血管疾患 5.2 / 12.8
○ 履歴 : 2012「2012.04.16 この春一番の気温を観測 2012
5.6 / 19.3 24時
○ 気温 : 昨日の最低 1.8(05:50)最高 10.4(12:51)24時現在

○ 気温 : 今日の最低 1.6(05:40)最高 14.2(13:34)23時現在

昨日は 1.8度(05:50)度を記録する朝でしたが、今日は、さらに低い 1.6度(05:40)と本当に寒い朝でした。

天気の方も、昨日と同じようなパターンで一日が経過しました。昨晩から降っていた雨がやみ、青空の広がるよい天気に恵まれました朝でしたが、午後からは曇りだし、夜には小雨が降り出してきたのです。

朝と午後、そして、夜と、目まぐるしく急変する天気、そして、気温の低い傾向が続いています。ただ、最高気温の方は、昨日よりも上がって 14.2度(13:34)の最高気温を記録しました。

そんな中、桜前線は山形県から秋田県へ上陸したようです。今日の新聞(
2013.04.16(火)秋田魁新報)に「桜前線、本県入り」という見出しとともに、桜の開花している写真が載っていました。「にかほ市金浦 勢至公園で開花宣言」というサブタイトルも見えました。

下の写真、左が、その新聞記事です。中央は、朝の様子です(08:56頃)。今日の朝も、昨日同様素晴らしい青空が広がっていました。

20130416勢至公園の桜が開花 20130416外の様子朝 20130416梅のお料理1

朝起きると、ばっぱは台所で「梅づくし」の料理を作っていました。これから、梅みそ、梅びしお、梅おかかを作るというのです。

上の写真、右は、昨年収穫した梅の梅干しから種を取り、果肉を濾している様子です。下の写真、左は、それを、鍋に入れて煮詰めているのでしょうか。

2012.07.16 雨の中梅の収穫 2012

梅の酸っぱい匂いが漂っていました。今日は、午前中から植物療法(フィトテラピー)のセミナーでした。下の写真、中央と右は、そのときに学んでいただいた内容の一部です。

20130416梅のお料理2 20130416植物療法のセミナー1 20130416植物療法のセミナー2

三つの胚葉を基本とした体質の分類から、さらに、中間形の把握、そして、それらの胚葉から、中胚葉性外胚葉形、中胚葉性内胚葉形・・・・という具合に、体質分類を拡張して、それぞれの体質の発達部位や気質特性などを学んでいただきました。

クレッチマーやシゴーの考え方についてもお話ししましたが、より発生学的な見地から体質を見極めている事がわかります。

○ 外胚葉形
・呼吸型(シゴー)
・頭脳緊張型(シェルドン)
○ 中胚葉形
・筋肉型(シゴー)
・身体緊張型(シェルドン)
○ 内胚葉形
・消化型(シゴー)
・内蔵緊張型(シェルドン)

なお、体質については、下記の記事を参照いただければ幸いです。

2012.09.16 約一年ぶりの上京とアロマテラピーセミナー 2012
2008.02.17 2008年アロマセミナーと体質形態学
2005.07.11 まず第一に体質の把握
2005.06.11 植物療法の基本は体質学というけれど

下の写真は、今日のお昼ご飯です。雑穀米、切り干しダイコン、ふ入りタマネギとジャガイモのみそ汁です。

20130416雑穀米 20130416切り干しダイコン 20130416ふ入りタマネギとジャガイモのみそ汁

下の写真、左と中央は、ばっぱの作った梅料理です。左は、梅おかか、中央は、梅びしおです。梅味噌は、時間がなく作れなかったようです。右は、デザートのロールケーキです。

20130416梅おかか 20130416梅びしお 20130416ロールケーキ

午前中にセミナーがあったので、山へ向かう時間が遅くなりました。朝から午前中にかけては、とてもよい天気でしたが、この頃になると、いつ雨が降り出してもおかしくないような天気でした。

何だか、霧状の水滴が空気中に漂っている感じがしました。数日前から、山の往復は乗用車で行き来しています。今まで毎日利用していた軽トラックが車検で使えないからです。

この時期、整備工場の方も忙しいようで代車を確保する事ができませんでした。車検といっても、車体の方のサビがひどく、その補修に時間がかかるという内容でした。

2013.04.13 軽トラの車検期限の日今年初めての農作業 2013

そのため、なるべく荷物の移動を事前に済ませていましたが、二日前に思いついた事がありました。それは、車検中の軽トラックに替わり、車検切れとなり山の中に倉庫として利用していた車を動かせば、少なくとも、畑や下の作業場までの荷物の運搬が楽になると思いました。

畑苗を掘り出し、下の作業場で鉢上げする作業もその一つです。そのため、放電していたバッテリーを充電し、今日、車に取り付けました。そしたら、一発で元気よくエンジンがかかりました。

ディスクブレーキのため、少しブレーキのかかった状態となっていましたが、何度か移動することで少し軽くなったようです。

下の写真、左と中央が、その時の様子です。

20130416車検切れの車1 20130416車検切れの車2 20130416ラベンダーの畑1

上の写真、右と、下の写真、左は、今日のラベンダー畑の様子です。畑までの道が乾いてくれれば、畑の上に堆肥を運んでもらう事ができます。

運んでもらったら、その堆肥を畑の中へ入れる事ができます。考えてみたら、この畑には今までまったく肥料を入れていませんでした。

すべて草刈りと草取りで除草した「雑草」だけでした。当然のことながら、それらは巡り巡って土へ還元されますから、それが堆肥となって畑の状態を保っていると思います。

この畑は粘土のため、乾燥が進むと固くなってしまい、地割れを生じてしまいます。この事は、昨年の収穫の際に痛いほど思い知らされました。

成長期に十分な雨に恵まれたのですが、後半の成長期から収穫まで雨の降らない日が続きました。そのため、収穫したラベンダーの茎が、通常の 2/3 ほどの長さのものしか収穫できませんでした。

昨今は、植物工場なるものが脚光を浴びています。それでも、大自然の中で育てる事で味わえる喜びはまた格別なものです。

2013.03.09 植物工場とレアプラントそしてつつましやかな植物たち
2013.03.05 植物工場と精油工場一体化システム
2010.10.04 植物工場タイプとフェノタイプ
2011.11.07 つつましやかな植物がレアプラントへ

今日写真に収めた畑の株が、二ヶ月先には、素晴らしいラベンダーの畑になっています。その感動は、自然の中で倍増して感じ取る事ができると思っています。

あっ、つくしがいっぱい芽を出していました。ヨモギの葉っぱも出て来ました。赤い花梅の花芽がもう少しで開花しそうです。植物工場では、なかなかこのような感動を味わうことが難しいかと思います。

そうだ、この自然の中に植物工場があれば可能かぁ!

20130416ラベンダーの畑2 20130416つくし 20130416花梅のつぼみ

下の写真は、山を一回りしているときに見えた風景です。ひろっこだけが緑色を誇っていた山の斜面には、様々な植物たちが芽を吹き出してきました。

柿の木の枝に異変がありました。先端部分の枝が、地面に落ちていたのでした。よく見ると、食い荒らされた感じの枝です。この高さからするとやはりカモシカかもしれません。結構いたずらしてくれますねぇ。

この先は、サルスベリの新芽が心配です。毎年狙われているからです。さすがにラベンダーには口を出さないようです。

20130416山の様子 20130416柿の枝とカモシカのいたずら 20130416車検切れの車3

畑を一回りして、車で急な坂道を下ってきました。もちろん車検が切れ廃車手続きの済んでいる車です。上の写真、右が、その車です。もちろん、公道は走ることはできませんよ。

下の写真、左は、少しもジッとしてくれない愛子。中央は、昨日土の入れ替えが済んだラベンダーの鉢植えです。

今日は、にかほ市金浦の勢至公園の桜の開花宣言が出された事を知りましたが、下の写真、右は、ひまわりが毎年桜の開花宣言を計る「標準木」です。

この桜は、毎年この辺りでは一番に開花してくれます。城東中学校前の桜の木ですが、今年は、まだまだのようでした。

20130416騒がしい愛子 20130416土の入れ替えが済んだラベンダーの鉢植え 20130416開花宣言用桜の木

下の写真は、今日の晩ご飯です。切り干しダイコン、シシャモ、ワカメとタマゴの炒めものショウガ添え、アボガドとむきエビの和えものでした。

20130416シシャモ 20130416ワカメとタマゴの炒めものショウガ添え 20130416アボガドとむきエビの和えもの

下の写真も、今日の晩ご飯です。シメジ、豆富のおから、そして、豆富とタマネギとジャガイモのみそ汁です。

20130416シメジ 20130416豆富のおから 20130416豆富とタマネギとジャガイモのみそ汁

全国的には暖かなようですが、秋田は、このところ寒い日が続いています。それでも、桜前線は、山形県から秋田県まで北上してきました。

明日の天気も「曇り後雨」の予報が出されていました。23:00 の気温は 10.4度と昨日とは違い( 昨日 24:00 4.0度)暖かです。

そのため、明日の朝の最低気温は 9度となるようです。また、日中の最高気温は 12度と、こちらの方は、昨日より低くなり寒い一日となりそうです。