○ 履歴 : 2011「2011.05.13 植物療法のセミナーで恩師を偲ぶ11.3 / 15.2
○ 履歴 : 2012「2012.05.13 わらびとタケノコの収穫 2012
7.8 / 12.3 21時
○ 気温 : 昨日の最低 10.4(08:24)最高 15.0(00:05)24時現在
○ 気温 : 今日の最低 11.0(04:46)最高 23.6(12:39)24時現在

今日の朝は、やや薄雲の広がる天気でしたが、雲の切れ間からお日さまが顔をだしていました。午前中は、曇り空とはいえ、以外にお日さまが姿を見せていました。

04:46 に今日の最低気温 11.0度を記録しましたが、午前七時には 13.3度となり、お昼には 20.9度と 20度をすでに越えていました。

お店の中にいるよりも、外の方が暖かでビックリしました。今日の最高気温は 12:39 に記録した23.6度でしたが、午後三時まで 20度台で推移しました(毎正時)。

午後に入ると、姿を見せていたお日さまが雲に隠れ始め、夕方には、雨がいつ降り出してもおかしくないような曇り空となりました。そんな中、時々パラパラ小雨が降ったりやんだりを繰り返していました。

下の写真、左は、外の様子です(09:49頃)。朝はお日さまが顔を出していましたが、空全体が白い雲で覆われていました。

中央と右は、今日のお昼ご飯です。チキンラーメンタマゴ入り、デザートのチーズケーキでした。

20130513外の様子朝 20130513チキンラーメンタマゴ入り 20130513チーズケーキ

昨日の午前中は、植物療法(フィトテラピー)のセミナーでした。その内容の第一番のキーワードは体質でした。そして、肌の構造と生理を理解し肌質を観察する事で、ハーブや精油などの植物素材や栄養素などをどのように適用すればよいのかを総合的に判断するというものでした。

たまたま今日の朝、NHKラジオの「
すっぴん! 新書ナビ」で面白い新書の紹介がありました。「人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか」というタイトルでした。

何でも、固定概念を外し「
抽象的な考え方」に立って物事を改めて見てみると、「創造力とか発想」が生まれてくる、ということで、一つの例を掲げていました。

○ 具体的な考え方(理論的に考える事、アニュアル通り)
・接客業の具体化が進めば進むほど「接客が均一化」してしまう
○ 抽象的な考え方(固定概念を外しお客様を大切にするため)
・どのように接客をすればよいのかを個々人で考えることにつながる

というものでした。

理論的具体的に考える事では見えてこない「
創造力とか発想」が生まれてくるというのです。新書はまだ読んでいませんが、そのような「新書ナビ」のお話しを伺って、昨日行った植物療法(フィトテラピー)の事が頭の中に浮かんできました。

植物療法の基本は、体質でした。この体質については、

2013.04.16 車検中の軽トラックに替わり車検切れの車を動かす

でも投稿しましたが、クレッチマーの「類型論」の考え方を基本に、シゴーやシェルドンなどの考え方を見ることによって、より発生学的な見地から体質を見極める事ができました。

○ 外胚葉形
・呼吸型(シゴー)
・頭脳緊張型(シェルドン)
○ 中胚葉形
・筋肉型(シゴー)
・身体緊張型(シェルドン)
○ 内胚葉形
・消化型(シゴー)
・内蔵緊張型(シェルドン)

なお、体質については、下記の記事を参照いただければ幸いです。

2012.09.16 約一年ぶりの上京とアロマテラピーセミナー 2012
2008.02.17 2008年アロマセミナーと体質形態学
2005.07.11 まず第一に体質の把握
2005.06.11 植物療法の基本は体質学というけれど

発生学的な見地から体質を見極める事ができれば、

2013.04.07 低気圧による風雨と新芽そしてアロマシャワー

でも投稿しましたように、クレッチマーの「類型論」を基本とした体質と発生学における「三胚葉」との関連性を相互に関連付ける事ができました。

・体型と気質の関係
・体型と三胚葉の関係
・三胚葉の発達部位
・三胚葉と気質の関係

これらの考え方は、まさに非常に「具体的な思考」に基づいた理論的な考え方です。また、下記の記事で投稿したように、

2011.06.12 植物療法(フィトテラピー)の基本的な考え方

体質を把握するための基本的な考え方である「胚葉学」という学問を考えた場合、理論的な考え方に立って三つの胚葉を理解することで、四つの組織(神経、上皮、結合、筋)の様々な組合せによって、器官や器官系が形成されている事がわかります。

これらも、理論的な考え方に立った「
具体的な思考」でした。

ところが、一方では「
創造力とか発想」の生まれる「抽象的な思考」を取り入れる事で、とてもユニークな考え方生まれてきました。

それは、四つの組織の様々な組合せのみならず、どの組織が、他の組織よりもより発達していたならば、という「
抽象的な思考」によって捉えられた胚葉学によって、クレッチマーの「類型論」を基本とした体質との関連性を考える事ができました。

クレッチマーの「「類型論」もまた「
抽象的な思考」として捉える事ができるかもしれません。しかしながら、それらの関係をより科学的に関連づける事も必要となってきますから、それぞれの考え方の「バランス」がとても重要になってきます。

このように、植物療法には「
具体的な思考」と「抽象的な思考」の両方を「バランスよく併せ持つ考え方」が求められるのではないでしょうか。

その事で、植物療法(フィトテラピー)の基本的な概念である体質を理解する事が可能となるだけではなく、

● 体質の把握
○ それぞれの気質特性を導き出すことが可能
・各々の体質への対応方法にも応用
・気質特性から導き出される「情動」の変化
○ 発達部位や脆弱な部位などを考慮にいれた
・「体調傾向」と「肌傾向」

など、植物療法にとっては、必要不可欠な考え方を導き出す事ができます。

そういえば、

・気質特性から導き出される「情動」の変化

については、いつもこのブログに登場する「福田安保理論」との関係でとても重要でした。この理論もまた「具体的な思考」と「抽象的な思考」の両方を「バランスよく併せ持つ考え方」なのではないかと思います。

以上のような考え方によって導き出された情報は、ある意味、何故そのような体調や肌質となっているのかという「原因」にアプローチする事ができました。これは理路整然と物事を考える「
具体的な思考」に基づく考え方でした。

また、この事は「予防」という観点からだけではなく、「改善」という側面にも適応する事が可能となります。

それら様々な情報から、予防や改善、さらには、原因などに対して、多面的に利用できる様々な植物素材(栄養素なども含む)を選択し、どのように適用するのかを考える事で、内面的な健康と、外面的な美しさの調和を維持することが可能となりました。

逆からのアプローチの仕方、すなわち「
より美しく健康で過ごす事ができるためには」という考え方は、「抽象的な思考」に基づく考え方でもあります。

これもまた植物療法(フィトテラピー)の基本的な考え方でした。

今日は、午後から曇り空となってきました。予報でも、天気の崩れる事が伝えられていました。昨日は、ラベンダー畑から苗を掘り起こし、鉢植えにする作業をしていましたが、鉢上げしないままの株がまだありました。

株が多かったため、鉢が足りなくなっていたので、少し遠かったのですが、ホームセンターへ立ち寄ってから山へ向かいました。

下の写真、左は、太平川の様子です。桜の花はすっかり散り、葉っぱが緑色を増していました。中央は、日赤病院近くにあるタンポポの畑です。

すでに農家の方々は、田植の準備に取りかかっていました。水を張られた田んぼには、鳥たちが、田んぼにいる虫たちを狙っていました。

20130513太平川の桜 20130513タンポポ畑 20130513もうすぐ田植

下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です。中央と右は、数日前に植え込んだラベンダーナナ成沢とラベンダーはなもいわの列です。

2013.05.09 お弁当持参でラベンダー苗の移動と定植 2013

20130513ラベンダーの畑1 20130513ラベンダーの畑2 20130513ラベンダーの畑3

下の写真、左は、今日ホームセンターで購入してきた鉢です。中央は、植え替え用の土を作り、畑から掘り上げてきたラベンダーナナ成沢の株を鉢上げしているところです。

20130513菊鉢 20130513ラベンダーナナ成沢の株植え替え1 20130513ラベンダーナナ成沢の株植え替え2

上の写真、右と、下の写真、左は、昨日と今日鉢上げしたラベンダーナナ成沢の鉢植え株です。

中央と右は、花桃の白い花とスモモの白い花です。

20130513ラベンダーナナ成沢の株植え替え3 20130513花桃の花 20130513スモモの花

下の写真、左は、この暖かさと雨で伸びてきたワラビです。ばっぱが、採ってきたワラビの下準備をしていました。

中央と右は、今日の晩ご飯です。ナスの素揚げとソーセージのフライ、タケノコとポテトサラダでした。

20130513ワラビの収穫 20130513ナスの素揚げ 20130513タケノコとポテトサラダ

下の写真も、今日の晩ご飯です。ワラビ、ダイコンとアンズの酢のもの、ふ入りワラビのみそ汁でした。

20130513ワラビ 20130513ダイコンと杏の酢のもの 20130513ふ入りワラビのみそ汁

今日は、午前中は、雲が広がるもののお日さまが顔をだしていました。ところが、午後から曇りだし、夕方には、ポツリポツリと小雨が降ったりやんだりを繰り返していました。

24:00 の気温は、12.7度まで下がってきました。明日は「晴れ時々曇り」の予報で、朝の最低気温は 11度と暖かなようです。また、最高気温の方は 18度と、今日より少し気温が低いようですね。