○ 履歴 : 2011「2011.07.08 ラベンダーおかむらさきのドライフラワー作り 201121.6 / 26.4
○ 履歴 : 2012「2012.07.08 ラベンダーの季節が駆け抜けていきました
19.4 / 26.5 24時
○ 気温 : 昨日の最低 21.9(06:24)最高 24.8(15:22)24時現在
○ 気温 : 今日の最低 22.4(02:16)最高 25.7(09:10)24時現在

今日の朝は、小雨が降っていましたが、すぐにやんだようです。それでも、低く垂れ込んだ雲がいつでも雨を降らせるような雰囲気で空を覆っていました。

午前中いっぱいは、そんな状態が続いていましたが、午後からは、細かい霧状の小雨が空を覆っていたかと思っていた矢先、雨が降り出してきました。

ただ、ずっと降っていたわけではなく、降ったりやんだりを繰り返し、今日も梅雨特有の湿っぽい天気となりました。

今日は 02:16 に 22.4度の最低気温を記録し、09:10 に 25.7度の最高気温を記録した後は、25度台から 24度台(15時を除く)で推移しました(毎正時 24時現在)。

・09〜10時 25度台
・11〜14時 24度台
・15時 23.8度
・16〜24時 24度台

夜遅くに 24度台ではありましたが風があり、多少湿っぽかったのですが以外とヒンヤリと感じて、蒸し暑さはありませんでした。

全国的には、関東甲信に続いて、九州、中国、四国、近畿、東海の各地方も梅雨明けしたとみられるという発表がなされ、猛暑日が各地で記録されました。

秋田では、その事を考えると、梅雨特有のうっとうしさはあるもののまだまだよい方です。というか、本格的な梅雨空を迎える前は、逆に本当に暑い日が続きましたからね。

下の写真は、外の様子です。昨日同様、湿気を含んだ白い雲が低く垂れ込めていました(09:23頃)。中央は、お店の外にディスプレーされたラベンダーの生花です。昨日収穫したはなもいわの生花でした。

20130708外の様子朝 20130708ラベンダーはなもいわの生花 20130708紫外線が目に当たると1

昨日は、植物療法(フィトテラピー)のセミナーでしたが、今日の朝、テレビで紫外線特集が放送されていました。皮膚を隠しても、紫外線が「○」に当たると、メラニンが作られ肌が黒くなる、という内容の放送がありました。

その「○」とは、「目」だそうです。目の角膜が紫外線によって炎症を起こし、その事でストレスホルモンが放出されるからという内容の説明でした。

ストレスホルモンというのは、視床下部 - 下垂体 - 副腎皮質系によって放出される副腎皮質ホルモンだと思うのですが、その事と「メラニンを作れ」という指令を受けてメラニンを増加させる理由については、お話しされてなかったかと思います。

むしろ、ストレスホルモンが分泌されメラニンが増加し、肌を黒くする、という内容だったかと思います。以前、ストレスとメラニンとの関係については、下記のブログで投稿した事がありました。

2006.11.02 メラニンとストレス

ここでの記事は、人間が外で活発に活動するために、同じレベルで複数の大切な仕組みが連動して働いている事を投稿しました。

先ほどの紫外線が目の角膜に当たることにより炎症が引き起こされ、その事で生じるストレスとメラノサイトの増加の関係を、再度見てみると

・ストレスホルモン〜副腎皮質ホルモンを刺激する「副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)
・メラニンの産生〜メラニン細胞を刺激する「メラニン細胞刺激ホルモン(MSH)
・痛みを癒す〜神経細胞の興奮を抑制する「エンドルフィン(β-エンドルフィン)
・その他に、脂肪分解や作用やメラニンの沈着などに作用する「リポトロピン(LPH)

などが、1個の前駆体から合成されて、おのおのの情報伝達にかかわる事になりました。その前駆体が、プレプロオピオメラノコルチン(POMC)と呼ばれる糖タンパク質でした。

生体にストレスや環境の変化などが加わったとき、それに応じた神経の刺激によって、POMC遺伝子から、プレプロオピオメラノコルチンが合成され、その次の段階において、上記 POMC関連ホルモンが合成されました。

そのため、ストレスホルモンが放出されると、メラニンも合わせて連動して増加しました。メラニンに関しては、下記の記事を参照いただければ幸いです。

2009.07.16 日中の活動と炎症と色素沈着との関係
2009.06.24 肝斑や美白にまつわるいろいろな記事 1
2007.08.31 トラネキサム酸の抗プラスミンと肝斑
2006.11.02 メラニンとストレス
2006.11.01 メラニンの役割と生成

上の写真、右と、下の写真、左・中央は、そのときに放送されていた内容の一部です。右は、今日のお昼ご飯、キムチチャーハンでした。

20130708紫外線が目に当たると2 20130708メラノサイト活性 20130708キムチチャーハン

その他に、ミツバと豆富のみそ汁でした。

今日は、午後四時前に山へ向かいました。下の写真、中央と右は、今日のラベンダー畑の様子です。午後から小雨が降っていました。

このときは、霧雨状の雨が降っていましたが、身体が濡れるほどではありませんでした。右は、早咲きラベンダーの列です。

20130708ミツバと豆富のみそ汁 20130708ラベンダーの畑1 20130708早咲きラベンダー

下の写真、左と中央は、ラベンダーおかむらさきの列です。一部は刈り取りが済んでいるのですが、この状態では刈り取る事はできません。

20130708ラベンダーおかむらさき1 20130708ラベンダーおかむらさき2 20130708ラベンダーの畑2

時計とは反対にラベンダーの畑をまわっていきました。上の写真、右は、入り口から入り、一番奥まで進んだところから西の方向を望んでいるところです。

下の写真、左は、ラベンダーの列を上って、いつも撮る場所とは反対側の対角線上から望んだ畑の様子、中央は、おかむらさきの列のところまで進んで撮した様子です。

20130708ラベンダーの畑3 20130708ラベンダーの畑4 20130708ラベンダーおかむらさき3

上の写真、右と、下の写真、左は、ラベンダーおかむらさきの列です。北側から撮した様子です。中央は、おかむらさきの花です。

九分咲きほどでしょうか。それでも、この雨で一部の花が茶色に変色していました。右は、別の角度からラベンダー畑を望んだところです。

20130708ラベンダーおかむらさきの花1 20130708ラベンダーおかむらさきの花2 20130708ラベンダーの畑5

今日は、午後から降り出した雨のため、畑のラベンダーを収穫する事はできませんでしたが、お店の前の早咲きラベンダーの剪定作業は大丈夫でした。

その前に、ラベンダーこいむらさきを二株、新しい場所に植え込みました。下の写真、左と中央がその様子です。

20130708ラベンダーこいむらさきの植え替え1 20130708ラベンダーこいむらさきの植え替え2 20130708早咲きラベンダーの剪定1

植え込みが終わった所で、早咲きラベンダーの剪定作業です。上の写真、右と、下の写真、左は、ラベンダーナナ成沢の剪定前と後の状態です。

下の写真、中央と右は、ラベンダーこいむらさきの剪定前と後の様子です。

20130708早咲きラベンダーの剪定2 20130708早咲きラベンダーの剪定3 20130708早咲きラベンダーの剪定4

下の写真、左と中央は、お隣さんのお庭にあるラベンダーこいむらさきの剪定前と後の様子です。すっかり暗くなってしまいました。

20130708早咲きラベンダーの剪定5 20130708早咲きラベンダーの剪定6 20130708タマゴふモヤシスパムの炒めもの

上の写真、右と、下の写真は、今日の晩ご飯です。タマゴふ・モヤシ・スパムの炒めもの、野菜サラダ、メンチカツ、そして、がっこでした。

20130708野菜サラダ 20130708メンチカツ 20130708キュウリのがっこ

下の写真も、今日の晩ご飯です。それに、タマネギとカボチャのみそ汁、カツオ節ご飯でした。最後に、スモモ酒を飲みました。

20130708タマネギとカボチャのみそ汁 20130708カツオ節ご飯 20130708スモモ酒

今日は、午後からぐずついた空模様の影響で、ラベンダーおかむらさきを収穫する事ができませんでした。24:00 の気温は 24.4度でしたから、昨夜よりも暖かです。

明日の天気は「雨時々曇り」の予報が出され、最低気温は 23度、最高気温は 25度と、やはり雨の降りやすい状態が続くようです。降水確率は、昨日とは逆で、時間の経過とともに低くなっていました。