○ 履歴 : 2009「2009.01.13 真っ白な雪の花 2009- 1.1 / 1.3
○ 履歴 : 2010「2010.01.13 日本の高齢社会を考えるフォーラムのご案内
- 1.0 / 4.8
○ 履歴 : 2011「2011.01.13 化石燃料から植物へそして植物から人口光合成へ
- 5.2 / - 2.0
○ 履歴 : 2012「2012.01.13 ようやくパソコンの部屋の片付け終了
- 3.5 / 1.1 23時現在
○ 履歴 : 2013「2013.01.13 懸案だったプレハブ小屋の雪下ろし
- 2.1 / 5.3 24時
○ 履歴 : 2014「2014.01.13 青空が広がるも厳しい寒さの続いた秋田市 2014
- 4.9 / - 0.9 21時現在
○ 履歴 : 2015「2015.01.13 小寒に入り久しぶりの穏やかな日 2015
2.6 / 5.0 24時
○ 気温 : 昨日の最低 - 3.2(03:34)最高 0.8(19:15)22時現在(24時)
○ 気温 : 今日の最低 - 2.3(05:28)最高 0.5(22:00)22時現在( - 2.3 / 3.7(23:22)24時)

201601132400Temperature

上の画像は、2016.01.13(水)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県秋田の気象情報より(外部リンク)

昨夜遅くから雪が降り始めていましたが、未明から朝にかけ、断続的に降り続いた事で、秋田市では、今冬最積雪深となる 15cm を記録(04時)していました。

気温の方も
- 1度台 から - 2度台 の間で推移する寒さで、今まで暖冬だったのが嘘のような本来の真冬が到来した感じでした。

ただ、昼前には雪がやみ、気温の方も
氷点下 ではありましたが、積もった雪が湿って、少し重たくなって来ていました。

毎正時の気温が、ずっと
氷点下 を示していましたが、昼過ぎの 13時には 0.0度を記録し、真冬日 とはなりませんでした。

それでも、再び
氷点下 の気温となり、夜のはじめ頃まで - 0度台 が続いていました。今日の最高気温は、14:28 に記録した 0.3度でした(19時現在)。

ただ、夜のはじめ頃から、再び雪が降り始め、一端減っていた積雪深が 21時には 15cm に達していましたが、気温の方は、22時にはプラスに転じていました(22時現在 0.5度 湿度 95% 積雪深 15cm(24時 3.1度 湿度 74% 積雪深 13cm))。

下の写真は、今日未明の 00:13 頃に撮した外の様子です。細かい雪が途切れなく降り続いていました。この頃の気温は
- 1度台 だったようです。

20160113外の様子未明1

下の写真、左は、上の写真と同じ、今日未明の様子です。ただ、断続的に降り続いていたようで、一時 15cm の積雪深を記録していましたが、朝には、14cm に減っていました。

それが、下の写真、中央と右の様子です(07:53頃)。記録的には、上の写真の時間の積雪深と、朝の積雪深は、14cm と同じでしたが、昨日に比べると、湿気を含んで重たい雪でした。

20160113外の様子未明2 20160113外の様子雪寄せ前1 20160113外の様子雪寄せ前2

さっそく雪寄せに取りかかりました。下の写真、左は、雪寄せの途中、お日さまが姿を現したときに撮した様子です。一カ所に集中して雪を寄せていくので、雪山ができてしまいました。

下の写真、中央と右は、上の写真、中央と右の雪寄せ前(07:53頃)に対応した雪寄せ後(09:24頃)の様子です。

20160113外の様子雪寄せ中1 20160113外の様子雪寄せ後1 20160113外の様子雪寄せ後2

下の写真は、歩道と向かいの駐車場の雪寄せ前、そして、雪寄せ途中の様子です。14cm との事でしたが、ご覧の通り、結構な量でした。

20160113外の様子雪寄せ前3 20160113外の様子雪寄せ前4 20160113外の様子雪寄せ中2

下の写真は、上の場所とほぼ同じところから望んだ雪寄せ後の様子です。雪が重たくて難儀しましたが、上の写真、右に写っている雪寄せ用具一本で作業を行いました。

歩道の様子をご覧いただくとわかりますが、歩行者の方々が歩かれた場所の雪は、圧雪状態で雪寄せが難しく残ったままです。

向かいの駐車場には、幸いな事にまだ車の出入りがなかったため、雪寄せは重たかったのですがきれいになりました。

20160113外の様子雪寄せ後3 20160113外の様子雪寄せ後4 20160113外の様子雪寄せ後5

下の写真、左は、お店横の駐車場を雪寄せしているところです。さすがに、重たい雪で途中までしか運べませんでした。そこで登場したのが、スノーダンプです。

さすがに、効率的です。あっという間に、下の写真、中央のようにきれいになりました。

20160113外の様子雪寄せ中3 20160113外の様子雪寄せ後6 20160113外の様子城東十字路

今日は、昼前に外へ出る用事がありました。上の写真、右と、下の写真、左は、そのときに撮した城東十字路の交差点と「
秋田美人」のポスターです。

ポスターには、七人の秋田美人が写っていますが、何やら口の形がお一人ずつ違っています。ポスターの下には、

7人の秋田美人の言葉をつなげると、アナタへのメッセージに!
口のカタチからメッセージを読み取って Web で応募してください
正解者の中から抽選で秋田市内のホテル宿泊券・特産品等が当たる!
秋田美人サイレントメッセージキャンペーンはコチラ
外部リンク : 秋田美人キャンペーン

という秋田美人キャンペーンの内容が書かれていました。おわかりになった方は、ぜひご応募してみてください。

下の写真、中央は、お店に戻ったときに届いていた JAあいづ「
会津のいちご」です。

20160113秋田美人 20160113会津から届いたいちご 201601113鮭粕

上の写真、右と、下の写真は、今日のお昼ご飯です。鮭粕、鶏雑炊、そして、味のしみ込んだおでんでした。こんな日には、温かなおでんが一番です。

20160113お昼ご飯

今日は、昼過ぎに山へ向かいました。下の写真、左は、出発する前の様子です(14:39頃)。この頃でも
- 0度台 でしたが、雪は、ベチョベチョにとけていました。

中央は、途中立ち寄ったスーパーの駐車場です。今日降り積もった雪を駐車場の角に運んだのでしょう。高い雪山になっていました。

201601113外の様子昼過ぎ 20160113山へ向かう途中のスーパー駐車場 201601113山へ向かう途中の様子たんぼ1

上の写真、右と、下の写真、左は、山へ向かう途中の田んぼの様子です。この道路は、横山金足線の上北手大戸交差点を左折してからしばらく行った場所の様子ですが、まだ除雪されておらず、ツルツルの状態でした(15:16頃)。

しばらく向かうと、上北手大杉沢地区があるのですが、この辺りからは、除雪の担当が違うようで、すでに除雪されていました。下の写真、中央が、その時の様子です。

雪が路肩に寄せられ、アスファルトの路面がでていました。積もる雪の量が、少しこちらの方が多いので、早めの出動になったのだと思います。

そうか、この除雪は、今冬初めての除雪車出動という事になりますね。実は、今日の新聞(
2016.01.13 秋田魁新報)に「県の除雪費 前年の46%」というタイトルと「請負業者、収入減に落胆(昨年末時点 8億6千万円)」というサブタイトルの記事が載っていました。

あまり降り積もるのは、大変ですが、除雪を見込んでの投資や人材確保の問題もありますし、自然の中で育つ植物や環境との兼ね合いから、やはり、ほどほどに雪が降ってもらわないと困りますね。

下の写真、右は、同じ続きの道路なのですが、まだ除雪されていないいつもの峠道の様子です。

201601113山へ向かう途中の様子たんぼ2 20160113山へ向かう途中の様子除雪車初出動 201601113山へ向かう途中の様子峠道

いつものように、下に車を止め、歩いてラベンダーの畑へ向かいました。下の写真は、今日のラベンダー畑の様子です。14cm ほどの雪が積もった事になりますが、こちらの方は、まだもう少し多いはずです。

20160113ラベンダー畑の様子1

下の写真も、今日のラベンダー畑の様子ですが、スッポリと雪で隠れる事はなかったようです。ただ、早咲きのラベンダーこいむらさきは、ほとんどの株が雪で覆われていました。

そのラベンダーこいむらさきは、下の写真、中央に写っている三列です。これは、花の収穫が遅れ、新芽がまだ伸びきらない状態のため、株自体が低くて茎や新芽が短いからです。

下の写真、右は、ラベンダーおかむらさきです。おかむらさきは、中咲きのため、そのままの枝が伸びていますので、茎や新芽が長いため、一部分姿が見えています。

20160113ラベンダーの畑 20160113早咲きのラベンダー 20160113中咲きのラベンダー

下の写真も、今日のラベンダー畑の様子です。こちらは、一番奥の角になる場所から望んだ畑の様子ですが、もう一降りすれば、完全に畑が雪で覆われる事になりそうです。

20160113ラベンダー畑の様子2

雪が深くなっていましたが、今日も、いつもと同じように、ラベンダーの畑から栗畑、そして、柿の木のある場所までグルリと回ってきました。

下の写真は、その途中で望んだ南の空の様子です。雲の切れ間から、きれいな青空が見えていました(15:46頃)。

20160113栗畑から望んだ山の様子1

下の写真も、歩いている途中で望んだ風景です。少し気温が下がってきたのか、見える風景がキリリと引き締まって見えました。ただ、身体はポカポカで、ジャンパーを一時脱いだときもありました。

20160113栗畑から南東の空を望む 20160113山の様子松に付着した雪 20160113栗畑から望んだ山の様子2

上の写真、中央と、下の写真、左は、松と杉に降り積もった雪の様子です。何だか、クリスマスのイルミネーションを飾りたい雰囲気になってきましたが、これはこれで、とてもきれいでした。

下の写真、中央と右は、山からの帰り道の様子です(16:00頃)。山を出てすぐの場所です。中央には、上北手小学校が見えています。右は、峠道へ導いてくれる案内板のある道路です。

この辺りの道路は、すでに除雪車が出動して、きれいに除雪されていました。

20160113山の様子杉に付着した雪 20160113山からの帰り道の様子除雪車出動1 201601133山からの帰り道の様子除雪車出動2

写真が前後しましたが、下の写真は、山の入り口から望んだ南の空の様子です。先ほどと同じように、辺りは雪雲に覆われているのですが、雲の切れ間からきれいな青空が望めました(15:58頃)。

20160113山の入り口の様子

下の写真、左と中央は、山からの帰り道の様子です。左は、峠道へと向かっている様子、そして、中央は、道路がツルツルテカテカと化した交差点内の様子です。

四輪駆動の軽トラックを二輪駆動にしてみると、最初は発進にかなり時間がかかります。そう、後輪が空回りして滑っているからです。雪国では、四輪駆動に慣れてしまったら、もう二輪駆動には戻れません。

下の写真、右は、山から帰ってきたときの様子です(16:23頃)。歩道から完全に雪がなくなっていましたが、道路には、とけた雪が再び凍り始めていました。

20160113山からの帰り道の様子峠道 20160113山からの帰り道の様子道路はツルツルテカテカ 20160113外の様子夕方

下の写真は、今日の晩ご飯です。あぶらふと豆富とキャベツの煮もの、ソーダーで柔らかくしたタコ、そして、甘酒でした。

20160113あぶらふと豆富とキャベツの煮もの 20160113ソーダーで柔らかくしたタコ 20160113甘酒

下の写真も、今日の晩ご飯です。くさや、そして、ヤマイモのご飯のり添え、さらに、モチ巾着、さつま揚げ、ダイコン、、タコ、玉子・・・・などなどが入って味がしみてきたおでんでした。

2016013くさや 20160113ヤマイモご飯のり添え 20160113おでん

デザートは、柑橘類の大きなミカンと、今日会津から届いたいちごでした。

雪も一段落し、道路には雪があるものの、歩道には、まったくありませんでした。下の写真、右が、その時の様子です(19:03頃)。

20160113大きなミカン 20160113会津から届いたいちご 20160113外の様子夜のはじめ頃

ところがです。建物の裏口から望んだ外の様子が何だかおかしいのに気がつきました。外が明るいんです。ドアを開けてみると・・・・

猛烈に雪が降っていました。空全体が、真っ白な雪のため、空がとても明るく感じました。夜で、お月さまも出てないのにこんなに明るい空を見たのは、久しぶりでした。

20160113外の様子夜のはじめ頃雪降り1

上の写真と、下の写真は、そのときに撮した外の様子です(20:06頃)。21時には、積雪深が再び 15cm に達していました。今日は、一日雪に振り回された一日でした。

20160113外の様子夜のはじめ頃雪降り2

明日の最低気温は 0度、最高気温は 2度、そして、天気は「暴風雪」が予想されていました。気温は、それほど下がらないようですが、暴風雪が予想されていました。