○ 履歴 : 2009「2009.02.10 ホームページを久しぶりに変更1.5 / 7.3
○ 履歴 : 2010「2010.02.10 上桧木内の紙風船上げ
0.5 / 2.4
○ 履歴 : 2011「2011.02.10 廃盤となるティザーヌと新たなティザーヌ
- 3.1 / - 0.3 24時
○ 履歴 : 2012「2012.02.10 肌のトラブルを例に植物療法の基本的な考え方
- 3.8 / - 1.5 19時現在
○ 履歴 : 2013「2013.02.10 今日は旧正月それでもよく降る雪です 2013
- 2.1 / 1.3 24時
○ 履歴 : 2014「2014.02.10 毎日の雪寄せより屋根の雪下ろしなく幸い 2014
- 5.6 / 3.4 24時
○ 履歴 : 2015「2015.02.10 連日厳しい寒さと吹雪が続いた秋田市ですが 2015
- 4.2 / 0.2 24時
○ 気温 : 昨日の最低 - 1.0(00:40)最高 2.8(18:58)23時現在(24時)
○ 気温 : 今日の最低 - 1.6(07:09)最高 2.0(11:15)22時現在(24時)

201602102400Temperature

上の画像は、2016.02.10(水)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県秋田の気象情報より(外部リンク)

昨晩から、気温が高く 氷点下 にはなりませんでしたが、昨夜遅くから今日未明にかけて断続的に雪が降り続いていたようです。

そのため、昨夜遅くの 22時に 22cm だった積雪深は、今日未明の 03時 には 29cm を記録していました。7cm ほど増えたことになります。

気温の方は、未明から明け方にかけて、03時に記録した
- 0.1度 を除き、0度台の気温を示していました。

朝になると、何故か気温が下がり始め
氷点下 となった頃、07:09 には、今日の最低気温 - 1.6度 を記録していました。

朝は、薄雲を通してお日さまがボンヤリと姿を現していましたが、昼前になると素晴らしい青空が広がり始め、お日さまは、とても眩しい光を届けていました。

そのため、青空の広がる中、新雪にお日さまの光が届けられ、素晴らしい雪景色を堪能する事ができました。気温の方も、0度台から 1度台の間で推移し、12時には 0.2度を記録していました。

今日の最高気温 2.0度は、そんな青空の広がった 11:15 に記録していたようです。

昼過ぎになると、あれほど広がっていた青空に薄雲が広がり始め、それに伴って、お日さまも徐々にその雲に隠れがちとなり、完全な曇り空となってしまいました。

一時、29cm あった積雪深は、14時には 25cm になりましたが、気温の方は 0度台が続き、夕方になっても同じような空模様と気温で推移していました。

夜のはじめ頃になっても、気温の方は
氷点下 とはならず、0度台の気温が続いていましたが、夜遅くには 氷点下 を記録する冷え込みとなっていました。

それでも、雪が降っていないのが何よりでした(22時現在
- 0.6度 湿度 76% 積雪深 24cm(24時 - 0.1度 湿度 66% 積雪深 24cm))。

下の写真は、昨夜遅くから今日未明にかけて降り積もった雪が、昨日同様、辺りを真っ白に染め上げていた頃の様子です(07:39頃)。

昨日よりも気温は低かったのですが、雪質は、昨日よりも湿っぽく感じました。この頃の気温は
氷点下 で、30分ほど前の 07:09 には、今日の最低気温 - 1.6度 を記録していました。

20160210外の様子朝1 20160210外の様子朝2 20160210外の様子朝3

今日も、朝から雪寄せを行いました。最初に、向かいの駐車場の雪寄せをしました。下の写真は、そのときの様子です。雪雲がかかることもありましたが、その雲を透して、お日さまが輝いて見えました。

下の写真、中央は、その頃の様子ですが、お日さまと小雪が舞っている風景です(08:00頃)。ときどきお日さまも雲の切れ間から姿を現す事もありました。

20160210雪寄せの途中1 20160210雪寄せの途中2 20160210雪寄せの途中3

下の写真、左は、向かいの駐車場の雪寄せが終わった頃の様子です(08:23頃)。最初に雪寄せした場所は、地面の雪がとけていました。

中央は、お店横の道路の様子ですが、近所の方々も玄関前の雪寄せに汗を流されていたようです。右は、お店横の駐車場の雪寄せが終わった頃の様子です(08:43頃)。

20160210雪寄せ途中4 20160210雪寄せ 20160210雪寄せ後1

下の写真は、お店前と歩道の雪寄せが終わった頃の様子です(08:43頃)。この頃は、上空が雪雲に覆われていました。

20160210雪寄せ後2 20160210雪寄せ後3 20160210雪寄せ後4

今日は、昼前に山へ向かいました。下の写真、左は、近くのコンビニの駐車場に積まれた雪の山です(09:34頃)。駐車場の雪を一か所に集めると、こんな感じの雪山が出来てしまいます。

中央は、東小学校前の交差点の様子です。昨日からかたまっていた雪の上に、さらに新雪が降ったため、ご覧のような道路状況になっていました。

下の写真、右も、山へむかう途中の様子です。上北手大戸地区から望んだ道路と田んぼの様子です(09:42頃)。

20160210山へ向かう途中の様子雪の山 20160210山へ向かう途中の様子東小学校前 20160210山へ向かう途中の様子田んぼ

空には雪雲が広がっていましたが、道路から見渡す山々が真っ白な雪に覆われ、とてもきれいでした。下の写真は、上北手大杉沢地区を通り越した辺りの風景です(09:44頃)。

20160210山へ向かう途中の様子田んぼと山1

下の写真も、上の写真と同じ場所から望んだ風景です。場所を少し右側へ移して望んだ風景です。風が強かったのか、電柱や樹木の幹に雪が付着していました。

20160210山へ向かう途中の様子田んぼと山2

下の写真は、峠道へさしかかる手前の様子です。除雪車が一度通り、ざけた雪を両側に寄せていました。

20160210山へ向かう途中の様子峠道1

下の写真は、上の写真の場所からほんの少し峠道を上り始めた場所から望んだ風景です。

右側には、いつものこぶしの木がありますが、枝全体に真っ白な雪が付着し、こぶしの花ではなく雪の花が咲いているようでした(09:46頃)。

20160210山へ向かう途中の峠道2

下の写真、左は、峠道の頂上からほんの少し下った場所から望んだ風景です。対向車に出くわす事もなく、山へ到着しました。下の写真、中央は、そのときの様子です(09:50頃)。

あれほど雪雲が広がっていたのですが、北の空には、青空が見え始めてきました。そして、お日さまも姿を現してきました。

20160210山へ向かう途中の峠道3 20160210山の入り口の様子1 20160210ラベンダーの畑へと続く急な坂道の様子1

風景が一転しました。青空に真っ白な雪が映え、それはそれは素晴らしい雪景色でした。上の写真、右、そして、下の写真は、ラベンダーの畑へと続く急な坂道の様子です。

下の写真、左は、お日さまがそれほど姿を現さなかったとき(09:52頃)、そして、上の写真、右と、下の写真、右は、お日さまが姿を現したときの様子です(09:53頃)。

たった一分の違いですが、どちらの風景も、感動ものでした。

20160210ラベンダーの畑へと続く急な坂道の様子2 20160210ラベンダーの畑へと続く急な坂道の様子3

下の写真も、ラベンダーの畑へと続く急な坂道の様子です。この辺りは、さらに勾配が急になります。樹木で日陰になった場所から、青空の広がる場所へ向けて撮った風景です。

20160210ラベンダーの畑へと続く急な坂道の様子4 20160210ラベンダーの畑へと続く急な坂道の様子5

下の写真も、ラベンダーの畑へと続く急な坂道の様子です。随分上がって来ました。角には、写真のように、栗の木があるのですが、幹や枝には、真っ白な雪が付着したままお日さまの光を受けてキラキラ輝いていました。

20160210ラベンダーの畑へと続く急な坂道の様子6

下の写真は、ラベンダーの畑へと続く急な坂道を上がり切り、畑へと向かっているときの様子です。中央は、八重紅枝垂れ桜のある斜面、そして、右は、ラベンダー畑のちょうど入り口にあたる場所から望んだ風景です。

20160210ラベンダーの畑へと続く急な坂道の様子7 20160210紅枝垂れ桜のある斜面の様子 20160210ラベンダーの畑と栗の畑

下の写真は、上の写真、中央と同じ場所から撮した風景です。青空が広がっていなければ、水墨画の世界ですが、そこに、お日さまの光と青空が映り込んだだけで、全く違った世界に見えてしまうから不思議です。

20160210山の様子1

下の写真は、ラベンダー畑の様子です(09:58頃)。一年のうちで、これほどきれいな風景を望めるのはなかなかありません。

20160210ラベンダーの畑1 20160210ラベンダーの畑2

下の写真も、ラベンダー畑の様子です。観測所のある場所の積雪深は 27cm(10時)でしたが、倍以上あるようです。お陰で、すっかり雪に覆われてしまいました。

20160210ラベンダー畑の様子1

下の写真は、少し進んだ場所から望んだラベンダー畑の様子です。かんじきを履かないと、ラベンダー畑や栗畑の周りを歩く事は困難なくらいでした。

20160210ラベンダー畑の様子2

下の写真は、少ししゃがんだ場所から望んだラベンダー畑の様子です。これが本来の冬の姿なのですが、すでに立春の頃。

明日は、天気がよさそうだし、その後は、雨の予報が出ていましたが、そろそろ、作業小屋の雪おろしを始めないといけない時期になりました。

20160210ラベンダー畑の様子3

下の写真、左と中央は、ラベンダー畑を後にして、坂道を下り始めた頃の様子です。作業場として利用している車が、雪でスッポリ覆われていました。

下の写真、右は、山の入り口にあるお隣さんの風景です。秋には、葉っぱが真っ赤に紅葉するドウダンツツジの木に、真っ白な雪が積もり、とてもきれいでした。

20160210山の様子2 20160210山の様子3 20160210山の入り口の様子2

下の写真は、山からの帰り道の様子です(10:10頃)。いずれも峠道の様子ですが、右は、頂上付近の様子です。峠道は、すべてわだちが二本で、まるで列車のレールのようです。

20160210山からの帰り道の様子峠道1 20160210山からの帰り道の様子峠道2 20160210山からの帰り道の様子峠道3

下の写真も、山からの帰り道の様子です。いつも眺めているヴァンベール大平台を望む風景です(10:14頃)。

この辺りの道路は、交通量が多いため、何本ものわだちが出来て踏みかためられており、しかも、そのデコボコは、雪がとけてツルツル状態になっていました。

20160210山からの帰り道の様子ヴァンベール大平台

下の写真は、今日のお昼ご飯です。玉子入りの麺センでした。麺をある程度食べた後に、ご飯を入れて玉子汁麺センご飯にしました。

20160210お昼ご飯

下の写真も、今日のお昼ご飯です。ニラの玉子とじ、キャベツの蒸し煮、そして、デザートはイチゴでした。

20160210ニラの玉子とじ 20160210キャベツの蒸し煮 20160210デザートイチゴ

昼過ぎになると、あれだけ青空が広がっていたのに、曇ってきました。

それでも、朝の雪寄せと、昼前から今までのお日さまの光で、この頃の歩道は、すっかり乾いた状態となっていました(14:20頃)。それにしても、半日で全く違った風景となってしまいます。

20160210外の様子昼過ぎ1 20160210外の様子昼過ぎ2 20160210外の様子昼過ぎ3

下の写真は、今日の晩ご飯です。朝から、台所にハクサイが大量にありました。今日は、鍋物かなぁと思っていたのですが、ハクサイと豆富の肉団子スープでした。

そして、玉子スープと、その酒のツマは、くさやでした。

20160210ハクサイと豆富の肉団子スープ 20160210玉子酒 20160210くさや

下の写真も、今日の晩ご飯です。今日は、刺身とアボガドサラダ、ホルモンとこんにゃくの味噌煮込み、ハクサイのサラダ、そして、ハクサイと豆富の肉団子スープでした。

20160210晩ご飯

下の写真、左も、今日の晩ご飯です。こちらは、レンコンの炒め酢のものです。

下の写真、中央と右は、夜のはじめ頃の様子です(18:56頃)。随分冷え込んで来たようですが、この頃の気温は
氷点下 ではありませんでした(19時 0.5度)。

雪寄せを済ませていた歩道は乾いていましたが、雪の残った場所はツルツルテカテカに光っていました。

20160210外の様子昼過ぎ1 20160210外の様子昼過ぎ2 20160210外の様子昼過ぎ3

明日の最低気温は
- 1度 、最高気温は 3度、そして、天気は「曇りのち晴れ」が予想されていました。