○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.07.17 秋田の夏まつり 200920.8 / 29.2
○ 履歴 : 2010「2010.07.17 アロマセミナー 精油とハーブウォーターの事
21.9 / 30.9
○ 履歴 : 2011「2011.07.17 連日の草刈り作業でちょっと疲れが
22.6 / 30.2 23時現在
○ 履歴 : 2012「2012.07.17 日本列島各地梅雨明けの日に草刈り作業
21.0 / 26.5 23時現在
○ 履歴 : 2013「2013.07.17 快晴の空から一転して今日は梅雨空へ逆戻り
20.0 / 26.0 23時現在
○ 履歴 : 2014「2014.07.17 秋田の夏まつり 2014
18.6 / 31.2
○ 履歴 : 2015「2015.07.17 ドライフラワーの取り込みでラベンダーの季節が終了 2015
22.4 / 33.9
○ 履歴 : 2016「2016.07.17 梅雨時の鬱陶しい天気でラベンダー傷み始める 2016
21.5 / 24.3
○ 気温 : 昨日の最低 24.0(14:34)最高 26.6(00:45)24時
○ 気温 : 今日の最低 22.5(24:00)最高 27.4(11:58)24時

201707172400Temperature

上の画像は、2017.07.17(月)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

昨日は、毎正時の気温が、昼過ぎの 14時から夜遅くの 24時まで、ずっと 24度台が続いていました。

今日未明から明け方、そして、朝にかけても、24度台が続いていましたから、昨日の昼過ぎ 14時から、今日の昼前 10時までの毎正時の気温が 24度台で続いていた事になります(20時間)。

201707172400Temperature

上の画像は、2017.07.16(日)13時 〜 2017.07.17 13時の秋田の気象観測データです(14時から 10時 〜 24度台)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

珍しい気温の推移でした。それでも、午前中の最低気温は 07:47 に記録した 23.5度でしたから、あくまでも「毎正時」の気温という事になります。

昼前になると、雲の切れ間から少し青空がのぞき、お日さまも時々姿を現していました。その事で、24度台が続いていた気温も、26度台まで上昇し、11:58 には、今日の最高気温 27.4度を記録していました。

下の写真、左と中央の左は、白い雲で覆われ、梅雨時の空模様でしたが、道路も乾いていた朝 06:49 頃と昼前 10:46 頃の様子です。

昼過ぎになっても、同じような空模様でしたが、お昼を中心にお日さまが結構姿を見せてくれました。それでも、再びその姿を現す事なく雲が厚くなり、気温も 26度台から 25度台を示していました。

下の写真、中央の右は、朝と同じように白い雲で覆われていた昼過ぎ 13:46 頃の様子です。

夕方になっても同じような空模様が続き、気温の方も 25度台から 24度台で推移していましたが、その天気は、夜のはじめ頃まで続いていました。

そして、21時を過ぎた頃から雨が降り始め、夜遅くの 23時には 6.0mm の降水量を記録していました。

雨の降り出す前は 24度台でしたが、雨の降り始めた頃から 23度台、そして、22度台と推移し、24:00 には、今日の最低気温 22.5度を記録していました(24時 22.5度 97%)。

下の写真、右は、本格的に雨が降り出して来た夜のはじめ頃 21:29 頃の様子です。

20170717外の様子朝 20170717外の様子昼前 20170717外の様子昼過ぎ 20170717外の様子夜のはじめ頃

下の写真、左は、すっかりきれいに刈り込まれ、今まで咲き誇っていた姿が幻のように写ってしまう歩道の早咲きラベンダーこいむらさきの様子です(07:00頃)。

歩道の段差から道路側へはみ出していた枝を切り詰めたため、形が不揃いで、角張った姿になっていますが、それも時間の問題です。

20170717刈り込んだ歩道の早咲きラベンダーこいむらさき 20170717お昼ご飯台湾まぜ麺 20170714デザート抹茶ロールケーキ

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日のお昼ご飯です。今日は、台湾まぜ麺をオリジナルの具材を使って食べました。デザートは、抹茶ロールケーキでした。

20170717お昼ご飯

昼前にかけて、アロマセミナーの資料を作成していました。今回は、「電子座標系グラフ」と「自律神経と免疫の法則(福田安保理論)」とを関連づけて考える事ができるよう、マトリクス表の一部を改良しました。

2017.01.09 電子座標系グラフで表現される芳香成分類と体質との相関関係を考慮した精油資料の再改良

自律神経と免疫の法則を考えた場合、体質というよりも、副交感神経の緊張が、さらなるリンパ球優位の状態へ導き、あるいは、交感神経の緊張が、顆粒球を優位にさせる状態へと導く事がいわれていました。

リンパ球優位をリンパ球人間とか、顆粒球優位を顆粒球人間などと表現されていますが、活動の状況を交感神経優位、あるいは、副交感優位と考えれば、電子座標系グラフと関連づけて考慮することができそうです。

そのため、上記に投稿したブログ記事に登場する改良型を、さらに改良したのが、下の写真に写っているマトリクス表でした。

電子座標系グラフにおける精油の位置を「四つの体質」に対応した順番から、交感神経優位あるいは副交感神経優位となった状態の「二つの状態」に対応した形で配置しました。

以前、抗炎症作用と電子座標系グラフの関係を、下記の記事でもご紹介しました。

2012.07.24 抗炎症作用と電子座標系グラフ上の芳香成分類との関係

今回は、抗炎症作用という観点だけでなく、自律神経と免疫の法則という大きな枠組みで電子座系グラフとの関連性を考慮に入れた考え方となっていました。

具体的には、それらの「二つの状態」に対応する形で、マトリクス表の左側には、マイナスに帯電すると考えられる精油を、そして、右側には、プラスに帯電すると考えられる精油を配置しました。

この方がスッキリしますし、「二つの状態」に対応する形で、精油の選択が素早く行う事が可能となりそうです。

● 二つの状態
○ 交感神経優位な状態 〜 顆粒球人間に対応する精油として
・テルペン系アルデヒド類、ケトン類
・エステル類
→ マイナスに帯電すると考えられる精油とその精油に含まれている主な芳香成分類
○ 副交感神経優位な状態 〜 リンパ球人間に対応する精油として
・フェノール類、芳香族アルデヒド類、モノテルペンアルコール類
・酸化物類、フェノールメチルエーテル類、モノテルペン炭化水素類
→ プラスに帯電すると考えられる精油とその精油に含まれている主な芳香成分類

という、おおよその芳香成分類を中心とした精油を配置していました。詳しくは、後日、このブログでもご紹介させていただきたいと思います。

顆粒球人間とか、リンパ球人間については、未来免疫学((株) インターメディカル、安保徹著)で述べられていました。

20170717アロマセミナーの資料1 20170717アロマセミナーの資料2

今日は、昼過ぎに山へ向かいました。昨日は、雨が降っていましたが、今日は雨もやみ、草取り作業がはかどりそうです。

下の写真、左は、山へ向かう途中の田んぼと山手台の様子です(13:59頃)。風がふき、稲の葉っぱがたなびいていました。

中央と右は、山の様子です。この雨で、十分な水をいただき、立派に育っているカボチャと、雑草が目立ってきたラベンダー畑の様子です。

20170717山へ向かう途中の様子田んぼ 20170717カボチャ畑 20170717ラベンダーの畑

下の写真も、今日のラベンダー畑の様子です(14:21頃)。雑草でうね間が埋まりつつありました。耕運機で耕しておけばよいのでしょうが、今度は、野菜畑の草取りが優先です。

先日はでは、野菜畑の草取りより、ラベンダーの収穫が優先でしたから。

20170717ラベンダー畑の様子

下の写真、左は、スモモの様子です。随分赤い実が増えてきました。もう少ししたら、収穫できそうです(14:22頃)。

今日は、野菜畑の草取りを予定していました。雨が降りやんだ後なので、草取りがはかどるのではと思っていたのですが、そうはとんやがおろしませんでした。

下の写真、中央と右は、その野菜畑の草取り前の様子です。もの凄い事になっていました(14:30頃)。

20170717山の様子スモモ 20170717野菜畑草取り前1 20170717野菜畑草取り前2

下の写真、左は、キュウリの苗です。一昨日、キュウリの支柱をネットの方へ傾け、茎をそちらへ誘導してあげました。こちらの方の草取りは、既に済んでおり、とても気持ちよさそうでした。

下の写真、中央と右は、草取りを終えた頃の野菜畑の様子です(16:58頃)。ナスとトマト、トマトとトマトのうね間の草取りが終わり、スッキリしました。

20170717野菜畑キュウリ 20170717野菜畑草取り後1 20170717野菜畑草取り後2

その後は、野菜畑とネットに挟まれている周囲の草取りです。こちらの方は、歩く機会が少なかったので、土が踏みかためられておらず、結構根こそぎきれいに草取りができました。

うね間は、何度も歩き回っていたため、かたくなっていました。そこへ雨が降っても、それほど草が取りやすいわけではありませんでした。

下の写真は、ある程度、周囲の草取りも終えた頃の野菜畑全体の様子です(19:11頃)。こちらは、ナスやトマトの苗を中心とした場所からの様子です。

20170717野菜畑草取り後3

下の写真は、一昨日草取りを終えた場所と、今日草取りを終えたトマトのうね間の様子です。手で取った草をうねに上げて置いたのですが、それを取り除く前に時間切れになりました。

今日も、18:30 頃からひぐらしが鳴き始めていました。

20170717野菜畑草取り後4

下の写真、左は、山からの帰り道で望んだ田んぼの様子です(19:47頃)。空は雲で覆われていましたが、少し前に、山では、一時的でしたが小雨がパラパラ舞っていました。

20170717山からの帰り道の様子田んぼ 20170717晩ご飯キムチご飯とワカメのみそ汁 20170717梅酒

上の写真、中央と右、そして、下の写真は、今日の晩ご飯です。今日も、キムチご飯、そして、ワカメのみそ汁、チャプチェ、ヒジキと切り干しダイコンの煮もの、それに、ギョウザでした。梅酒も少々たしなみました。

20170717晩ご飯

明日の秋田の最低気温は 22度、最高気温は 28度、そして、天気は「曇りのち晴れ」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.07.17 20:00発表)。