○ 関連 : 精油化学 / 植物油化学 / 医療 / 脳・神経 / 薬・身体 / 福田安保理論 / 千島学説 / その他

○ 履歴 : 2009「2009.10.09 台風18号が去った後 200911.7 / 18.2
○ 履歴 : 2010「2010.10.09 久しぶりの寝台特急あけぼので東京へ
17.6 / 20.1
○ 履歴 : 2011「2011.10.09 アロマテラピーセミナー 2011 その1
17.0 / 22.8 東京
○ 履歴 : 2012「2012.10.09 今日も午前と午後に総合環境センター行き
10.0 / 23.1
○ 履歴 : 2013「2013.10.09 台風24号が温帯低気圧となりホッとしました 2013
17.4 / 21.9 22時
○ 履歴 : 2014「2014.10.09 素晴らしい青空に恵まれ千秋公園の紅葉進む 2014
9.2 / 22.7
○ 履歴 : 2015「2015.10.09 山ブドウの収穫 2015
13.2 / 19.4
○ 履歴 : 2016「2016.10.09 雨の中アロマテラピーセミナー 2016 その1
18.6/ 25.7 東京
○ 気温 : 昨日の最低 17.3(05:22)最高 26.4(12:58)24時 東京
○ 気温 : 今日の最低 16.2(04:56)最高 25.3(13:07)24時 東京
○ 気温 : 今日の最低 14.4(03:50)最高 22.6(12:21)24時 秋田

201710092400TemperatureTokyo

上の画像は、2017.10.09(月)東京の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 東京都 東京の気象情報より(外部リンク)

201710092400Temperature

上の画像は、2017.10.09(月)秋田の気象観測データです(24時)。
・「お天気モニタ 秋田県 秋田の気象情報より(外部リンク)

今日の東京は、朝から青空の広がる清々しい空模様となっていました。下の写真、左は、そんな天気の中、二日目を迎えるアロマテラピーセミナー 2017 の会場へ向かっているときの様子です(08:56頃)。

会場まで向かう途中、朝早いにもかかわらず、幹線道路では、速度違反の取り締まりが行われていました。中央と右が、その時の様子です。

まだ 09時をまわったばかりの頃でしたが、取り締まり場所には、数台の白バイが待機して、その前方では車両の速度を計る専門の方がお一人、違反車両に目を配られておりました。

20171009外の様子朝1 20171009外の様子朝2 20171009外の様子朝3

今日は、 第二日目のアロマテラピーセミナーが開催される日でした。昨日同様、受付を終えて、いつもの定位置を確保しました。下の写真、左は、受付を終え、電源の取れる場所の席を確保したときの会場の様子です(09:19頃)。

中央は、午前中のセミナー途中に取られた小休憩の合間に、窓から外を望んだときの様子です(11:46頃)。先ほどまでは、とてもよい天気でしたが、ほんの少し薄い雲が現れていました。

この頃は、23度台から 24度台を記録していたと思います。会場内の温度調整が、なかなかうまくいかないようで、暑かったり寒かったりと大変でした。

下の写真、右は、お昼ご飯に食べた「うどん」ではなくて「しょうゆラーメン」です(13:19頃)。

20171009アロマセミナー2017 20171009休憩の様子外は青空 20171009お昼ご飯ラーメン1

下の写真、左は、そのラーメン屋さんの入口なのですが、麺の固さが指定できたので、固めを注文させていただいたのですが、何だか生っぽい感じの固さの麺が届きました。

味の方も、しょうゆ味というよりも、かなりしょっぱい濃ゆめの味つけで、いつもならスープまでペロリと平らげるのですが、そのまま残してきました。あ〜もったいなかったなぁ。

中央は、先ほどまでの薄い雲もなく、再びきれいな青空に覆われていた頃の様子です(13:42頃)。

二日間に渡るアロマテラピーセミナーもようやく終わり、久しぶりの開放感を天気のよい中、味わう事ができました。

下の写真、右は、セミナーを終え、会場を後にして JR御茶ノ水駅へと向かっている途中のお日さまが西に傾き始めた頃の様子です(16:40頃)。

20171009お昼ご飯ラーメン2 20171009アロマセミナー2017が終わる1 20171009アロマセミナー2017が終わる2

会場から、まっすぐ東京駅へと向かい、地下街の神戸屋レストランで一息つきました。そして、同じ地下街にあるスープストックのお店で、カレーのセットを食べました。

中央と右が、その時の様子です。ようやく二日間の疲れがちょっとだけ癒え、近くの「MARUZEN」で書籍を買い求めました。

20171009晩ご飯スープカレー1 20171009晩ご飯スープカレー2 20171009東京駅前の様子1

今日は、最終の秋田新幹線でしたので、時間的には余裕があったのですが、あっという間にその時間が過ぎてしまいました。

上の写真、右と、下の写真は、東京駅とその周辺の様子です(19:33頃)。ライトアップされていてとてもきれいでした。

20171009東京駅前の様子2

下の写真、左も、同じ場所から望んだ東京駅の様子です。下の写真、中央は、東京発 20:16 発こまち35号の様子です。

二日間のアロマテラピーセミナー(実質三日間となりましたが)を無事終え、秋田へ戻ったのは、日付の変わる少し前の 23:53 でした。

下の写真、右は、JR秋田駅東口の様子ですが、パラパラ小雨の舞う状態でした(23:57頃)。やはり、冷たい空気の違いが体感出来るほど肌寒く感じました。

20171009東京駅前の様子3 20171009東京駅秋田新幹線最終こまち号 20171009JR秋田駅東口

明日の秋田の最低気温は 14度、最高気温は 20度、そして、天気は「曇りのち雨」が予想されていました(
YAHOO!JAPAN 秋田の天気予報 2017.10.09 17:00発表)。

今日は、アロマテラピー・セミナーの二日目が開催されました。昨日のテーマは「
健康で元気なシニアライフを送るためのアロマテラピー」で、「運動器系・消化器系・感染症・感情等への精油の利用法」というサブタイトルが付いていました。

2017.10.08 まだキンモクセイの香りが残る頃アロマテラピーセミナーその1 2017(シニアライフ)

今日のテーマは「
理想的な効力と有効成分を持つ精油によるあらゆる皮膚疾患への対処法」でした。

昨日もそうでしたが、以前のアロマテラピーセミナーでも、アロマテラピーによる皮膚疾患へのアプローチについては、何回か行われてきたテーマでした。

2007.11.13 アロマセミナーの受講年代順リスト
2015.10.12 アロマテラピーセミナー2015 その2(皮膚トラブルなどの予防)
2007.10.18 アロマテラピーセミナー2007 その4(ハーブウォーター)
2007.10.12 アロマテラピーセミナー2007 その2(炎症と植物油)
「2003.11.02 スキンケアに対するアロマテラピー」

今回は、昨日同様、精油の持っている多面的な効果(理想的な効力)と、その効果を引き出すことのできる生化学的な成分(有効成分である芳香分子や芳香成分類)を考慮に入れながら、皮膚における様々な疾患(性状)の成り立ち(成因)との関連性を明らかにしながら対処してゆくすべを身につけるセミナーとなりました。

そのために、午前中には、精油の治療特性と、それらのデルモコスメ(皮膚科学に基づいたスキンケア)との関連性という事で、

● 精油の治療特性
○ 抗感染作用および免疫刺激作用
・抗菌作用、抗真菌作用、抗ウィルス作用、抗寄生虫作用
○ 抗アレルギー作用および抗ヒスタミン作用
○ 神経に働く作用
○ 血液流動促進作用
○ 皮膚科系に働く作用
○ 消化器系に働く作用
○ 内分泌系に働く作用
○ 抗炎症作用

という、精油の持っている多面的な効果の説明と、それぞれの作用を有している「芳香成分類や芳香分子」、並びに、それらを含む「精油」が明らかにされ、かつ、それぞれの作用と、健やかで健康な「皮膚」を保つために必要な皮膚科学に基づいたスキンケアの考え方との関連性を述べられていました。

そういった関連性を勘案しながら、さらに上記リストにも示されている「
抗炎症作用」という精油の作用と能力を、精油の「生化学組成」の側面と「薬学的」な側面から明らかにされた研究についての説明も加えられいました。

以下は、その「
精油の抗炎症作用の能力とその生化学組成に関する研究」の内容です。

○ 抗炎症作用(化学伝達物質)
・その効果を発揮する芳香成分類(芳香分子)、並びに、それらを含む精油
2005.12.31 体調とプロスタグランジンの関係
2012.10.20 アロマセミナーがんケアにおける炎症治療と疼痛管理 1 2012
○ 抗炎症作用、筋肉弛緩作用、抗侵害受容作用
・その効果を発揮する芳香分子、並びに、それらを含む精油
2010.07.15 ユーカリの禁忌と1,8シネオールの含有量
○ 抗炎症作用(化学伝達物質、活性酸素抑制、免疫系)、鎮痛作用
・その効果を発揮する芳香成分類(芳香分子)、並びに、それらを含む精油
2007.06.30 主な活性酸素の発生源と抗酸化
2007.01.19 白血球の運動を調節する酵素
○ 抗炎症作用(代謝物の異なるレベルでの活性)、鎮痛作用
・その効果を発揮する芳香成分類(芳香分子)、並びに、それらを含む精油
2006.02.13 サリチル酸二つの官能基

というように、同じ「抗炎症作用」でも、その作用機序や、精油の代謝物による異なるレベルでの活性により、抗炎症作用が示され、それぞれの効果が発揮されることが期待される芳香成分類(芳香分子)と、それらを含む精油が掲げられていました。

また、特に、抗炎症作用のみならず、痛みに対しての手引き(痛みおよび炎症の治療のためのアロマテラピーの手引き)についても、「
局部塗布による痛みに対する対策」として、表形式で「精油」と対象となる「芳香分子」が書かれていました。

これらのお話しが終わった後は、

これ以降は実践ですが、実践の元になるのは化学テラピーです。基礎知識があると処方もわかりやすくなります。

と話された後、様々な皮膚疾患への対処法として、症状別に、その症状の「
性状」と「成因」について明らかにした上で、精油のブレンドと、何故そのようなブレンドが有効なのかを、上記に示した手法により明らかにし、その適用方法についても詳しく解説が行われました。

今回取り上げられた様々な皮膚疾患は、下記の通りです。

・膿瘍
・ニキビ(痙瘡)
・酒さ性痙瘡
・マメ(水疱)
・血管腫
・火傷、最近の傷
・皮膚カンジダ症
・膣カンジダ症
・ケロイド
・結膜炎
・日焼け
・乳痂
・皮膚糸状菌症
・タコ、ウオの目
・アトピー性湿疹
・接触性湿疹
・乾いた湿疹
・丹毒
・結節性紅斑
・毛包炎
・ひび割れ、あかぎれ
・血腫(アザ、青アザ)
・化膿性汗腺炎
・多汗症
・膿痂症
・摩擦疹
・皮脂腺嚢腫
・放射線治療の際の放射線による皮膚の損傷(放射線防御)
・扁平苔癬
・水いぼ
・口腔カンジダ症
・爪真菌症
・ひょう疽
・スズメバチ、クラゲ、サソリの刺され傷
・蚊およびクモの刺し傷
・癜風
・掻痒症
・乾癬
・痲疹、風疹、猩紅熱、水疱瘡
・静脈瘤性潰瘍
・妊娠線
・イボ
・白斑
・帯状疱疹
○ デルモコスメ
・毛髪のケア
・皮脂分泌過剰で油っぽい毛髪
・異常な抜け毛
・粘膜のケア(乾燥)
・眼のケア

と、多岐にわたる様々な皮膚疾患についての対処法を学ぶ事ができました。

今日のセミナーは、下のようなお話しから始まりました。

今日も二日目ですが、おいで下さいましてありがとうございました。今日は、大変重くて、深い内容のお話しです。

今日の午前中は、特に、技術的な面を詳しく見ていきたいと思います。大変特徴のある器官、皮膚を中心に、今日はお話ししていきたいと思います。

こんにちはというと、内気そうな相手の女性は、不器用に手を差し出してこんにちはと答えます。これが二人の間の大切な最初の触れあいです。

冷たくて湿っていて優しい手です。皮膚は白くほとんど透きとおっています。髪は金髪で、細く弱そうです。まだ一言もかわしていないのに、皮膚がすべてを語っています。

このチャーミングな女性は、湿っていて乾いた皮膚の感じから、内気で控えめな性格です。この湿って冷たい皮膚の感じから、もしかしたら怖がりかも知れません。

皮膚は人と人との間のコミュニケーションや交流の最初の場になります。言葉にも増して、皮膚を通した接触は、関係が作られていく過程の中で、最も大切な情報を提供し、これを、誰も何者も妨害することはできません。

皮膚は身体であり感情でもあります。開かれた本人の皮膚の感触は、まったく人との関係の最も深い所に親密なところに導きます。

皮膚は、人の誕生以来の歴史全てのもとになる個人的な体験を、あなたに知らせる事を可能にします。すべての心配事、試練、プラスであれ、マイナスであれ、感情は、魂や意識に忠実な鏡の如く、影の如く、皮膚で読み取る事ができます。

化学合成由来の不活性分子、医薬、機械で治療するのは、皮膚が死んだ袋ではなく、身体とその細胞が詰まっていることを無視することに他なりません。

この事実を意識して、複雑で、最も精巧な器官を尊重して考えて見ましょう。

ここで、精油の治療特性を考えながら、デルモコスメにおけるこれらの適用範囲を考えていきましょう。

まず、ご存じの抗感染症作用と免疫系刺激作用から始めましょう。


という、前置きから今日のセミナーが始まりました。

植物療法(フィトテラピー)でも、体質が大切でした。そして、その体質から、その方の体調傾向や「
肌の傾向」を考慮に入れながら、肌質を把握します。

肌質の把握(
性状)では、様々な内因と外因によって引き起こされた「成因」をカウンセリングによって正しく捉え、かつ、好発部位といって、皮膚のある特定部分に好んで発症する「色素沈着」や「吹き出物」の性状や成因を考えながら、その後のカウンセリングやトリートメントに進んで行きます。

2016.12.08 植物療法(フィトテラピー)と遠隔地カウンセリング
2013.08.28 植物療法(フィトテラピー)の概念と実際のカウンセリング手法
2012.02.10 肌のトラブルを例に植物療法の基本的な考え方

その過程の中で、当然のことながら、講師の方からもお話しのあったように、

皮膚は、人の誕生以来の全ての心配事、試練、プラス、あるいはマイナスの感情は、あなたの魂や意識に忠実な鏡の如く、また影の如く、あなたの皮膚で読み取れる

事になります。

これらの考え方は、まさしく、アロマテラピーセミナーで、これからお話しが進んで行くほどに、精油の持っている多面的な働きを利用して、内因や外因によって引き起こされた現在の肌の状態、さらには、何故、そのような部位に色素沈着や吹き出物が出来ているのかを勘案しながら、それぞれの「
性状」と「成因」の両面にわたる解決方法が見えてくる考え方でもありました。

今回のセミナーでは、体質や肌質の把握、そして、その肌の「
性状」や、様々な内因と外因よって引き起こされた「成因」をカウンセリングによって正しく捉えるような手法はほとんど行われませんでしたが、様々な皮膚疾患の「性状」や「成因」から、どのような作用が求められ、そして、その作用を発揮することのできる芳香成分類や芳香分子、さらには、それらを含む精油の相乗効果を高めるブレンドが説明されました。

セミナー中に、数回ほど、下記のようなお話しで、その事が繰り返し登場していました。

・・・・細菌性の感染症です。ティートゥリー Melaleuca alternifolia とレモングラス Cymbopogon citratus で抗感染症作用、そして、この二つには、プラス抗炎症作用を持っていました。痛みを抑える力もあります。この二つで充分ですが、さらに強化する意味で、残りの二つをブレンドしますが、これらも炎症を抑える力がありました。

こういったようなブレンドを作る場合には、それぞれの特性を捉えて、そして、何を目標としていくかということを考えながら組み合わせていくと、よいブレンドができあがります。さらに皮膚を保護する役割のある植物油カレンデュラ油を加え・・・・


このような考え方が、精油(ケモタイプ)を利用したアロマテラピーではとても重要で、その手法を学ぶよい機会に恵まれ、今年も、とても疲れましたが有意義な時間を過ごす事ができました。

2012.04.11 狭い意味でのケモタイプと広い意味でのケモタイプの概念

そして、毎回の事ですが、講演者の方は、

聞いた所によりますと、私が講演に来て 24年になるんだそうです。この長い間には、私はシワが一本も増えてはいません。そのために、来た皆様に、シニア、老化の症状を抑えるブレンドをご紹介しました。

その加齢による劣化、その他、公害による老化を避けるために、まずドレナージュをお勧めします。明日にでも実行して下さい。愛上面でのバランスが、これが皮膚の輝きを保ちます。このバランスは、深い家族のつながりによって生まれます。私は、結婚して35年になります。

最初、私が持っています企業の、最初も家族、姉、弟、義理の兄、義理の姉というふうに、家族で始めた企業です。

今日、ここに集まった皆様方の数ぐらいの社員をかかえています。その成功は、企業は家族だと考えるからだと思います。私も、今後も家族と考えると、こういう繋がりがずっと何年もの間続いてきた鍵だと思います。

精油も家族と呼んでみましょうか。よくいらっしゃいましたと皆様にいいたいです。来年もまたお目にかかりましょう。


と締めくくっておられました。

なお、「・・・ 」内 は、当日、セミナー会場で、パソコンに直接入力した文章を、いただいた資料をもとに、改めて編集しなおした「ひまわり個人の資料」です。

したがって、タイプミス、解釈の間違い等があるかもしれません。個人の勉強にご利用いただくのは大変結構な事なのですが、その範囲を超えてのご使用は「
著作権法上の問題に抵触する場合があります」ので、くれぐれもご注意をお願い致します。

● 関連記事
2017.10.10 サイプレスの禁忌事項を改めて考えさせられる
2017.10.08 まだキンモクセイの香りが残る頃アロマテラピーセミナーその1 2017(シニアライフ)
2016.10.10 アロマテラピーセミナー 2016 その2
2016.10.09 雨の中アロマテラピーセミナー 2016 その1
2015.10.12 アロマテラピーセミナー2015 その2
2015.10.11 アロマテラピーセミナー2015 その1
2014.10.13 アロマテラピーセミナー二日目を終え雨風強くなってきた東京を離れる 2014
2014.10.12 台風19号接近の中アロマテラピーセミナー初日 2014
2013.10.14 アロマテラピーセミナー2 2013
2013.10.13 快晴の空にキンモクセイが映える日アロマテラピーセミナー1 2013
2012.09.17 アロマテラピーセミナー二日目 2012
2012.09.16 約一年ぶりの上京とアロマテラピーセミナー 2012
2011.10.09 アロマテラピーセミナー 2011 その1
2011.10.10 アロマテラピーセミナー 2011 その2
2010.10.11 アロマテラピーセミナー 2010 その2
2010.10.10 アロマテラピーセミナー 2010 その1
2009.10.13 アロマテラピーセミナー 2009 その3
2009.10.12 アロマテラピーセミナー 2009 その2
2009.10.11 アロマテラピーセミナー 2009 その1
2008.10.13 アロマテラピーセミナー 2008 その1
2007.10.09 アロマテラピーセミナー2007 その1
2006.11.04 アロマテラピーセミナー2006 その1
2005.10.11 第一日目のアロマセミナー